FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


本日、7月26日は「幽霊の日」です!

どうして7/26が幽霊の日なのかというと、
1825(文政8)年の7月26日は、江戸の中村座で四世鶴屋南北作「東海道四谷怪談」が初演された日でもあったのでした!
四谷怪談は、夫民谷伊右衛門に毒殺された四谷左門の娘お岩の復讐話で、
江戸の町に実際に起こった事件をモデルにしているお話で、これは日本の怪談としては大変ポピュラーな話でも
ありますので、その初演の日にちなんで、この「幽霊の日」が設定されたという事なのかもしれないですね。

アニメや漫画作品でかわいい美少女の幽霊が登場する作品は既にたくさん出ているのですけど、特に印象的な作品を
挙げさせて頂きますと・・

〇夏のあらし! → 戦前のセーラー服の嵐山小夜子がとても美しかったです! 漫画の設定も時にシリアスなのがよかったです!

〇ゆらぎ荘の幽奈さん → 幽奈さんの無防備ぶりと胸ポロリと下着丸見えぶりはすてきな目の保養でした~♪(汗・・)

〇あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 → 本間芽衣子がとある特定人物にしか見えないという設定もすてきでした!

〇六畳間の侵略者!? → 東本願早苗が格安物件の原因となっています・・

〇物語シリーズ → 八九寺真宵の成仏シーンは感動的でした!

美少女幽霊キャラというと私的には東方の妖夢がいっちば~ん!と言えそうですルンッ~♪

「東方Project」の幻想郷内には、様々な妖怪、妖怪に類した御方たちが一杯いっぱい棲みついていて、
妖怪・妖精・妖獣・鬼・天狗・河童・神・仙人・閻魔様・死神・月界の住人・吸血鬼・魔法使いなどその種類は多岐に渡ります。
大雑把に表現してしまうと、人間以外の異なる存在は全「妖怪と言ってもいいのかなとも思います。
上記で羅列した中に亡霊・幽霊はあえて外しましが、、
現世においては「幽霊はなんだかこわい・・」といった恐怖・畏敬の対象でもありそうな存在ですけど、
「常識というものに囚われて入れない幻想郷」の世界においては、
幽霊・亡霊は日常茶飯事的に出没するものであり、実際妖夢は普通に人里に買い物に恒常的に来ていますし、
騒霊のプリズムリバー三姉妹は普通にライブ活動を日常的に展開しています。

幻想郷には、亡霊・幽霊という存在が珍しくもなんとも無いですけど、
幻想郷のメインキャラの中で、厳密な意味での幽霊はもしかしたら存在しないのかもしれないです。
というのも、妖夢はあくまで半人半霊という存在で、半分幽霊半分人間という設定ですし、
(妖夢の体そのものは人間そのものともいえそうですし、半霊側の人魂みたいなものは妖夢に常にまとわりついているような
ものと言えそうです)
プリズムリバー三姉妹は騒霊というポルターガイストですし、
ムラサは、舟幽霊ですけど、その本質は念縛霊ということで一種の地縛霊といえるのかもしれません。
(東方求聞口授の挿絵の中で、三途の川の舟渡しの仕事をサボって、舟の上で昼寝をしている
小野塚小町に対して、ムラサが柄杓で水を入れて浸水させようとしているあの一枚がとっても楽しいです!)
よく誤解されているようにゆゆ様は幽霊ではなくて、その属性は亡霊です。
そうそう、蘇我屠自古もゆゆ様同様亡霊なのですけど、ゆゆ様が足があるタイプの亡霊であるのに対して、
蘇我屠自古は物部布都の企みのせいでもあるのですけど、足が無いタイプの亡霊というのが両者の違いでもあったりします。

幻想郷においては例えば人里の人間達が幽霊に遭遇したとしても、外界の私たちの反応とは異なり
「またいつもの幽霊か・・」という反応になりそうですし、人間達が妖夢を見かけたとしても
外界で生きている人間達が幽霊を見た時の恐怖・不気味さという反応とは全く異なり
「またあの白玉楼のかわいい幽霊ちゃんはおつかいで冥界から来ていていつも大変だよね~」というむしろ同情の目で
見られているのかもしれないです。
それに妖夢は確かに頼りなくて未熟な半分幽霊なのですけど、あの見た目のかわいらしさと不器用で生真面目な性格も
みんなから愛されているといえそうです。

さてさて、幽霊というと心霊現象というイメージもありそうですし、私たちにとって案外最も身近な??心霊現象と言うと
「金縛り」が挙げられるのかもしれないです。
私が小~中学生の頃のテレビのオカルト番組では何度となく「金縛り=心霊現象であり、あれは霊が悪さを働いている現象」
として金縛りを取り上げていましたし、例えば視聴者体験コーナーでも
「金縛りが起きた際に枕元に不気味な人影を見た・・」という話もあったりしていたと思います。
先日何気なく見ていたテレビ東京の番組で「金縛りは90%は実は夢でみたものである」という事が紹介されていましたけど、
これまでの生涯で何度となく金縛りを体感した私の感覚では、
「うーーん、金縛りは実は心霊現象ではないし夢でも無いし、疲労とストレスに起因する一つの生理現象または条件反射
みたいなものなのかな・・?」と感じたりもします。

感覚としては、とてつもなく体が疲労困憊している時とか ストレスが溜まっている時とか
はたまた職場で人事異動があり別の支店に転勤になったとか結婚して環境が激変してしまったとか
環境の変化→心理的負担またはストレスが溜まっている時にこうした金縛りに掛る度合いが高かったような印象があります。

だけど二回ほど(高校2年の時と社会人になって間もない頃)
いつものように(?)金縛りにあい、時間が経過すれば元に戻ると思っていたところ、
突然何か得体のしれないものが、スルスルッと布団の中に入ってきて、いきなり布団を持ち上げ、
布団が中を浮かんでいるような感覚で自分の体が動かない・・みたいな得体のしれない経験をしたのもこれまた本当の話です。

今にして思うとあれは一体なんだったのでしょうか・・?

それとももしかして・・?? まさか本当に心霊現象の一つ・・・??

少し前の話なのですけど、久し振りにまたまた自分自身が金縛りに掛ってしまいました。

しかもも今回はその「布団が持ち上がったような感覚になる・・・」というパターンです。

今回は一つ気付きがありました。

何かと言うと、布団が突如持ちあがったような感覚になる原因が何となく理解できた瞬間でもありました。

今までのように急に体が動かなくなったのですけど、同時に左足に鈍い痛みがあり、
感覚としては左足が吊ったような感じになりました。
何となくですけ「金縛りというのは、ストレス等により寝ている際に体が部分的に肉離れを起こしてしまっている
状態なのかなとも感じましたし、
例えば、膝をトンカチで軽く叩くと足が勝手に跳ね上がるみたいな無意識の動作の作動をするみたいに、
仰向けで寝ていた際に「左足」だけが何やら条件反射をするかのように・・足が吊ったのをかばうかのように・・
勝手に左足のみ仰向け状態→寝ながら膝を立てるみたいな感じになって、
それが結果として、布団が持ち上がっている・・みたいな錯覚を頭の中に生んでしまっていたのではないのかな・・・?
そうした仮説を感じてしまった瞬間でもありました、

少なくとも「金縛り」は霊的現象ではないと思いますし、
いずれは科学的な現象として解明されていくのかな・・?とも思ったりもしたものでした。

どっちにしても体が自分の意志と関係なく一時的ではあるにせよ動かないというあの感覚は嫌なものですよね・・

妖夢がいたずらして金縛りを起こしてくれているのだったら、それはそれで大歓迎です~♪


img382_convert_20200422145251_convert_20200430203930.jpg


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の作品はアミグリさんが2020年4月に描かれたアミグリさんにとっては少し珍しいアナログ作品で描かれた
アナログ描きの妖夢です!

当ブログは皆様ご存知の通り、4/15~三週間近く新型コロナウイルスの仕事への影響等によりやむなく一時的に
プライベートモードに設定し閲覧に制限を課した時期がありましたけど、そうした際にあの時は確か2週間ぶりに
dream fantasy2のアミグリさんの
ブログを拝見させて頂いた時に、上記のアナログ妖夢が発表・公開されていて
この妖夢を見た際には「やっぱりアミグリさんの絵はすてきだよね~♪、なんだか見ているだけで気持ちがスー―っと
落ち着きそう・・」という印象を抱き、改めてアミグリさんの絵に惚れ直したという経緯もあったりします。

久しぶりのアミグリさんの作品をこれまた久しぶりのアナログ作品ということで、懐かしさも感じたのかもしれないです。

そしてこの妖夢はとてもやすらぎと優しさに溢れているように感じられます。

最初にこのアナログ妖夢を拝見させて頂いた際は「いろいろあったけどやっぱりブログはいいものだし、新型コロナウイルスの
自粛モードの重苦しさと閉塞感を忘れさせてくれる癒し効果がありそう・・」と感じたものでした。
最近の作風に比べてまるで2012~13年頃の淡い色彩時代にタイムスリップしたような感じでもありますけど、その淡い雰囲気
こそが儚い=幽霊というイメージにぴったりといえるのかもしれないです。


yuyu-myon-003_convert_20180704183438_convert_20180705123856.png


上記の作品は、アミグリさんが2018年7月に描かれた「東方描き10周年」を記念して
東方に感謝の気持ちを込めて描かれた「ゆゆみょん」です。

2018年はアミグリさんが初めて東方作品を描かれ始めて丁度10年が経過したという事で、
アミグリさんにとっての2018年とは「東方描き10周年」という大変重要な節目の年だったのだと改めて感じます。
アミグリさんご自身もpixivにおいて「東方、ありがとう!」と東方作品に対して感謝の言葉を述べられていましたし、
東方作品を描き始めてから今年で10年が経過という事で、東方作品に対して最大限と感謝と敬意を表された作品が
上記の「ゆゆみょん」というとってもすてきな記念絵でありました。

このゆゆみょんからは、ご主人のゆゆ様がちょっと出来の悪そうな(?)従者の妖夢に対して
「・・ったく・・この子はしょうがないわね・・くすっ・・」みたいな感じではなくて
対等な立ち位置でもってゆゆ様が妖夢に対して、あたかもお姉さまが妹を気に掛けているかのように
慈愛と優しさに溢れた感じでそっと抱きしめてあげるというゆゆ様の「やさしさ」が伝わってくるように感じられます。

「すてきに抱擁してあげる」とか「抱きしめてあげる」といった親密さ・深い愛情・やすらぎを見事に伝えていると感じられます!
百合っぽい要素も確かに感じるのですけど、イチャイチャという感じではなくて
お姉さんが妹を優しい眼差しであたたかく見つめているという慈愛の要素が高いようにも感じられます。
アミグリさんも言われていましたけど、ゆゆ様の方が身長高めと言う事で、お姉さんとしてのゆゆ様といった雰囲気が
ふんわりと伝わっていると思います。
またこの作品には、いつものあの絢爛豪華なキラキラ仕様を抑え、背景もあえてシンプルな感じにされているのは、
ふたりの絆の確かさを示唆されていると言えるのだと感じられます。

ゆゆ様がそっと妖夢を抱き寄せるこのポージングはとっても美しいものがあると思いますし、ゆゆ様が瞳を閉じられての
このやさしさと慈愛とあたたかい表情で妖夢をそっとHUGっとされているのは何度見てもとても気持ちがいいものですし、
「なんて美しい姉妹愛!」とすら感じてしまいそうな素晴らしいゆゆみょんだと思いますし、
やはりここにあるのはアミグリさんの「10年間の私の東方愛の結集を見て!」というような素晴らしき「東方愛」なのだと
思います!
二人とも幽霊関連の御方なのですけど、そこにあるのはまるで生きるものとしてのすてきな愛なのだと思います!

上記のアミグリさんが描かれた妖夢とゆゆ様の権利は、アナログ妖夢の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい妖夢を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

ゆゆ様もすてきな亡霊で、妖夢は半分幽霊ではありますけど、それにしてもはすてきなキャラですよね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

慣れっこ

金縛り

初めてかかったのは中学生の時でしたかね。「キーン」と耳鳴りが酷くて、何とか体を動かそうと無駄な努力をしてました。
それ以来、年に1、2回金縛りにあう様になってしまったのですが、今では「金縛り来るな」ってわかる様になりましたし、金縛りにかかっている最中でも寝てしまうことが出来る様になりました。

幽霊の日なんてのがあるんですねぇ。Twitterでも話題になっててみんなお盆の話をしてるのかと思ったら違いましたw
真夏の心霊ネタは大好きですけど、最近はいろんな心霊現象と呼ばれるもののからくりが解明されつつあるようで前みたいに純粋に怖がれなくなってしまったのが悲しいです。
私は金縛りとかの奇怪な体験が全然ない人間なので「そんな不思議もあるんだ…!」と未知の世界にワクワクしていたものですが、やっぱり幽霊は創作物だけのものなのでしょうか。
アニメに出てくるような優しくて可愛い幽霊と一緒ならきっと事故物件での極貧生活だって薔薇色になるはずなのに…。

金縛り

GILLES27  様


金縛りは少なくても霊的現象ではないということは自分自身が何度かかかってよくわかった気がしますし、
多分あれは昼間のストレスと疲れに起因するものが大だと思います。
それでも金縛りにかかってしまうとその都度不気味なものを感じますし、何度経験しても
嫌なものは嫌としかいいようがない気もしますね~

幽霊

schwert 様


以前聞いた話ですと、現在地球上にこれだけたくさんの人間が存在しているという事は換言すると
因果応報・生まれ変わりというものが本当にあるとするとそれだけ霊界に留まる幽霊・亡霊の数が激減しているという事で、
以前ほど霊現象の話が減ったり幽霊の目撃談が減っているのはやむを得ないという事もあるそうです。
その方の説によると現在現世で見られる霊現象は古くからいる地縛霊の悪さという事らしいです。

それにしてもアニメ作品では幽霊さんとのイチャイチャ生活は後を絶たないですね~♪

私自身だったら幽奈さんとイチャイチャ同居生活してみたいです~!

もしも幻想郷入りしたとしたらいうまでもなく妖夢をからかいつつもイチャイチャしてみたいです!

何んと可愛い幽霊かと思ったのは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のメンマ(本間芽衣子)ですが、
何とも美少女だな~…と思った幽霊は「黄昏乙女×アムネジア」の庚夕子でしたね。妖しさもありましたし(笑)

幽霊美少女

sado jo  様


幽霊というと一昔前ならこわいとか生前の恨みを晴らすという印象がありましたけど、最近はこの花に象徴される通り、
美少女の極みという印象もありますし。たとえばゆらぎ荘の幽奈さんのように、
ここにお色気すら加わりますので、
なんだか時代も楽しい方向に変わったよね~と感じてしまいそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |