fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


「ライディーン」と聞いて真っ先に「勇者ライディーン」を連想された方は昭和レトロなロボットアニメ好きと言えそうですし、
「YMOの楽曲」と真っ先に思い浮かべた方は世代的に私と大体同世代といえるのかもしれないです。

ライディーン(雷電、RYDEEN)は、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の2枚目のシングル曲であり、
「テクノポリス」と並ぶYMOの代表曲の一つです。
テクノポリスはどちらかというと未来音楽そのものというか聴き方によってはなんとなくですけどウェーベルンやシェーンベルクの
無調音楽っぽい感じもなくはないのかもしれないですし、あえて無機質的に抑制された音楽という印象もある中、
ライディーンは確かにシンセサイザーを多用したコンピューター未来音楽そのものではあるのですけど、テクノポリスのように
抑制と言うかコントロールされた音楽ではなくて、特に後半にかけて後年のJ-POPのノリのようにグイグイと盛り上げて
いく要素が強く感じられ、テクノポリスよりはむしろ親しみやすい楽曲といえるのかもしれないです。
テクノポリスを吹奏楽アレンジ版で演奏した事例は私は聴いた事がないですし、あのコンピューター音楽を
吹奏楽で表現してみろと言われてもかなり難しいような感じもするのですけど、ライディーンは前述の通り、
比較的メロディーラインがはっきりとしていて後半にかけての盛り上がりもあるせいもあり、吹奏楽アレンジ版による演奏は
他校の文化祭や演奏会で何度か聴いた事があります。
そして後述しますけど「響け! ユーフォニアム」【第一期】第5話でも北宇治高校のサンフェスでのマーチング楽曲としても
登場していたものでした~♪

私自身・・というか私の世代前後の皆様ですと、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の
あのサウンドを聴いて「これが未来の音楽なのか・・」と感じた方は相当多いのかもしれないです。
当時中学生だった私は、最初にあれを聴いた時は「これが未来の音・・」と感動したのを覚えています。
例えるならば、「ラブライブ! サンシャイン!!」のずら丸ちゃんがウォッシュレットを初めて体感した時に
「未来ずら・・」と感動していたのと同じなのかもしれないです。
シンセサイザー等の電子楽器を活用し、日本における「テクノポップ」と呼ばれるジャンルを確立した意義はとてつもなく
大きいと思いますし、日本にシンセミュージックを根付かせたのは間違いなくYMOの3人なのだと思います。
そしてこのYMOの構成メンバーは凄過ぎますね~
YMOは細野晴臣・高橋幸宏・坂本龍一の3人によって結成された音楽ユニットなのですけど、この3人は今現在も
ジャンルは異なるにせよ日本の音楽界で活躍をされ続けておられますし、特に坂本龍一はクラシック音楽界でも
既に邦人作品の重鎮の一人と言えるのかもしれないです。
細野晴臣さんはエレクトリックベース・シンセベース・コーラスを担当し、高橋幸宏さんはドラムス・ボーカルを担当し、
坂本龍一さんはキーボード・シンセサイザー・コーラスを担当され、
たまに坂本さんはドラムスを担当されるなど3人それぞれが楽器に関しては自由自在という感じでもありました。
坂本龍一さんは元々はクラシック音楽をベースにされ、東京芸術大学大学院にて作曲科を修了されていて、
そのせいもあり周りからは「教授」というあだ名で呼ばれていた事もあるそうですけど、現在の坂本さんはまさに
教授そのものの雰囲気と実績を有しておられるのだと思います。
最初にYMOのテクノポリスを聴いた時は目が点状態になっていたと思いますし、一種のカルチャーショックを感じたくらい
あの近未来のサウンドを予感させる音楽は素晴らしかったですし、私自身「シンセサイザー」という楽器は、実は
YMO以前からシンセサイザーを使っていた冨田勲や喜多郎ではなくて、YMOであったりもします。

「ライディーン」のメロディはバーで高橋ユキヒロが鼻歌で歌っていたところを、坂本龍一がメモに書き起こして作られたと
されているそうです。
元々のタイトルは江戸後期の伝説的な力士「雷電爲右エ門」からイメージされた「雷電」と表記されたのですけど、
江戸時代の浮世絵には当時の人気力士が描かれる事も多々あり、
浮世絵が世界に影響を与えたようにYMOの音楽も世界に影響を与えられるようにという意図や願いもあったとの事です。

YMOの音楽というと私の中ではシンセサイザーという印象が大変強いです。
シンセサイザーは、昔も今も聴いている人に「無限の可能性と未来」を感じさせる楽器だと思います。

そしてシンセサイザーは言うならば究極の人工的なオーケストラといえるのかもしれないです。

シンセサイザーの語源は「合成する者」なのですけど、それに相応しいくらいヴァイオリン・コールアングレといった管弦楽の音や
ドラムスといったリズムセクションや、風や雷の音に動物の声すらも合成できるという事で、音に関しては
その表現能力はほぼ万能といえそうです。
以前とある高校の吹奏楽の演奏会で、グローフェの組曲「グランド・キャニオン」で第三曲の山道を行くで冒頭に現れる
ヴァイオリンのソロをシンセサイザーで代用していた音やサン・サーンスの交響曲第3番「オルガン付」~終楽章において、
パイプオルガンの音をシンセサイザーで代用していたのを聴いた時は
「これってなんでもありじゃん!」と驚いた事があったりもします。
多彩な音色に現実の弦楽器・管楽器・打楽器の音すらも超越したファンタステックかつ創造的でエキサイティングな音を
こんなキーボードみたいな電子楽器が創造出来てしまう事は、実はいまだに私自身驚きであったりもします。

シンセサイザーは音の合成装置であり、電気的な波形を合成して出力する機械であり、同時にそれは楽器なのだと思います。

入力装置の形は様々で、ギター型・ドラム型・ラック型などさまざまな形のものが存在しますけど、
一般的にシンセサイザーというと鍵盤型のものかソフトウェアシンセを指すと思われます。
シンセサイザーの理論とか要素・フィルター・波状・自動演奏とか言われても文系の?私には何が何だかよくわかりませんが、
とにかく言えることはシンセサイザーとは昔も今も進化し続ける未知の領域の楽器なのかもしれないです。
最近はむしろヤマハが開発した「ボーカルシンセサイザーの一種」としてのボーカロイドが馴染み深いのかもしれないです。
けいおん!やバンドリで登場しているギター型のキーボードは、どちらかというとむしろシンセサイザーに近いものが
あるのかもしれないです。




bc0357ef_convert_20150509024709.jpg


「ライディーン」なのですけど、2015年放映の「響け! ユーフォニアム」第一期第5話でも登場していました!

それはサンフェスと呼ばれる他校もたくさん参加する野外マーチングのイベントで北宇治高校吹奏楽部が演奏していた
ものですけど、アニメの第5話と原作では、少し違いがありました。
原作におけるサンフェスの演奏曲目は、ビートルズの「キャント・バイ・ミー・ラヴ」ですけど
アニメ版では、上記で触れさせて頂きました「ライディーン」でした!
滝先生の選曲は渋すぎますね~♪
久美子や麗奈たちは平成生まれで、もしかしたらYMOやテクノポリス自体知らない可能性が高いと思われますけど、
滝先生はお若さそうに見えて実はご年齢的には私と同世代なのかもしれないですね・・
ちなみに、立華高校は、アニメ版では「フニクリ・フニクラ」でしたけど
原作版では、王道中の王道とも言える行進曲「錨を上げて」が演奏されています。
余談ですけど、立華高校のコンクールの自由曲は、
スパークの「宇宙の音楽」と、現在の吹奏楽コンクールでは大人気を誇る曲が選ばれています。

第5話では主にマーチングが描かれていましたけど、マーチングは確かに見た目は華やかですけど、プレイヤーは
実はかなりしんどいです。
メンバー全員の歩幅をある程度統一して行進しないと見た目がバラバラになってしまい見苦しいですし、
アニメでは「1歩85㎝」という表現がされていましたけど、
そんなに厳密に歩幅を示されても中々全員が統一して歩幅を揃えての行進と言うのはかなり至難の業だと思います。
マーチングに普段から力を入れている学校とかマーチングフェスティヴァルクラスになると
歩幅を揃えての行進は基本中の基本と思うのですけど、普段はあまり野外でのマーチングをやらない学校は、
歩幅を揃える事よりは、とにかく 楽しんで吹く事の方が大切なような気もします。

アニメでもそうした描写がありましたけど
こうしたマーチングの練習は、運動部が練習していない時間帯でのグラウンドが最適なのですけど
吹奏楽部のためだけに運動部がグラウンドを明け渡してくれる訳は無くて、
運動部の練習が終わり、日没までの15分程度とか学校の屋上を使用する等で行進の練習をすることはよくある話なのだと
思います。
最初は楽器を持たない状態で均衡な歩幅を保つ練習とか他の奏者との間隔を保つ訓練とかフォーメーションの確認とか
ベルアップ時の持ち上げ方の統一性の訓練というのはマーチング練習のイロハのイなのかもしれないです。


6a8f8a8c_convert_20150509024804.jpg

48f7b721_convert_20150509024830.jpg


それにしてもマーチング衣装はとてもかわいいですよね~♪
(男の衣装はどうでもいいです・・)

アニメ内でも大人体型のあすか先輩や香織先輩や高坂麗奈のプロポーションが素晴らしいという事もあり、
マーチング衣装が体にジャストフィットしている印象があり大人のお色気すら漂わせていましたけど、
幼児体型??の久美子やサファイアちゃんたちはおこちゃまそのものでした・・


hirasawayui_convert_20100504143921.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載・ご紹介コーナーです。
上記でもちらっと・・出ていましたけど、
けいおん!やバンドリで登場しているギター型のキーボードは、どちらかというとむしろシンセサイザーに近いものが
あるのかもしれないです。

YMOは男性3人のバンドでもあるのですけど、けいおんは5人のゆるいJKさんたちによるガールズバンドです。

けいおんもバンドリもモチーフは「ガールズバンド」ですけど、バンドリは女の子たちの真剣な成長物語を熱く描き、
けいおんはJKさんたちのゆるい日常をとてつもなくゆるく描いている事が大きな違いなのだと思います。
「けいおん!」って一番下の後輩のあずにゃんを除くとみんな揃いもそろってゆるくてヘンな人たちの
集合体という感じもありました。
唯や律ちゃんのあのとてつもないゆるさとポンコツさの前では秋山澪と紬ちゃんですらまともに見えてしまうのですけど、
澪も紬も結構ヘンな人たちでもありました。
その中でも唯のゆるさは際立っていたと思います~♪
唯は天然さんでおバカさん系なのですけど、単なるおバカさんという訳では全然なくて、
飲み込みは早いけど忘れるのも早く、そこから復帰するのも早いというスキルの起伏が激しいというのが
唯の特質なのだと思います。
勉強に関しても、赤点かと思ったら追試で100点取ってしまうような極端な子でもあり、早い話が
一度集中したら高い能力を発揮できるが、それ以外のことについては残念な子という感じなのかもしれないですね・・
良くも悪くも天才肌みたいな雰囲気もあり、「バカと天才は紙一重」を地で行くキャラクターと言えるのかもしれないです。

上記のけいおんの平沢唯は、アミグリさんが2010年5月に描かれた作品です。

2010年と言うとアミグリさんにとっては初期作品の頃に相当すると思うのですけど、初期作品でありながらも
こんなにかわいくて唯らしい溌剌さと弾けっぷりをきちんと描き切っているのは「すごいな~!」と感心するばかりです!
今現在のキラキラ作風も私は大好きですけど、こうした初期作品の力強い感じもどちらにも私は魅力を感じるばかりです!

アミグリさんの描かれたこの唯はとってもかわいいなぁ~と思います。

全体的にのびのびと描かれているように感じられますし、他の絵師様が描きがちなように「アホの子みたいな唯」
という感じではなくて、
唯なりに一生懸命前向きに「私だって一応頑張っているじゃん!」みたいな雰囲気を私達に伝えているようにも
感じられます。
唯の瞳のくりくりっとした感じとか夏の制服の爽やかな感じとかプロポーションのよさとか随所にキラリと光るものが
溢れていると思います。

けいおん!のメンバーの皆様たちはなぜか知りませんけど、各自の愛用の楽器にそれぞれ愛称を付けているのも
大変面白いものがありました。

唯のギブソン・レスポールスタンダードの愛称はギー太でしたし、

秋山澪のフェンダー・ジャズベースの愛称はエリザベスでした!

唯と澪のネーミングセンスの違いに二人の違いが表れているのかもしれないですね・・


keiononon_convert_20120714083016.png


続きまして、アミグリさんが2012年7月に描かれた「けいおん!」の5人全員の集合絵です!

この作品は面白いですね~!

この5人の集合絵を描かれる以前に一度アミグリさんは白黒での5人の集合絵を描かれているのですけど、
確かに上記の集合絵は単色モノトーン絵に近いのですが、カラーが一つ加わるだけで随分と印象が異なるものだと
感じたものでした。
同時にアミグリさんが描かれた唯・律・紬・澪・梓の5人のすてきな女の子たちの「違い」もきちんと一枚の絵を通して
立派に表現されているのは、アミグリさんの絵師として「立派な仕事」と言えるのだと思います!
あずにゃんのツインテの可愛らしさ、律ちゃんの元気溢れるいたずらっぽい雰囲気などが特に際立って
魅力的に感じられます!
全体的に5人のメンバーたちをまんまるにあたたかいふんわりとしたタッチで描かれているので、
見ているだけで「けいおん!」のあのゆるくてポンコツな雰囲気を思い出してしまい、なんだかくすっ・・と微笑みが
自然に湧いてきそうなすてきな作品だと感じたものでした!

けいおん!の放課後ティーパーティの5人のガールズバンドのメンバーたちにはYMOの音楽を理解する事すら
難しい感じはありそうですけど、意外とあのゆるさと何を仕出かすかわからない雰囲気は
YMOの新しい解釈を呼び込むのかもしれないです。
紬は多分シンセサイザーも演奏できると思いますので、紬をメインにライディーンに即興歌詞をつけて演奏しても
楽しいのかもしれないですね~♪

上記のアミグリさんが描かれたけいおん!キャラたちの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい唯ちゃんたちを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

温故知新ではないですけど、1970年代末期~80年代初頭で一世を風靡したYMOの音楽を改めて聴いてみて、
現在の音楽との違いとかこれからの音楽の何かヒントづくりになるようなことを模索してみるのも
たまにはいい事なのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

誰のチョイス?

こんにちは。
ユーフォの音楽は、あえて40代ねらいなのか?
1期では紹介されたライディーンですし。
2期の文化祭では大瀧詠一の「君は天然色」を。
劇場版では冒頭にPUFFYの「いい感じ」でした。
意表を突くようで確実性があります。

ボクもYMOは大好きです。
「君に胸キュン」はPVが笑えます。
アニメ「まりあほりっく」でもカバー。
こうやって若い方に知られるのはイイかと。
細野晴臣さんは音楽の他にタイタニックか。
おじいちゃんが日本人で唯一の乗客で。
映画があると必ず注目されます。

ユーフォは何かと衝撃的でしたし。
ドイヒーなホークスにリンク。
この作品で管理人さまと出会えました。

リアルでも・・

五航戦の愛鷹 様


滝先生の選曲は渋すぎますね~♪

多分滝先生は30代後半~40代前半みたいな感じもありそうですけど、どことなく陰みたいな雰囲気もありそうなのは
愛妻を亡くされたことや、滝先生と同様に吹奏楽の指揮者でもありかつては全国大会にも出場した父親に対する
反発というものもあるのかもしれないです。

滝先生はいうならば吹奏楽有名指導者の二世なのですけど、政治家の二世と違って、音楽に対する感性や指導力が
ないとスクールバンドの指揮者は務まりませんので、
なんだかんだいって赴任後いきなり全国大会に導くのは驚異的指導力なのかもしれないです。
(もっともリアルでは絶対にありえない話ですけど・・)

最近はリアルの吹奏楽コンクールでも1970~80年代の有名指導者のご子息が2010年以降は続々と全国大会デビューを
果たされていて
「やっぱり血は争えないね・・」と感じてしまいそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |