FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


人間という存在は時に無意識の思いがけない行動を取ってしまい、後になって「なんであんなことしたの・・!?」という事を
感じることも時にあるのかもしれないです。
そうした無意識の行動の心理的要因として過去の出来事のトラウマや「あんな経験は二度としたくない」といった反動や
「いつもそうやっているから・・」といった習慣化された行動への慣れという事もありそうです。

これは私自身の話ですけど、先日、いつものように出勤のため朝、家を出たのですけど、「毎朝ほぼ決まった時間に家を出て、
そのまま寄り道する事も無くまっすぐ駅まで向かう」というのが無意識のうちにパターン化された行動だと思われますが、
この日は燃えるゴミの日だったので、何気なくゴミ袋を片手に持って家を出て駅まで向かって行ったはいいけど、
「まっすぐ駅まで向かう」といういつもの無意識の行動が「途中のごみ集積所でゴミ袋を置いていく」といういつもとは少し違う
イレギュラーの行動をついつい忘れさせてしまったのか、結果的にゴミ袋を手にしたままごみ集積所をスルーし、
集積所から約100m程度過ぎた所で「あ・・しまった!」と気付いたのは、無意識の習慣化された行動の為せる業とも
いえるのかもしれないです。
(単に私自身の高齢化症状の表れなのかもしれないです・・)
また別の日には仕事でとあるクレーム先に謝罪に向かう際、あの時の私自身の本心は「行きたくない」という事に尽きていたと
思いますが、そのせいもあり本来だと次の信号を右に曲がらないといけないのに、「その顧客宅に行きたくない」という
無意識の判断があったのかもしれないですけど、事もあろうに右に曲がらずまっすぐ行ってしまったというのは
まさしく私自身の「本音は行きたくないし、このまま道を間違い続ければいいんだ・・」みたいな潜在的な深層心理が
無意識的に働いていたのかもしれないです。
そういえば以前も電車でとある行きたくもないクレーム顧客宅に赴く際も本当は京浜東北線の浦和駅で降りないといけないのに
別に居眠りしていた訳ではないけどついついうっかり降りてしまった駅は私自身の自宅の最寄り駅である南浦和駅というのも
私自身のその時の無意識の心理状態は「クレーム先の浦和駅には降りたくない・・このまま自宅に帰りたい」ということで
無意識のうちに南浦和駅で降りてしまったという事なのかもしれないです。

人間の無意識の潜在意識の背景としては、過去に何度も痛い目に遭っているクレーム対応の難しさといったトラウマから
無意識に逃れているとか
はたまた前述のゴミだしの話のように「いつも何気なくしているから」という慣れ切った習慣があるのかもしれないです。
そうそう・・同じ無意識下の行動でも例えば足を組む・鼻歌を歌う・ひとり言を呟く・舌打ちをする・貧乏ゆすりをするといった
行動はどちらかというとクセというものに近いのかもしれないです。

さてさて、東方キャラで上記で記した「無意識」に関連したキャラというというまでもなくそれはこいしちゃんです~♪

こいしちゃんの元ネタはお姉さまのさとり様同様、妖怪・覚なのですけど、
実際の妖怪・覚でも、無自覚の子供が無意識に投げた小石はどこに来るのかその子供の心を読んでも解らず、
覚に当たってしまったという話があるそうです。
そうした「無意識を操る程度の能力」としてお馴染みなのがこいしちゃんなのです。
いくら相手の心を読み取る能力があるさとり様を持ってしても、無意識では心を読めませんし、
そうした点に由来するからなのかこいしちゃんは「お姉ちゃんは私には勝つことはできない」という事も発言しています。

こいしちゃんの能力は「無意識を操る程度の能力」という事なのですけど、それではその無意識を操る程度の能力というのは
具体的にはどういう事なのでしょうか・・?
そのあたりはさとり様の「相手の心を読み取る能力」に比べて少しわかりにくい要素もありそうです。
その一つの解釈として、
視界に入らない限り存在感が無いとか、見ている人が「あの子はこいしちゃんだ」と目に映っているその存在を可視として
認識することはできてもすぐにそんな子ってどこにいたのだっけ・・?などと
こいしちゃんの存在を最初からいなかったものと思わせる能力だと言えるのだともいます。
つまり、視界から消えればすぐに忘れ去られてしまうというように自分を相手の意識から外してしまう事が可能と言えるのだと
思いますし、また見えていても「あの子はこいしちゃん」と相手に認識をさせない能力だとも言えるのだと
思います。
こいしちゃんの「無意識を操る程度の能力」って「それって一体どういう力なの・・?」と言われる事は多々あるのですけど、
上記で書いた通り誰からもそま存在を認知されないという事と実はもう一つあると思います。
何かと言うと「無意識」という事で、
誰からもこいしちゃんの次の行動を予測することは出来ないという事もそうじゃないのかなとも思います。
こいしちゃん自身は考えて行動するというよりは、実はどちらかというとその場のノリで動いている印象もあります。
「私は右手を挙げる」と意識しなくても半ば条件反射的に右手を挙げられるように、その行動は全て無意識であり、
こいしちゃん自身、自分でも次に何をするのか予測できないという能力だとも言えると思いますし、その結果として
他人からはこいしちゃんの行動は全く予測不可能と捉えられてしまうのだと思います。

これって意外と相手にとっては厄介な能力と言えるのかもしれないですね。

例えばなのですけど、お笑いタレントの計算され尽くされたボケとツッコミよりは、素人によるハプニング的で天然さん
みたいな何気ない動作・言動の方が笑いを取ったり、
プロ野球における短期決戦とか一発勝負の場合、ノムさん=野村監督の緻密なデータに基づくID野球よりは
今は既に存在していませんけどかつての近鉄の「いてまえ打線」みたいな
「そんな難しい事なんかわからへん・・・うちらはとにかく何も考えずにぎょうさん相手を叩きまっせ・・!」みたいな
がむしゃらにボールに食らいつくガッツ溢れる戦法の方が意外と強いとか
ボクシング選手にとって、プロ同士の闘いによるテンポとリズムを互いに計算し尽くした打ち合いよりは、
例えば子供から不用意にいきなり背後から顔面を打破される方がショックが大きいとか
「自分はこれこれこうやって相手を倒す」みたいな事前の作戦よりも
その場で特段事前の作戦とか練り込まれた戦法も無い代わりに何も考えないでがむしゃらにその場の思いつきと言うのか
本能の赴くままというのか条件反射的に何も考えずにやった方が案外うまくいくというのと似ているのかもしれないですね。
こいしちゃんが口にしている「お姉ちゃん(※さとり様の事)は私には絶対に勝てない」というのはこの辺りに根拠が
あるのかもしれないです。
そして冒頭で私自身が書いたように無意識の行動の背景として「本当はそんな事はやりたくない」といった嫌な事・本当は
逃げ出したい事・過去のトラウマなどに基づく心の奥底に潜む潜在的要因といったねのがある訳なのですけど、
こいしちゃんの「無意識を操る程度の能力」というものはそうした心の奥底に潜む心の深層を更に捻じ曲げて
そうした過去のトラウマの波を更に増長させるものともいえるのかもしれないです。
さとり様の能力の一つに相手の心を読むの他にも心を読み説いた際に相手の過去のトラウマ=心の傷を認識し、
そうした相手のトラウマに対して傷に塩をなすりつけるかの如くトラウマに対する精神的攻撃を仕掛けるという事も
ありますので、こうやって考えるとさとり様-こいしちゃんはやっぱり実の姉妹関係であるという事がよく分かる気がしますし、
なんだかんだいってこの二人は案外似た者同士なのかもしれないです。

こいしちゃんの名前は言うまでも無く「こいし」で、その能力は前述の通り「無意識を操る程度の能力」と言う事で、
「無意識」は本来的には修業を積んだ僧侶でも会得が難しいとされ、白蓮さんは、
こいしちゃんはは仏教における空の状態に迫り、修行の必要が無く悟りの境地に近づけるかもしれない
という旨の発言をしているのですけど、
そうした意味において「さとり」という名前が相応しいのはどちらかというとむしろ妹のこいしちゃんの方なのかな・・?とも
思ったりもします。


20190514-koisi-_convert_20190514154340_convert_20190514184104.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれたこいしちゃん絵の転載&ご紹介コーナーです。

こいしちゃんの能力でもある「無意識を操る程度の能力」は結局わかったようなよくわからないような能力なのかも
しれないですけど、ひとつだけ言えることは、こいしちゃんは「トニカクカワイイ」という事だと思いますし、
多くの絵師様が既にたくさんのトニカクカワイイこいしちゃんを描かれてはいますけど、私にとっては
星の数ほどいらっしゃる東方絵師様の中でアミグリさんの描かれるこいしちゃんが最もトニカクカワイイという事なのだと
思います~♪
(「トニカクカワイイ」のミステリアスヒロインのお嫁さんの司ちゃんのかわいらしさは宇宙一なのかもしれないですけど、
同じくらいこいしちゃんもかわいいのだと思います!)

上記の作品はアミグリさんが2019年5月14日の「こいしちゃんの日」に描かれたとってもかわいいこいしちゃんです。

このこいしちゃんは数年前に描かれた線画に今年に入って色塗りをされたとの事ですけど、
過去のアミグリさんの絵と今現在のアミグリさんの作風が絶妙に融合したすてきな作品と言えると思います。
アミグリさんによると上記のこいしちゃんは、2012~13年頃のアミグリさんの淡い作風時代の頃に描かれた線画との事ですが、
淡い作風モードと現在のキラキラ仕様が融合されたという感じもあり、
あの名作こいしちゃんと誉れ高い「春こいし」の淡い幻想感とは少し方向性が違うけど、
ファンタジー感とかわいらしさがとってもうまくミックスされていると思います。

このこいしちゃんはとってもかわいいのですけど、あどけない感じもありますし少しロリっぽい雰囲気もあるのだと思いますが、
少しだけおとなびた少女という雰囲気も感じたりもします。
あどけなさと少しだけおとなびたという相反する要素が一枚の絵につまっている事は大変面白い事だと思いますし、
そこにあるのは線画の時期と塗りの時期のタイムラグなのかもしれないです。
ぺたんと座った感じがあどけなさを演出し、きょとん・・みたいな感じとか
「私、なにやってんだろ・・?」と自分を振り返っている様な表情がおとなっぽさを感じさせているのかもしれないです。

一枚の絵の中に相反する要素が見え隠れしていてそれを大変巧みにコントロールされているという感じで、今年のこいしちゃんの日の記念イラストとしては
申し分のない素晴らしいこいしちゃんだと思います。

白のニーハイ(ニーソ)もとってもかわいいですし、こいしちゃんによくお似合いだと思います。


koisi-2018-002_convert_20181023160702_convert_20181030140639.png


続きましてアミグリさんが2018年10月に描かれたこいしちゃんです。

それにしてもアミグリさんの描かれるこいしちゃんはどの時期の作品もみんなとってもかわいいですし、アミグリさんの
すてきなこいしちゃん愛が至る所から伝わってきていると思います。
こいしちゃんが東方の世界で一気にブレイクしたのは東方心綺楼~東方深秘録以降の話なのですけど、それ以前から
ずっとこいしちゃんを描き続けられていたアミグリさんのこいしちゃん愛こそが本物であり尊いことなのだと感じます。

スカートのデザイン・ふわりとしたウェーブの髪型・チラリと拝見する事が出来たこいしちゃんの生足にこの笑顔!
「やっぱりこいしちゃんは幻想郷のすてきな妹だよね~♪」と感じさせてくれていると思います。
上記のこいしちゃんにはアミグリさんの作品としては珍しいことに背景が意図的に描かれていません。
背景が無いことでむしろこいしちゃんの存在感やかわいらしさが引き立っているようにも感じられます。

このこいしちゃん絵を描かれていた当時、アミグリさん的にはこうしちゃんの髪の色にかなり迷われていたそうです。
深秘録・憑依華のこいしちゃんの髪の色はどちらかというと少し濃い感じの黄緑色という感じもありますし、
初登場の地霊殿でのこいしちゃんは銀髪に近いという感じもありますし、
いつも同じだと見ている人も飽きるのかもという公式の配慮があるのかもしれないですけど、逆に絵師様にとっては
「じゃー、どの作品での立ち絵を参考にすればいいの・・?」と迷ってしまう感じも出てくるのが難しい所ではあると思います。
例えば早苗さんも作品によってスカートや髪の長さも結構違って見えますし、
霊夢も作品によっては髪が長めと言う時もありますし、黒髪というよりは黒と茶の中間に感じる時もあります。
そうした各キャラの多様性を大いに認めようじゃないか~!という寛容性がZUN神主様の東方全体を貫くポリシーのような感じも
ありますし、アミグリさんの描かれるこいしちゃんにも色々とすてきな多様性が感じ取れます。

この時のこいしちゃんは銀髪とモスグリーンの中間的色彩を採用されていましたけど、この色彩感覚のバランスは
「5月14日はこいしちゃんの日」の頃の初夏の頃の季節に相応しい新緑萌ゆる・・みたいにフレッシュさを感じさせてくれていて、
見ていてとてもやさしい雰囲気のこいしちゃんを立派に表現されていると思います。

ZUN神主様が意図しているかのような東方の多様性を、アミグリさんもこいしちゃん一つ題材にとっても
見事に多様性を描ききっていると感じられますし、そうした変化や多様さにもちゃんと適合しているのが
アミグリさんの描かれるイラストの大きな魅力と言えるのだと思います。


koi-pero!-01_convert_20170113185831.png


続きましてアミグリさんが2017年1月に描かれたこいしちゃんです!

こいしちゃんのこの「キラキラ感」がとてもすてきだと思います~♪

2017年1月のこいしちゃんは東方地霊殿で「お姉ちゃんは私には敵わない」とすら言い切ったこいしちゃんの
ちょっとやんちゃな妹らしい側面も感じられ、
舌をペロッと出している様子がなんだかいたずらっこの妹様を思わず連想してしまいそうです。
こいしちゃん自身が東方心綺楼で見せてくれた開き直ったような吹っ切れたような感じの明るさが
今回のこの一枚のこいしちゃんイラストに どっかーーん!と詰まっているような感じが伝わってきていると思います。

そしてこのこいしちゃんの開き直ったような明るさは、「東方深秘録」でゆかりんがこいしちゃんに対して発していた
「お姉ちゃんが心配していたわよ、貴方が自由すぎて・・」という言葉の「自由さ」というものが見事に一枚の絵として
表現されているようにも感じられます。

このこいしちゃんのすてきな笑顔はこいしちゃんの最近の東方作品におけるこいしちゃんの吹っ切れた明るさに
繋がっていると思いますし、何度見てもこのこいしちゃんの舌をペロッと出したかわいらしさには、見ているほうもなんだか
思わずにっこりしてしまいそうです。
バトルで対戦相手からうっかりやられてしまった場合も、ボロ絵になったとしても
「あれれ・・やられちゃったぁ~、ま、仕方ないよね・・次頑張ろう~!」といったこいしちゃんの明るさが
伝わってくると思いますし、そこにはさとり様の心配を吹っ飛ばすくらいのこいしちゃんとしてのパワーが伝わってきているように
感じられます。
袖をだらーんとしてのもとてもかわいいですね~!

上記のアミグリさんが描かれたこいしちゃんは、こいしちゃんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵トの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいこいしちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

フランちゃんも東方のすてきな妹様ですけど、こいしちゃんだってフランドールに負けないほどの存在感があるすてきな妹様
なのだと思います~♪
こんなかわいいこいしちゃんからだったら私自身のトラウマに由来する「無意識」を弄られて、思ってもみない無自覚の行動を
とったとしても文句はいえそうもないです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

無意識とは悟りの心境・・?

無意識を操る能力というとなんとなくですけど、
人の心の奥底を抉り取るような感じなのかと思ったら、
なんだか無の心境に到達したかのような能力でもあり、
これって仏教でいう所の「悟りの心境に達した」という事でもあり、さとりというとお姉さんの名前でもありますし、この二人は姉妹という事でもありますので、
むしろ心理的距離は近いのかもしれないです。

アミグリさんの描かれたこいしちゃんはみんなとっても
かわいくてキュートです~♪
きょとんとした感じもにこっとした感じもかわいい妹キャラに相応しいと思います。

無の境地

ふにゃん 様


こいしちゃんは一見ふわふわしていてかわいい妹様なのですけど、その裏では
お姉さまのさとり様が他人の心を読解できることで人の本音と建前という醜さを知り傷ついたことを
しっているがために自らの心を閉ざしてしまった経緯もありますので、
自分と言う存在が誰からも認知されないことは確かに哀しい事でもあるのですけど、
それはむしろこいしちゃんが「無の境地」にたどりついたという事でもありますので、意外とこいしちゃんは
達観されて御方なのかもしれないです。

アミグリさんの描かれたこいしちゃんは私も大好きです!

ふわっとした感じやにこっとした感じは本当に誰からも愛される妹様だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |