FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


今年も残り25日程度で終わりを迎えるのですけど、なんだか今年は年が明けて早々の中国の新型コロナウイルスの流行で
幕を開け、2月にクルーズ船での船内感染から嫌な予感がマシマシになり、3月以降の世界的な感染拡大と
4月における日本での非常事態宣言の発令という事で、結果的に今年は新型コロナに始まり新型コロナで一年が
閉じられそう・・という印象が大変強いですし、来年は東京オリンピックはどうでもいいとして、この世界的な感染流行が
ワクチン開発→ワクチン接種が順調に進み一日でも早く収束してくれることを願ってやまないです。
そうした感染病に世界中が振り回された中で、妖怪関連で今年ブレイクを果たした妖怪というと「アマビエ」なのかも
しれないです。
アマビエは水木しげる先生の「ゲゲゲの鬼太郎」のアニメ化第五期においても準レギュラーを果たしていて、その時点で
そこそこの知名度はあったと思うのですけど、新型コロナによってその知名度は日本国内においては一気に高まったと
いえそうです。

改めてですけど、「アマビエ」とは何なのかと言うと、それは江戸時代末期に熊本県にて現れたとされる妖怪です。
ちなみにこの妖怪は人間の想像・創作に基づく妖怪ではなくて目撃情報に基づくというのが凄いと思います。
その姿を描き写すことで、疫病の流行を防ぐご利益があるといわれており、現在の新型コロナウイルス流行の中、
さまざまな人がアマビエの姿を描いたイラストをネットにアップして、それが拡散して事が、今年思いがけず
アマビエがブレイクするきっかけになったと思われます。
江戸時代のアマビエの目撃情報は当時のかわら版にも登場したそうですけど、現代はかわら版にかわってネットの口コミや
SNS等であっという間に拡散したというのが当時との大きな違いと言えそうです。

ちなみにですけど当時のかわら版には、
「肥後(熊本県)の海に毎夜光るモノが現れるというので、役人が見に行くと、果たして図のようなモノが出現した。
そのモノが語るには、
「私は海中に住むアマビエと申すもの。今年から6年間は諸国で豊作が続くが病も流行する。早々に私の姿を写して人
々に見せよ」と言って海中に消え去ったという。
役人が写し取り、江戸に伝えたとする図には、長髪にクチバシ、体にウロコ、3本の足という異形が描かれていたそうです。
アマビエが言った「私の姿を写して人々に見せよ」という言葉から、新型コロナウイルスの感染収束を願った人たちが、
SNSにアマビエをそれぞれの想いや創造に基づき絵・イラストとして投稿したのが短時間で一気に拡散していったというのが
実態のようです。
話としては正直「本当なのかな・・?」と胡散臭く感じる点も多々ありますし、別にそのアマビエ自体に感染病を治癒する力や
感染を抑制する力があるとは必ずしも書かれてはいないのですけど、
このような未知の珍獣・幻獣の姿を目撃する事=稀有で貴重な体験=除災招福の御利益にあやかろうとする人の
潜在的意識が働くという図式があったのかもしれないですし、江戸時代の人たちの意識と現代のSNS社会を生きる
私たちの心の変化は意外と進展がなかったというか大して違いが無いという事を示唆しているのかもしれないです。
舶来の象やラクダ、はたまた人魚を描いたかわら版は当時「護符」としての機能も持ちあわせていたようで、
それが結果的にそうした未知の生き物や妖怪の護符を貼り置いたりするだけで寿命が延び、悪事災難から逃れられると
民衆が願う事と現代社会でのSNSでの拡散の本質はどこか共通したものがあるのかもしれないです。

人間と言うものは新型コロナウイルスやアマビエといった未知の妖怪に対しては、怖さを感じると同時に
たとえどんな小さなことでもそこから救われる何かがありそうだと感じたものに対しては「そこにすがろう・・」という
祈りに似た気持ちも有するものなのかもしれないです。

そうそう、アマビエは冒頭でもちらっと触れた通りアニメ版「ゲゲゲの鬼太郎」にも登場していて、その初登場は
5期26話です。以後準レギュラーとなった経緯もあります。マスコットキャラのような親しみやすく可愛らしいデザインが特徴で、
アニメでも「あたいの顔を描くと健康になるよ!」という元々の伝説を踏まえた発言があったりもします。
(東方的には「あたい」なんていうと東方屈指のおバカさんキャラとしても名高いチルノをついつい連想してしまいます)


CIMG4022_convert_20200904234019.jpg


上記はアマビエの話でしたけど、実はアマビエ以外にも、疫病が流行っていた時に
「私の姿を拝め進行するものは疫病と言う厄難から逃れることができる」という伝説がある「ヨゲンノトリ」という山梨県に
伝説が残されている妖怪らしきものがいたりもします。
ヨゲンノトリは、山梨市の名主の喜左衛門が、1858年に記した「暴瀉病流行日記」に描かれた頭が二つある鳥の絵が
ベースとなっているそうです。
その日記には「来年の8月・9月のころ、世の中の人が9割方死ぬという難が起こる。それについて、
我らの姿を朝夕に仰ぎ、信心するものは必ずその難を逃れることができるであろう」と記されているそうです。

上記の山梨の伝説は正直知名度も認知度も全く無かったのですけど、新型コロナウイルスの感染リスクが高まる中、
アマビエがそうした新型コロナウイルスの感染予防に何かしらの御利益があるのではないかとSNSでブレイク
していた頃に、山梨のとある学芸委員の間で
「そういえばわが山梨にも似たような伝承があったよね・・」という事で、以前何度か企画展にてヨゲンノトリに関する展示を
していたもののそれほど話題にものぼらなかったため、新型コロナの感染症の拡大で休館する中、
とある学芸員がツイッターでヨゲンノトリについて投稿するとあっという間に1万件を超す「いいね」が寄せられ、HPでも紹介を
始めたところ、そこでも大きな反響が寄せられたとの事です。

やはり人間と言うものはアマビエもそうでしたけど、新型コロナウイルス等未知の病気に対しては
何か感染を抑制できたり治癒が期待できそうな「何か」に対しては、それが未知の妖怪であったとしても
「それにすがらざるを得ない・・例え妖怪であっても未知のウイルスや病に対して打ち勝つことが出来るというのならば、
それにすがってでも救われたい」という意識が働くのかもしれないですし、その「何かにすがらざるを得ない」という気持ちこそが
祈りであり「救い」という事に繋がるのかもしれないですし、ここから神仏が発生していき「宗教」が発生したメカニズムが
潜んでいるのかもしれないです。

ちなみに、暴瀉病流行日記には、「長崎で発生したコレラが江戸から山梨に広がり、1日に30~40人もの人が亡くなり、
甲府で683人の死者が出た」という事が記されているそうです。
寺社では病魔退散を祈る祈禱(きとう)や祭礼が盛んに行われたことも紹介されているそうです。
この種の感染症というものは県境が無いし、人と人との接触により感染が拡大していくというのは江戸時代のコレラも
今年の新型コロナウイルスも本質は同じという事なのかもしれないです。

ゲゲゲの鬼太郎のアマビエも最近の猫娘みたいな美少女という訳ではないものの、結構かわいかったですけど、
頭が二つあるというヨゲンノトリも一見不気味ではあるのですけど、見方によってはカラスが鳩をおんぶしているようなも
見えなくもないですし、どこかほんわかした雰囲気もありそうで、怖いとか畏敬とか近寄りがたいという雰囲気は少なく、
なんとなく「かわいいかも・・」と感じる要素はありそうです。

それにしても思いがけない形で山梨の伝承の「ヨゲンノトリ」が少しは全国的に広まる事になったのは山梨の学芸員の
皆様にとっては嬉しい誤算ともいえそうですけど、そのきっかけが新型コロナウイルスというのでは痛し痒し・・みたいな
感じでもあるのかもしれないです。


CIMG4021_convert_20200904233944.jpg


ちなみにヨゲンノトリ画像の私的な利用は自由との事で、携帯の待ち受け画面にしたり、感染よけ・魔除けとして
使う方も多いとの事です。
商業利用の問い合わせもかなりあるとの事で、山梨県内の事業所なら無料で使用する事もOKとの事です。
お札やキーホルダー、衣料品や酒のラベルなどに使われる例があるそうです。
ちなもにアマビエの方は既にたくさんの商品のデザインとして使用されていて、おまんじゅう・飴・どら焼きなどで
使用されていたりもします。

そして先日ですけど、このヨゲンノトリをパッケージのデザインとして使用したカレーが販売されているのを発見したりも
しました~♪
この「ヨゲンノトリ咖喱」は「厄病退散」と表記され、ヨゲンノトリがデザインされていますし、賞味期限はまだずっと先ですので、
新型コロナウイルスが収束するまでは魔除けとして食べないで保管しておこうと思っています。





ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の絵はアミグリさんが2014年10月に描かれたヤマメです!

今年ほど世界的に感染症の脅威が身に染みてよくわかった年はないといえそうですけど、
東方の世界において、ヤマメと言うとその能力は「病気(主に感染症)を操る程度の能力」という事で、今年に関しては
全くシャレにならないキャラと言えそうですし、プリキュア的には扱いとしては今作の「ヒーリングっとプリキュア」の
敵組織のビョーゲンズみたいなものなのかもしれないです。
但し幻想郷では人に危害を加えることを基本的に禁止しているため、ヤマメ自身はこの能力を原作内で使ったことは
ありません。

アミグリさんの描かれたヤマメは、公式設定の「明るく気さく」という雰囲気をそのまま二次元作品として表現されたような
雰囲気に溢れていてもとってもかわいいヤマメだと思います。
お団子ヘアにその髪の毛を飾るリボンとか、チルノのようなかわいいショートヘアとか
思わず吸い込まれそうな大きくてつぶらな瞳とかどこか照れたような感じでもある少し紅潮した頬とか
とてもじゃないけど、嫌われ者とか感染症をもたらす疫病神的存在という感じは全く無くて、ヤマメの元ネタである土蜘蛛という
幻想郷内の建築工事を支える縁の下の力持ち的要素としての貢献度の高さを示唆しているような
高貴さすらも伝わってきているような感じがあります。
ヤマメはよく「地下アイドル」とも言われがちなのですけど、アミグリさんの描かれるヤマメはそうしたアイドル的な可愛らしさに
溢れているとも言えますし、
ヤマメの元ネタは蜘蛛という事で公式立ち絵としてはお腹ポッコリでこのお腹が蜘蛛の腹という事を意味しているのだと
思うのですけど、
アミグリさんの描かれるヤマメは土蜘蛛とか蜘蛛のお腹がポッコリしているという感じではなくて
「丸く膨らんだポケット付のスカート」みたいな感じで描かれているのは、ヤマメの女の子らしさを十分すてきに
表現されていると感じられます。
蜘蛛の巣のキラキラも今現在の作風のあのすてきなキラキラ感を先取りしているようにも感じられますね~♪


2020-misuchi-02_convert_20200201152958_convert_20200201194636.png


続きまして、アミグリさんが2020年2月に描かれたミスティア・ローレライをご紹介させて頂きたいと思います。
ちなみにこのミスチーは当ブログの2月においての「東方カテゴリ700記事到達」を記念してアミグリさんにリクエストをさせて頂き
描いて頂けた大切な記念絵でもあります!

ゆかりんはミスチーのことを東方永夜抄にて「蛾」=蟲と評していて、「全く、夜雀風情が。羽蟲の王気取りは絶望的に早いわ」と
ミスチーがまるで蛾であるかのように語って いましたし、
実際ミスチーも永夜抄においては、 蛾符「天蛾の蠱道」等の蛾をモチーフにしたスペルを使用していましたけど、
ミスチーはあくまで「鳥」であり蛾ではないです~ ♪
地獄の閻魔様の四季映姫様より「あなたは鳥」とはっきり明言されていましたし、ミスチー自身も
「自分は鳥」と認識しているようですので、ゆかりんの例のあの発言は、ゆかりんのミスチーに対する挑発、または
ゆかりんからしてみたらミスチーなど取るに足りぬ雑魚妖怪みたいなものですので、気まぐれのおふざけという解釈の方が
宜しいのかもしれないですね。

上記にてヨゲンノトリという見た目は少し不気味だけど意外と? どこかほんわかしてかわいい要素がある鳥を取り上げましたが、
少し不気味と言うか怖い点はあるけどとにかくかわいい~♪という点ではミスティア・ローレライも似たような要素が
あるのかもしれないです。

アミグリさんが描かれたミスチーはとってもかわいいですね~♪

ドレスのフリルの精緻さ・ミステリアスな背景・ちょっときょとんとした表情に対比して爪の鋭さの畏敬の表現・
背中の翼の精緻な描き方などとっても見事だと思います。
特にこのフリルの細かい仕上がりは、アミグリさんがこれまで描かれてきた東方キャラのフリル地獄の中でも
かなり大変でご苦労が多かった絵の一つだと思われますので、改めてアミグリさんには
「こんなにも素晴らしいミスチーを描いて頂きありがとうございました!」と強く御礼と感謝の気持ちを申し上げたい気持ちで
一杯です。
2020年最初に描かれたサグメ様の片翼はミステリアスな雰囲気も感じますけど、ミスチーは両翼という事で、
鳥らしい雰囲気とかわいらしさと妖怪らしい畏敬が見事にバランスが図られていて、
「とってもかわいいけど同時に妖怪っぽい」という大変難しい要素が実にすてきに融合されていると思います。
そしてこの翼はとても美しく幻想的だと思います。

ちょっときょとん・・とされているのも三月精で示された鳥頭っぽい雰囲気なのかもしれないです。

こんなにもかわいいミスチーでしたら、あの食欲旺盛のゆゆ様だって「食べちゃいたい」と感じるよりは、むしろ
「妖夢のようにかわいくてたまらないね~、これではとてもじゃないけど食べることは出来ないよね~」と
感じられるのは間違いないと思います~♪

上記のアミグリさんが描かれたヤマメとミスチーの権利は、全てヤマメやミスチーの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに美しいミスチーを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

どちらにしても来年には新型コロナウイルスという感染症も収束して欲しいですし、このマスク姿でいちいち外出しないと
いけないという鬱陶しさから一日でも早く解放されたいものです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ペンギンはコロナウィルスに感染しない訳ですから、鳥を感染症の守護にするのはあながち外れてないと思います。
一般的に感染症ウィルスは種が異なると罹患しませんが、たまに『鳥インフル』の様な例外もあったりするので油断は禁物です。
『アマビエ』は鳥と魚のハイブリットですから、感染症ウィルスにとっては「食えないヤツ」になるでしょうね(笑)

神罰・・?

sado jo 様


言われてみると新型コロナウイルスは犬・猫・鳥などの人間のペットにはほとんど感染事例がないというのも
興味深い話なのかもしれないです。
人同士のみ感染するというのも神罰とかどこか意図的な何かがもしかしたらあるのかもしれないですけど、
いずれにしても人類の叡智とやらを結集して早期に終息してほしいものですね・・

何はともあれ感染防止に効果があるというならば妖怪でも大歓迎という事なのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |