FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


新型コロナウイルスの感染者数は日を追うごとに減少の傾向が顕著になっていて、既に緊急事態宣言が
解除されたエリアも34県でありますし、これも4~5月のあの長期の異例とも言えるホームスティ週間と位置付けされた
GW期間中の日本国民の自粛効果がようやく目に見える結果となって表れたとも言えると感じられます。

ただ管理人の在住の埼玉は今回の解除からは外され、東京都・千葉・神奈川・大阪等と同様に引き続き緊急事態は
まだまだ続きそうですし、
少なくともあと数週間程度はこれまで通りの自粛と行動制限と閉塞感漂う雰囲気は続きそうです。

ただそれでも依然として特定警戒の対象エリアを中心にまだまだ予断は許されませんし、今後は自粛解除と再度の自粛を
交互に繰り返していき、第三波・第四波を最大限警戒する日々はまだまだ続きそうですし、
このような状況においては劇的にワクチンや治療薬が急ピッチで開発されない限りは、2021年に多数の外国人が
訪れる東京五輪の開催は夢のまた夢・・という可能性だって強いのかもしれないです。

そうした中、大変哀しくて残念なニュースが飛び込んできました。

全日本吹奏楽連盟と朝日新聞社は、10月に予定していた第68回全日本吹奏楽コンクールの中止を正式に決定し、
「合奏形式で練習や発表を行うのは難しい環境で、演奏者の感染リスクは拭えない」というのが中止の最大の理由な
そうです。
11月の全日本小学生バンドフェスティバル、第33回全日本マーチングコンテストも中止が正式に決定されました。
(2020年のコンクール課題曲はそのまま2021年用に引き継がれるそうです)

プロ野球の大幅な開幕ずれ込みにオールスターや交流戦の中止も既に決定されていて、大相撲の5月場所も中止も
決まっていて、春の選抜すら中止となっていた状況下においては、
実は4月あたりから「今年は吹奏楽コンクールの中止も覚悟しないといけない」と感じてはいましたけど、実際にこうやって
正式に中止が決まると予想通りとは言え、哀しくて残念な気持ちで一杯です。
吹奏楽の練習はソーシャルデステンスを保っての練習はかなり無理がありますし、なによりも奏者がマスク装着した上で
管楽器を吹く事自体無理な話でもありますし、支部大会・全国大会の会場では1500~2000人前後の聴衆がいますので、
そうした状況下においてはコンクール開催の中止は妥当なのかもしれないです。

だけど、現役奏者の皆様・・、特に「今年は最後のコンクール・・」と感じていた3年生の気持ちを考えると
「残念」という一言では到底割り切る事の出来ない無念さ・理不尽さは間違いなくあると思いますし、私自身もとにかく
いたたまれないというかやるせない気持ちで一杯です。


1d648da5-s_convert_20161103204032.jpg

92081a25_convert_20150707115112.jpg


慰めにもなんにもならないですけど、支部大会・全国大会に出場できる人って、ごくごく少数なのです!

吹奏楽に携わった皆様の大半は多分私のように、地区予選・県大会で散ってしまった人たちばかりだと思います。
だからこそ、昨年や一昨年において支部大会・全国大会に出場出来た皆様たちは
そうした「過去の出場経験」を是非是非、「生涯の誇り」として感じ取って頂ければ幸いです。

そして何よりも音楽がそうした吹奏楽経験者の皆様に少しでも「生きるチカラ」になってくれていれば大変ありがたいです。
「音楽」とは決してコンクールだけの勝ち負けではありませんし、音楽とは、本来は、
音楽を聴いて、「あ・・・楽しいな・・・」などのように何かを感じる事の方が大切なはずだとは思います。
今年のコンクール中止で、結果的に楽器を吹く事が今年で最後という方もいるとは思いますが、そうした方は
音楽を楽しむ気持ちだけは忘れないでもってほしいですし、今後吹奏楽コンクールに参加してみようという気持ちが
少しでもある方は、来年以降、2020年のこの悔しい気持ちを改めて本番のステージでぶつけて頂きたいです!

吹奏楽コンクールに関してこうした哀しい知らせというのは普門館の使用中止と解体以来ですね・・

「普門館」は吹奏楽経験者の皆様全員にとって一つの聖地だったのかもしれないです。

それは高校野球の球児たちが「甲子園」に憧れ、甲子園で試合をする事を夢見て日々練習を頑張るという構図と
ほぼ同じなのだと思います。
普門館のステージでは、基本的には中学校・高校の部において1977年~2011年まで全日本吹奏楽コンクールの全国大会が
開催され、このステージでは長年に渡って多くのチームによる素晴らしき名演やドラマが生まれ、
現役奏者時代の私が「一度は普門館で演奏してみたい!」と感じていたように、多くの吹奏楽部員が
全国大会に出場し「普門館」の晴れ舞台で演奏する事を夢見ていたと思います。
私がどうして東北の地を離れて都内の大学に進学したのかと言うと、もちろん一刻も早く親元を離れたかったというのも
ありますけど、それに次ぐ大きな理由と言うのが、この当時の吹奏楽コンクール全国大会の大学の部は普門館以外で
開催されていたのですけど、
全国大会出場をかけてしのぎを削っている支部大会の「東京都大会」だけは、中学・高校・大学・職場・一般の部全部門が
普門館で開催されていて、
高校時代はいつも県大会で散っていて「全国大会=普門館のステージに立つ事なんて夢のまた夢」であったけど、
都大会本選の前段階の都大会の大学の部の予選会を突破して都大会本選に進めれば
あの夢の舞台である「普門館」で演奏する事が出来たからに他ならないからです!!

このブログで何度も語っているように結果的に私の夢は4年間で叶う事もなく、普門館のステージに立つことは出来なかったの
ですけど、とにかく「普門館」というものは現役奏者時代も今現在も「一つの憧れの存在」であるのは間違いないと思いますし、
私にとっては「大いなるモニュメント」でもありました!

そんな訳で普門館解体以降の吹奏楽コンクールの全国大会と都大会は実は一度も生では聴いていないし、
それだけ普門館は私にとっては生涯の憧れの聖地ではありましたけど、吹奏楽コンクール自体はまだまだ続きます!

今年はこうした状況になりましたけど、来年度以降、無事に吹奏楽コンクールが開催される場合は、奏者の皆様たちは
卒業していった先輩の無念さを胸に秘めつつすてきな演奏をしてほしいです!
今年の支部大会や県大会の開催は各支部の判断にゆだねるという事でもありますので、もしも可能ならば
例え無観客状態で実質的に審査なしのフェスティヴァル的なものでも構いませんので、なにか一つ「2020年度の演奏の軌跡」を
残して頂ける配慮が示されればありがたいです・・
(既にいくつかの支部が中止を決めているようですので、それも現実的には厳しそうですね・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

覚悟はしてましたが、いざ現実のものになると…

予想はしていたとは言え、やはり残念ですね。。。
ちなみにご存知かもしれませんが、吹奏楽連盟秋季事業では東北大会も3大大会全てが中止、9月に地元秋田県湯沢市で開催予定だった吹奏楽コンクール東北大会後半日程も中止で、地元の人間としては本当に残念です。
しかし、人命健康が最優先ですからやむを得ないでしょう。大変な年になったとつくづく感じます。
一方で本年度演奏される予定だった課題曲が来年度の課題曲へとなり、作曲された皆さんは曲がボツにならなかったのでほっとされたのではと思います。
またあくまでも個人的見解ですが、今回の中止で使用されなかった各県・支部大会の各ホールを全てとは言わずとも、できるだけ来年度へ振り替え繰り越しできないものかと考えます。
学生さんの部活の全国大会事業だとインターハイも既に中止が決まってますが、全国高校総合文化祭は「ネット配信」という形で開催されるとのことですから、吹奏楽・管弦楽・合唱のコンクールもできないものかと思いますね。
…まっ、あまり書くべきことではないんですが、例の全日本吹連事務局のあの1件もありましたから、全日本吹連には襟を正すぐらいの気持ちで本年度の吹奏楽を頑張っている学生さんたちをフォローしていかなければいけないでしょう。
各県・支部・全国大会的なイベントでオンライン・ネット配信では本当に検討してほしいものですね。

願い叶わず

全国大会中止
今年度の全国大会の中止がとうとう発表されてしまいましたね。一秋田県民さんの秋田と同じく、うちの県もコンクールの予選大会は全て中止になりました。何とか開催される様に願っていた関係者みなさんの気持ちを考えるとやりきれない気持ちで一杯です。一刻もはやく新型コロナが収束して以前の生活が戻ってくるのを願うばかりです。

残念の極み

こんにちは。
この報せはショックでした。
土日祝を練習に費やした学生さんが可哀想で。
高校野球の夏の大会も中止になりそうだし。
残念の極みです。

残念ですね・・

一秋田県民 様


今回の決定は大変哀しくて残念ですけど、現在の感染状況とそのリスクを考慮すると大規模イベントの中止は
妥当だと思います。
しかしそれでも現役奏者、特に3年生の気持ちを考えると残念の一言ではとてもじゃないけど割り切れないものが
ありますし、自分がもしも現在高校3年生の立場だったら、茫然自失の毎日になってしまうと思います。

西関東ブロックもかなり早い段階から中止が決まり合せて埼玉県大会も予選も全て中止となりましたし、
さいたま市内の高校の定期演奏会も相次いで中止となっています。

今回厄介なのは、コンクール・コンサート等のイベント中止に留まらず、普段の練習、特に全体練習に制約が課せられる
という事で、奏者の皆様も合奏の喜びの機会喪失というのも
無念さに輪がかかってしまうのかもしれないです。

収束の際には、なにか奏者の皆様への演奏機会と発表機会の場を吹連として検討して欲しいものです。

無念です・・

GILLES27 様


関東・北海道・関西はともかくとして、岩手のように感染者ゼロの自治体では、たとえ東北大会はなくても
地区予選・県大会は無観客状態でも開催してほしかった・・という気持ちもありますけど、
とにかく奏者の皆様、特に3年生の皆様の無念さを考えると言葉にならないです。

完全収束や以前の日常が戻る事はまだ数ヶ月または数年先なのかもしれないですけど、とにかく「音楽を楽しむ気持ち」
だけは失わないように願うばかりです。

言葉にならないですね・・

五航戦の愛鷹 様


奏者の皆様の今年のコンクールにかける想いや特に3年生の「今年で最後・・」という気持ちがこうした形で
無情な中止という結果になってしまった事は哀しくて言葉にならないです。

秋頃に全体的に収束の方向に向かっていたら、コンクールではないけどなにか演奏者の発表の機会の場を
吹奏楽連盟に検討して頂ければ幸いです。

東北の磐城高校は吹奏楽コンクール・全国大会の常連ですけど、出場が決まっていた春の選抜も吹奏楽コンクールも
中止となり、これで夏の甲子園も中止になったとしたら
気の毒としかいいようがないです。

地区大会も

全国と同時に北海道大会も中止となり、本日札幌地区大会も中止になりました。まあ、札幌は全国一の汚染地域ともいえる厳しい状況ですから、仕方のないことかも知れませんが。一度きりの学生さん達の気持ちを思うとやりきれないですね。
実は私も楽器を再開して、一般バンドで一応コンクール出るのかなと思っていたのですが、流れてしまいました。吹奏楽は3密ですからね。学生さんのためにも早くワクチンや特効薬が待たれますね。

管楽器音の出口が広がっているだけに、音と共にウィルスもばらまいてしまいそうで怖い印象になりますよね。
残念ですが仕方がない事だと思います…そう言えば、甲子園で開催される夏の全国高校野球も雲行きが怪しくなってきてますね。
本当にコロナさえなかったら…と悔しい思いをする人達の事を考えると辛いです。

北海道も埼玉も・・

sankichi1689 様


北海道も埼玉も特定警戒地域の解除からは外され、当面はまだまだ非常事態宣言が続きそうですけど、
社会生活・経済活動と同様に今年の吹奏楽コンクールを目指して頑張ってきた現役奏者・・特に中三・高三の皆様の
気持ちを考えると胸が痛くなる思いで一杯です。

もしも自分自身が今年高校三年だったら、茫然自失で当面は何も考えられない状態になってしまいそうです。

埼玉もかなり早い段階から、西関東大会・埼玉県大会の中止が決定されましたけど、もしも年内に収束できた場合は
何かしらの特に三年生に対する演奏の発表機会の場が持てればいいな・・と思いますけど、
現状ではそれもかなり厳しそうですね・・

高校野球

sado jo 様


吹奏楽部の全体練習はまさに3密状態ですし、奏者のソーシャルディスタンスを厳密にキープした練習というのは
かなりの無茶振りでもありますし、普段の練習自体が難しいのでは今年の吹奏楽コンクール中止は仕方ないのかも
しれないですけど、奏者の皆様の気持ちを考えると胸が痛いです・・

春の選抜が中止となり、多分ですけど夏の甲子園も開催中止はほぼ濃厚と思われます。

甲子園出場をめざして頑張ってきた球児の気持ちを考えるとやはり胸が痛いです。

県によっては県大会だけは開催しようとする動きもありようですけど、たとえ無観客状態でも、たとえ甲子園での大会は
開催されなくても、試合ができるという喜びは大きいのかもしれないです。

そして東日本大会も、合唱のNコンも、、、

既にご存知かと思いますが、先日は小編成部門の全国大会と言われる「東日本学校吹奏楽大会」も、分野は違いますが小中高生の合唱の全国大会「NHK全国学校音楽コンクール」も本日中止が決定しました…。
音楽を頑張っている学生諸君にかける言葉がないです、、、
できるだけ早くの収束・終息を願うばかりです。

磐城高校も・・

一秋田県民 様


埼玉はいまだに特定警戒地域の解除がなされておらず、経済活動の再開もまだ少し先のようで、
この先の生活を考えると不安しかないですね・・

各地の吹奏楽コンクールの中止は大変残念ですし、高校野球も中止の可能性が濃厚という事で、
磐城高校も今年の春の選抜が決まっていたのに中止となり、吹奏楽コンクールも中止では、生徒さん、特に三年生の
気持ちを考えると暗澹たるものになってしまいそうです。

初めまして

吹奏楽コンクール中止は吹奏楽に関わる全ての人に影響を与えています。リペアの業者さんは収入がほぼ0まで落ち込み経営そのものが成り立たなくなっています。例年、この時期になると、地区大会金賞が確実視されている学校から楽器の貸し出し要請があるのですが、今年はありません。トランペットやクラリネット、フルートが家に余っているのも寂しいですねえ。来年こそ素晴らしい演奏になりますように期待しています。

吹奏楽コンクールの中止は残念ですね・・

fuminori62 様


はじめまして、コメント頂きありがとうございます。

夏の甲子園や高校総体の中止もそうですけど、吹奏楽コンクールの2020年の中止の決定は大変残念ですし、
奏者・・特に3年生の気持ちを考えるとやるせないです。
そしてご指摘の通り、楽器店・修理店などの影響も多大であるということなのですね・・

今年は無理としても来年以降終息した場合は、今年の分も含めて盛大にコンクールを開催して頂き、
2年分音楽を楽しむ事ができれば最高ですね。

代替えを

ほんとに残念ですよね。
今年は私も古巣から出させてもらう予定でしたので、残念ではあります。
学生に比べるとほんとになんともないですが。
なので、是非地方では大会を検討して欲しいですよね。
まぁ代わりになるものはありませんが、舞台の本番だけは味合わせてあげたいと願います。

寂しいですね・・

まつたく 様


高校総体や夏の甲子園も中止になりましたので、有効なワクチンがない現況下では三密を絵に描いたかのような
吹奏楽コンクールや普段の合奏での密を考慮すると今年に関しては中止もやむを得ないのかもしれないです。

来年は東京オリンピックはどうでもいいとして、なんとか有効なワクチンの開発が進みコンクールは実施して欲しいです。

気の毒なのは現役の3年生だと思いますが、可能ならば今年の秋頃にでもコンクールとは違う形の
演奏発表会でも構いませんので、
何か演奏発表の機会の場は提供してあげてほしいです・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |