FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


こいしちゃんはとってもかわいくて魅力的な東方キャラですよね~♪
(もちろんこいしちゃんのお姉さまのさとり様も大好きです!)

こいしちゃん・・古明地こいしの今現在は東方の屋台骨を霊夢・魔理沙・咲夜さん・妖夢・フランちゃんなどと共に支えている
最重要キャラの一人であることは厳然たる事実であり、それは既に定着化した話であり、
それを象徴しているが2015年東方人気投票において、あの不動の霊夢と魔理沙を抑えて1位になった事でもあると
思います。
そして昨年・・2020年の東方人気投票においては、妖夢が霊夢を抑えて初の1位になったことも驚きでしたけど、
こいしちゃんがあの魔理沙すらも抑えて1位・妖夢、2位・霊夢に続く形で3位に滑り込んだことはそれだけこいしちゃんの人気が
不動のものになっている事の証なのだと思います。

今現在では東方の大人気キャラのこいしちゃんも、初期の頃は、椛やキスメ等ほどの不遇キャラではないにせよ、
さとり様ーこいしちゃんという古明地姉妹が初めて東方の世界に 初登場した「東方地霊殿」においては、
東方ファンの人気は、お姉さんのさとり様に集中してしまい、こいしちゃんの初期の頃の東方人気投票ランキングは
35位という大変微妙な位置であり、今現在の視点で見ると「絶対にありえない低評価」という事になっていたと思います。

こいしちゃんの初登場作品は「東方地霊殿」なのですけど、あの作品の中では、さとり様は地霊殿の主であるのに
なぜか4面ボスでしたし、こいしちゃんはEXステージボスというラスボス扱いなのに、なぜか東方ファンの注目は
さとり様に集まっていて、あの頃のこいしちゃんの存在感の希薄さは今では到底信じられないほどです。
こいしちゃんの元々の設定は、サードアイを閉じた事で、他人の心を読み取れることはできなくなった代わりに、
誰からもこいしちゃんという存在を認識されないという驚異のステルス能力を得ることは出来たのですけど、
これって誰からもその存在に気づいて貰えず誰からもスルー状態にあったという事でもあるので、東方キャラとしては
大変絡みづらい側面が色濃くあり、それが今ではありえない低評価に繋がっていたのかもしれないです。
(あんなにかわいい外見をされているのに誰からも気づいて貰えないなんて哀しい立ち位置だったのかもしれないです・・)

こいしちゃんというのは、一種の「ぶっ壊れキャラ」なのかな・・?と感じる時もあります。

ぶっ壊れキャラといっても可愛いかわいい壊れキャラですし、
何となくキャラとか設定が似ている雰囲気もあるフランちゃんとは同じ妹キャラとしての共通性を指摘する東方ファンも数多い
のですけど、私的にはこの二人は本質的に異なっているような感じもあったりもします。
こいしちゃんはお姉さんのさとり様という身近な事例を目の当たりにして、「人の心のうつろぎ」に嫌気が差してしまい
結果的に「心を閉ざしてしまった」のですれど、
心を閉ざすことによって、結果的に「無意識の行動」が操れるようになったという壊れキャラというよりは
むしろ「開き直りキャラ」と言えるのかもしれないです。
フランちゃんはまだ開き直りどころか、お姉さまのレミリア様がフランちゃんの本当の恐ろしさを恐れるあまり?紅魔館地下に
幽閉したままという事で、フランちゃんの心の開放や本格的な活躍というのはまだまだ先なのかもしれないです。
こいしちゃんは一度心を閉ざすことにより、誰からも気づかれず誰からも相手にされず、それでもいいとさえ思ったし、
否! そう思わざるを得なかった・・・ そうしたキャラと言えるのかもしれないです。
人と言うものは(妖怪と言えども)やっぱり心のどこかで「誰かに認められたい! 自分と言う存在を知って欲しい!」
といった気持ちはあるのだと思います。
そして、そうした「誰かに認めて貰う事で感じ始めた快感」というのが「東方心綺楼」の最大のポイントであり、
このこいしちゃんのある意味吹っ切れた感じの開き直りが、結果的に後日の東方人気投票であの霊夢と魔理沙を抑えての
堂々の一位を獲得しここに「世界のこいしちゃん!」を印象づける事になりましたし、
それが後の作品の「東方深秘録」と「東方憑依華」におけるこいしちゃんの更なる躍動に繋がっていると言えるのだと
思います。
「東方深秘録」と「東方憑依華」においては、こいしちゃんはうどんげちゃんとも共演を果たしているのですけど、
うどんげちゃんもある意味東方のぶっ壊れキャラでもあるし、開き直りキャラとも言えそうですので、そうした意味においては
今後のこの二人の人気者の動向には目が離せそうにもないですし、
これからが楽しみですね~!

こいしちゃんは、東方心綺楼と東方深秘録の二つの作品でもって飛躍的なステップアップを果たし、
それ以前のどちらかというと日陰者みたいな扱いのキャラから一気に日の当たるポジションへと大変な躍進を果たしました。
椛やキスメやリグルなどといった公式作品ではほとんど出番が無いし、ZUN神主から冷遇されていると言われ続けている
キャラたちだって、椛・リグルなどを元から好きだった人はちゃんと見ているし、決してその存在を忘れたりは
しないし、そうやって不遇の時代(?)を耐え忍んでいれば、
いつかはそうやって「花開く時代がやってくる」と言えるのかもしれないですし、
こいしちゃんは典型的なそうした不遇時代を乗り越えて花咲かせたキャラと言えそうですし、
そうした意味ではこいしちゃんは不遇キャラの花的な存在と言えるのかもしれないです。

こいしちゃんに限らず、人と言うものは何かほんのちょっとした「一つのきっかけ」で劇的にチェンジ出来る事を東方的に
すてきに示唆したキャラがこいしちゃんだと思います。
こいしちゃんは秦こころの「希望の面」を偶然拾った事で、急速にこいしちゃん自身の道が開けてきて
突然何の前触れもなくある日突然とてつもない大きな変化が飛び込んできたのですけど、
人という者は妖怪も含めて「待っていればそのうち何かいい未来があるのかもしれない」という事なのかもしれないです。

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれたこいしちゃんの絵を転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

今回ご紹介させて頂きます3枚の絵のうち、最初の2枚はいかにもかわいくて元気溌剌で、他者から一度注目を浴びたことで
自分以外の他者の存在や地霊殿以外の外の世界が気になって気になって仕方がなくて好奇心にあふれている
こいしちゃんであるのに対して、最後の一枚は昨年・・2020年10月に描かれたこいしちゃんはアミグリさんがあえて
こいしちゃんの目を小さく描かれた「少しだけ大人になったこいしちゃん」を意識して描かれたという事で、
その違いを皆様にお楽しみ頂きたいと思います。


koisi-chan-desuuu_convert_20140728152340.png


上記の「ぴーす☆」と題されたこいしちゃんはアミグリさんが2014年7月に描かれた作品です。

この「ぴーす☆」はとにかく天使みたいにかわいらしいこいしちゃんだと思います!
幻想郷のすてきな妹様!みたいな雰囲気を宿らせていると思いますし、こんなにもかわいい妹が幻想郷を放浪している
のだとしたら実姉のさとり様が日々心配されているのも当然の話なのだと思います。
靴下のフリルのこの細かい仕上がりとか髪の毛のふわふわとした感じとか微笑んだ表情での少し控えめ気味なピースサイン
など全体的にとても上品で繊細な仕上がりだと思います。
こいしちゃんというとバスガイドさんみたいなあの可愛い帽子もとっても印象的なのですけど、
アミグリさんが描かれた帽子もとってもよくこいしちゃんに似合っていると思います。

こいしちゃんというとバスガイドさんみたいなあの可愛い帽子もとっても印象的なのですけど、
アミグリさんが描かれた帽子もとってもよくこいしちゃんに似合っていると思います。
またもサードアイの管なのですけど、さとり様の場合は、管の本数が実は10本程度もあるという事で
その管の位置とかどこに繋がっているのかを比較的はっきり描かれる絵師様が多いようにも思えるのですが、
こいしちゃんの場合は、元々そのサードアイを閉じているという事情もあり、実は足にその管が繋がっている事自体
描かれる事も少ない傾向にあるようにも感じられるのですけど、
アミグリさんのこいしちゃんは、そのあたりもきっちりと描かれている点は「さすが!」と申し上げたい気持ちで一杯です。


5-14-koisi-2016-002_convert_20160514144144.png


上記の作品はアミグリさんが2016年5月14日の「こいしちゃんの日」に描かれたこいしちゃんです。
このこいしちゃんは私からのリクエスト作品でもあります~♪

全体的に2012~13年頃の作風の淡い雰囲気を感じさせつつも、まるでフランス人形としてのこいしちゃん、または
ドルフィドリームシリーズとしてのドールとしてのこいしちゃんみたいなとてつもなく繊細で美しさを伝えていると
感じられます。
このこいしちゃんで特に際立っていると感じられる点が二つほどありまして、一つはアミグリさんが描かれるこいしちゃんは、
傾向としてモスグリーンの瞳にグレイまたはグレイと黄緑が合わさったような髪の色が特徴でもあるのですけど、
2016年5月のこいしちゃんの瞳はアリスやメディスンを彷彿とさせる碧眼である事と
いつもより緑を幾分強調した髪の色がとても新鮮に感じられます。
そして二つ目は、こいしちゃんの一つのトレードマークのあの帽子がふわ~っと飛んでいて、
珍しく帽子を被っていないこいしちゃんがとても斬新に感じられますし、帽子を被っていないこいしちゃんは
こんなにもフランス人形みたいな美少女なんだ!という事を改めて私達に提示してくれているようにも感じられます。

帽子が吹っ飛んだことで少しびっくりした表情のこいしちゃんもとてもかわいいと思います。

そしてやっぱりこのこいしちゃんの雰囲気は幻想郷のすてきなガイドさんとも言えそうですね~♪

このこいしちゃんのニーソは黒ニーソでもありますので、どことなく脚線美とか「脚が細い美脚のこいしちゃん」という
印象をもたらしていると思います。





続きましてのこいしちゃんは上記2枚のこいしちゃんとは明らかに雰囲気が変化しているように感じられます。

このこいしちゃんはアミグリさんが昨年・・2020年10月に描かれた作品です。

見た瞬間に「かわいい!」と感じたと同時に「いつもと少し違うこいしちゃん」と感じ、目元が涼しげなこいしちゃんと感じたものです。
なるほど! アミグリさんは、こいしちゃんの目をいつもより小さめに描かれていたのですね!
目を少し小さめにされて目の雰囲気を変えるだけでいつもとはどこか違うこいしちゃんを
表現できるということは、改めて絵の多様性や無限の可能性を感じられそうです。

それにしてもかわいいけど少し大人っぽいこいしちゃんはやっぱり幻想郷のすてきな妹キャラといえそうです。
地霊殿を出られて幻想郷内を放浪しているうちに、他の妖怪や人間たちと出会いを重ね、ふれあいを続けているうちに
こいしちゃんの心の変化がアミグリさんの描かれた「少し大人になったこいしちゃん」に繋がっているのかもしれないです。

2014年の「ぴーす☆」のこいしちゃんは元気溌剌美少女という印象が強かったですけど、
2020年秋のこいしちゃんのピースは小指と人差し指という事も
あり、「ちゃんと私という存在も見てよね~」と控えめに宣言されているようにも感じたりもします。

上記のアミグリさんが描かれたこいしちゃんはこいしちゃんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいこいしちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 のを ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 のに一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱりこいしちゃんはすてきなキャラですし、他者から注目を集めることでこいしちゃん自身が「快感」という感情を覚え始め
そこから一気にブレイクしていったキャラでもありますので、これから先のこいしちゃんの活躍には目が離せそうもないですし、
アミグリさんが描かれた「少し大人になったこいしちゃんの絵」のように、少しずつ心境の変化が芽生え始めている
こいしちゃんの大人としての旅立ちにも期待するものが大だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

東方のこいし嬢は記事でも書かれている通り、重鎮である霊夢、魔理沙を押さえて1位の人気を得たことがやはり印象的ですね。その後も上位常連ですし、いまだに根強いファンがいるのはある意味信仰に近い状況なのかもしれません。

アミグリ様のイラストも今回はこいし嬢のイラストが3枚も!どのイラストもキュートさ抜群なのはもちろんのこと、様々なアプローチをされているところに素晴らしさを感じます(#^^#)

今や東方の屋台骨の一角!

ごにぎり 様


東方のこいしちゃんは最近の人気は不変でここ数年はほぼ4位以上の人気投票という結果になっているのも
当然だと思いますし、今やれいまり・妖夢・フランドール・咲夜さんとあわせて東方の根幹的屋台骨を支えている
キャラだと思いますし、今後の活躍もとても楽しみなキャラの一人だと思います。

個人的にはお姉さんのさとり様との絡みが増えればありがたいです。

アミグリさんの描かれたこいしちゃんはよくみると3枚の絵一つ一つが髪の色、瞳の色、目の大きさが違っていて
それが様々なアプローチということになっていると思います。
毎回同じ描き方ではなくてその都度なにかしら変化を付けている点がアミグリさんの素晴らしさだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |