FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


202009_convert_20200908223954.jpg


本日は9月9日ということで東方の「チルノの日」ということでチルノ記事の予定でしたけど、本日、9月8日の
千葉ロッテマリーンズ-日本ハムファイターズの試合の中で、久しぶりに思わず目頭が熱くなってしまいそうなほど
感動してしまった事がありましたので、本日はそれについてのショート記事を書かせて頂き、チルノ日記事は、
明日・・9月10日にスライドをさせて頂きたいと思います。

昨日の記事の最後でも触れさせて頂きましたけど、9月7日に巨人と千葉ロッテマリーンズの間で電撃トレードがまとまり、
かつての巨人の絶対的なクローザーでもあり新人賞なども獲得し大変な実績がある澤村投手が
千葉ロッテマリーンズに来てくれる事になりました~♪
澤村さんは最近は巨人内でも何かと問題があったり精神的に不安定であったり肝心の成績もあまりパッとせず
かつての絶対的守護神の輝きはうすれつつある存在であり、首脳陣もファンも巨人のチーム内でもちょっと浮いた存在
だったのかもしれないです。
今年も開幕で抑えに失敗が続き、巨人の2軍はおろか3軍にも落されていた時期でのトレードでもありましたので、
これは澤村投手にとっても環境を変えて新しい環境で再チャレンジという意味では大変よいトレードなのかもしれないです。
巨人に在籍する事自体大変なプレッシャーと責任がありそうですし、
「成績は残して当たり前、成績を残さないとファンからもマスコミからも評論家からもOBからもボロクソに叩かれる」という
プレッシャーから千葉ロッテマリーンズというマスコミの注目度も低く、マスコミからもOBからも評論家からも
過度な干渉や重責もないチームに移籍した事で解放され、
むしろこれからはのびのびと余計な事だけを考えずに野球だけに集中できる環境になったと言えるのかもしれないです。

巨人からの重圧から解放されてパ・リーグのチームでやっと埋もれていた才能が開花した事例として日本ハムの大田という
ケースもありますので、大田同様に巨人軍のプレッシャーから解放されて
じっくりと野球そのものに向き合って欲しいと願ってやまないですし、マリーンズには澤村投手のような
剛速球と落差あるフォークでグイグイと押しまくる剛腕投手はいないだけに二木・小島・種市などといった伸び盛りの若手たちに
これまでの経験などを色々と伝授して欲しいものです!
マリーンズ内のチームメイトには中央大学在籍時の先輩の美馬投手や1年後輩の井上もいますので、早くから馴染めると
思いますし、マリーンズ内に澤村さんと元阪神の鳥谷さんがいるだけで、どことなくチーム内にこれまでとは違う
雰囲気が出てくるのかもしれないです。

それにしても井口監督をはじめとするマリーンズのフロントと首脳陣の柔軟さ・大胆さは素晴らしいです!

9月7日の電撃トレードの発表、そして9月8日に午前中にてジャイアンツ球場での巨人を去るあいさつをされたあと、
すぐに幕張まで飛んでいき、午後には澤村投手の入団会見をオンラインで開き
(澤村さんのマリーンズのストライプユニフォームはとてもよくお似合いです~! 早速、ロッテのコアラのマーチを手にして
微笑んでいた様子からは巨人時代の不機嫌そうな精神不安定な雰囲気は無で、どことなく吹っ切れていた様子は
みていて安心したものでした)
その日のうちに一軍出場選手登録を果たし、そしてそれだけにとどまらず、9月8日のファイターズ戦で
マリーンズが一点リードしている場面で澤村投手を井口監督は全く迷う事も無く登板させ、澤村さんも
そうした期待に応える形で6回表に日本ハムファイターズの3人の打者を全員三者連続奪三振を取り、全てのマリーンズファンに
挨拶代りの鮮烈デビューを見せてくれていました~♪

あの三者連続奪三振でもって澤村投手は一瞬で全てのマリーンズファンのハートを鷲掴みにしたと思います!

私もあの場面はネット配信で見ていましたけど、とにかく思わず目頭が熱くなるほど感動したものですし、
澤村投手には「ようこそ! マリーンズへ!」と感謝の気持ちしかないです!
もちろんプロの世界ですから、この先も抑えに失敗したり色々とあるのだとは思いますけど、入団と同時に澤村投手は
すぐにマリーンズの一員になれたと思いますし、12球団一熱くて温かい応援をするという点では定評があるマリーンズファンも
これからもずっと澤村投手を応援すると思います!

普通の監督ですと、「澤村は最近まで2~3軍でくさっていたし、あのノーコンと不安定なピッチングは開幕から基本的に
かわりはないばず」と慎重になり、
「当面は2軍で調整させよう」とか「一軍で登板させる場合はまずは点差が離れたゲームから登板させよう」と考えるのが
普通だと思うのですけど、マリーンズの井口監督は
一点リードの6回に迷うことなく澤村投手をリリーフとして登板させたことは
「我がマリーンズはあなたを即戦力として考えている」という強いメッセージを発信した事にもなりますし、
普通の監督では到底出来そうもない大胆な事をやってのけた井口監督の男気には本当に感動させられるものもありましたし、
それに応えた澤村さんも大変立派だったと思います。
三者連続三振の際に、3人目のバッターの際にキャッチャーフライを取り損ねた田村捕手は
なんだか澤村さんに花を持たせるためにわざと?エラーしたかのようにも感じたものでした~♪

環境が変わると人も変わる可能性があるという事を示唆させる話でもあったと思います。

澤村さんが加わった事で、三日連続の登板と週に4回以上の登板は回避させる方針のマリーンズリリーフ陣も
更に厚みが加わりましたし、場合によっては7回や8回、はたまた最終回を澤村さんに任せていいのかもしれないですし、
奇襲戦法的に澤村さんの先発というのもありなのかもしれないです。

とにかく9月8日の澤村さんの鮮烈デビューはマリーンズ全体の士気がまたまた高まったと思いますし、
マリーンズ投手陣にとってもよい刺激になると思います!
9月8日の試合も一点リードの場面で、澤村さんの後をついだ唐川・ハーマン・益田という救援陣も
「自分たちが打たれるわけにはいかない」といういい意味での緊張感もあったのかもしれないですし、3回を
いつも通りに抑えた展開はとても立派でした!


31061b24-s_convert_20200816204720.jpg


それにしても澤村投手の剛速球とストレートの速さ並に高速で落ちるフォークとスライダーは圧巻でした!

「球詠」の新越谷のエースの武田詠深ちゃんの強ストレートととんでもない落差のあるスライダーみたいな魔球に
近いものがありそうです~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

早速つかうとは

こんにちは。
澤村をすぐに上げて使うのは驚きました。
益田とのダブルクローザー策が得策か。
パ・リーグを面白くさせてくれそうです。

驚きでした!

五航戦の愛鷹 様


入団会見と同時に一軍登録をし、一点リードの大事な場面で登板させた井口監督の粋な計らいと大胆さには
驚かされましたけど、それに答えた澤村さんは立派でした!

でも今後何が起きるかわかりませんし、巨人時代のノーコンを発揮する可能性もありますし、そのあたりは吉井投手コーチの
腕の見せ所なのかもしれないです。

もしもですけど、澤村さんが一点リードの9回にクローザーとして登板したら
ホークスの森投手が9回に登板するよりも100倍近いホラーがありそうですね~

ロッテへのトレードは沢村には良い刺激になったのではないですか。
同じ環境にいると、チームメイトも相手チームも癖を知っていて先入観を持ってますからね。
セリーグにはもう一人剛速球を投げるのに、燻ぶってしまっている藤浪晋太郎投手がいました。
強打者は多いのに、先発投手が少なくて優勝できない西武の打者と交換してやれば活躍しますよ。

最高でした!沢村出てよかったね、応援するよ。カープの次にね。

本人のためにもよかったです!

sado jo  様


今回のトレードは環境を変えることで澤村さん本人のためにもたいへんよいトレードだったと思いますし、
捨てる神あれば拾う神あるという事なのかもしれないです。
マリーンズ悲願の優勝のためにも尽力して頂けるととても嬉しいです!

昔は巨人からパ・リーグへのトレードというと都落ちとか放出というイメージもありましたけど、
こうした機会創出型トレードはこれからどんどん増えるといいと思います。

藤波さんですか・・

多分ドケチな阪神はださないと思いますけど、出す場合はご指摘の通り西武がベストだと思います。

西武の森捕手は大阪桐蔭時代にバッテリーを組んでいましたので、昔の女房に再会ということでいい環境のチェンジに
なれると思います。

ありがとうございます!

サン 様


コメント頂きありがとうございます。

澤村さんも最高のスタートをマリーンズで切る事ができましたので、この調子で久しぶりのマリーンズ優勝のために
力を貸して頂きたいです!

日本シリーズでカープ-マリーンズの試合も見てみたいです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |