fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




c8453344_convert_20140403233426.jpg


本日、3月2日はミニの日、ミニスカートの日、遠山の金さんの日でもあり、東方的には「サニーミルクの日」でも
あったりしますけど、当ブログの3月2日はここ数年はサニーミルクの事ばかり取り上げていましたので、今年は
サニーと語感が近いというこじつけみたいな感じで、ハニーというかハニーキャンディーについて取り上げてみたいと思います。

それにしてもまだまだ寒いですね~

寒い時はたまにですけど自宅から自転車で5分くらいの所で営業している銭湯にいって、大風呂やサウナやジャグジーで
体をポカポカと温めることもやっていますけど、私がたまにいく銭湯は、
愛想の言いおじいさんと極めて無愛想なばあさんの二人が店を切り盛りしていて
この二人が交代交代で入口の番台に座っている事が多いです。
おじいさんの方は入店する客や退店していくお客さんに「今日は寒いね~」とか「いつもありがとうございます」みたいな言葉を
常に投げかけいつも穏やかにニコニコして大変気持ちがいい対応をされていますけど、
対照的にババぁ・・じゃない・・年配のお婆さんの方は基本的には喋らず無口で愛想が大変悪くて、
入店する際には「いらっしゃいませ」の一声もボソッと言っているだけであまりよく聞き取れません。
この銭湯は、じいさんが番台に座っている際は退店の帰り際には「いつもありがとう!」の一言と同時にそっと手に
ハニーキャンディーというのかはちみつのど飴を一個差し出してくれていて、あの大阪のおばちゃんみたいなノリの
「飴ちゃんあげるで~」みたいな感じはとっても好感が持てますし、ハニーキャンディーを帰り際に貰っただけで
「次回もまたこの銭湯に来てみよう!」と感じさせるものがあるのかもしれないですルンッ~♪
(ババアが番台に座っている際は帰り際にはこうしたハニーキャンディーをそっと持たせるサービスはやる訳ないです・・)

そしてああやって爺さんが番台に座っている時に帰り際にハニーキャンディーを貰ってしまうと
「あれ・・? なんだか餌付けをされてしまっている・・??」と感じることもあったりします。
(同様な事はアニメ「色づく世界の明日から」にて月白瞳美ちゃんがポッキーで餌付けをされてしまったのと同じ構図なのかも
しれないです~♪)

そして歴代プリキュアにおいて、プリキュアメンバーや街の人たちに特製ハニーキャンディーを差し出して餌付けを
していたすてきなプリキュアというと、いうまでもなく「ハピネスチャージプリキュア」のゆうゆう、こと大森ゆうこ=キュアハニー
ですルンッ~♪

ゆうゆうは大森弁当というお弁当屋さんの二女なのですけど、お弁当のおかずを作ったり盛りつけしたり、接客や配達も
やっていて、「おいしいご飯を食べるのが大好き」というプリキュアです。
食べ物を心の底からおいしそうに食べるという意味では「ゆるキャン△」のなでしこに極めて近いものがありますし、
「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんはまるで武者修行のように勝負を挑むような感覚でラーメンを食しているのとは対照的に
食べ物を食べている間は終始にっこにっこの笑顔に溢れているゆうゆうはまさに「食べる天使」なのだと思います。
(小泉さんの完食時の歓喜の「ふはー」だけはゆうゆうの感覚に近いものがあるのかもしれないです)

お弁当の空箱の「カラカラ」という「完食の音」がゆうゆうにとっての最高の音というのもゆうこらしい話だと思います。
ゆうゆうの素晴らしい点はたくさんあるのですけど、特に何が素晴らしいかと言うと自分の役割と意義をきちんとわきまえ
自覚している事も大きいのかもしれないです。
ゆうゆうの家のお弁当屋さん一つとっても、ひめだったら「私が作る! 作る事で目立って目立って目立ちまくりたい」という発想が
前面に 出るかもしれませんし、 めぐみだったら「ぜーんぶ、私にお任せ!!」みたいな発想に陥りやすい気がします。
その点、ゆうゆうの場合、 作るのは父親、盛り付けは母親、販売は姉、そして自分の役割は下準備と配達などのように
特に目立つ訳ではなく、自分がやるべき事を黙々とこなしているのも素晴らしいですし、
そうした美点はプリキュアとしても同じような傾向であり、例えばプリンセスとフォーチュンの確執→和解の回で見せたように、
そしてハワイのプリキュアをヘルプしたように、歴代プリキュアでも
群を抜いたメンタル面の強さがあるのは間違いないのですけど、どちらかというと他の問題児ばかりの?メンバーのサポートに
徹している面もありますし、そうした周囲への気遣いと配慮を怠らないで、自分の役割と意義をきちんと前向きに
自覚していると感じられます。

ハピネスチャージプリキュアは歴代プリキュアシリーズにおいては評価も人気も決して高くは無いシリーズなのかも
しれないですけど、私にとってのハピネスはこれまで何度も語っている通り、2020年時点においては歴代シリーズの中で
最高傑作と高い評価をしていますけど、ハピネスの放映が開始された頃は、私は既に第一話の時点でめぐみ=キュアラブリーに
陥落していましたけど、ゆうゆうがあんなに大化けするキャラになるとは正直予想もしていなかったです。
キュアハニーは歴代プリキュアの中で私にとって、歴代の黄色系プリキュアの中でも最高峰に位置しています。
(ちなみに私自身の大好き黄色系四天王は、ブッキー・ゆうゆう・ありす・ほまれですね~♪、そして大好き青系四天王は、
かれんさん・れいか・六花・ララちゃんで、ピンク系四天王は、のぞみ・響・みゆき・めぐみですルンッ~♪)
ゆうゆうのあのかわいらしさ・お尻や太ももなどのお色気・聡明さ・ボケ担当もこなせる万能さ・料理上手・
周囲への気配りと察知能力・プリキュアとしての強さなどなど全てが完璧だったと思います!
ドキドキのありす(キュアロゼッタ)も万能さという意味では申し分なかっですけど、ゆうゆうのあの酸いも甘いも全部分かっているというあの大人の雰囲気は素晴らしかったですし、ハピネスのあの問題児ばかりのメンバーを温かく優しく包み込む
そのおおらかさとか 大人っぽい対応力とか申し分なかったです!
プリキュア面でも、防御も攻撃も両方こなせるし、歴代プリキュアでも最大の武闘派とも言えるキュ荒プリーの無茶のフォローや
フォーチュンやポンコツのひめに対するサポートもしっかりこなせているし、
何よりも、物語中盤のファントムによるびかりが丘侵攻回(フォーチュンとプリンセスの和解の回)あたりの
ハニーによるほとんど一人でサイアーク撃破状態は、もしかして「ハニーこそが歴代最強・・?」と感じさせられたものでした!

早い話がゆうゆうは変身前でも変身後でも際立った万能さがあるという事なのだと思いますルン!

プリキュアとして初登場した回もラブリーとプリンセスのピンチの時も救援に入るのではなくて、なぜかここでいきなり
「ごはんのうた」を歌いだし、オレスキー・サイアーク、チョイアークを全員ほっこりさせて躍らせてしまったあの回の衝撃は
とにかく凄まじいものがありましたし、あの回は私にとってはプリキュアの長い歴史の中でも十分すぎるほどの
インパクトがあったものでした!

ゆうゆうは天使というか女神さまの領域に入っていると思いますルン!
(最近のプリキュア界の天使はララちゃん以外ありえないと思いますルンッ~♪)

そうしたゆうゆうから差し出される例のあの愛情から作られているという特製ハニーキャンディーでもって餌付けをされてしまうと
誰でもどんな人でもゆうゆうの魅力に陥落させられてしまい、ゆうゆうの特製ハニーキャンディー効果によって
ほっこりさせられてしまうのはゆうゆうの人徳以外の何者でもないと思います。

私自身が銭湯のじいさんから差し出されたはちみつのど飴で餌付けされ陥落させられたように、もしも私自身が
ゆうゆうから特製ハニーキャンディーを差し出されて餌付けをされてしまったら、確実にゆうゆうの魅力に陥落させられるのは
間違いなさそうなのルン!


happp1081.jpg


ゆうゆうは大森弁当の看板娘ですけど、幻影帝国のチョイアーク達も大森弁当で弁当を買っていたのは驚きでした~♪

チョイアークはゆうゆうの大森弁当にとってはお得意様なのかもしれなかったです。

チョイアークも陥落させてしまうほど大森弁当のごはんはとても美味しいのだと思いますし、販売していたゆうゆうから
もしもチョイアークたちにゆうゆう特製ハニーキャンディーを差しだされたとしたら、チョイアークたちもゆうゆうの
餌付けにはまってしまうのかもしれないです。

それにしても大森弁当前は、よーくプリキュア達の戦闘場所になりますよね~
プリキュア5で、ナッツハウス前がよーく戦闘場所になっていたのと同じ構図なのかもしれないです。

ゆうゆうの特製ハニーキャンディーを使っての餌付けはチョイアークにとどまらず、めぐみとひめはもちろん、
いおなに対しても餌付けをしていました~♪
そうそう、三ツ谷のばあちゃんとか漫画家さん・モデルさん、子供たち・・ハワイのアローハプリキュア達にもゆうゆうは
餌付けをしていたのが大変印象的です。




ゆうゆうの特製ハニーキャンディーをを使っての餌付けはアニメ本編を通り越して映画「人形の国のバレリーナ」においては、
人形たちにも餌付けをしていた驚きのシーンもあったものでした!

そしてファントムに対しては、さすがにハニーキャンディーではなくておかゆで餌付けをしていました。

何かと色々な意味で(?)問題児が揃ったハピネスのメンバーの中では ゆうゆうが一番というか、唯一メンタル面が安定し、
メンタル面とか対人関係においては全く何の問題もない素晴らしいプリキュアだったと思います。
ハピネスの中でも特に名作回の誉れ高いアンラブリー回は、「めぐみ=キュアラブリー」の内面の弱さを抉り出した回でしたが、
もしもですけど続編としてアンプリンセスとかアンフォーチュンみたいな存在がいたとしたら、
プリンセスもフォーチュンのその精神攻撃の前に凹みまくっていたのかもしれません。
だけど、万一アンハニーというのがいたとしても、多分ですけどキュアハニー=ゆうゆうは全く動揺する事は無く
そうしたアンハニーに対しても
「一緒にご飯を食べない?」みたいな事を言ってしまうのかもしれないです。
というか、アンハニーがゆうゆうの心の深層を覗いたとしても、「ご飯は美味しいな~♪」というゆうゆうの心の本音を
改めて再認識させられてしまうだけなのかもしれないです。
話は全然違うのですけど、東方projectの中の地霊殿の探索にこのハピネスの4人のメンバーが訪れ、
万一、「相手の心を読み取る能力」をお持ちのさとり様に遭遇した場合、
ゆうゆう以外の3人はさとり様の「心の読解と精神攻撃」の餌食になってしまい、相当凹みまくると思うのですけど、
あのさとり様の能力を持ってしても、ゆうゆうの心の本音は
やっぱり「ごはんはおいしいな・・」という事になるのかもしれないです。
(もしもですけど、さとり様が「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんの心の深層を読み取った場合、そこから出てくる結論は
「小泉さんは寝ても覚めてもラーメン以外何の興味も無い」という事なのかもしれないです)


ca3645ab_convert_20150102201655.jpg

8a0b348f_convert_20150102201617.jpg


ここから先はほんの少し余談です。

飴を使っての餌付けというとゆうゆうだと思うのですけど、ゆうゆうに遡る事3年前の2011年に飴を使って餌付けを既に
していたプリキュアもいたものでした~♪

それが実を言うとスイートプリキュアの北条響=キュアメロディでした!

スイートプリキュアのハロウィン回で、自分一人で何とかネガトーンを撃破しようとやや功を焦り気味のキュアミューズに対して
肉屋のおばちゃんがアコちゃんに飴を差し出し「一人じゃないんだよ・・・もっと楽しんで」と諭したように
メロディがミューズの口元にキャンディーを差し出し、「もうミューズは一人じゃないんだよ。
今までのように一人で抱え込まなくてもいいんだよ・・・」と優しく諭していたのは、
ゆうゆうの「キャンディーを使っての餌付け」の先駆的事例だったのかもしれないです。

あの時の響は、少し生意気でやんちゃな妹を優しく包み込むお姉さんそのものでした!

あのハロウィン回は、アコちゃんが半端なく可愛かったものですけど、こういうさり気ない気付かない響もすてきでしたし、
ああいう姿は序盤では見られなかっただけに、こういう所にも響の成長が感じられたものでした。





それにしても改めてですけど「スター☆トゥインクルプリキュア」のララちゃんはとってもかわいいですルン~♪

地球での暮らしに馴染んでいく中でも、ララちゃんの母星の惑星サマーンの事を誇りに感じ、サマーンのAI文化を絶対に
否定していなかった点はララちゃんの矜持でもあり、それはとても素晴らしかったと思いますルン!

もしもですけど、ララちゃんが惑星サマーンにはありそうもない特製ハニーキャンディーによって先輩プリキュアでもある
ゆうゆうから餌付けをされてしまったら、間違いなくゆうゆうに陥落させられるのは間違いなさそうなのルンッ~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

飴ちゃん

飴で餌付けとはなんだか本当に関西の「飴ちゃんあげるでー」の
おばちゃんみたいですね~(笑)

先日から新しいプリキュアも放映開始になりましたけど、管理人さんは本当にララとハピネスチャージがお好きなのですね~(^^♪

万能ゆうゆう

ひより~ 様

確かにゆうゆうの飴による餌付けは関西のおばちゃんっぽいけど、ゆうゆうのどんな人でも区別することなく
餌付けしてしまうおおらかな人柄と万能さは歴代プリキュアの中でもピカイチだち思います。
ボケも突っ込みも両方できるし、戦闘は強いしいうことないです~♪

新しいプリキュアも放映開始になりましたけど、ヒープリののどかたちには
「一年間地球のお手当おつかれさまでした~♪」と申し上げたいです。

ララちゃんとラブリー・ゆうゆうは永遠不滅ですね~!

歴代最強の母性と包容力で放送が終わった今でも私達にハピネスを届け続けるゆうゆうは天使超えて女神超えて菩薩。ケチンボで厳しめおかんのいおなとは別タイプのゆるふわ系お母さんポジションだと思います。
「心を掴むにはまず胃袋から」といいますしあのハニーキャンディは相手と距離を縮めるための挨拶なのでしょうけど最初の頃の人見知り全開なひめとのやりとりは小動物への餌付けにしか見えませんねw
たった数話でしっかりひめの警戒心を解いてハートキャッチしているあたりは「優しさ」を象徴するプリキュアならではの懐の広さがあってこそなのでしょう。11話ではナマケルダにも飴を差し出していましたし、自分たちの日常を侵す敵に対しても怒りとか拒絶より先に仲良くしようとする気持ちが出せる温かさには胸を打たれました。
そして思えば私はそこからゆうゆう推しになったのでした…w

ブッキーと共に黄色系プリキュアの菩薩様

schwert 様


ゆうゆうは歴代プリキュアの中でもブッキーと共にやさしさと慈愛に溢れた素晴らしい黄色系プリキュアだと
思います。
ブッキーはどちらかというと受け身のスタイルで、自分を頼ってやってくるものは平等にやさしく接するという
感じでもありましたけど、ゆうゆうの場合はその辺りがより主体的で能動的な慈愛となって行動に溢れていて、
それを象徴していたのが飴にる餌付けだったのだと思います。
確かに・・言われてみると、ぴかり中学に転校した当初は全ておいてビクビクしていたひめに対して
ゆうゆうはまるで本当に小動物を餌付けするかのようなやさしさでひめに接していたのは大変印象的でした。
そして戦闘面もそうですしメンタル面においてハピネスの4人の中では群を抜いて強かったというのか、
歴代プリキュアの中でもあの慈愛あふれるやさしさとメンタル面の強さは群を抜いて光るものがあったと思います。
おまけに太ももやお尻の肉付の良さも歴代黄色系の中でも抜群でしたし、
ゆうゆうこそ歴代最強の万能系プリキュアと言えそうです。

もしもララちゃんが地球にやってきて初めて出会ったのがゆうゆうだったら、即効でハニーキャンディーで餌付けをされて、
次の瞬間にはゆうゆうの魅力に陥落させられるのは間違いなさそうなのルンッ~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |