FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回、「なんてったって大音響」でこのレスピーギの「ローマの松」について
少し語りましたけど、
やはりこの曲は、Ⅳの「アッピア街道の松」が圧巻です。

生の演奏会を聴くと一目瞭然ですけど、この「アッピア街道の松」の部分には
バンダとという金管楽器の別動隊(トランペットとトロンボーンから構成)が
ステージ外からスタンドプレイで演奏されることが多いです。
日本フィルのサンデーコンサートの場合、二階客席からバンダが突如現れ、ほぼ目の前で
演奏し驚いたことがあります。
サントリーホールの場合、パイプオルガンの奏者の椅子近辺からバンダが吹いていることが
多かったようにも思えます。
だけどバンダというのは、視覚的にも聴覚的にも大変な演奏効果があり、
ステージからの音とバンダの別動隊の音は、ほんの瞬間的なものなのですけど、音のタイミングに
ずれが生じ、それが聴いていて
「あ、何か遠くから鳴っている」
「ステージとは別の次元から音が響いてくる」とか
色々感覚的な面白さは感じます。

だけどホント「アッピア街道」の後半は、まさに「音の華麗なる絵巻」とか「音の暴力」とか
「豪快」など色々な形容詞を付けることが出来るくらい、
聴くだけでスカッとするものがあります。

前回「大音響」と記しましたけど、
要は「大音響」というのは、単にfffの数値目標ではないと
思うのです。
弱奏部分と強奏部分のダイナミックスレンジの幅の広さだと思うのです。
つまり、強弱の落差の違いだと思うのです。

「アッピア街道の松」も前半は、バスクラリネットやコールアングレのソロの部分もかなりあり
この弱奏部分が後半のfffを引き立たさせていると思うのです。

全体的にも、ⅠとⅣはかなり鳴る曲なのですけど、
Ⅲの「ジャニコロの松」の涼しくて清らかな静かな楽章があるからこそ、
Ⅳの「アッピア街道の松」が映えると思うのです。

要は「コントラスト」だと思うのです。

「ローマの松」は色々な指揮者の色々な素晴らしい名演を聴いてきましたけど
個人的には、1999年の小泉和裕指揮/東京都交響楽団の「作曲者の肖像」シリーズが
最も印象に残っています。
この日のプログラムはローマ三部作でした。
「祭り」も勿論申し分なかったけど、
やはりダイナミックスレンジ・落差・色彩のコントラストという意味では
派手さにおいて多少見劣りするけど、
「松」の完成度の高さには脱帽という感じでした。

こうも暑くて色々とストレスがたまると
ヘンデルの「水上の音楽」みたいな涼しい音楽もいいけど
逆に「ローマの松」みたいな熱狂的な音楽で「暑さには熱さでもって対抗する」音楽も
いいのかも・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/561-5e1d64df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |