FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


銭湯というと現在の日本ではかなり廃れていて、廃業が相次いでいるものですけど、
それでも銭湯はスーパー銭湯や日帰り天然温泉よりは、まだ価格的には安く設定されている事も魅力の一つですけど
あの何とも言えないノスタルジー感に昭和の頃の郷愁みたいなモノを感じてしまいます。
そうした意味では、銭湯と言うと忘れかけていた「日本人の心のふるさと」みたいな感じもあるのかもしれないです。
私が埼玉県川口市に住み始めて今年で24年になるのですけど、24年前の川口市内には結構な数の銭湯はまだたくさん
ありましたし、スーパー銭湯や日帰り温泉もいくつかあったのですけど、
年々そうした入浴施設も数としては明らかに減っていると思います。
確かに需要は減っているのでしょうし、少子高齢化という事で一人暮らしをしている学生さんの数も減少しているのかも
しれないですし、学生さんも昔と違って風呂なしアパートに住む人も少ないのでしょうし、
何よりも現在の賃貸アパートは、風呂なしアパートという形態も限りなく少ないという事なのかもしれないです。
そして感覚としてはそうした銭湯・入浴施設の跡地には巨大高層マンションが建築されているようにも思えます。

昨年の年末と今年の年始は例年通りの寒さですけど、こういう寒い時には帰宅時に真っ先にお風呂に入って
ポカポカと温まり気持ちでいっぱいになりそうです。
寒い時お風呂で温まり、その後こたつやエアコンの効いた部屋でぬくぬく過ごすのもすてきな事ですし、
そのままあたたかい布団でお休みモードになるのも悪くはないですけど、時折なのですが、
家のあの狭苦しい浴槽ではなくて大きな湯船で手足をゆったりと伸ばしてお湯に浸かって更にホカホカと温まりたいという
気分になることもあったりして、そういう時は自宅から自転車で5分程度の銭湯に行くこともあったりします。
21世紀の初め頃には自宅から自転車で2分ぐらいのところにも銭湯はあったのですけど、数年前に高層マンションに
建て替えがされていました。
(夏場はいいですけど、冬場に自転車で銭湯に行くと帰り道の冷たい風は結構堪えますし、帰宅時にはお風呂でせっかく
温まっても体はすっかり冷えてしまうのがもったいないところではあります・・)

銭湯はスーパー銭湯とは違いますから、基本的には、ボディソープ・シャンプーはおろか石鹸すら置いていないです。
銭湯に行く際は、シャンプーや石鹸は必需品であったりもします。
うちの近くにまだ残っている銭湯は、実はいまだにシャワーが設置されていなかったりもします。
そういう際は、お湯を掛ける際には、プラスチック製の桶にお湯をいれてざーーーっと浴びるという大変レトロなもので
あったりもします。

しかも、そのプラスチック桶というのが、あの昭和レトロ感満載の黄色のケロリン桶がいまだに現役で使用されています~♪
このケロリン桶はとっても懐かしいです!

ケロリン桶は銭湯ではいまだにまだ現役を続けているというのも何だかうれしいものがあったりもします。

平成生まれ以降の若い世代の皆様ですと「ケロリン桶って何ですか?」と言われる方もいらっしゃる方もしれないので、
ケロリン桶とは何かといいますと、全国の銭湯や公衆浴場で使用されている黄色いプラスチック製の湯桶の事です。
1963年に内外薬品株式会社の鎮痛薬ケロリンの広告媒体として製造されて以降、
現在も湯桶の定番として全国で使われているとの事です。

こうした昭和レトロのアイテムが令和の時代においてもいまだに現役で稼働している事は昭和育ちの私にとっては
無性にノスタルジーを感じたりもします。


繧ア繝ュ繝ェ繝ウ譯カ_convert_20181226170419


銭湯でおなじみの黄色い湯桶のケロリン桶は、子供が蹴飛ばしても、腰掛けにしてもビクともしないことから
永久桶とも呼ばれることがあるそうです。そして、ケロリン桶は実は関東と関西でサイズが違うとの事です。

関東バージョンは、重さ360g、直径225mm、高さ115mmであるのに対して、
関西バージョンは、重さ260g、直径210mm、高さ100mmと、関東サイズに比べてひとまわり小さいそうです。

どうしてこうした違いがあるのかと言うと、別に関西人がドケチでお湯をケチっているからという訳では全然なくて、
関東はかけ湯をする際に蛇口からお湯を入れてかけ湯をする事が多いのに対して、
関西は湯船から直接湯を取ってかけ湯をするため、関東サイズだと重すぎて大変という事で、
関西の湯桶は一回りサイズが小さくなっているそうです。

こういう所にも関東と関西では微妙に文化の違いがあるものなのですね~

ケロリン湯桶はどうして黄色いのかと言うと、最初は白色だったものの、
白だと汚れが目立つからという理由で途中から黄色になったというのはむしろ妥当と言えるのかもしれないです。


縺代m繧翫s_convert_20170331195150


ケロリン桶ですけど、実はアニメ作品とのコラボ商品として登場する場合もあったりします。

その一つが名前が似ているという事で「ケロロ軍曹」のケロリン桶ですが、2017年に大ブレイクした「けものフレンズ」にも
コラボケロリン桶が一時期販売されていたこともあったそうです。
けものフレンズに登場する「フレンズ」キャラのキタキツネとギンギツネが描かれたコラボ桶がネット限定発売されていた事もあり、
こうしたマイケロリン桶を持って銭湯に行ってみるのも楽しい事なのかもしれないですね~♪





スマートフォンアプリ「白猫プロジェクト」のゲーム内イベントとして、「白猫温泉物語2~ほめて、ワビサビ~」にゲーム内で
武器として実装された「星たぬきのケロリン桶」は「ごくらく星たぬきのケロリン桶」に進化可能となりますけど、
それを記念して「ごくらく星たぬきのケロリン桶」が発売されていた事もあります。

販売価格は1,300円(税込み1,430円)で、販売場所は西武秩父駅前温泉 祭の湯とオンライン販売で
取り扱いがされていました。

白猫プロジェクトは2020年の春アニメとして深夜アニメ枠で放映されていましたけど、予想外につまらなくて
個人的にはガッカリさせられたものでした・・
(中盤まではよかったけど、後半以降の展開がストーリー的に納得いく内容ではなかったです・・)


1aac9e2eff-8_convert_20201009175811.jpg


白猫プロジェクトのアニメ化とは対照的に「ゆるキャン△」のアニメ化は大成功でしたし、第一期も絶賛と好評の中で
終りましたけど、本年度・・2021年の冬アニメとしてゆるキャン△第二期が既に放映開始となっていて、
またまたなでしこやいぬこ・・じゃない「うそやでー」のあおいちゃんやリンに会えるのはとっても嬉しいです!

そのゆるキャン△とケロリン桶がコラボした「ゆるキャン△ケロリン桶」が昨年発売されていたりもしたものでした、

デザインは志摩リンのみというのはちょっと勿体無い感じがしましたし、できればなでしこやあおいちゃんのケロリン桶も
見たかったです~♪

志摩リンのケロリン桶は、リンのSNSアイコンをモチーフにしていて、キャンプ場だけではなく自宅でも使いたくなるような
かわいいデザインとなっています。

ゆるキャン△ケロリン桶の商品概要は下記の通りです。

サイズ(約):直径225mm・高さ115mm・重さ360g
発売元:スロウカーブ
価格:1,300円(税別)
2020年10月15日(木)発売

そういえば、アニメ第一期ではなでしこよりはリンの方がバイクでの移動時等での温泉入浴シーンが多かったので、
そのせいでケロリン桶のデザインに抜擢されたのかもしれないです。


1008_03_convert_20201009180251.jpg


上記でも触れた通り既に「ゆるキャン△」第二期の放映はスタートしていますし、2021年冬アニメの大きな目玉作品の
ようにも思えますし、これからの放映がとても楽しみです~♪

「ゆるキャン△」は山梨県内のJKさんたちがキャンプをしたり、日常生活を送ったりする様子を緩やかに描いている
おっとりとしたゆるい日常系作品です。
テレビアニメ第1期が2018年1~3月に放送され、2020年1~3月にショートアニメ「へやキャン△」が放映され、
福原遥さん主演の実写ドラマが放送されたことも話題になっていました。

「ゆるキャン△」の私の一押しはいうまでもなくなでしこで、その次の推しは「うそやでー」のあおいちゃんです~♪

なでしこもそうでしたし、「放課後ていぼう日誌」のなつみも「球詠」の詠深ちゃんもなんとなく頭は悪くて学業成績は悪そうな
オーラを出しているけど、実際はおバカどころか学業成績は意外といいというのが一つの意外性でも
あったような感じもします。


kyuarozetta!!_convert_20130724153416.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれたすてきな絵の転載&ご紹介コーナーです。
昨年の11/22の当ブログでも「ゆるキャン△のリンのお団子ヘア(シニヨン)はかわいい」と記させて頂き、
あの時の記事ではアミグリさんが描かれたお団子ヘア娘の一例としてスマイルプリキュアのキュアサニーと
プリパラの南みれぃを転載&ご紹介させて頂きましたので、今回はそれ以外のお団子ヘア娘を2人ほど転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。

シニヨン(お団子ヘア)とは、束ねた髪を側頭部や後頭部でまとめたヘアスタイルのことで、換言するとポニーテールや
ツインテールを丸くまとめたものでもあります。
ポニテ―テールはかわいいし同時に実用的ともいえそうですけど、そうした意味においてはシニヨンもかわいいおしゃれ要素と
実用的な要素を兼ね揃えていると思われます。

プリキュアのお団子ヘア娘というとキュアサニー以外では変身前としては四葉ありすも大変印象的です。

そんな訳で、アミグリさんが2013年7月に描かれた「ドキドキプリキュア」より四つ葉ありす=キュアロゼッタです!

ドキドキプリキュアは、マナと六花という二大ヒロインがでん!と構えている中では、確かに全体的な印象は
控えめという感じもなくはないのですけど、 要所要所で引き締めてくれている大事な役割も持っていたと思いますし、
ありすは5人の中では一番大人という印象がありました。

アミグリさんが描かれた「ありす=キュアロゼッタ」は、四つ葉ありすの変身時の口上の「陽だまりポカポカ」を
絵に描いたようなあたたかさがあると思います!
全体的にとっても「あたたかさ」が感じられ、ごちうさではないけど「心ぴょんぴょん」みたいな気分になってしまいそうな
とってもすてきな作品だと思います。
このとびっきり大きなツインテールやウインクをしている様子はもはや「あざとさ」というのではなくて、
かわいいを極限に貫いているとすら感じられます。

とにかくこのロゼッタは素晴らしい完成度を誇っています!

このままドキドキプリキュアのアニメ原画として採用されても全く違和感がないほどの完璧さがあるとすら感じられます。

変身前のありすのお団子ヘアが直接プリキュアとして反映されている訳ではないのですけど、頭の頂点は
いかにもお団子っぽいものも感じさせるものがありとってもかわいいですルンッ~♪





続きましてアミグリさんが2014年10月に描かれたヤマメです!

アミグリさんの描かれたヤマメは、公式設定の「明るく気さく」という雰囲気をそのまま二次元作品として表現されたような
雰囲気に溢れていてもとってもかわいいヤマメだと思います。
お団子ヘアにその髪の毛を飾るリボンとか、チルノのようなかわいいショートヘアとか
思わず吸い込まれそうな大きくてつぶらな瞳とかどこか照れたような感じでもある少し紅潮した頬とか
とてもじゃないけど、嫌われ者とか感染症をもたらす疫病神的存在という感じは全く無くて、ヤマメの元ネタである土蜘蛛という
幻想郷内の建築工事を支える縁の下の力持ち的要素としての貢献度の高さを示唆しているような
高貴さすらも伝わってきているような感じがあります。
ヤマメはよく「地下アイドル」とも言われがちなのですけど、アミグリさんの描かれるヤマメはそうしたアイドル的な可愛らしさに
溢れているとも言えますし、
ヤマメの元ネタは蜘蛛という事で公式立ち絵としてはお腹ポッコリでこのお腹が蜘蛛の腹という事を意味しているのだと
思うのですけど、
アミグリさんの描かれるヤマメは土蜘蛛とか蜘蛛のお腹がポッコリしているという感じではなくて
「丸く膨らんだポケット付のスカート」みたいな感じで描かれているのは、ヤマメの女の子らしさを十分すてきに
表現されていると感じられます。
お団子ヘアも女の子のかわいらしさそのものだと思います。

蜘蛛の巣のキラキラも今現在の作風のあのすてきなキラキラ感を先取りしているようにも感じられますね~♪





続きましてアミグリさんが2018年2月に描かれた「かしこまっ!」でお馴染みの真中らぁらです。

アミグリさんが描かれたらぁらはとってもかわいいですし、なによりも今この瞬間に「かしこまっ!」と言っていそうな雰囲気が
すてきに漂っていると思います!
明るい雰囲気に満ち溢れていて、見ているだけで元気やパワーをこのらぁらから分けて貰えそうですね!
らぁらの外見というとなんといっても初音ミクを彷彿とさせるあの巨大ツインテールなのですけど、
紫のツインテのかわいらしさもすてきですし、衣装もアイドルそのものでとってもキュートでかわいいなぁ・・と思います!
(変身前の素のお団子もとつてもかわいいです~♪)
らぁらが小学生であるとは今でも信じられない話でもあるのですけど(汗・・)
「小学生は最高だぜぇ!」と思わず言いたくなってしまいそうなすてきならぁらだと思います!

このピースサインもウインクもすてきな笑顔も正統派アイドルそのものだと思います~♪
そしてらぁらのフリルの描き方も細かく丁寧に描きこまれていて、この完成度の高さは素晴らしいものがあると思います。

上記のアミグリさんが描かれたキュアロゼッタとらぁらは、らぁら達の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいらぁらを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 のを ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 のに一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

お団子ヘア娘はみんなとってもかわいいですけど、その中でもゆるキャン△のリンのお団子は突出していると思います。
そうしたリンのケロリン桶もとってもかわいくてすてきですけど、次回以降更にケロリン桶×アニメコラボが
実現される場合は、上記のらぁらやゆるキャン△のなでしこもいいのかもしれないですね~♪
お団子ヘアといえば、2020年秋アニメの「トニカクカワイイ」第2話での由崎司の初夜の?就寝時でのお団子ヘアも
殺人的にかわいらしかったです~♪
あれはまさしく文字通りの「トニカクカワイイ」でした~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

私は銭湯という文化に触れずに育った現代っ子でしたが、自分で旅行するようになってからは旅先で銭湯に入る機会が結構あって、その度に番頭のおばあちゃんやケロリンに出会えるのが楽しかったりします。
壁の絵や広告とかも独特の風景ですよね。

このご時世、経営的には厳しいかもしれませんが、こうした文化は残って欲しいなと思います。。。

昭和末期の銭湯

やぶろっきー 様


おっしゃる通り銭湯はすてきな日本文化だと思いますし、このコロナで世知辛い時代だからこそ残ってほしい
交流の場なのだと思います。

私自身、昭和末期に埼玉~都内で貧乏学生をしていた当時は風呂なし・トイレ共同家賃23000円のボロアパートに
住んでいたころは銭湯はさすがに毎日は行けませんでしたけど、絶対的に必要な場所だったと思います。
1984年当時で銭湯の料金は230円で、現在はほぼ倍の450円となっていますけど、
当時の吉野家の牛丼が400円で現在は380円であることを考えると、銭湯は物価そのものを反映し、吉野家は立派すぎる
企業努力といえそうです。
当時の銭湯は、洗髪する場合は210円、洗髪する場合は230円ですべて番台での自己申告制というのも当時の
まだのんびりとした世相なのかもしれないですし、
お風呂上がりで体をよくふかないで脱衣所にくるとガミガミ親父がどやしつけていたというのも
まだ親父の権威が残っていたことの表れなのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |