fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




まもなく春到来ですけど、朝晩の外はまだまだ寒いですね・・

こういう時に食べたくなる麺類は温かいラーメンやおそばだと思いますけど、油揚げがシンプルに乗ったきつねうどんも
捨てがたいものがあると思います。
カップ麺としてのきつねうどんというと既にたくさんのメーカーから多くの商品が出ていますけど、そうしたきつねうどんの中でも
双璧は日清のどん兵衛と東洋水産の赤いきつねだと思います。
カップヌードルにおいてうどんとそばというと、私的にはやっぱり日清のどん兵衛がいっちば~ん!なのかな・・?と
思ったりもしますけど、どん兵衛の次に来るのは東洋水産の赤いきつねと緑のたぬきなのかもしれないです。
赤いきつねはどん兵衛に比べると少しだけ甘さ・マイルドさが加わっているようにも感じられ、
私的には子供の頃より慣れ親しんだ味なのだと思います。
赤と緑というと色においては補色関係にもあり、その対照性が素敵だと思いますけど、実は赤いきつねと緑のたぬきは
同時発売ではなくて、発売時期は赤いきつねの方が早くて、緑のたぬきは赤いきつねの後発商品という扱いになるそうです。

赤いきつねやどん兵衛に限らずほぼ全てのカップ麺としてのきつねうどんの具材として入っている油揚げは一枚だけ
なのですけど、これは昨年の話で既にそうしたキャンペーンや限定商品は終了となっているものの
昨年9月にセブンイレブン限定商品として油揚げが2枚入った赤いきつねと天ぷらの厚さが通常商品よりも厚く大きくなった
緑のたぬきがコンビニ限定商品として発売され、しかもキャンペーン期間中、東洋水産の赤いきつねや緑のたぬきなどの
対象カップ麺を2つ購入すると「マルちゃん タヌキとキツネ フタのせフィギュア」が先着で各店舗24名に配布釣されるという
キャンペーンが展開されていました。
この蓋乗せの狸とキツネのティギュアはアタモト先生による人気漫画「タヌキとキツネ (タヌキツ)」からデザインされていて
とってもかわいいです~♪
種類は4種類あり、それぞれ6個まで各店舗で用意されているという事で、計24個が先着順で対象商品購入者に配布
されていましたけど、私が購入したお店ではこのキャンペーンは昨年の9月29日に開始されていましたけど、2~3日後には
既に配布完了となっていましたのでかなり人気はあったように感じられました。
前述の通りフィギュアは全種類は4種類あり、赤いきつねはキツネデザイン、緑のたぬきはタヌキデザイン、
あつあつ豚汁はキツネとタヌキデザイン、あつあつ牛すきはキツネとタヌキデザインとなっていました。

とってもかわいいキツネとタヌキのデザインなので、お湯を入れて出来上がりを待つ時間が楽しくなることは間違いないと
思いますね~♪

改めてなのですけど、うどんやそばについてのきつねとたぬきの違いというのはどんな事なのでしようか・・?

一般に関東では油揚げがのったそば・うどんを「きつね」、天かすのせを「たぬき」と呼びます。
というか私自身もそれが普通だと思っていました。
関西方面では一般的にきつねといえば油揚げのうどんだけを指したぬきは油揚げののったそばだけを指す事が多いそうです。
つまり、関西においては、きつねそば・たぬきうどんはあまり見かけないとの事です。

関東と関西の文化ではこういうちょっとしたところにも色々と違いはあるものなのですね!

関東で油揚げが乗っている麺類と言ったらきつねうどん・きつねそばを指します。
そして天かすが乗った麺類と言ったらたぬきうどん・たぬきそばを指します。
しかし、関西ではきつねといったらきつねうどんだけで、関東にあるきつねそばは存在しません。
関西でたぬきといったら「油揚げが乗ったそば」であり、そこには関東でお馴染みの天かすは乗っていません。
天かすが乗ったメニューは関西では「はいから」というのが一般的との事です。
関西の「たぬき」は油揚げを入れたそば、「きつね」といえば油揚げを入れたうどんのことになります。
つまり、関西には「きつねそば」や「たぬきうどん」はないということですね・・・

マルちゃんにはきつねそばのカップ麺という商品も存在していたことがありましたけど、あのきつねそばが果たして
関西でも取り扱いがされていたのかは不明ですけど、関西での反応はどうなのかは興味津々であったりもします。

だけどうどんでもおそばでも油揚げがたっぷりと乗っているとなんだかとても嬉しくなりそうですね~♪


CIMG4048_convert_20201004203451.jpg

CIMG4049_convert_20201004203524.jpg

CIMG4050_convert_20201004203544.jpg


上記画像は昨年9月にセブンイレブン限定商品として油揚げが2枚入った赤いきつねのレビュー画像です。

普通のどん兵衛や赤いきつねには言うまでも無く油揚げは一枚しか入っていませんけど、こうやって油揚げが2枚も入った
だけでなんだかささやかな贅沢気分を味あえそうです~♪

コンビニ限定の緑のたぬきは「天ぷらが通常サイズよりも大きめ」と記されていましたけど、実際に食べてみた限りでは
「どこが今までと違うの・・?」という感じで、天ぷらが少し厚くなった程度の印象しかありませんでした。

やはり赤いきつねの油揚げが1枚→2枚というインパクトの方が強いようにも感じられそうです。

そして油揚げというと「キツネ」というイメージがあるのですけど、東方の世界においてキツネをモチーフとするキャラは
いうまでもなく九尾の狐でお馴染みの八雲藍です。

八雲藍というのはゆかりん=八雲紫様の式神であり、阿求曰く「最強の妖獣」なそうです。
あのゆかりんが全幅の信頼を寄せて、幻想郷内の様々な仕事・雑務を一手にこの藍にさせている点からも
ゆかりん自身が藍を高く評価していることが窺えますし、
そうした高い能力を有していないと、とてもじゃないけどあのゆかりんの式神は務まらないとすら思います。
東方で言う所の式神とは既存の妖獣等に式神という術を被せ、強化・制御したものを指すとの事です。
今風に表現すると、パソコンにソフトウェアをインストールするようなものと言えるのかもしれないです。
藍の場合は、「九尾の狐」という妖怪がパソコンで、
藍という「式神」を憑けることで、そのパソコンにソフトを読み込ませていると言えるのかもしれません。
「九尾の狐」は、元ネタが中国の神獣であり、それ自体が最上位に位置する力を持つ強力な妖怪なのですけど、
そこに藍という式神が憑くことによって超人的な頭脳まで併せ持つことになるため、
その実力は計り知れないものがあります。
だからこそ、あのゆかりんが式神として使っているのだと思いますし、ゆかりんに相応しい妖獣なのだと思います!
そんな強力な妖獣が式神の身に甘んじているのは、ひとえに主人である八雲紫の強大さによるものなのだと思います。
藍にとってはゆかりんに逆らうなんて「考えただけでも恐ろしい・・」という事なのだと思いますし、
また、藍自身が自分が八雲紫の式神である事にとてつもない誇りと喜びを持っているのだとも思われます。

ちなみにですけど、藍は式神ですけど、その式神自体が自分の補助という事で更に式神を使役する事も可能で、
藍の場合、その式神が化け猫の橙なのです。
現時点では橙は藍のように「八雲」という姓も与えられていませんし、ゆかりんと藍が暮らすお屋敷にも居住を認められて
いないのですけど、
ゆかりんがどうして藍の式神である橙に八雲という姓を与えないのかという点に関しては、
現時点においては橙がまだ未熟であり、ゆかりんが求めるような水準に達していないためであり、
逆に言うと、橙がゆかりんの求める水準に達しさえすればすぐにでも八雲という姓を与えて、橙に「八雲橙」と名乗らす事を
許可し、同時にゆかりんと藍が住むという謎のお屋敷に住む事も許可するみたいな暗黙の了解があるのかもしれないです。

ゆかりんとしてはその辺りに関しては「いずれそうした方向になればいいじゃん」みたいな長い目で見ているのかも
しれないですし、
橙がとにかくかわいくてたまらず目に入れても痛くないみたいな親バカ振りも発揮している藍にとっては、ゆかりんに対して
「紫様、この機会になんとか橙を八雲一家させる事をお許し下さい!」と日々懇願している可能性もあるかもしれないですし、
全く逆に「橙が八雲一家入りを果たしたら、多分紫様は、橙に危険極まりない仕事をさせる可能性だってあるし、
それによってもしかしたら私の可愛いかわいい橙が命を落とす可能性だって想定される・・・
それだったら、今現在のように橙は八雲姓が無くても構わないから、橙のやりたいように自由奔放に
させた方がいいのかもしれない」と考えているのかもしれないです。
あくまで私の脳内妄想としては、藍自体の考えとしては
「橙に危険なマネをさせるぐらいなら、紫様から命令される厄介な事・危険な事はこの私自身が全て引き受ける!」と
考えているのかもしれないですし、
橙にとっての藍とはもしかして・・・? 「ゆかりんからの防波堤」みたいな役割を担っているのかもしれないですね。

藍自体はゆかりんから日々無茶振りをされたり時にお仕置きを食らう事も苦痛とは思っていないのだと思われます。
なぜかというと、藍にとってゆかりんとは「誇り」なのであり、
ゆかりんから無茶振りをされる事自体が藍にとってはこの上の無い幸せなのだと思われます。
反面、自身の式神の橙に対してはとてつもない親バカ振りを発揮し、
「橙を虐める者は私が許さない!」という感じで行動し、それがゆかりんからお叱りを受けちゃう要因にもなっているのは
気の毒な感じもするのですけど、
それが藍自身の「上には絶対的服従を誓い、下にはとてつもない慈悲と溺愛振りを発揮する」という
矛盾であると同時に藍としての「愛」みたいなものも感じてしまいますよね~♪

藍は元ネタがキツネという事もあり、大好物はいうまでもなく油揚げです~♪

阿求の「東方求聞史紀」においても、「藍の戦闘能力はとてつもなく高く最強の妖獣であるものの、知能も大変高く
人間を襲撃する事はまずない。万一藍が人間に対して威嚇をしてくる場合、そうした場合は油揚げを差し出そう・・
そうすると藍はご機嫌がよくなってその場を立ち去るはず」と記していますけど、藍は大変優秀なゆかりんの式神であっても
「油揚げが大好き」という狐の本姓は有しているという事なのだと思います。
藍がもしもコンビニ限定の油揚げが2枚もはいったマルちゃんと赤いきつねを食べたとしたら大感激されるのかもしれないです!
幻想郷の人里に蕎麦屋があるのは既に判明していますけど、そこで提供されるきつねうどん・またはきつねそばには
恐らく油揚げは1枚しか入っていないと思われますが、もしも藍がゆかりんの手引きで外界入りをした場合、
当時のセブンイレブン限定商品として油揚げが2枚入った赤いきつねを食べたとしたら感動するのかもしれないですし、
その昨年9月にコンビニ限定商品として油揚げが2枚入った赤いきつねをゆかりんと橙のためにお土産として購入するのかも
しれないですね~♪

藍は阿求の「東方求聞史紀」の描写では、夏でも冬でも幻想郷内の測量をしている姿がよく目撃されているという
描写があったりもしますけど、あれは地図作成のための測量という意味合いよりは
(もちろん幻想郷内の正確な地形把握のためにゆかりんが藍に地図作成を既に命じているかとは推察されますけど)
どちらかというと幻想郷内にゆかりんが張り巡らせた博麗大結界に緩みや綻びが生じていないかその確認とパトロールという
意味合いの方が強そうにも感じられます。
そうした役割は本来はゆかりんや霊夢がするべきなのかもしれないですけど、間違ってもあの二人がそうした日常的な地味な
仕事をするとは到底思えないので、そうした仕事は真面目で忠義心に厚い藍がうってつけなのかもしれないです。
寒い冬の日に、そうした結界管理をしている藍にとって最大のお楽しみは、油揚げがたっぷり乗った熱いそばやうどんを
食べる事なのかもしれないですね~♪





ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。
そして本日転載&ご紹介させて頂く東方絵はいうまでもなくゆかりんの式神の八雲藍です。

上記の絵はアミグリさんが2011年7月に描かれた藍です。

九つの尻尾がふわふわとした感じで、絵自体もとても柔らかく描かれていて
この柔和な雰囲気・優しい雰囲気は、橙が可愛くてたまらないみたいな藍の優しい愛情を示唆したような
とてもあたたかい絵だと思います。

藍は頭に被っているZUN帽を外した事は多分無いと思うのですけど、帽子を取ったら橙のようにピンとした立派で
かわいいケモノ耳が備わっているのかもしれないですね~♪

藍というと九つの尻尾のボリューム感の迫力についつい圧倒されてしまう感じも無くは無いのですけど、
アミグリさんの描かれた藍の絵は威圧感や圧倒感ではなくて、この笑顔にとてつもなく癒される想いがありそうです。

強者の従者で妖獣という共通の立ち位置から、藍はよくうどんげちゃんと比較されたりもするのですけど、
うどんげちゃんが時にお師匠様の無茶振りに愚痴気味になるのに対して
藍はそうした愚痴はほぼ無く、ご主人のゆかりんに対する深い尊敬の念を常に抱いているのが違いなのかも
しれないですけど、アミグリさんの描かれるこの藍からはそうした「藍としての誇りをすてきに表現されていると思います。

上記のアミグリさんが描かれた藍は、藍の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい藍を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 のを ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 のに一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

今日も寒くなそうですね・・こういう時は油揚げがたっぷりのったきつねうどんまたは赤いきつねで体を温めたいものです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

かわいいですね~♪

蓋のせのタヌキとキツネはとてもかわいいです~♪

マルちゃんとどん兵衛のきつねうどんはお馴染みですけど、こんなに大きな油揚げが2枚乗っているだけで
いつもとは少し違う贅沢なうどんになりそうです。

赤いきつね

ふにゃん 様


マルちゃんの「赤いきつね」のコンビニ限定商品は景品の蓋止めフィギュアもかわいいし、
中身のきつねの油揚げの大きさと枚数はとてもボリュームがありよかったと思います。

できれば今後も油揚げは2枚入れて欲しいなーとも感じたものでした。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |