FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


最近の記事でも触れさせて頂きましたけど、お弁当・持ち帰りをこれまで専門に行ってこなかった飲食店の
お弁当や持ち帰りも以前よりは随分と増えてきたな~という感じがあります。
さいたま市~川口~戸田エリアにおいても以前でしたら昼のランチ・お持ち帰り用弁当なんてしたこともなかった
居酒屋さん系・焼肉屋さん系・から揚げ専門店・パスタ店などがそうしたビジネスを開始するお店も増えていて、
なんだか印象としては「街中で随分とお弁当を取り扱うお店が増えてきたものだ・・これってむしろ飲食店同士の
お客の奪い合い→共倒れにならなければいいのだけど・・」とついつい余計な老婆心すら感じたものでした。
昼のランチタイムやお弁当というのは夜のお酒を伴う時間帯の営業と比較すると格段に売上・利益率は
下がるものだと思いますけど、現在はそうした事を言っている状況下でも無く、むしろ各店舗ともに生き残りをかけて
必死な状態と言えるのかもしれないです。

先日の記事ではそうした非・お弁当店の日替わり弁当としてのチキンのチーズ焼きグリル弁当というものを取り上げさせて
頂きましたけど、今回は同じ店でのチキンのチーズ焼き弁当よりも更に30円お安い「チキン煮カツ」弁当というものを
感嘆にレビューさせて頂きたいと思います。


CIMG3909_convert_20200519181543.jpg


鶏肉と卵のすてきなコラボの「親子丼」はとっても美味しいです~♪

鶏肉と卵という同じ素材というか親と子の素材を使うという事で、その味に外れはないという事だと思います。
卵のあのふわっとした感じに柔らかい鶏肉・・そしてたれのみりんと醤油の優しい味・・!
親子丼は本当においしい丼ものだと思います。
牛丼とかまぐろ丼とかカツ丼とかチャーシュー丼もとっても美味しいですけど、
親子丼も絶対に忘れてはいけない味だと思います。

カツ丼というとやはり丼物としては定番中の定番なのだと思いますけど、親子丼が鶏肉と卵という親子素材を使用するのに
対してカツ丼というのは豚を使ったとんかつを卵でとじたものという事で言うならば一つの他人丼といえるのかも
しれないです。

さてさて、先日購入した非・お弁当店というか居酒屋さんの日替わり弁当はその日は「チキンの煮カツ弁当」でした。

煮カツ丼とカツ丼は共に豚肉を揚げたモノという共通項はありますし素材は豚肉と卵という共通項もありますけど、
その違いはどのあたりにあるのかと言うと、
カツ丼 → ごはんの上に油で揚げたカツが乗った丼物の総称、ここに卵でとじられるものも多い
煮カツ丼 → カツ丼の中でも出汁でカツを煮て、卵をまわしかけたもの
という事で大きな違いはないと思いますし、要はカツ丼という大きなくくりの中に煮カツ丼も含まれるという事なのだと
思います。

今回購入した煮カツ弁当は、肉の素材が豚肉ではなくて鶏肉を使っていたのが大きな特徴です。
チキンカツの上に卵・にんじん・玉ねぎでトロトロの出汁があんかけ風に乗っていて、
栄養的にもバランスは大変いいと思いますし、画像以上に野菜たっぷりという感じでもありました。
副菜として煮豆とこんにゃくとにんじんの煮物や漬物があるのもすてきだと思います。
揚げたてとんかつのようなサクサク感は無いですけど、こうした野菜たっぷりの卵あんかけ風とチキンカツが融合するのも
とっても美味しいですし、チキンカツではなくて、こうした「チキン煮カツ」というのもとっても美味しいと思います。

そして豚のとんかつは場合によっては食後に胃もたれみたいなものも感じたりもしますけど、鶏肉は基本的には
ヘルシー素材ですのでそうした胃もたれ回避というのもいいと思いました。


_convert_20200518234501.jpg


以前ですけど、関東のみという地域限定のセブン-イレブの「 とろ~り玉子のチキンかつ煮」という惣菜が
売られていたことがありましたけど、ご飯の上にこのとろ~り玉子のチキンかつ煮を乗せればあっという間に
チキン煮カツ弁当の完成ですね~♪

卵はとてもふわふわとろとろとした食感をしていますし、卵に負けないくらい玉ねぎも沢山入っていましたが、
細かく刻んであるため玉ねぎが苦手という人でも美味しく食べれると思います。
そして何よりもふわふわ&トロトロの卵がやさしくチキンカツを包み込んでいるのが素晴らしいですし、出汁のお味も
上品でしつこくなくても申し分ないと思いました。

セブン-イレブの「 とろ~り玉子のチキンかつ煮」は関東限定販売でしたけど、
関東と関西では肉に関するイメージには若干の違いもあるらしいですね。

俗に「西牛東豚」と言う事で、関西にお住まいの方は「肉と言うたら牛やろ!」と言われる方は多いと思いますし、
逆に関東~東北では「肉と言うとどちらかというと牛よりは豚なのかな~」と感じられる方は多いような気もします。
実際私の東北の実家ではすき焼きに普通に豚肉を使用していました。

関西ではカレー肉は一般的には牛肉を使用し、関東では豚肉がメインで使われる事が多いです。

関西のカレーは元々が牛肉を使用する事が当たり前であり、カレーに豚肉が入る事自体が「ありえないやろ・・」という
感覚らしいです。
関西で「ポークカレー」を食べようとしたら、オーダー時に「ポークカレー」と言わないとカレーに牛肉が普通に入ってきます。
関東の方はカレーと言うと(私もそうですけど)豚肉入りをまず連想し、牛肉入りカレーを食べたい時は
「ビーフカレー」とオーダーする必要があるという意識があるのは間違いないような気もします。

庶民の定番「カレー」も東西では違うものなのですね~

庶民の定番とも言える「肉じゃが」においても、
関西の方は「牛以外の肉じゃがなんか見たこともない」という方は非常に多いのに対して、
関東では「肉じゃがの基本は豚肉じゃん」と言われる方は、私もそうですけど大変多いような気もしますね。

やっぱり日本には狭いようで文化圏的には多様性がある国と言えるのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/5414-de7c5269
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |