FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計





先週末にたとえ無観客試合と言えどもプロ野球が開幕出来た事は大変喜ばしい話ですし、春の選抜の高校野球は中止と
なったものの、8月に選抜に出場予定だった全チームを甲子園に招待し、無観客試合とは言えども甲子園の地を球児たちに
踏んでもらい各チーム1試合ずつ甲子園で試合を開催するというのは大変粋な計らいであり、これで球児たちの無念さが
少しでも晴れてくれると救われる想いがあったりもします。

それに対して現況厳しい状況なのは合唱部もそうかもしれないですけど、吹奏楽部も同様だと思います。

中学・高校での運動部の部活もボチボチ再開されているのもありがたい話ですけど、それは屋外での練習という事で
三密回避が実現出来そうな環境だからこそなのだし思いますが、
吹奏楽部に関しては、個人練習・5~8名程度のパート練習はなんとか出来るとしても、全体合奏は現況難しいのかも
しれないです。

先日、母校の後輩たちの情報に触れてみると、そもそも論として学校は現在分散登校を実施中という事で、
全学年・全クラスが一斉に登校する事は現状していないという事で、全部員が一堂に揃うという事自体が現況無理との
事なそうです。
しかも、教室内においてはソーシャルディスタンスの確保という事で、文科省が指導する2m間隔を空けるという事は
さすがに無理としても
(一つの教室で生徒同士の間隔を2m話すとその教室には生徒は15名ぐらいしかはいれないそうです)
1m程度の間隔を取ったとしても、一つの教室に収容できる生徒数は22名ぐらいしか無理なそうです。
そんな訳で一つのクラスでも午前と午後で登校する生徒を分けたり、出席番号の偶数と奇数とによって出席曜日を
分けるといった措置が取られ、上記の通り部活において全部員が揃う事自体が現況不可能との事です。

吹奏楽部のパート練習は普通は隣同士の間隔はあまり取りませんし、私自身の経験から言っても隣のメンバーと
音を合せるためにはその距離は短いほど宜しいと思います。
三密回避やソーシャルディスタンスを遵守すると、パート練習の際も同じ楽器同士でも隣との間隔を1mまたは2m開けてしまうと
「音を合せる」という感覚は大変取りにくいと思います。

それが全体合奏になってしまうと更に難しいですね・・

一般的に吹奏楽部は音楽室で全体合奏をしますけど、三密回避やソーシャルディスタンスを遵守すると、
音楽室には20人程度しかはいれないと思いますし、同一パートで距離を空けると音を合せる難しさも一気にUPしますし、
それ以上に難しいのは他パートの音を聴いて音を合せることはかなり至難の業になってしまいそうです。
他の文化部でしたらマスク着用での練習はできなくもないのかもしれないですけど、口で管楽器を吹く事が多い吹奏楽部では
マスク着用はありえないですし、空気換気のために窓を開けて練習をしたとしたら、只でさえビリビリしている
近隣住民からの騒音クレームも更にマシマシになるのかもしれないです。

吹奏楽コンクールでの演奏風景を見ると一目瞭然ですけど、奏者同士の距離はかなり短いですし、仮に1m程度
空けただけでメンバー全員が舞台で演奏できないという事にもなりかねないですし、
本年度の吹奏楽コンクールの中止は苦渋の決断なのかもしれないですけど、ある意味やむを得ない決断だったのかも
しれないです。

とにかく早い時期にワクチン開発→ワクチン接種が実現出来るようになり、高校野球もそうですけど、吹奏楽コンクールの
開催や普段の練習が以前のように出来る状態になるように願うばかりです・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ころなか

どうしても3密を避けられないものってありますよね…。
ましてやそれに青春をかけていたり大事な思い出だったりするとそれはもう不憫でなりません。

お仕事で困っている方もそうですが、貴重な学生時代の思い出のためにも一刻も早く収束して欲しい、なんとかしてあげたいですね・・・・。

三密

まいさか 様


特に学校関係だと三密回避とかソーシャルディスタンスの確保は煩く言うと思うので、吹奏楽部の音楽室のように
マスクの着用が楽器を吹く性質上難しい場所でそうした配慮を貫くのは至難の業なので
現況かなり困難な状況と言えそうです。

体育館で窓を全開にして奏者同士の距離を開ければ全体練習もなんとかなるのかもしれないですけど、
それだと合奏になりませんからね・・

とにかく早い時期の収束を願うばかりです。

現在、世界中で国家の威信を賭けて新型コロナウィルスのワクチン開発が行われています。
その数何んと100種類近く…でも、本当に効果があるのは2~3種類だそうで、それも「ワクチンを打ったから感染しなかった」と言う臨床結果が出るには数年の歳月が掛かるそうです。
その間に人々の生活スタイルそのものが変化し、吹奏楽器は音の出口に専用のマスクを取り付けて演奏する習慣ができるかも知れません(笑)

悩ましい問題・・

sado jo 様


多くのコメンテーターや専門家の皆様は「ワクチンが開発され普及しないと収束しない」と言われていますけど、
ご指摘の通り、ワクチンの有効性の臨床試験の結果が明確に確定するのはこの先数年後の話ですので、
まだまだ例のあの新しい生活様式の徹底は求められそうですし、気が付いたらいつの間にか、社会的距離の確保や
マスク着用が当然の慣習になっていく可能性が高そうなのかもしれないです。

ウィーンフィルでも100人程度の聴衆を入れてのコンサート開演もぼちぼちなされてきていますし、
日本でもこれから少しずつそうした方向性になりそうですけど、奏者の皆様のさまざまな苦労もこの先生じていくと
思われますが、一つずつクリアしていって
「どうすれば新しい生活様式と演奏が両立できるのか」を模索していくしかないのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |