FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム





本日は一つ後のストーンヘンジ交響曲記事でも書いていた通り冬至です。

冬至というと日本人の感覚で言うとかぼちゃを食べるとかゆず湯というイメージもあるのかと思います。

かぼちゃがお菓子としては大好きだけど野菜としてはそれほど好きでもない私にとっては冬至と言うと
銭湯や日帰り温泉等でやっている冬至の日のゆず湯の方が印象度は強いです。
最近は銭湯やスーパー銭湯や日替わり温泉施設で冬至の日にゆず湯を提供している所もめっきり少なくなったようにも
感じられますけど、私が学生時代にアパートにお風呂がないために週に何度か銭湯を利用していた頃には、
冬至というと結構多くの銭湯でゆず湯をやっていましたし、あのゆずの香りを感じながらのお風呂も普段とは違う
リフレッシュ感はありましたし、ゆず湯に入っていると「間もなく一年も終わるよね~」としみじみ感じたものです。

「冬至にゆず湯に入ると風邪をひかない」という言葉がありますが、冬至にはなぜゆず湯なのでしょうか?
いくつか説があるようですけど、運を呼び込む前に身を清める為という説が定説に近いのかもしれないですね。
昔は強い香りの元には邪気が起こらないと言われており、冬が旬のゆずは香りも強く身を清めるのに最適だったようです。
寿命が長く病気に強い柚子の木にならって、ゆず湯に入り無病息災を祈る風習になったとも言われています。
東方Projectの博麗神社のすてきな巫女さんの霊夢は、一応は神職でもありますので、禊とか清めという意味において
冬至の日にゆず湯に入っているのかもしれないですね・・

冬至の際にゆず湯に入る理由として
①冬至=温泉に入って身体を休める意味の「湯治」
②ゆず=融通がきく
という語呂合わせの説もありますが、上記で触れた通り運を呼び込む前の厄祓いとしてする禊と考えられています。
昔は入浴=身を清めるものと考えられており、新年など大切な行事の日に入浴する習慣というのは意外と古い時代から
日本では定着していたのかもしれないです。
今年世界各地で爆発的に感染が蔓延した新型コロナウイルスが日本では欧米ほどの死者や感染者を出さなかった理由として
日本人の伝統的なお風呂大好きといった清潔な環境というのもあるのかもしれないです。
ゆずは香りが強く、その香りで邪気が発生しないという考えもあったそうです。

ゆず湯には血行を良くして冷え性予防に効果があり、身体をポカポカと温めて風邪を予防する効果もあるそうです。
ゆずに含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果にも期待が持てそうですし、ゆずの香りでリラックス効果も
かなり期待できそうです。
半面人によってはゆず湯にはいると「肌がピリピリして困る」という方もいるようです。
どうしてゆず湯に入るとピリピリ感を感じるのかというと、ゆずなどの柑橘類の果汁は強い酸性のため肌の刺激が強いためで、
ゆずに含まれるリモネンという精油成分とゆずの果汁がピリピリの原因でもあるそうです

家庭のお風呂のゆず湯でピリピリしない対策として、

ゆずは切らずに丸々いれる

ゆずを入れすぎない

お湯に入れる前にゆずの表面を洗う(表面に意外とリモネン成分が多いそうです)

湯船でゆずを揉まない

ゆずの皮のみを入れる

ゆず湯に入った後はしっかりとシャワーで落とす

そういった事を実施すればピリピリ感はある程度は抑制できるといえそうです。

最後に・・冬至にゆず湯を楽しむ場合は、果肉などが散らばらないように気を付ける必要もあると思います。
ゆずなどの食品カスは微生物や細菌のエサとなるので、給湯器の配管内で繁殖しやすくなってしまいます。
追い焚きは使用せず、入浴後はすみやかに追い焚き配管内を洗浄したほうが宜しいかとは思います。

そうした簡単な注意点を守ったうえて、各家庭でのんびりと冬至の日にゆず湯を楽しまれて「間もなく一年が終わるね~」と
しみじみ感じるのもすてきなことだと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |