FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


4月も中旬を過ぎいよいよ春が本格的に到来していて、日によってはうすい長袖または場合によっては半袖でも
よいような陽気を感じる日もあったりもします。
寒い時は温かいお鍋でも食べて心身ともに温まりたいものですけど、鍋物や熱いうどん・ラーメンは暑い日はそれはそれで
おいしく感じられるものですし、要は温かい鍋物は一年中おいしいということなのだと思います。
温かいお鍋というと湯豆腐・しゃぶしゃぶ・寄せ鍋・ちゃんこ鍋・おでん・豚キムチ鍋などいろいろあるとは思いますけど、
日本人の感覚で言うと「お鍋といったらすき焼き!」といえるのかもしれないですし、後述しますけど
ゆるキャン△(第一期)のあおいのおばあちゃんが「すき焼きと言ったら特別の日に食べるごちそうやで~」ではないですけど、
ちょっと贅沢な鍋かもしれないけど、何かいいことがあったりはたまた大みそか近くに家族みんなで食べる鍋料理としては
最適なのかもしれないです。

すき焼きで使用するお肉と言ったら今現在の私自身の感覚で言うと牛肉というイメージですけど、私自身が東北の実家に
いた頃は、すき焼きで使用するお肉というと豚肉という感じでしたし、
「すき焼きに牛肉だなんて贅沢すぎる・・」という感覚もあったのかもしれないです。

そのあたりの背景として、もしたしたら関東と関西では肉に関するイメージには若干の違いもあるのかもしれないです。

俗に「西牛東豚」と言う事で、関西にお住まいの方は「肉と言うたら牛やろ!」と言われる方は多いと思いますし、
逆に関東~東北では「肉と言うとどちらかというと牛よりは豚なのかな~」と感じられる方は多いような気もします。
実際私の東北の実家ではすき焼きに普通に豚肉を使用していました。
(上京して普通のそば屋さんのメニューにあった「そばすき焼き定食」を注文した際に出てきたすき焼き鍋の肉が牛肉で
あった事に当時は感動し、「さすが東京は違う」と感動したものでしたけど、全体的にはなんななくですけど関東でもすき焼きには
豚肉を使用していることは決して珍しくはなかったようにも感じられます)

関西ではカレー肉は一般的には牛肉を使用し、関東では豚肉がメインで使われる事が多いです。

関西のカレーは元々が牛肉を使用する事が当たり前であり、カレーに豚肉が入る事自体が「ありえないやろ・・」という
感覚らしいです。
関西で「ポークカレー」を食べようとしたら、オーダー時にちゃんと「ポークカレー」と言わないとカレーに牛肉が普通に入ってきます。
関東では、カレーと言うと(私もそうですけど)豚肉入りをまず連想し、牛肉入りカレーを食べたい時は
「ビーフカレー」とオーダーする必要があるという意識があるのは間違いないような気もします。

庶民の定番であるカレーライスもも東西では違うものなのですね~

庶民の定番とも言える「肉じゃが」においても、
関西の方は「牛以外の肉じゃがなんか見たこともない」という方は非常に多いのに対して、
関東では「肉じゃがの基本は豚肉じゃん」と言われる方は、私もそうですけど大変多いような気もしますね。

やっぱり日本には狭いようで文化圏的には多様性がある国と言えるのかもしれないです。

そしてその事はすき焼きで使用する肉においても顕著に違いがあるのかもしれないです。

すき焼きにおける関西と関東での違いとして、関西ではすき焼きのお肉は牛肉以外はありえないというのは最も大きな
違いと言えそうですけど、それ以上に決定的な違いは調理方法なのだと思います。
割り下から具材を煮て作る関東においてのすき焼きとは鍋料理のあくまで一環という認識なのかもしれないですけど、
(私自身もすき焼きというと醤油ベースのスープに野菜・豆腐・肉を煮込むというイメージが大変強いです!)
関西においては、まずは牛肉を焼いてから砂糖と醤油を直に入れて味付けをし、野菜を置くという感じであり、
そもそも論において関西においては関東で言う割り下という概念すら存在しないのかもしれないです。
関西におけるすき焼きとは関東の鍋とは異なり、どちらかというと焼き肉というイメージがすき焼きなのかもしれないです。
もともとすき焼きは、明治の文明開化で食肉文化が浸透し始めた1859年以降、横浜の伊勢熊という居酒屋で生まれた牛鍋が
源流で、その名残がある関東では 「割り下が命」という鍋というジャンルで定着したのに対して。
関西では調理する人の腕が試される 焼きのプロセス が重要視されるようになったことが東西の違いと言えるのかも
しれないです。

後述するゆるキャン△であおいちゃんが作ったすき焼きとはこうした焼きを重視する関西風の作り方です。


3549960f-s.jpg




あおい : さて。暗くなる前に夕飯の支度始めるで~

千明 : 犬子は~ん。今晩はええお肉で何作りはるんどす~?

あおい : せやね~。今日はクリスマスっちゅーことで…

あおい : すき焼きや
(第10話でもちらっと触れていましたけど、犬子じゃない・・あおいは懸賞で高級牛肉を当てていました!)

そしてここからはあおいちゃんの関西風すき焼きの作り方講座が開始されます~♪

まず鍋に牛脂を広げ牛肉に軽く火を通す

砂糖・醤油・酒を入れてひと煮立ち

椎茸・えのき・ネギ・焼き豆腐・白滝・春菊を乗せたら蓋をしてしばし待つ

斎藤さん : 正統派すき焼きってレシピだね

あおい : 関西風やで~。あき、スキレットでこの玉ねぎ炒めといてくれへん?オリーブオイルとにんにくで
(後であおいはその炒め玉ねぎを使ってトマトすき焼きも作っていたりもします!)

それにしてもあおいちゃんが作ったすき焼きは簡単なキャンプ飯ではなくて本格的な関西すき焼きでした!
これはとてつもなくおいしそうですし、なによりもお肉が高級和牛ということでたまらないですね~♪
冒頭でも書いた通り、東北出身の私は実家にいた頃に食べていたすき焼きは牛肉でも無いしましてや高級食材の和牛でも
なくて普通の豚肉でしたけど、寒いキャンプで食べるすき焼きは牛肉でも豚肉でもどちらもおいしそうですけど、
やはり高級牛肉の方がよりおいしさを実感できそうですね~♪

それにしてもどうしてあおいちゃんはキャンプの夕ご飯メニューとしてすき焼きをチョイスしたのでしようか・・?

(あおいの回想)

あおい : 牛肉のトマト煮…ビーフストロガノフってのもええなぁ

あおい妹 : あおいちゃんこんなん作ったことあらへんやろ?できんのー?

あおい : レシピあったら誰だってできるわ

あおいおばあちゃん : あおい。お肉をおいしくいただくならすき焼きにし

あおい : なんで~?

あおいおばあちゃん : クリスマスは特別な日やろ?すき焼きは特別な日にみんなでいただくもんや

あおい : ちゅーわけや

千明 : ばあちゃんに言いくるめられたわけか

なでしこ : でもこんな風にお鍋囲むの日本の年末って感じしてすごくいいと思う!

それにしてもあおいちゃんの妹はとってもかわいいですね~♪ というか・・あおいちゃんにそっくりで、あおいちゃんが
髪型をツインテールにしたらそのままあおい妹になってしまいそうですね~
あおいおばあちゃんもあおいちゃん達も育ちが関西という事で大変流暢でて歯切れのよい関西弁を話されているのが
心地よいですね~♪
関東でたまに別に関西人でないのに関西弁を話す人もいたりもしますけど、例えば「ラブライブ!」の東條希のように
それがどことなく胡散臭く響いてしまうのは、生粋の関西の方が話す関西弁と関東のニセモノ関西人の違いなのかも
しれないです・・


251a7e7d-s.jpg

e34fbb8a-s.jpg


リン : (きめ細やかでしっとりとした牛肉とつゆを十分に吸った春菊のほのかな苦み…そして卵のまろやかさがマッチングして…)

リン : 焼き豆腐。これもうまい…しっかりとした触感でやはりすき焼きには焼き豆腐だ

リン : うまい・・ ありがとう牛!

なでしこ : ん~!

千明 : 肉超うめ~!

それにしても改めてですけど「ゆるキャン△」は同時期放映の「ラーメン大好き小泉さん」と並んで屈指の深夜の食テロアニメ
だったと思います~♪
なでしこたちは本当に心から美味しそうにグループキャンプとしてのすき焼きを堪能されていました!


e12f7f07-s.jpg


なでしこ姉 : 4個目。そろそろ着くわよ

なでしこ : モグモグ・・

この時のグループキャンプの夕ご飯はすき焼きでしたけど、その夕ご前にスモアという焼いたマシュマロをチョコビスで挟んで
お菓子もなでしこは食べていましたし、移動中に車内でおにぎり四個も食べていましたし、
なでしこの食べる量はもしかしたら「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんと大して変わりがないのかもしれないです!
そしてなでしこはどんな時もおいしそうに食べ物を食べている様子は本当に素晴らしいですね~♪


fd2e9787-s.jpg


あおい : あきが予め炒めておいたたまねぎにトマトとバジルを加えてさらに火にかける

あおい : そんでのうなった鍋に移して煮込めば…トマトすき焼きの出来上がりや!

なでしこ : ん~!

千明 : トマトうまー!

リン : (食欲をそそるトマトの酸味と牛肉が洋風にリメイクされた割下とマッチして…)

リン : やば…反則だろこれ…

反則なのはおいしさにほっこりするリンの笑顔ですね~♪

ちなみにこの後に鍋の〆としてトマトすき焼きを使ったパスタを作ろうとしていましたけど、ガスコンロ切れのため
バスタまでは至らなかったのは勿体なかったです・・
それにしてもすき焼きの〆としては雑炊もちあきが作ろうとしていたパスタもおいしいですけど、うどんもとっても
おいしいと思います!


CIMG4038_convert_20200923023122.jpg


さてさて、上記にてあおいちゃんはトマトすき焼きの〆としてそこにパスタを入れることを予定していましたけど、
関東風の割下でぐつぐつと煮込んだ牛すき鍋の後の〆としてそこにうどんを投入するのもとってもおいしいシメだと思います。
というか・・すき焼きが残った鍋に追加具材として入れる炭水化物はご飯またはうどんが最適だと思います。

そうした関東風の割り下で煮込んだすき焼き鍋の〆として頂くうどんをイメージしたカップ麺がマルちゃんが2020年9月頃に
再販した「あつあつ牛すきうどん」だと思います。
「あつあつ牛すきうどん」は、なめらかでコシのある太めのうどんに、すき焼きをイメージする甘辛い味わいのつゆが
マッチしていると思います。

この商品は、マルちゃんの和風丼カップ麺シリーズから展開されている秋冬向けの季節限定カップ麺で、
最近ではほぼ毎年秋になると季節限定カップ麺として登場しています。
昨年までとの違いとして、ネギの種類を変更し刻み揚げの量を増やしたとのことが挙げられます。

そしてこのスープを一口飲むとすぐにわかりますけど、味はまさにすき焼きの割り下をイメージしているような味付けなのだと
思います。


CIMG4039_convert_20200923023156.jpg


別添の小袋は液体スープとかやくの合計2袋入っています。

かやくには牛すきうどんらしく? 一応は牛肉の塊りもちゃんと入っています。

刻み油揚げは前回までは3枚でしたけど、今回は6枚という事で一気に倍増しました!


CIMG4040_convert_20200923023243.jpg


なでしこたちのキャンプでは高級牛肉を使用したすき焼きで、最後はパスタでもって〆ようとしていましたけど、
マルちゃんの「あつあつ牛すきうどん」を一種のすき焼き鍋にうどんを投入したものと考えると、やはり高級肉らしいものは
欲しい所です・・
だけどこの日は仕事のある平日で、普通の昼ごはんにそんなにお金を掛ける訳にもいかないもので
「なにか代用品は無いかな・・?」とスーパーを散策してみると、一つ安くて肉関連商品で手頃なものが見つかりました。

それがなにかというとローストビーフではなくて「ローストポーク」という豚肉関連でしたけど、
冒頭で記したとおり、関東~東北ではすき焼きに豚肉を使用する事は別に珍しくないですので、マルちゃんの
「あつあつ牛すきうどん」にこのローストポークを入れてみることにしました。
ローストポークには別添のペッパーとたれも入っていますのであらかじめそれらを掛けた上でレンジでチンしておくと
うどんに乗っけた際もローストポークの脂身がうまい具合に溶けていて、いい感じでおいしく頂けます。


CIMG4043_convert_20200923023304.jpg


赤いきつねや緑のたぬきは地域別に味が分けられていますが、今回の「あつあつ牛すきうどん」は全国共通の味で、
地域による味の違いはないそうです。

すき焼きの割り下を思わせる甘濃い醤油と牛脂の芳ばしい香りが漂ってきていて、いかにもすき焼きの〆として食べる
うどんという感じでとってもおいしいです。
全体的には醤油の味が濃厚です。


CIMG4044_convert_20200923023328.jpg


そして最後にローストポークをたれと胡椒がついてレンジで加熱した状態でうどんに乗っけてみました~♪

ローストポーク自体の厚さは結構あり、生でこのまま食べたら脂身がかなりしつこく感じられそうですけど、事前に
加熱した事と熱いうどんの上に乗っけた事で、うどんのスープによく馴染んでいてとても美味しいです。
感覚としては分厚いチャーシュー麺を食べているようであり、はたまたすき焼きの後の〆として食べる鍋すきうどんにも
極めて近いものがありそうです。

このくらいのボリュームと味だったら、「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんもなでしこもおいしそうに食べられるのは
間違いないと思いますね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

私も関東ですけど・・

確かに・・

私も関東ですけど、すき焼き・カレーライス・肉じゃがにおいてはビーフよりはどちらかというとポークの方が
馴染みがあると思います。

でもやっぱりすき焼きのお肉は断然牛肉の方がおいしいですし、肉感か全然違うと思います。

カップうどんの牛すきにローストビーフをちょい足しするのはおいしそうですし、面白いアィディアだと
思います。

そのスープ

 マルちゃんのカップ麺や袋麵の粉末スープはウチの近所(境港市)で全て作られています。

我が家から徒歩15分ぐらいのところにある工場で作られているんですが、そこの社員さん曰く。

「牛すきうどんより和庵(なごみあん)のスープのほうがおすすめ」とのことです。

私もどちらかと言えば「和庵」派です。

今の肉うどんはお肉が少し減って残念ですが、ちょっと前まではお肉もそこそこあってとても美味しかったですよ。

関東以北は豚文化・・??

ふにゃん 様


お肉と言うと豚か牛かというのは関東と関西の文化の違いもあるのかもしれないです。

東北の実家では「ビフテキ」と称していたものは実は豚肉ステーキの事であったりとか、すき焼きの肉は大抵豚肉であったとか
どちらかというと関東以北は豚肉文化、関西は牛肉文化といえそうです。

でもやっぱりすき焼きのお肉は一度牛肉を食べてしまうと、二度と豚肉のすき焼きには戻れなくなりそうなくらい
すき焼きと言うと牛肉と言えそうです。

初めて知りました!

なっち提督 様


マルちゃんのカップ麺や袋麵の粉末スープは境港市で全て作られています。

→そうなんですか~! それは初めて知りました! 教えて頂きありがとうございます。

どん兵衛やマルちゃんは関東と関西では粉末スープの味が違うというのはよく知られている話ですけど、
そうしたスープが境港一つで製造されている事は意外でしたけど、
コストを考えると極めて妥当と言えそうですね~

和庵のうどんもおいしいですよね~ 牛すきうどんよりも薄味で上品な味がたまらないです。

だけど関東在住が長くなってしまうと、関東の少し甘くて濃厚なたれの味に慣れてしまうと、どちらかというと
牛すきうどんの甘いたれの方が馴染みがあるといえそうです。
こういう所にも日本の東西文化の違いも垣間見えそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |