fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム





リアルでも漫画・アニメ作品においてもガハハ!と大きく口を開けて明るく笑い飛ばす美少女もとても魅力的で可愛いですし、
「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんや「ゆるキャン△」のなでしこのように大きく口を開けておいしそうにラーメンなどを
食べている様子もとてもすてきですね~♪

そしてそれらとは対照的に恥じらいとか自分が食べ物を食べている事をあまり見られたくないとか照れ隠しなどの意味合い等で
口に手をかざしていたり口元を手で隠している感じの女の子のさり気ない仕草にも魅かれることも多々あったりします。

それでは口に手をかざす事には何か心理的意味合いはあったりするものなのでしょうか??

東方で言うと例えばサグメ様のように「自分が何か言葉を口にするだけで事態が口に出して喋った事と逆の方向に動いてしまう」
という自分の能力を自ら警戒し戒め、「自分が口を閉ざして話さない事で世の災いを起こさないようにする」という意味合いで
口を隠す御方もいらっしゃるのですけど、そうした特殊事情ではなくて
口元を隠す心理的要因として下記の四つほどが挙げられるのではないかと感じたりもします。

1.実は本音を隠している

言いたい事はあるけど隠したいという心理がつい口に手を当てたりシーポーズになったりする事もあるのかもしれないです。
この場合2通りの心理的背景も推察されそうです。
一つ目は優しさからあえて本音を言わず、その本音自体を心の深層に隠すという事を示唆しているのかもしれないですし、
二つ目として言いたい事はあるけど、言ったらその人が傷つくかもしれないと考えあえて言わないでおくという事も
考えられそうです。

2.その人の事が好き

その人の事が好きなのだけど、恥ずかしくてどうしても言えないと思っている心理がつい手に口を当ててしまう行動に
潜在的意思として出てしまう事も考えられそうです。
同時に口に手を当てる事で上品な印象または奥ゆかしいという印象に繋がりやすいという心理から、
好きな人に自分の事を良く思って欲しい、またはかわいいと思って欲しいという心理にもなっていると推察されそうです。

3.自分に自信が無い

口に手を当てる事で自分の自信の無さを誤魔化したり、それを相手に悟られないようにしている防御体制とも
解釈できるのかもしれないです。

4..しっかりしている

口に手を当てるという事はしっかりと自分で自分を守るという意思がある人が多いという事で、
自分で気が付かないうちにいつ、どこで何が起こっても自分をしっかりと守る事ができるように万全の体制を整えている
という意思の表れといえるのかもしれないです。

人差し指を口にかざしてシーというポーズもあるのですけど、この人差し指を口にかざしてシーというポーズは、
静かにして欲しい時に人差し指を口の前に立てて「シー」と言う意味合いの方が強いと思いますけど、
この仕草は別に日本だけの現象だけではないようでして、
例えば世界陸上でも選手が観客に「静かにして」という要求をするときに唇の前に指を一本立てるポーズをとっていましたし、
19世紀にイギリスで出版されたシャーロック・ホームズ物語にはホームズが、
指を立てて「しっ」というシーンの挿絵があったりもします。
世界的には人種・男女・地域の違いに関係なくあの口に人差し指をあてているシーというポーズは「静かに!」という
ジェスチャーである事は共通項なのかもしれないです。
日本でも「静かに!」の意味合いのほうが一般的ですが、「静か」=「黙って」が転じて「内緒」の意になっているようでもあります。
アメリカにおいては、口に人差し指をあてているポーズは「静かにして下さいね・・」という意味合いの方が強いと
思われますし、日本で意味するところの「ナイショね・・」とか「二人だけの秘密ね・・」というポーズは、どちらかという
親指と人差し指をくっつけて口の前でファスナーを閉じるジェスチャーの方が多いようにも感じたりもします。

そうした意味ではシーというポーズも口元を隠すという心理的背景に少しだけ近いものもあるのかもしれないです。

口元を隠すとかシーというポーズの背景には意外と心理的背景が潜んでいたりとか何らかの意味合いがあったりも
しそうですけど、同じ口元を隠すという事でも例えば美少女たちがアイスやキャンディーやドーナッツやたい焼き等の食べ物で
口元を隠すという仕草はそうした少し複雑な心理的要因よりは、
単純に食べ物を食べているから・・という意味合いの方が大きいのはいうまでもない話ですね~

ご紹介が遅くなりましたが、冒頭のフランドール・スカーレットが飴を手にして口元を隠している絵は
dream fantasy2のアミグリさんが
2020年11月に描かれた作品です。

このフランちゃんは後半に再度転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

それでは下記において少しばかりdream fantasy2のアミグリさんが過去に描かれた東方キャラのシーポーズや食べ物で口元を隠している絵を
何作品か転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。


rorihurann_convert_20110222214127.png


上記のとってもかわいいロリロリ幼女はアミグリさんが2011年2月に描かれた「ふらんちゃん」とタイトルが付けられた
フランドール・スカーレットです。

このフランちゃんは言うまでも無く、「なんだか美味しいもの食べている~♪おいしそうだし私も、それ食べてみたいな~♪」と
いうサインだと思われます。

幼児の一つのクセとして指しゃぶりみたいな事があると思うのですけど、この「ふらんちゃん」も
指しゃぶりをしているようにも見えますし、または「ちょっとうるさいから静かにして!」みたいなシ――ッのポーズなのかも
しれないですし、どちらにしてもとってもかわいいと思います。
このフランちゃんにはあえて口を描いていないから、そうしたちょっとデフォルメしたような雰囲気がすてきですね~!

このフランちゃんは指しゃぶりのようにも見えますけど、さすがに実年齢は実は495歳のフランちゃんは指しゃぶりは
さすがにしないと思いますので、
紅茶やお菓子や肉を食べているレミリアお姉さまを横でジ――ッと見ていて
「お姉さま、なんだかおいしそうに食べている・・いいなぁー、私も一緒に食べたいなぁ―!」と思っているのかもしれないですね。
それにしてもいいですねぇ~!
こうやって東方屈指のロリロリ幼女が物欲しそうに「私も一緒に食べてみたいなぁ~」と感じさせる雰囲気は見ているだけで
「かわいいよねぇ~」と感じさせてしまいそうです!
レミリア様とフランちゃんは一応は吸血鬼でもありますので、「あなたの血を吸ってみたい・・」と言われるのだったら、
死なない程度に血を吸われるのも時にはいいのかも~とついつい思ってしまうのかもしれないです・・(汗)

ハート型の背景もかわいい雰囲気を更に生み出している感じもありますし、
短いスカートのフリルもとっても可愛らしく描かれているのが大変印象的です。


rkgk-tewi-0_convert_20180428151946_convert_20180828022001.png

続きましてアミグリさんが2018年4月に描かれたてゐです。

とってもとってもかわいいてゐですね~!

最近の作風の大きな特徴でもあるあのすてきなキラキラが無い分、逆にてゐのストレートな可愛らしさが思いっきり
引き出されていて素晴らしいと思います!

どことなくですけどアミグリさんにしては少しばかり珍しいとも思えるちょっとアニメっぽい雰囲気が伝わっていて、
てゐのかわいらしさを引き出しているように感じられます。
ウインクをしている様子もとてもキューティーだと思いますし、
シーっと「ちょっと静かにしてくださいね・・」と言っているようにも感じられるのは
師匠の永琳が寝ているから起さないで上げてね・・と言っているようにも感じられますし、はたまた、ドッキリテレビのように
「今から、寝起きのうどんげを皆様にお見せしまーす!」と言っているようにも感じられます。
どちらかというと「起こさないであげてね・・」というシーボースではなくて、文ちゃんに事前に謝礼金をたっぷりと貰ったうえで
「今からうどんげの恥ずかしい寝起き姿を写真に撮ってもらいまーす」という感じで、
何か悪だくみと金儲けを企んでいそう・・という事で範疇としては、上記の解釈で言うと1の「本音を隠している」という事に
なるのかもしれないです。

うどんげちゃんのようにビンっと立ったうさ耳ではなくて、ヨレっとしているのは地上の兎の証しなのかもしれないですね。

てゐのニンジンをあしらった首飾りもとてもかわいくてよくお似合いだと思います。


hurando-natu!!_convert_20130630172636.png


続きましてアミグリさんが2013年7月に描かれたドーナッツフランちゃんです!

紅魔館の地下に幽閉(?)されているフランちゃんだってたまにはドーナッツをもぐもぐと食べたいのかもしれないですね~♪

フランちゃんというというまでも無く美少女キャラでもあり脆くもあり壊れやすくもあるみたいなイメージがあると思います。

そうした甘くて壊れやすいというと「砂糖菓子」みたいなイメージもあると思うのですけど、
アミグリさんが描かれているドーナッツをもぐもぐと食べているフランちゃんは、そうした「壊れそうなお菓子」
みたいな雰囲気が伝わってくるような感じすらあると思います。

それにしても天使のようにかわいいフランちゃんですね~!

ドーナッツを食べているフランちゃんは本当にキュートだと思います!
口をドーナッツで隠しているあたりは、とてつもなくかわいいと感じますね~!

表情がどことなくきょとん・・とされているのは「本当は私が食べたかったのは人間の真っ赤な血なのに・・」という事ではなくて
紅茶と一緒にこのドーナッツをフランちゃんの地下の自室に運んできた咲夜さんに対して
「ねー、どうしてお姉さまのレミリア様は私と一緒にドーナッツを食べてくれないのかなぁ・・」とちょっと悲しげに
尋ねているからなのかもしれないですね。
フランちゃんが手にしているドーナッツはチョコがコーティングされていてなおかつ細かいカラーシュガーもトッピングされていて、
「細かいところまでよく手が入っているなぁ・・」と感心させられます!
服の皺や光加減の陰影も大変丁寧に描かれていて「巧いなぁ・・!」と感じてしまいます。


aohurantan!!_convert_20130910162631.png


続きましてアミグリさんが2013年9月に描かれたフランちゃんです。

見てお分かりの通り冒頭の「ピンクのドーナッツフランちゃん」の青色ヴァージョンです。

青色のドーナッツフランちゃんなのですが、ピンクトーンに比べて、クールさ・涼しさ・さわやかさ・ひそやかさの方が
より強く伝わってきているのは面白いものがあると思います。
ポーズも表情も同じなんですけど、色が違うだけで「なんか違うよね・・」と感じさせるのは実はそれほど簡単な事では
ないと思うのですけど、アミグリさんの場合、このフランちゃん・レミリア様、2Pカラーのこいしちゃん・赤霊夢&青霊夢などを
ご覧頂ければ一目瞭然の通り、色の違いだけでこんなにもそのキャラの雰囲気の変化や
内省的な違いを感じさせることがきちんと出来ている事は、毎回凄いよねぇ・・と感じさせてくれていると思います。

赤霊夢・青霊夢の場合ですと、青霊夢の方がどことなくツンツンしているようにも感じなくもないのですけど、
この青色ヴァージョンフランちゃんは、ピンクヴァージョンよりも更に「守ってあげたい感」を醸し出しているようにも
感じたりもします。


2020-hurancyan-01_convert_20201113155338_convert_20201113175924.png


それでは改めて冒頭の飴を手にしたフランちゃんを改めてご紹介をさせて頂きたいと思います。

この水色のクルクルキャンディーを手にしたフランちゃん、とてもかわいいですね~♪

上記のピンクトーンとブルートーンのドーナッツをもぐもぐと食べているフランちゃんのと同様に食べ物で口元を隠す様子は
乙女の恥じらいなのかもしれないですね~♪
そしてこのフランちゃんは冒頭で書いたような「口元を隠す事でそこに潜んでいる心理的要因」という難しい背景ではなくて
純粋に「これ・・おいしいよね~♪」と喜んでいる美少女なのだと思います。

フランドールの設定は血を好む吸血鬼という事で本来的にはおっかない設定なのかも
しれないですけど、アミグリさんの描かれるフランちゃんはドーナッツやキャンディーを
食べられていて、それがいかにもお年頃の少女といった雰囲気が可憐に伝わってきていて、
見ているだけで「かわいいね~」と頭をなでなでしてあげたい気持ちになりそうです。

水色の飴と淡いピンク系の衣装、そしてサイドテールのうすい金髪の色彩の感覚が絶妙で、
この色彩感覚は大変巧みだと感じますし、色彩のコントラスの絶妙さを感じたりもします。

上記のアミグリさんが描かれたフランちゃんなどの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいフランちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても食べ物を手にしている美少女キャラの魅力はすてきですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

何気ない仕草だけど

手で口をかざすとか口元を隠すという何気ない仕草は
意外と奥深い要因が心の中に潜んでいるのかもしれないですし、年頃の女の子の細かい動作分析の記事は興味深く拝見させて頂きました。

キャンディーやドーナッツで口元を隠すのはさすがに繊細な心理背景というものがある訳ではないのもしれないですが、フランドールの背景を考えると実は言いたいけどいろいろな事情でそれを口にすることができない理由も何かあるかもしれないです。

意味深な仕草

ひより~ 様


手で口をかざす仕草は女の子のその時の感情や背景によってその真の意味合いや心の深層は異なるのかも
しれないですけど、そうした一つの仕草からの裏読みはとても面白いものがあると思います。

東方には舌禍の女神と言うべきサグメ様がいますけど、サグメ様がいつも手に口をかざしているのは
「自分が何か喋る事で災いをもたらす」ということで自分への戒めの意味でそうした仕草をしている事も
そうした心の深層の表れなのだと思います。

こんばんはです(^^)/

今回はこちらの記事にコメントさせていただきますね。
口元を隠すポーズは可動フィギュアの撮影でも1つの手法でもあるのですが、それだけで新しい感情を引き出せて意外に奥深いポーズだったりしますね。
記事でも様々な心理の表現であることが書かれており、大変興味深い内容でした。
アミグリ様のイラストも今回は大目に掲載され、どのイラストも大変可愛らしく素敵な作品だと思います(^^♪今回のテーマに沿ったイラストもこんなにあるんだとびっくりしました!

何気ない仕草

ごにぎり 様


口元を隠す仕草や食べ物で口を隠す仕草というのは大半が何気ないしぐさだと思うのですけど、
そこにもしかしたら心の奥底の本音や深層心理が潜んでいるのかもしれないです。
同じ口元を隠す仕草でも例えば妖夢だったら、自分に自信が無いという感じなのかもしれないですし、
咲夜さんだったら逆に自己アピールという解釈も出来そうですし、そのあたりのお年頃の女の子の仕草は
興味深いものがありそうです。

アミグリさんの絵はフランちゃん主体の掲載をさせて頂きましたけど、フランちゃんの砂糖菓子のような脆さみたいな
ものが一つの絵からも感じ取れることができるというのはとても素晴らしい事だと
思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |