FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計


今年の春と夏の甲子園大会は中止となりましたけど、春の選抜出場予定チームを一堂に集めての甲子園での
交流戦的な試合の実現や県予選としての高校野球の開催はたとえ無観客試合と言えども大変意義があるものだと思いますし、
選手やその父兄の皆様にとっても大変尊いものがあったと感じられます。

そうした中、屋内ホールでの三密状態を誘発しかねない吹奏楽コンクールの県・支部・全国大会の中止はやむを得ないものが
あったとしてもやはり奏者・・特に現役の3年生にとってはぽっかりと埋める事の出来ない穴が心にあいたまま卒業してしまう事に
鳴ってしまう事を考えるとやはりとてつもなく胸が痛いです・・
(そうした中、マーチングコンテストの開催が色々と条件はあるにせよ開催の予定というのは一つの救いがありそうです・・)

吹奏楽コンクール(特に高校の部)を聴く楽しみ方は色々ありますし、もちろんその最大の魅力はとてもじゃないけど
アマチュアのスクールバンドとは思えない完成度の高さだと思うのですけど、それ以外にも
コンクールゆえの何が起きるかわからない一発勝負のスリルや
特にアレンジ作品における大胆なカットと解釈の味わいとか吹奏楽独特のあの色彩感豊かな華やかな響きの充実感など
一言では書き記せない程の魅力が特に全国大会における各チーム12分間の制限時間の中の課題曲と自由曲に
ギャギュ~っと密集して詰まっているのだと思います。

そしてそれ以外においても高校の部のJKさんたちのとってもすてきでかわいいステージ衣装をお目にかかれる事なのかも
しれないです~♪
最近のJKさんたちの学校指定制服自体がまるでデザイン系制服のようにみなとってもかわいらしいものばかりですけど、
最近の吹奏楽コンクールのステージ衣装はそうした学校指定の制服とはまた異なる吹奏楽部独自のステージ衣装を
身に纏っている事も多々あり、それがまたまたとってもかわいくて魅力的なステージ衣装なので、見ているだけでも
前々飽きないですし、耳では音楽の内容そのものの感動を味わい、目的にはJKさんたちのかわいいステージ衣装を
楽しむという事で、やっぱりいくつになっても私は吹奏楽コンクールを聴きに行く事だけはやめられそうもないですね・・
(普門館の解体以降は以前は毎年のように聴いていた東京都大会や全国大会は聴きに行く事はないものの、
埼玉県大会や西関東大会はほぼ毎年聴いていますね~)
もっとも男子高生のステージ衣装など興味のきの字もないですけどね・・

それだけに今年の吹奏楽コンクールの中止は残念以外の何者でもないです・・


CIMG9902_convert_20160816193053.jpg


吹奏楽コンクール【高校の部】においては、多分ですけど1970年代あたりまでのスデージ衣装のほとんどは学校指定の制服
であり、男は学ラン、女性はセーラー服またはブレザー制服が主流だったと思います。
そうした風潮に一石を投じたのが1979年に「二つの交響的断章」の歴史的超名演によってコンクールの歴史に
その名を残すことになった埼玉県の市立川口高校吹奏楽部の赤ブレザー&白のスカート・ズボンだと思います。

そして学校指定の制服とは異なるステージ衣装での演奏というと大変印象的だったのは、
1983年の関西大会での明石北高校音楽部のステージ衣装だと思います。

1983年の明石北高校というと歌劇「イーゴリ公」~ダッタン人の踊りのあまりにも完璧でかつ個性的な演奏の超ウルトラ名演
でもお馴染みですし、その後兵庫高校吹奏楽部を指揮され、松井節とも絶賛されていた松井先生が
兵庫高校の前に指導されていた学校としても名高いのですけど、
1983年の関西大会における女性奏者の制服が、まるで宝塚を彷彿とさせるようなとっても可愛い水色のワンピースの制服!で、
まるで天女みたいなステージ衣裳として今現在でも一部で「伝説のステージ衣装」として語り継がれているくらい
とても可憐でかわいいユニフォームでもあり、あれは現在の吹奏楽コンクールのとってもかわいくて魅力的なステージ衣装の
先駆けとすら言えるのかもしれないです。
本当にあの水色の制服は可愛くて可憐で素晴らしいです~♪

確か聞いた話では、あの水色の宝塚みたいな衣装は夏用のステージ衣装であり、
秋に開催された普門館の全国大会のステージでは 女性奏者は普通のブレザー制服で演奏されていたと記憶しています。

1991年と1997年にも明石北高校は全国大会に出場しているのですけど、
残念ながら、女性奏者のステージユニフォームは、1983年の水色のあの天女みたいなユニフォームでなかったのは
少し惜しまれます・・・
全国大会は既に秋の季節だから、夏用制服のあの水色の天女みたいな制服でステージに立つことは
多分ありえない話だと思うのですけど、一度ぐらいは全国大会というか普門館で是非生で見てみたかったような気もします。

私が1984年に都内の大学に進学し、そこの吹奏楽団に入団した際に関西出身の女の子がいましたので
明石北高校のステージ衣装について聞いてみたのですけど、
「え・・? 明石北の女子生徒の制服は普通のブレザーやねん・・・、あの水色衣装は制服ちゃうで・・・
あれはあくまで夏限定のコンクールのステージ衣装ちゃうねんか・・?」とか言っていましたので、
多分そうなのでしょう・・
松井先生指揮での明石北の普門館再登場も当時とてつもなく期待していたのですけど、
松井先生はその後兵庫高校に異動されましたので、
あの天女みたいな水色の制服も松井先生指揮での演奏もお目にかかる事はありませんでした。

ちなみにですけど、明石北高校のその水色ワンピースのステージユニフォームは、「バンドピープル」のバックナンバーに
何度か登場していますけど、
やっぱりあれは、今改めて見ても斬新なデザインですね~♪

最近の高校生、特にJKさんの皆様の制服って本当に可愛くて素敵なものばかりが多いですよね~♪
いわゆる「デザイン系制服」みたいなものを指定制服とする学校も随分と増えてきたと思うのですけど、
私が高校~大学の学生さんだった頃って、こうしたデザイン系制服自体がまだまだ珍しい時代でもありましたので、
こうした明石北みたいなデザイン系みたいな可愛い制服自体が大変貴重だったと言えると思います。
バンドジャーナル・バンドピープルといった吹奏楽月刊雑誌の毎年11~1月号の「吹奏楽コンクール特集記事」において、
出場チームの写真が掲載される事もかなりあり、
私が田舎の県立男子高校の時に、既にこうした吹奏楽雑誌にて明石北高校のあの天女さんみたいなステージ衣装は
既に掲載されていて、 よく他の男子部員と共に「あー、こんな可愛い制服の女子高生と同じステージで演奏したいよなぁ・・」とか
「それにしてもこの制服可愛いよな・・」
「あんな可愛い制服の女の子と××したいよなぁ・・」
などとよからぬ(?)妄想ネタで盛り上がっていたものでした・・

ちなみにですけど、上記画像は、1988年11月号の「バンドピープルにおける明石北高校の掲載写真です。

今現在の感覚・視点で見てみると、 「別に大したことないじゃん・・」と思われる方が多いのかもしれないですけど、
私が現役奏者の頃は、珍しかったですし、とっても貴重だったのです!
ちなみにですけど、当時の明石北のあのすてきな夏用ステージ衣装はは1990年代に入ると廃止になったとの事で
「なんか勿体ないなぁ・・」とも思ったりもしますね・・
確か私の記憶では90年代に一度だけ明石北が「復刻版シリーズ」とかであの天女みたいな制服を一年限定で
着用されて吹奏楽コンクールに臨んでいたと聞いたことがありましたけど、
そうした復刻シリーズは是非是非来年以降のコンクールでもお披露目して頂きたいものですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

来年こそは・・

今年の吹奏楽コンクールの中止はとても残念ですけど、来年以降はなんとか開催して欲しいですし、
現在のクラシック音楽のコンサートは会場の収納人員の100%をいれて開催してもいいことになっていますので、吹奏楽コンクールはライブのように歓声や掛け声等の飛沫はでないので、開催自体は
問題ないといえそうです。

むしろこれをきっかけに演奏終了後のブラボーコールの規制は
かけてほしいと思ったりもします。

確かに・・

たがふ 様


来年は是非吹奏楽コンクールは通常通り開催して欲しいですし、クラシック音楽コンサートも通常に戻っていますので
新規感染が激増しない限りはいけそうな感じもします。

なるほど・・

確かにこれを契機にあの過剰とも思える演奏終了後のやらせ的なブラボーコールはむしろ規制の方向で
検討して欲しいものです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |