fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


「ヤバい」という言葉は私が小・中学生の頃より既に使われていましたけど、当時の意味合いとしては
「まずい」とか「芳しくない」というマイナス的な側面としての意味合いで使用される事がほとんどでしたし、
当時は例えば教師の見ている目の前で「ヤバい」というワードを使用したとしたら、結構な確率で
「そんな下品な言葉を使うな」とか「そんな元々がやくざ社会の隠語みたいな言葉を堅気社会で使うな」みたいに
怒られていたような記憶もあります。

「ヤバい」という言葉自体は実は最近使われ始めた言葉という訳では全然無くて江戸時代から既に使われていたようです。
実際、江戸時代の滑稽本・十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも「やばなこと」という表現が見られたりもします。
その語源は諸説ありますけど。江戸時代の矢場(射的場)では隠れて売春が行われていたため、
そこに下手に居合わせ、役人から目をつけられたら危ないという意味で「ヤバい」と言われるようになったという説が有力な
そうです。
それ以外の説として、江戸時代、牢屋や看守のことを「厄場」といっており、そのようなものとかかわりあいになりそうなくらい
危険な状況にあることを「ヤバい」といっていたそうです。
牢獄でよからぬことをしている囚人が看守に見つかりそうになると、「やば、やば」と言い合って囚人どうしで
看守の存在を教えあったとも言われているそうです。

こうして見てみると「ヤバい」という言葉の本来の意味とは、状況的に危ないとか不都合な事態が起こりそうという事なのかも
しれないです。
そうした危険とかまずいとか立場的にあまりよろしくないといったマイナスの表現としてヤバいという言葉は、
例えば「なんだか、やばいことに巻き込まれたぞ!」「やばい! 気をつけろ~!」というようにマイナス的な意味合いとして
使用されていたと思います。

最近では「ヤバい」という言葉は、「あの店のランチやばいよね~」「このラーメン、チャーシューの量やばくね?」などのように、
凄い・魅力的・素晴らしい・言葉にならない程凄い事などの意味で使われることが多いように思われます。
「やばい」という言葉、国語学的には「具合の悪いさま」「不都合なさま」を意味する形容動詞「やば」を形容詞化した言葉として
解説されることが多いですけど、
最近においては具合が悪いどころか魅力的とか見事であるといった意味合いとして使われる頻度が高いというのも
言葉自体が時代の変化に応じて進化したものといえそうです。
そしてヤバいという言葉はいい意味でも悪い意味でもありとあらゆる意味で使えるという大変応用範囲が広いという点でも
際立つものがありそうです。

「ヤバい」と言う言葉は現在においてはポジティブな意味でもネガティブな意味でも両方の意味で使えますし、
人が相手に伝えようとする言葉の意味により「ヤバい」という言葉はプラスのイメージとしてもマイナスのイメージとしても
七変化するということだと思います。
魅力的でも魅力的でなくても、可愛くても可愛くなくても、美味しくても美味しくなくても、カッコよくても悪くても、
感情系、状態系の全ての言葉がこの「やばい」の一言で片付いてしまう便利すぎる言葉が現状のヤバいという言葉なのだと
思います。

具体的な使用事例としても思い浮かぶところでも例えば・・

やばい! くそ眠い

ほんとに歌上手いやばい!

新曲の評判が良すぎてやばいっすね~

人間を超越していてやばいなって感じのあの人・・

コンサート最高だったってツイートが多すぎて羨ましくてヤバい・・

本当にものすごい長時間寝てしまって病院行かないとやばい気がしてきた・・

この漫画アプリやばいw 人気漫画から新作漫画まで読み放題w

ウエストbefore→afterがやばい

やっぱり「ヤバい」のストライクゾーンの広さは「かわいい」や「すごい」と同じと言えそうです。

さてさて、この「ヤバい」というワードをもしも別の言葉で言い換えるとしたらどんな言葉が適切なのでしょうか・・?

「不都合」「危険」などの意味に解釈するならば、
まずい、いけない、いただけない、困った、困り果てる、弱った、弱りはてる、大変、厄介、危ない、あわや、危機一髪、危うい、
油断できない、切迫、緊迫といった言葉が思い浮かびそうですし、
「すごい」など肯定的な意味に解釈するならば、
見事な、際立つ、秀でた、優れた、抜きん出た、長けた、極めつけ、超越、卓越、かっこいい、素晴らしいといった言葉が
思いつきそうです。

そしてこの「ヤバい」というワードを少し上品なワードに置き換えたとしたら、結構しっくりきそうな表現が「穏やかではない」
というワードなのかもしれないです。
「穏やかではない」の意味とは、不穏な空気が漂うとか心配である、落ち着いていられないという意味合いでもありますので、
確かにヤバいというワードよりは上品さはあるのかもしれないです。




aoi-79_convert_20201026022505.jpg


「穏やかじゃないわね」・「穏やかじゃない」というセリフは、アイカツ!の登場人物・霧矢あおいのセリフとして有名ですよね~♪

このフレーズが初登場したのはアイカツの第一話にてあおいがいちごに対して
「穏やかじゃないわねぇ、いちごからアイドルの話がでるなんて」と言っていたのが最初です。
そしてこのあおいの「穏やかじゃないわね」というセリフは、穏やかじゃないわ。穏やかにね・この穏やかさ、穏やかじゃないわね・本当に穏やかじゃない!・いちご、穏やかじゃないわ!こんなの穏やかじゃなさすぎる!などなど
決して穏やかではないレベルで使用頻度が上がり続け、
「穏やかじゃないわね」というのはあおいの口癖または決め台詞としてはすっかり定着してしまったと言えそうです。

周りの人からも既にあおいの代名詞的に扱われており、いちごに真似されたり、織姫学園長にも「これは霧矢の言うところの・・・」と前振りされていたりもします。
3期では後輩の氷上スミレもあおいの「穏やかじゃない」発言に対して「穏やかじゃありません」と返していましたし、
「穏やかじゃない」を「霧矢先輩の言うところの「穏やかじゃない」。という形で引用・使用していたりもしていました。

JCさん・JKさん・すてきな美少女の皆様が「ヤバい」というワードを駆使してもそれは既に当たり前の言い廻しという事に
なりそうですけど、知的なあおいがヤバいという表現ではなくて「穏やかではないわね」というフレーズを
多用するのも妥当といえそうですね~♪

関連記事
スポンサーサイト



コメント

言葉は変わる

こんにちは。
ヤバいといえばD川さんですが。
言葉の使い方は時代によって変化しますよね。
例えば「なう」ですけど。
40年前は「ナウでヤングな◯◯」とカタカナ。
同時に南海が開幕から大コケしたことが蘇る。
現在はTwitterなどで「◯◯なう」の平仮名。
最近では「終わった」が「オワタ」ばっかりかと。

「歌は世につれ、世は歌につれ」…と言いますが、言葉もまたそうです。
人間は他の動物と違って言葉を発明して使える…しかも言葉に流行の意味を持たせ面白い生き物です。
最近「ノマド」なる奇妙な言葉を耳にします…そんな名を付けた映画が「アカデミー賞」を取ったりしてますね。

時代の変遷とともに・・

五航戦の愛鷹  様


仰る通り、昭和50年代前半に誰しもが使っていた「ナウい」とか「ナウなヤング」というワード自体、現在では
死語になっていますし、現在そうしたワードを使用したら、若い世代からは「??」という反応を食らい
レトロ世代からは「なんという古い言い回し」と思われるのかもしれないです。

そういえば「隣の吸血鬼さん」のソフィーちゃんも「チョベリバ」とか「ナウなヤング」というフレーズを使用し、
まわりから「なんじゃそれ・・?」みたいな反応を食らったのも面白かったです。

言葉は時代によって変遷しますし、そうした意味では江戸時代から使用されている「ヤバい」の息の長さは
すごいと感じてしまいそうです。

流行り言葉

sado jo  様


流行り言葉もその時代で多用されたフレーズというのは時代によって変化しますし、最近はその流行り廃りのスピードも
早いですし、
一時期JKさんが多用した「チョベリバ」を使用する人は現在は誰もいないですし、
数年前に東京五輪招致でキーワードになった「おもてなし」は現在の東京五輪の嫌われ方を見ると、この言葉自体も
どちらかというと敬遠ワードになりそうです。

言葉は難しいですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |