FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


関東と関西の「文化の違い」というものは、色々な所に表れているのかもしれないですね。

関東と関西の違いの代表事例は言うまでも無く周波数と言葉だと思いますけど、それ以外に少し一例を挙げてみると・・

1.新しい服を買って着ていった時の関東と関西での反応の違い

関東では「それどこで買ったの?」と質問する事が多いような感じもしますけど、
関西では「それなんぼで買うたん?」といった感じの聞かれ方がされることが多いような感じもします。

関東人はおしゃれな物が置いてあるお店に興味津々という感じなのに対して
関西人は「いくらで買えたか」に興味があるというのは、「モノを買う時は値切らないとあかん!」みたいな関西の皆様の
お金に対する気質を示唆しているようにも思えます。
相手がおばちゃんだと「ほんならもっと安ぅ買えたはずやでぇ~!」と言いそうな雰囲気もありそうです・・

2.お煎餅の違い

お煎餅といえば、関東ではこいくち醤油の固い米菓子というイメージが濃厚です。
一口サイズに割ってから食べないと固すぎて食べづらい食感の代表例が埼玉の草加煎餅と言えるのかもしれないです。
関西ではおせんべいというと揚げせんべいが主流で、ぼんち揚げが代表的だと思うのですけど、
手で割らないと歯が痛くなるような固さではなく、サクッとした歯ごたえなのが特徴だと思います。

煎餅ではないけど、関東では単に「飴」と呼ぶことが多いけど、関西のおばちゃんは「飴ちゃん」と呼ぶことが多いのは
これもちょっとした東西の文化の違いなのかもしれないですね。

3.ソースの違い

関東ではコロッケにもとんかつにも、お好み焼きにも焼きそばにも同じソースをかけるという人が多いように思えます。
関東人の私もそんな感じですし、ソース自体にこだわりを有していないというのが関東人の特徴なのかもしれないです。
関東でソースといえば「ブルドッグの中濃ソースで決まり!」という感じもあり、これ1本で何にでも合わせられるような気もします。
一方で関西はソース文化ですよね~♪
関西の皆様が同じソースで済ませるなんてありえないのかもしれないです。
さらっとしたウスターソースと、どろりと濃いとんかつソースを使い分けるのは当たり前として、
オタフクのお好みソースや焼きそばソースはスーパーでよく売られていて、関西人の食卓を彩っているのだと思われます。

4.マクドナルドの呼び方の違い

関東なら「マック」、関西なら「マクド」という略称がお馴染みだと思いますが、確かに私自身もマックとは言いますけど
マクドと呼んだことは一度も無いかもですね~
それで定着してしまっているので、新聞でも東西で略称を使い分けているほどらしいです。

5.エレベーターの立ち位置

エスカレーターに乗る際、関東では左側に、関西では右側に立つのが基本です。
多分ですけど、私自身が関西に遊びに行きショッピングセンターでエレベーターに乗った際は相当な違和感を
感じそうです。

他にも・・例えばカップ焼きそばは、関東はマルカ食品のぺヤングソース焼きそばが一番の売れ筋と言えそうなのに対して
関西の一番人気は日清のUFOであるとか、
関東では、ラーメン+ご飯のラーメンライスはありだけど、焼きそば+たこ焼き+ごはんというトリプル炭水化物はNG
なのに対して、関西は粉モノ文化主流なので、お好み焼きとご飯を同時に食べるのはごく当たり前というのも
違いなのかもしれないです。


_convert_20200530235233.png


関東と関西の文化の違いの一つに「食パンの厚さの好み」の違いというものもあると思います。

関東は1斤6枚~8枚切りが主流ですけど、関西では厚めの5枚切りが1番人気なそうです。
敷島製パンの分析によると、「お好み焼き等の粉もの文化の関西はもっちりした食感の5枚切りが好まれ、
パリッとした煎餅文化の関東はさっくりした食感の6枚切~8枚切が好まれる傾向にある」との事です。

スーパーやコンビニに流通している食パンは4枚切りから12枚切りがほとんどであり、
4枚切りは1枚の厚さが約30ミリ、5枚切りは24ミリ、6枚切りは20ミリ、8枚切りは15ミリ、10枚切りは12ミリ、12枚切りは10ミリで
あるそうです。
食パンの枚数は厚さによって変わりますけど、そうした数ミリの厚さの差でありますが、これが食感に大きな違いをもたらす
のだと思います。
そしてその食感と言うのが、関西ではふわふわ・もっちりとした食感が好まれ、関東ではパリパリ・カリカリの食感が
どちらかというと好まれるというのも、これはこれで一つの立派な食文化と言えそうです。

上記で触れた通り、食パンとして関西で最も売れているのは5枚切りなそうです!
つまり関西におけるトーストは厚めというのが一つの定番なのだと思われます。
そして関西において5枚切りに次いで人気が高いのは6枚切り、そして4枚切りと続き、8枚切りは全体の数%程度との事です。
それに対し、関東では最も売れている6枚切りが半数を占め8枚切りがそれに続きます。
一方4枚、5枚切りの人気は関東においてはい今一つとされているみたいです。
言われてみると・・、私もうちの奥様も食パン買う時はほとんど8枚切または10枚切で、5枚切みたいな厚さの食パンは
多分ですけど買ったことは無いです。

5枚切りの標準は24ミリ、8枚切りは15ミリという事で、わずか9ミリの違いなのですけど、この9ミリの違いは
案外大きいと言えるのかもしれないです。
厚切りのもっちりとした食感が関西人好みというのは、確かにお好み焼き、うどんなどもっちりした粉もの文化を愛する気風が、
関西には伝統的に根付いているような感じもあるのですけど、
外がカリカリ、中がふんわりの厚焼きトーストというのは「たこ焼き」にも通じる食感と言えるのかもしれないですね。

私のトーストの好みは、私が関東育ちというのも大きいと思うのですけどいうまでもなく薄切りトーストです!

食パンの厚さとしては10枚切の方が大好きです!

元々朝食を食べる習慣がそれほどない上に、社会人になって間もない頃に会社の寮に入っていた頃
よく管理人から「朝食は絶対に食べてから出勤しろ!」と煩く言われていたせいもあり、当時はしぶしぶ朝食を食べていましたけど
ギリギリまで寝ているため、朝食をゆっくり取る時間は毎日ほぼ皆無で毎朝慌ててトーストとコーヒーとチーズを
口に流し込むという感じでもありましたので、さすがに関西で主流のあんな分厚いトーストを食べていたら
遅刻していたかもしれないですね・・
そうしたせいもあり、薄いトーストをサクサク食べるというのが習慣になっていったのかもしれないです。
(実家にいた頃の高校生の頃も吹奏楽部の朝練習が毎日ありましたので、ギリギリまで寝ていた私は、
朝食を取らないでそのまんま自転車に飛び乗って学校に向かって一心不乱にペダルをこいでいましたし、
ひどい場合は、片手にうすいトースト、片手で自転車のハンドルを握っていました・・)

私個人の嗜好としては、8~10枚切りのうすい食パンを軽くトーストさせてその上にバターを乗せるとか
薄い食パンの上にチーズとハムを乗せるとか
はたまた薄い食パンの上に半熟卵を乗せてその上にマヨネーズを掛けてトースターで加熱する食べ方が大好きです!
半熟卵がとろ~っとパンの上に流れるあの食感がたまらないと思います!
また最近では、12枚切の10ミリ程度のうすい食パンをトーストし、その上にカリカリに焼いたベーコンと目玉焼きを
乗せ、その上にうっすらマヨネーズとブラックペッパーを掛けて食べると、
気分はそれだけで朝からハイテンションになりそうです~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

私も薄切り派です!

私も管理人さん同様埼玉なので、昔から食パンというと
8枚切りの薄切り派です!
さすがに管理人さんの家のように10枚切はパスですけど・・
薄切りパンをカリカリに焼いてベーコンや卵を乗せて食べると至福のひと時ですね~♪

それにしても関西と関東の文化の違いは奥が深いです。

東西の違い

ふにゃん 様


私自身は高校まで東北育ちでそれ以降は関東で、東の文化と言うものはすっかり根付いてしまっていますし、
時折接する関西方面の方との文化的ギャップはやはり多少は感じたりもしますけど、
改めて日本は狭い国と言っても東西でこんなにも文化や価値観の違いはあるものだと感じることもあったりしますね~

私も食パンは8~10枚切りの超薄切りが大好きで、どちらかというと薄いパンに具材をたっぷりと乗っけたものが
大好きです~♪

こんばんは

なるほどなぁって思いながら拝見しました。
食パンは 夫は6枚切りにマーガリンと砂糖で半分に折って食べています。
5枚切りだと半分に折るのが難しいらしいです。
私は基本5枚切りですが 4枚切りをトーストして外はカリっと
中はもっちりの食感が好きです。
4枚切りは1/2枚で十分なんですけどね。

ソースもウスターソース お好みソース カゴメの中濃ソースを使い分けています。
お好みソースも夫はオタフク 私はミツワソースが好みです。
どちらも広島のソースですが カープソースと言うのもあります。

こんばんは。

関東と関西ではこんなに違いがあるんだと、おもしろく読ませていただきました(^^)

食パンは我が家では、5枚切りか4枚切りです!
逆に8枚切りとかは買ったことないです。

エスカレーターは、真ん中に立ってたりします(^^;急いでそうな人が来たら避ける感じなので、一度、息子が東京に行った時、エスカレーターで後ろから蹴飛ばされたらしいです。その時に初めて端に寄るんだと分かりました。

ちなみに、ペヤングは偶然にも一週間前に「初めて」食べました。(^^)
私はUFO派です~
比べてみると面白いですね。

関東では・・

花梨 様

関東では概して町の喫茶店のモーニングのトーストもうすいと思います。
モーニングというと最近では名古屋のサービス満点のモーニングも話題になっていますけど、名古屋のトーストは
厚切りでしかも小倉とバターまたはホイップクリームがたくさん乗っけられているというのは大変ユニークなものが
ありますけど、トーストの厚さと言う意味では名古屋は西の文化圏なのかもしれないです。

関東のスーパーではウスターソースやおたふくソースを取り扱っている店は少ないような感じもあり、
カゴメとブルドッグの中農ソースぐらいしかないというのは
特に広島の方が見たら「ありえない・・」と感じられるのかもしれないです。

概して西はソース文化、関東から東北は醤油文化と言えそうです。

東西の違い

kayoko 様


記事では触れていませんけど、東西の違いというと他にも例えば・・
プラスチックの灯油ポリタンクの色は関西では青が多く、関東以北では赤しかないないというのも違いと
いえそうです。
関東のカップ焼きそばはぺヤングが主流なのかもしれないですけど、私のようにぺヤングの味に慣れてしまうと
UFO焼きそばのフルーティーな甘さと濃厚な味は
実は少しばかり抵抗があったりしますけど、こうやって考えてみると日本は狭いようで意外と文化圏は広くて
多様性があるということなのかもしれないですし、その違いが楽しいと思います。

そう言われてみると、自分も食パンは5枚切りを買って食べてますね~
6枚切りだと焼いた時のパサパサ感がイヤだし、4枚切りだとぶ厚すぎて胃に重たい。
5枚くらいがちょうど良い食感…量が多ければ半分に切って食べられるので何かと便利です(笑)

薄いのも厚いのも・・

sado jo 様


食パンはそのまま食べてもトーストしても上に何か乗せても、厚切りも薄切りもそけぞれメリットがありますし、
人それぞれという事なのだと思います。
それにしても地域でこんなにも厚さの好みの差が出るというのも、日本の東西文化の違いと言うかその多様性は
大いに尊重されて然るべきものといえそうです。

私的にはふわっという食感よりはカリッという食感が好みと言うのは関東以北の煎餅文化の名残なのかも
しれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |