fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


それにしても「浦和の調ちゃん」の新キャラを交えての続編ともいえる「むさしの!」の正式な放映決定については
公式でも相変わらず音沙汰なしですね~
ウィキペディアでも「浦和の調ちゃん」の項目で「2018年に第2期として「むさしの!」のタイトルで放送予定」と以前記されていた
事もありましたし、浦和の調ちゃんまたはむさしの!の公式HPにおいても「2019年放映予定」と記されていたものの
既に2019年はとっくに終了していますからね・・
「むさしの!」に関しては放映が実現されても(いつものように)放映が順延となっても「気長に待ちましょう・・」と
いう事になるのかもしれないです。
というか万一放映されればラッキーぐらいの感覚でいたほうがいいのかもしれないです。





そんな訳でいつまでたっても「浦和の調ちゃん」の第二期ともいえる「むさしの!」の放映が実現しませんですので、
本記事においては「浦和の調ちゃん」の最終回の第12話 / 明日もいい日になりますように について改めて簡単に
振り返りをさせて頂きたいと思います。

最終回なのですけど、沼影彩湖・別所子鹿・三室美園の3人は登場しませんでした。
結果的にこの3人は第11話で登場したのが最終的に最後の登場となってしまいました。
意外な事に「浦和の調ちゃん」は全話を通してメインキャラの8人の女の子たちが一堂に勢揃いすると言うシーンは
一度もありませんでした。
出来れば一度でいいから、8人全員勢揃いというシーンも見てみたかったと思うのですけど、5分間のショートアニメだと
難しいのかもしれないです。

この埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」ですけど、
全12話の全てが、特にドラマとか事件とかはほぼ起こらなかったですし、そのほのぼのとした「ゆるさ」が魅力でもありました!
そうした「ゆるさ」の中でも、例えば、「うまい、うますぎる・・・」の十万石まんじゅうとか彩果の宝石とか大宮の盆栽とか
埼玉かるたとか片岡食品のねぎ味噌煎餅とか
さりげなく数少ない埼玉名物を取り上げて頂いたのは、埼玉県民としては何か微妙に嬉しいものがあったりもします。

全般的には、大谷場南のアホキャラが大変いい味を出していたと思いますし、
鉄道部の部長・道祖土緑の胸の大きさとあのおっとりキャラも素晴らしかったですし、
別所子鹿の強がりなんだけど、「彩湖大好き」の百合っぽい感じが大変印象的です。
道祖土緑の最終回における
「ナンバーワンよりオンリーワンね」とか「あらあら・・」というセリフは実にすてきでした~!
(この「あらあら・・・」というのは、ハピネスチャージのゆうゆうとかARIAのアリシアさんを彷彿とさせるものがありました)


20150626-u004_convert_20150702070841.jpg


このローカルショートアニメの主人公はやっぱり誰が何と言っても高砂調(たかさご うさぎ)だったと思います!

調ちゃん=うさぎちゃんのゆるさと可愛らしさはとにかく申し分が無かったです~♪

最後の最後まで調のアホキャラは相変わらずというのが実に良かったのですけど、
テストの点数が58点で、赤点も補習もスレスレセーフと言うのもいかにも調らしい話だったと思います。

最終回においては、夏休みの話で盛り上がっていましたけど、
調の「プールにお祭り、かき氷、そしてそして肝試し♪」というセリフに対する
南の「どこの小学生かよ!」というツッコミはとても楽しかったですし、
調に対しては他のキャラからもツッコミが色々と入り、

常盤 : 宿題もやりなさいよ

調 : 大丈夫。最終日もう空けてあるから

南 : だから小学生かよ

という会話の流れはとっても面白かったです。

そして更に輪を掛けるようにして、

桜 : 読書感想文はどうするんですか

調 : あらすじだけ読んで書く

緑 : あらあら

南 : もう小学生からやり直してこいよ

という会話の流れは大変軽妙で流れがよかったです~!

大谷場南は一見するとどう見てもおバカさんキャラにしか見えないのですけど意外と学業成績が良いというのは、
雰囲気的に勉強はできそうもないけど意外と普通に学業成績は一定以上または優秀と言う意外性キャラとしては、
最近では「放課後ていぼう日誌」のなつみや「球詠」の詠深ちゃんとか「ゆるキャン△」のなでしこも該当しそうです。

やっぱりこの「浦和の調ちゃん」は、こうした日常のさりげない「ありふれた光景」が実に素晴らしいですね~♪
日常の中の小さな幸せやさりげない埼玉県の宣伝が「浦和の調ちゃん」のメインテーマだったと
今更ながら言えるのかもしれないです。

20150626-u019_convert_20150702070948.jpg

20150626-u024_convert_20150702071026.jpg

20150626-u029_convert_20150702071102.jpg


「浦和の調ちゃん」のアニメの第一話は、調の調神社への参拝シーンから開始されましたけど
最終回も調神社で終るところが実に良かったと思います。
このアニメがきっかけで浦和区岸町の「調神社」(つきのみや神社、通称・うさぎ神社)に興味を持って頂ける方とか
参拝客が少しでも増えるといいですね。
らき☆すたで鷺宮神社の参拝客が激増したように調神社でも初詣や七五三等でこの神社にお詣りをされる方が増えて
地域での知名度ももう少しアップしてくれると大変嬉しいものがあると今でも思っています。

ラストシーンにて調が一人ベンチで佇んでいましたけど、あのベンチは確かに調神社を参拝した時に見た事がありました。

「テスト、お疲れ様・・・」と調にジュースを差し入れする時の上木崎常盤の笑顔が実にかわいかったです。
あの常盤を見てしまうと、
南と彩湖に対して発動する常盤の「凶暴キャラ」とのすさまじいギャップがあり、
それが実にいい味を出していたと思います。

調 : 常盤、熱でもあるの?

常盤 : いらないなら私が飲むわよ

調 : いるいる!ありがとうございます!!

という二人の会話も実にJKさんらしいふんわりとしたものがありとっても好感か持てたものでした。

ラストの耳元の髪をたくしあげる調ちゃんが実に可愛くてキュートでした~♪


20150626-u012_convert_20150702070915.jpg


第一話が「今日もいい日でありますように」というタイトルで開始され、
最終回が「明日もいい日になりますように」というタイトルで完了した訳なのですけど、
こうしたタイトルも「日常の小さな幸せを大事にしましょう」といった制作者サイドの意図も伝わってくるような意図も
感じられとても誠実に感じられたものでした。

「浦和の調ちゃん」は2015年6月に全12話で最終回を迎えましたけど、
全国47都道府県でもっとも「県民意識・郷土愛」が薄いとされる埼玉県において、
こうした「郷土愛」を呼び起こさせるアニメは大変貴重ですし、大変意義と価値がある作品だと確信しています。
とにかくこの作品に「感謝、感謝!!」・ありがとう!!」という気持ちで一杯です!!

なんとか「浦和の調ちゃん」の全キャラが続投し更に大宮方面の新キャラも加わったと思われる続編の「むさしの!」が
無事に放映が開始されればいいですね~!


蝗帶←_convert_20180627180009


「むさしの!」の新キャラたちのグッズが、放映開始という公式での発表がある前なのに、一時期通販で販売されていた事も
ありました。

私自身が「むさしの!」の新キャラの中でいっちば~ん!気になっているキャラは一ノ宮四恩です!

一ノ宮四恩の名前の由来は、大宮区の北大宮駅付近にある「武蔵一宮氷川神社」と「四恩寺」からだと思います。

四恩の読み方はしおんですけど、東方の貧乏神のお姉ちゃんの依神紫苑(よりがみ しおん)みたいな貧乏神さんではなくて
普通のさいたまのJKさんでありますので、とにかく一度ぐらいはアニメで実際に動いている一ノ宮四恩を
見てみたいです。





「浦和の調ちゃん」のアニメ本編は全12話で完結しているのですけど、実は「幻の第13話」というものがあります。
この第13話は、DVDとBDに収録されていて、要は13話を見たければDVDを購入しなさいという事なのかもしれないです。
私自身は特典欲しさにこのDVDは購入はさせて頂きました。

この幻の第13話 「夏の日と、部室と、友達と」なのですけど、アニメ本編同様、相変わらず何も無いない・・といった感じの
お話です。
この「何もないない」という「日常のゆるさ」こそがこのアニメの神髄なのかもしれないですし、「何もないない名物も銘菓も
観光名所も何も無い」という埼玉そのものを象徴しているのかもしれないです。
この第13話の主役はメインヒロインの高砂調ではありませんし、 調・常盤・南の3人は一切登場しません。
では誰が主役なのかというと、アニメ本編でもわずか2回しか登場しなかった三室美園でもありませんでしたけど、
意外な事に、このアニメでも屈指の「影の薄いキャラ」の「田島桜」がそうでした。
それに生徒会の子鹿と彩湖が絡んでいくというものでしたけど、
幻の第13話でようやく主役を晴れるなんてありがたや~という感じなのかもしれないです。

話自体ですけど、あってないようなものです・・・

夏休みの人影がまばらな校舎内において、
鉄道部のクーラーが利いた部室内で一人のんびりと冷たいジュース・お茶菓子・本を堪能する桜の
アニメ本編ではあまり見せなかった「のびのびとした感じ」が出ていて とっても楽しいものはありました。
桜に話しかける子鹿に、それをそっと見守り「よかった、よかった・・・友達できたじゃん・・」みたいな彩湖の
ちっとは会長らしい雰囲気も微笑ましいものがあったと思います・・

全体としてはほのぼのという感じでしたけど、それもまた埼玉らしい雰囲気なのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

今回はぬくぬく先生様の大切な作品「浦和の調ちゃん」関係の記事ですね。
「むさしの!」に関しては残念な空気ですが、ポテンシャルは高い作品だっと思いますし、何らかの形で企画が復活して欲しいものです!
「浦和の調ちゃん」で描かれた「些細な日常の大切さ」。今でこそ実感できるものなのかもしれませんね。幻の13話目!貴重なお話を聞かせていただきました。ありがとうございます(^^)

浦和の調ちゃん

ごにぎり 様

「浦和の調ちゃん」の制作局であるテレビ埼玉は以前は深夜アニメの宝庫とすら感じたほど、番組作りは魅力的でしたし、
浦和の調ちゃんもその一環だったと思いますけど、最近はまったくアニメ放映はしなくなりましたし、
調ちゃんの続編もHPでは2019年の「絶賛準備中」の更新以降は何の音沙汰もないですし、そのあたりは
不満タラタラですけど、
何かの間違いで? 第二期というか続編が制作されれば儲けものと言う感じなのかもしれないです。

埼玉県内のツタヤやゲオではこの作品のDVDは普通に置かれているというのもご当地ネタなのかもしれないです。

テレビ埼玉では定期的に埼玉西武ライオンズの試合が放映されていて、先日も埼玉西武ライオンズ-千葉ロッテマリーンズの
試合が放映されていましたけど、テレ玉でマリーンズ戦が放映されてそれを私自身が視聴している時はほぼ90%の確率で
マリーンズがボロ負けまたは逆転負けを食らってしまうのがもどかしいところです・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |