FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計





時の流れは本当に早いもので、昨日で9月も終わり本日より10月です!
皆様方におかれましては、新型コロナウイルスへの感染ももちろんそうですけど、普通の?風邪などひかれずに
心身とも完全で健やかな状態で年末年始を迎えて頂きたいものです!(さすがにまだ早いのかな・・?)
というか、今年は1月の開始早々から新型コロナに振り回され、これからの寒い季節の開始と共に第二波・第三波への
警戒の日々も高まりそうですし、むしろこれからが年末に向けての感染リスクの脅威への警戒の日々が
続くのかもしれないです。
そして今年一年に関しては、「新しい生活様式の確立」が求められた一年でもありますし、その影響もあり、
手洗い・マスク着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンス・デリバリー・在宅勤務・リモート会議というこれまでの
生活様式とは全く異なる新しい習慣が日本でも根付こうとしている感じでもありますので、新型コロナの感染リスクが
続く限りは不本意ながらもそうした習慣はむしろスタンダードなものになっていくのかもしれないです。

最近は寒いの落差も多々あり、廻りでも風邪気味の人も散見されますので、皆様方におかれましても体調管理には
十分お気を付け頂きたいと思います。

東方のチルノではないのですけど、 「おバカさんは風邪をひかない」という言葉をよく耳にします通り、
その言葉は当たっているのかもしれないです。
実は私自身は意外なことにこれまでの生涯で実はインフルエンザと診断されたことは一度もありませんし、
(多分ですけど新型コロナウイルスに掛っていないと予想されますのでその免疫抗体も有していないのかもしれないです)
風邪自体も大体ペースで言うと5~6年に一度程度の割合で発症する程度に留まっております。
ちょっと「風邪ひいったっぽい・・やばいっぽい・・」(こういう言い方は艦これの夕立っぽいですね・・)という時は
市販のルルアタックEXで何とかなってしまうのが大変ありがたいものがあります。
私自身、別に日常的な運動とかトレーニングとかなんとか健康法なんてのは全くやっていなくて、
特に「健康づくり」とか「病気知らずの体作り」なんてものは全くやっていないのですけど、
むしろそうした「自然体」が一番の健康法なのかもしれないです。

私、見た目が弱そうというか、いかにも「線が細い、体が弱そう」という印象を持たれがちなのかもしれないですし
高校辺りのころは、「女の子みたいな体型」とかよく言われていたのですけど、意外と体は頑丈なのかもしれないです。
会社の「健康保険証を10年以上一度も使用せず、健康保険組合から表彰&記念品贈呈をされた」とか
中学・高校で「皆勤賞」を受賞したとか意外と健康な側面もあったりします・・
風邪をひかないというのは、その辺りも一因なのかもしれませんけど、
こうやって「自分は風邪ひかない」などと得意げに自慢しているとロクな事になりませんので、この辺りでやめておきます・・

私自身は、高校は田舎の県立男子高校でして、
この高校の所在地がある山の上の住宅地の中に立地していて、私自身は、ほぼ毎日片道14キロ程度の通学路を
自転車通学していました。
(自転車だと30分程度で着くのですけど、バスや電車を利用すると90分程度掛かる辺鄙な所でした)
自分で言うのもなんですけど、こんな結構距離のある通学路を3年間自転車で通学していたというのに、
3年間、無遅刻無欠席無早退の「皆勤賞」で表彰されたのはまさに奇跡だと思います。
こうした皆勤賞で一番難関なのは「無遅刻」だと思うのですが、吹奏楽部の「朝練習」のおかげで嫌でも
朝早く毎日登校せざるを得なかったというのが大きかったですね!
そんな訳で、私の高校時代は自転車通学で、朝の登校時は、言うならば「山登り」という感じでした!
今現在ですと、間違いなくあんな急な坂道を自転車で登るなんてまず無理です・・!
だけど当時は、体力が有り余っていましたし、何よりも、坂道を自転車と共に歩いて登ると、
間違いなく時間のロスで、朝練には間に合わなかったと思います。
だから、当時は、とにかく必死の形相で朝から「山登り自転車登校」していたと思います。

体が意外と頑丈でこれまでのところ、大きな大病とか入院経験がないというのも若かりし日の自転車通学ということも
多少はあるのかもしれないですね。

とにかく1年のうち無事に3/4が終了します。

あと三ヶ月で一年が終わり、すっきりとしたフィナーレ!を飾るためにも、私も十分健康管理や不測の事故等ないように
十分留意したいと思いますので、
今後とも当ブログを温かい目で見守って頂ければ大変ありがたく思っていますし、そしてなによりもこれ以上
新型コロナウイルスの感染が日本でも世界でも拡散されない事を日々を願うばかりです。

上記で吹奏楽の話がちらっと出てきましたけど、例年ですと10月というのは吹奏楽コンクールの頂点でもある全国大会が
開催される時期でもあったのですけど、今年は残念ながらコンクールそのものが中止という大変残念な事態にも
なりましたが、来年に関しては、本音を書くと別に東京オリンピックは中止になっても全然構わないですけど、
甲子園大会と吹奏楽コンクールは例え結果的に無観客という状態であってもなんとか開催はして頂けると大変
ありがたいものがあります。

それでは10月も何卒宜しくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

病気、ケガだけは

こんにちは。
特殊な1年も、あと3分の1。
ペナントレースも残り30試合ほどに。
あと10回負けてイイし、優勝を意識すると負けだから。
勝負は対オリックス戦で星勘定しないこと。
「そう甘くないから」と落合さんなら言います。
今月もよろしくお願いします。

オリックスは脅威・・

五航戦の愛鷹  様


工藤監督も森ヘッドも「勝負は20ゲームを過ぎたあたりから」と言われていますし、11月のZOZOでの
ホークス-マリーンズは天王山になる可能性もありますし、その時にはもしかしたら2軍からバレンティンと内川を上げ、
千賀・石川の他にもマリーンズが苦手としている左投手のムーア・和田・大竹を惜しげもなくぶつけそうですね・・

仰る通り、現在のオリックスは脅威だと思いますし、現在最も戦力が整い勢いがあるのはオリックスで、
マリーンズもなめてかかると痛い目に逢うのは間違いないと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |