FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


東方Projectの世界は、基本的には「幻想郷においては妖怪の天下が続いていて、妖怪は人を食らい、そして人間は
妖怪を恐れるべき存在」という事なのだと思います。
幻想郷には、妖怪・妖獣・人獣・亡霊・幽霊・鬼・天狗・妖精・河童・付喪神をはじめとするたくさんの神々・天界の人達などが
暮らしていますけど、幻想郷には実は人里もあったりして、ここで人間達は普通に生活をしています。

東方Projectにおける数少ない純粋な人間ポジションというと、霊夢・魔理沙・早苗さん・阿求・小鈴・咲夜さんあたりなどと
思われますけど、阿求の「東方求聞史紀」においては、人間ポジションとして永琳・輝夜が含まれていますが、
私の解釈では永琳と輝夜は「月の民」という見解の方が合っていると思いますし、東方三月精においてはこの両名は
宇宙人という種族として描かれています。
(一応、永琳は地球生れではありますけど、ゆかりんやヘカーティア様が極度に警戒するほどでもありますし、
サグメとの密談の様子を見ていると、少なくとも幻想郷寄りではないよね・・と感じてしまいます)
魔理沙は幻想郷の数少ない人間ポジションですけど、早苗さんは外界からの移住者、そして霊夢は私の脳内妄想では
ゆかりんが巫女候補として外界からさらってきた女の子という解釈ですし、咲夜さんも可能性的に月の民と何らかの
関わりを有している可能性がありますし、そもそも論として咲夜さんは、外界の西洋から幻想郷に移住をしてきた経緯も
ありますので、幻想郷生れの幻想郷育ちという生粋の幻想郷の人間というものは意外と少なく、
そうした中にあって魔理沙の純粋な人間ポジションというのは案外貴重なのかもしれないです。

霊夢が楽園の巫女さんであるのに対して、魔理沙は普通の魔法使いです。
アリス・パチュリーさんも魔法使いで魔理沙と同業者なのですけど、この二人は既に魔法使いとしての修業もある程度積み、
どちらかというと既に人間としての領域を離れて妖怪に近いような魔法使いとも言えるのですけど、
魔理沙はまだそこには至っていないというのか、純粋な人間の身ゆえに魔法使いとしてはまだまだ未熟という感じも
あるのではないのかなと思います。
要は魔法使いになるための修行中の身という立ち位置と言えるのかもしれません。

一見して派手な言動・・「派手じゃなければ魔法じゃない!! 弾幕は火力だぜ!!」が口癖で、その破天荒な言動からは
やんちゃとか霊夢同様大の努力嫌いみたいなイメージも持たれがちですけど、
実は大変な努力家というのが、霊夢との最大の違いなのだと思います。
魔理沙は魔法使いなのですけど、バチュリーとか聖白蓮みたいなある意味化け物みたいなご長寿の魔法使いではなくて
実はその正体はごく普通の人間の魔法使いです。
魔理沙の魔法は光と熱を伴う魔法を炸裂させ、一見するととても派手に見えてしまうのですけど
実は、あの派手な魔法の影には大変涙ぐましい努力をしていて
魔理沙の魔法のそもそもの燃料である化物茸をゲットするために、
日々こうした化物茸を見つけるために、魔法の森を探し回っていて、その茸を長時間煮詰めて乾燥させて
そうして作った固形物が魔理沙の魔法の源になっています。
だけど、その固形物が毎回成功するかと言うと、決してそういう訳ではなくて、
日々その固形物を投げつけたり加熱したりして「実験」を繰り返し、しかもご丁寧な事に
その実験記録をきちんと魔導書として記録している事は、間違っても霊夢には出来そうもない事なのかもしれないです。

魔理沙の家庭環境って実は公式でもあまり明らかにされていなくて、
実親との商売店を巡る確執があり、それが原因で実家を飛出し実家と縁を切った状態で魔法の森で暮らしているという
話がある程度です。
私の脳内妄想としては、 ゆかりん=八雲紫様が外界から「次期博麗神社の巫女候補」として赤子の霊夢をさらってきて、
幻想郷で藍や先代巫女と一緒に霊夢を育てている際に、ゆかりんとしては
「そうねぇ・・・霊夢にもそろそろ誰か適切な仲間というかパートナーが必要なのかもしれないわね・・」と思い、
「誰かそんな子いないかしら・・」と幻想郷内の人間を物色していたら、二人ほど候補者が見つかり、
一人が鈴奈庵の一人娘の本居小鈴で、もう一人が霧雨魔理沙であったけど、
小鈴はどうみても普通の人間以下だしポンコツの傾向が強いという事で、ゆかりんの構想外となり、
親との確執から一人暮らしを余儀なくされている魔理沙に目をつけ、魔理沙に対して
「ねぇ・・・そこの孤独なあなた・・・博麗神社に一人、あなたとほぼ同じぐらいの年頃の女の子がいて、その子は、
遊び相手を欲しがっていたから今度一緒に遊んであげてくれない・・?」とかなんとか言葉巧みに誘い、
霊夢と魔理沙を結びつけたという妄想があったりもします・・・

だけどこの妄想も決して的外れという事は無いと思います。

霊夢も魔理沙も共にどちらかというと天涯孤独の身だし、共にだれでもいいからパートナーが欲しかったと思いますし、
霊夢も魔理沙も似たような面はあるけど、どちらかというとお互いに足りない所を補い合うようなパートナー的関係という
組合せとしては一番理想的な関係がここに成立することになったと思いますし、
ゆかりんとしては「これはなかなか素敵で理想的な組合せし゜ゃないの・・?」と思ったのかもしれないです。

東方の純粋な人間ポジションは上記で記したとおり意外とその数は少ないのですけど、
そうした幻想郷の人間の少女たちももしかしたら・・? いずれお年頃になったら恋する乙女になる事もあるのだと思われます。

東方の人間ボジションの皆様もいつの日にかどこかの男の子と恋に落ちるのかもしれないですけど、
この中では、魔理沙は「恋の主導権も私が全部握る!」みたいにとことん強引に前向きにどんどん進行していきそうな
イメージもあるのかもしれないですし、小鈴はイメージとしては「悪い男に騙されないといいのだけど・・」みたいな
少し危うい雰囲気もありそうですし、阿求は設定上は25歳前後に予定通りこの世を去る・・みたいなイメージだと思いますし、
咲夜さんは元々が人間ではないのかもしれないですし、恋なんてしそうもないみたいなイメージが実はあったりもします。
そして霊夢は、意外と?恋愛下手で、なんとなくですけど「霊夢の恋はいつも悲恋で終りそう・・」という雰囲気もありそうです。

霊夢の恋話も実はあまりうまくいかないのかも・・?みたいなイメージが実は私の中にあったりもしますが、それに対して
魔理沙は一見乱暴で強引で、恋も一方的に相手を振り回しそうなイメージも無くも無いのかもしれないですけど、
実際の所は、相手の男の子に情感たっぷりに尽すし、意外と器用に立ち回りそうなイメージもあったりもします。
そのあたりは、恋愛に関しては意外と??奥手で不器用そうで、
「べっ、べつにアンタのために尽しているんじゃないからね・・」とツンデレさんみたいな言葉をポンポンと投げ込んできそうな
霊夢とは対照的な感じもありますし、
魔理沙は押すべきところは押して、引くべきところは引いて、時には男の子をじれさせたり、わざと焼きもちを妬かせるように
仕向けたり、ある時には思いがけないサプライズのプレゼントをしてあげたり、
恋の駆け引きはかなり器用そうなイメージもありそうです。
霊夢は巫女さんという事で「神様の花嫁」という事で、幻想郷内では少なくとも巫女に相応しい行動を求められがちなのに対して
魔理沙は普通の人間で、かつ誰からの制約も受けない自由人という事で、
普段の私生活も恋愛も自由気ままにできそうですし、魔理沙自身が「この子だったら生涯添い遂げてもいいかも・・」と
思ったら、あの手この手を駆使し最後にはその彼も無事にゲットできそうな予感もありそうです。

いずれにしても霊夢も魔理沙もお年頃の乙女ですので、然るべき時期がきたら恋する乙女の眼差しになりそうな
感じもありそうです。


2020-marisa-03_convert_20200522150333_convert_20200523235501.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

本記事では恋する魔理沙について少しばかり触れさせて頂きましたので、そうした魔理沙に相応しいしっとりとした雰囲気の
魔理沙とそれに対して元気溌剌とした魔理沙も合せてご紹介させて頂き、
アミグリさんの描かれた対照的な魔理沙をお楽しみ頂ければ幸いです。

上記の魔理沙はアミグリさんが2020年5月に描かれた魔理沙です。

お年頃の女の子らしいしっとりとした情感に包まれ、内省的で、どことなく乙女の秘密を胸に秘めた大人っぽい魔理沙のように
感じられます。
手の仕草もお年頃の女の子っぽいですし、髪のリボンもゆかりんみたいな紫色のリボンという事で、
普段とは違う意外感を醸し出しているようにも感じられます。
いつもは霊夢たちとぺちゃくちゃおしゃべりを楽しんでいる魔理沙ですけど、今回描かれた魔理沙は、なんとなくですけど、
霊夢にも打ち明けられないような恋の秘密を抱え込んだ 少し大人の魔理沙という雰囲気もありそうです~♪

こういうしっとりとした恋する乙女の眼差しのような大人の情感を醸し出す魔理沙もとてもすてきです!


20190605-marisa-02_convert_20190605170204_convert_20190607183546.png


続きましてアミグリさんが2019年6月に描かれた魔理沙です!

この魔理沙は、釣り目のちょっと気が強そうな元気溌剌の魔理沙だと思います!

魔理沙の釣り目は、魔理沙の意思の強さ・漲る個性・溢れんばかりの存在感を伝えていると思います。

アミグリさんが過去に描かれた咲夜さん・魔理沙にはたれ目気味の咲夜さん・魔理沙も存在していますけど、
改めて感じた事は、目の描き方一つだけでもこんなにも見ている私たちに「同一キャラでも違いを感じさせるね~」というものが
間違いなくあると思います。


mizugi-marisa-03_convert_20180806153602_convert_20180806180158.png


上記の水着魔理沙は2018年8月にアミグリさんが描かれた作品です。

現在は真夏ですので、季節感としては最高の一枚だと思います。

この「水着魔理沙」には、魔理沙の元気溌剌の様子が一枚の絵にギュギュっと詰まっていると思います!
ウインクもVサインも「いかにも魔理沙!」という雰囲気に溢れていると思いますし、
こうしたお茶目な仕草が幻想郷でいっちば~ん!お似合いなのは魔理沙なのかもしれないですよね~♪

黒の水着というのが魔理沙の魔法使いというキャラにもよく合っていると思いますし、
アクセントとしてのスカートの白リボンもとても映えていると思いますし、
何よりも黒水着のフリフリに白のラインが入っているのは、色彩感のバランスとしても大変優れていると感じられます!

魔理沙というとイメージ的には「いつも大きな魔法使いの帽子を被っている」という感じもありましたけど、
水着魔理沙はさすがに水に浸かると帽子が濡れてしまうと言う事で、
小さい帽子がちょこんと頭に乗っているのがとてもかわいいと思います。
魔理沙はどちらかというと頭に帽子が被った状態で描かれる事が多い中で、
金髪ロングの状態で長い髪をたなびかせている魔理沙の美しさは尋常ではないものですね~!
こうやって見てみると
「魔理沙もゆかりん同様に東方のすてきな金髪ロング娘なんだな~!」と感じたものでした。
青い空と海との背景のマッチングも素晴らしいと思います!

上記のアミグリさんが描かれた魔理沙の権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも魅力的な魔理沙を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

霊夢もそうですけど、魔理沙にもいつの日にかすてきな出会いがあるといいですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/5418-f3731de1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |