FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


過去記事で何度か触れた通り、うちの周辺には、埼玉県内でも屈指の大規模さを誇る巨大UR団地があったりもします。

団地の敷地内全体はURの建物の周辺の近隣住民がいつでも自由に通行できる歩道を確保し、
樹木を一定間隔で植え、公園等の近隣住民誰もが利用できる設備を設置するという総合設計案件としての要件が
具備されていて、私自身も自宅から最寄り駅に行く際は、この巨大URの公開空地というインターロッキングによる歩道を
通る事も結構あるのですけど、確かにここを通った方がかなり近道のようにも感じられます。


CIMG4002_convert_20200831013616.jpg

CIMG4003_convert_20200831013639.jpg


URの公開空地のインターロッキング舗道は、経年劣化がかなり目立ってきており、
インターロッキング同士に隙間が生じていたり浮きがあってグラグラしていたり、
インターロッキングに段差がかなり生じている個所もあったりして、
昼間はそうした段差や浮きに目が行くからいいとして、夜間ここを歩いていると、昼間とは違って暗いので
そうした段差や浮きに気が付かないで、段差に躓いたり転倒しそうになる事も実は多々あったりします。

特にご高齢の方が夜この公開空地を歩いていたり自転車に乗っていたりすると、
「この周辺のインターロッキングには浮きや段差の部分がかなりある」と頭では認識していても、それでも躓いたり
転倒する危険性はかなり大きいようにも感じられます。
実は私自身も、夜にこうした段差に躓いて転倒しそうになったり、はたまた朝の出勤の際に
「やばい! 寝坊しちゃった! 駅までダッシュしないと遅刻するかも~!」という時に駆け足でこのUR内のインターロッキングの
公開空地を駆け抜けた時に、ついついこの段差に気が付かずにつま先が思いっきり段差にひっかかってしまい、
結果的にまるで漫画のワンシーンみたいに瞬間的に空を飛んだような感覚があったかと感じた次の瞬間に、
見事にすっ転んでしまい、あの時は擦り傷ができるほどかなり痛かったです・・

うちの奥様の話では、数十年前にこのUPが完成した頃は、インターロッキングの歩道はまるでレンガの道を歩いている様な
美しさがあったといいますし、感覚行にはヨーロッパの街みたいな雰囲気もあったそうです。
当時は上記で触れたような経年劣化等による段差や浮きは皆無でバリアフリーみたいな様相でもあったらしいです。
現在はこうした段差が出来ていて、バリアフリーの歩道どころか凸凹と段差が激しいちょっと危険な歩道という感じでも
ありそうですし、こうしたちょっとした段差につま先が引っかかってしまう危険性は特に高齢者や小さいお子さんたちには
意外とあるのかもしれないです。

歩道の入り口には自動車の通行を制限するポールが設置されていますけど、結構多くのドライバーさん達が
ポールをひっこ抜いてUR内のインターロッキング歩道を通行しているようですし、普通車だったらまだいいとして
トラックや大型車両やはたまた重機が鉄板無しにこのインターロッキング歩道を通行してしまうと、バキバキッと
インターロッキングを割ってしまい、それが断裁や浮きの一因にもなっている感じもあります。


CIMG4004_convert_20200831013658.jpg


2011年に発生した東日本大震災てには、埼玉でも震度6程度の揺れがあり、その際にはインターロッキング歩道において、
樹木が植えられている箇所近辺で部分的に地面の浮き上がりも発生したようで、その浮き上がりの際に
インターロッキングを押し上げてしまい、それが地面との隙間を生じさせ、浮きの一因にもなっているのかもしれないです。

まとめると・・

インターロッキング歩道は施工して間もない頃は大変見た目も美しいし、アスファルト舗装に比べると
天然素材的な美しさもあったりするのですけど、インターロッキングは経年劣化が起きてしまうと、こうした浮き・段差が
出来易くなり、インターロッキングの上を自動車・バイク・自転車が頻繁に通ったりすると欠け・ひび割れという事も
起きたりもして、更に段差や浮きを呼び込んでいるのだと思われます。

URは入居者減少ということもあり、例えば入居時の保証金や保証人が不要という事もやっているようですけど、
できれば入居者だけではなくてその近隣住民が自由に通行するインターロッキング歩道のメンテナンスや
浮き・段差の補修も適切にやってほしいものであったりもします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ウルトラレア

この段差はなかなかにひどいですね。
私は転ぶ自信アリです・・・。

お子様もそうですが、何よりお年寄りや障害者の方にとってはこういう段差は非常に危険ですね。
下手したら命を落としかねないですからね・・・。

こういうのは行政がちゃんとチェックして直すなり対応しないといけませんね。
何かあってからでは遅いですから・・・。

公開空地

まいさか 様


昔はすてきなレンガ道も30年以上経過すると経年劣化が酷くなるの見本みたいな事例だと思います。

特に夜間は知らない人が通行したら特に自転車の場合は段差にひっかかり転倒する危険性はかなり大きそうです。

ただ、このインターロッキングの歩道は法律上は公開空地ということで道路交通法上の道路に該当せず、
国・県・市の管理物件ではなくて、あくまで管理責任はURなそうなので、
UR自体がきちんと適切に管理と補修をする必要がありそうですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |