FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


アミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介をさせて頂く機会を持てることを誇りに感じますし、
アミグリさんに対して改めて「いつもありがとうございます」という感謝の気持ちをお伝えさせて頂きたいと思います。

当ブログの東方カテゴリにおいては、例えば通算5000記事とか東方カテゴリ700記事とか艦これカテゴリ100記事到達とか
私のお誕生日とかブログ開設記念日等の節目であり記念日記事の際には、ほぼ毎回 dream fantasy2 のアミグリさんに記念絵を描いて頂いておりますけど、
そうした時もいつも快く私からの無茶振りに近いような記念絵のリクエストも快くご了解して頂いているのがアミグリさん
なのですけど、本記事において改めて当ブログにおけるこれまでのアミグリさんが描かれた東方記念絵の振り返りを
させて頂く事で、感謝の想いの代りとさせて頂ければ幸いです。


summer-yukarin-2016-002_convert_20160711213841.png


当ブログが「東方カテゴリ」500記事・600記事等の節目記事においてアミグリさんに記念のリクエスト絵をお願いするように
なったのは400記事到達の記念絵の霊夢以降なのですけど、東方カテゴリ300記事到達の際には、
2016年の私の誕生日+通算3000記事到達という大きな節目の際にアミグリさんに描いて頂けた記念絵の「水着ゆかりん」を
転載&ご紹介をさせて頂いておりますので、実質的にはこの水着ゆかりんこそが東方カテゴリ節目記事の記念絵の
先駆けといえると思います。

この水着ゆかりんは、二重の意味での記念絵であり、私にとっては大切な心の家宝の一枚とも言えるとっても大切な一枚です。

この水着ゆかりんは本当にうっとりとさせられるくらい美しさに溢れていると思います。

大人の女性という誇り高き香りが漂いますし、大人のしっとりとしたレディーという表現がぴったりとくると思います。

幻想郷最強のスキマ妖怪で尚且つ最大の賢者であり霊夢のすてきな保護者という立ち位置のゆかりんという事で、
ゆかりんは普段は威厳に溢れたドレスや派手な衣装を着用される事が多く
公式の立ち絵・ゲーム・書籍・漫画・カード等では多分ですけど、絶対にあり得そうもない水着としてのゆかりんを
アミグリさんがこんなにも見事に描かれたという事に大変大きな意義があると思います!

あのゆかりんが水着になってくれるなんて・・! 公式では絶対にありえないデザインですので大変希少価値が高い一枚ですし、
素晴らしい名作だと思います!

この水着ゆかりんは、大人っぽいしっとりとしたゆかりんなのですけど、ちらっと見えているおへそもかわいいですし、
暑い夏の昼下がりという事で少しばかり珍しくけだるそうなアンニュイな表情のゆかりんを見ることができるのも
素晴らしいですし圧巻の完成度の高さを誇っていると思います。
この流れるような長髪や手を髪にかざすゆかりんや髪のリボンもとっても幻想的で美しいと思います。

改めてゆかりん=八雲紫様は最高ですよね~♪





続きまして上記のとってもかわいい霊夢は、アミグリさんに「東方カテゴリ400記事の記念絵としてぜひ霊夢を描いてほしい」と
事前にリクエストをさせて頂き、描いて頂けた素晴らしき作品です。
描かれた時期は2018年3月です。

上記の霊夢を描かれたアミグリさんのお言葉の一部を転記させて頂きますと、

「霊夢のイラストについてですが、アレンジなどは特にせず
王道な雰囲気で描いてみました。
スカートのフリルが2段になっているのもポイントです!
ニーソは、清楚でさわやかな雰囲気にしたかったので、白ニーソにしました。
赤と白のコントラストも鮮やかになるように意識して描きました。
霊夢を引き立たせるために、あえて背景は描きませんでした。」

との事ですけど、「その通り! 正統派の紅白巫女さん霊夢を正攻法で描かれ、王道の雰囲気の霊夢」という言葉しか
出てこない程の一直線な霊夢なのだと思います!

このかわいい霊夢を見た瞬間に一目惚れ~!という感じになってしまい、一目でとってもお気に入り霊夢となったものです。

霊夢は紅白のすてきな巫女さんなのですけど、アミグリさんが描かれた霊夢は、
アミグリさんが言わる通り王道そのものの霊夢であり、紅白の対比がとても鮮やかであり、
この霊夢をご覧頂けている皆様には間違いなく、その美しさとかわいらしさ効果によって「はっ・・」とさせるものが
間違いなく備わっていると思います!
そして特筆すべきなのは、霊夢のこの二段フリルの精緻さと他の絵師様ではみられない個性なのだと思います。
霊夢のこのフリルは見方によっては「フリル地獄」になりかねないとも思える大変きめ細かいものではありますが、
見ている人達に「大変そう・・」と感じさせるのではなくて「このフリル、なんだかとってもかわいらしい・・!」と見ている人達を
幸せな気持ちにさせてしまうようなあると思います!
しかもよくみると二段のフリルというのが他の絵師様の霊夢とは異なるアミグリさんとしての個性としても
見事に発揮されていると思いますし、霊夢のこの白ニーソもとっても眩しいです!
そして霊夢のこのへそ出しもとってもかわいいですし、何よりもこの霊夢の笑顔を見るだけで、
私はとてもハッピーな気持ちになれますし、改めて「霊夢の存在しない東方なんてありえない・・」と霊夢の絶対的主人公としての
存在感を強く意識させられそうです。
霊夢の袖も皺が大変丁寧に描きこまれているのも大変ポイントが高いと思います!
そして霊夢のトレードマークののリボンもいつも以上に存在感を発揮してくれていて、
このキラキラ感も申し分のない存在感を見せ付けてくれていると思います!





続きまして当ブログの東方カテゴリ500記事到達を記念してリクエストさせて頂きましたヘカーティア様です。

描かれた時期は2018年11月でした。

ヘカーティア様は「東方紺珠伝」のExボスで、正式名称はヘカーティア・ラピスラズリであり、
月、地球、異界それぞれの地獄を司る地獄のすてきな女神様でもあられます。
そしてその能力とは三つの世界に身体を一つずつ同時に持っていて自由に行き来ができるというとんでもない能力でも
あったりします。
ヘカーティア様の東方ファンのイメージと言うと、早苗さんのあの不滅の迷言のすさまじい影響度と破壊度のおかげもあり、
「ヘンなTシャツヤロー」とか「ヘンなTシャツを着たお姉さん」というイメージが既に定着しているのは、ヘカーティア様としては
不本意なのかもしれないですね~(汗・・)
ヘカーティア様はヘンなTシャツヤローの一言だけで片付けられる御方ではないですし、
ヘカーティア様本人は地獄を司どる女神様という事でイメージ的には怖いとか畏敬という感覚もありそうですので、
もしかしたらご本人様が「こわいとあまり感じさせないで少しでもフレンドリーに私を見て欲しい!」という願いをこめて
わざとああしたちょっとくずし気味のフランクな衣装を着ておられるのかもしれないです。

アミグリさんの描かれたヘカーティア様は、背景無しという事でヘカーティア様本人の存在感が引き立っていると思いますし、
ミニスカートの独特なカラーリングも奇抜という印象ではなくて艶やか・華やかさという雰囲気を出していると感じられますし、
何よりも例のあのヘンなTシャツもアミグリさんが描かれるとちっともヘンTに感じさせず、
むしろユニクロのデザインTシャツとして販売されていても全く違和感がないほどの普遍性みたいなものを
逆にイメージさせているのは面白いと思います!
「ヘンなTシャツ」と言い切ってしまった早苗さんの方がもしかしたら感性のズレがあるのかもしれないですけど、
感性のズレというのは早苗さんの持ち味の一つでもありますので、それはそれでいいのかもしれないです。
そしてこのTシャツの袖の長さも「このぐらいが一番理想的」と感じさせるくらいのほどよい丁度良さがすてきだと思います。
そして肩だしの描かれた方もちょっと大胆な胸元の開き具合もヘカーティア様の「大人としての魅力」を
最大限引き立たせていると思いました。
ヘカーティア様のこの笑顔も実にかわいいと思います!

それにしてもアミグリさんが描かれる東方絵は、霊夢・妖夢・こいしちゃんに代表される美少女キャラも素晴らしいですし、
上記のゆかりんやヘカーティア様などに代表されるお姉さまキャラの大人のしっとりとした魅力も
きちんと表現されている点は素晴らしいといつもながら感じていたりもします。





続きまして当ブログの東方カテゴリ600記事を記念してアミグリさんにリクエストさせて頂いた風見幽香です。

この幽香は2019年5月に描かれた作品です。

多くの東方絵師様が風見幽香を描かれる場合の傾向として、危険度は極高・人間友好度は最悪とか
幻想郷屈指のドSキャラとして怖さや禍々しいイメージで描かれるようにも感じられます。
アミグリさんが描かれた幽香は、幽香本来のやさしさ・慈愛・お姉さんっぽさを全面に出されて表現されていて、
他の絵師様が描かれがちなちょっとこわそうな幽香ではなくて、
まるで花の妖精さんみたいなやさしさが伝わってきているのは素晴らしいと思います。

幽香というと東方キャラとしては珍しく頭に帽子や飾りなどをつけていない事もあり、
アミグリさんの描かれる幽香も髪そのものの美しさが大変見映えがされていると強く感じたものです。
緑の色彩の髪はこいしちゃん・早苗さんに近いものがありますけど、幽香=花を司る妖怪=草木=グリーン=自然の美しさという
図式を髪の色そのもので表現されている感じもありますし、
また他の絵師様の幽香は気が強そうな性格を反映してなのか釣り目がちですけど、
アミグリさんの描かれる幽香は以前描かれたレティさんのような少しタレ目でもありますので、
この目の雰囲気もやさしさや親しみやすさを感じます。
チェックのスカートもスカートの花のワッペンもとってもよくお似合いだと思いますし、
背景のひまわりもとてもキラキラしていて夏らしい雰囲気を醸し出されていると思います。


2020-misuchi-02_convert_20200201152958_convert_20200201194636.png


上記のミスティア・ローレライは、3月8日にも転載&ご紹介させて頂きましたけど、
当ブログの東方カテゴリ700記事到達を記念してアミグリさんに記念絵として2020年2月に描いて頂けたミスティア・ローレライ
です。

アミグリさんの描かれたミスチーは、ドレスのフリルの精緻さ・ミステリアスな背景・
ちょっときょとんとした表情に対比して爪の鋭さの畏敬の表現・ 背中の翼の精緻な描き方などとっても見事だと思います。
特にこのフリルの細かい仕上がりは、アミグリさんがこれまで描かれてきた東方キャラのフリル地獄の中でも
相当気合いの入った魂がこもった一枚のように感じられたりもします。

アミグリさんがこのミスチーを最後に描かれたのが2011年の事でしたので、実に9年の歳月が流れていました。
その9年の歳月の間に、アミグリさんご自身の作風も淡い色彩→キラキラを華麗に飛ばした絢爛豪華な作風→
柔らかさが加味されやさしさが提示された作風などとその進化と変化には目を見張るものが多々あると感じられます。
ミスチー自体がパンクロック・おかみすちー・即興作詞・鳥頭など色々と多彩なキャラを演じていたりもするのですけど、
そうした多様さや自由さがアミグリさんのブログ開設から12年の歴史の中にも変幻自在に表れていたと感じられます。


kirakira-arisu-001_convert_20180715152802_convert_20180721231709.png


上記のアリス・マーガトロイドは2018年8月15日の当ブログの「開設6周年」の記念イラストとして私がアミグリさんに
事前にリクエストをさせて頂き、思いっきりキラキラを飛ばされた上で描いて頂けた素晴らしい美少女・アリスです~♪

アミグリさんが描かれたアリスというと昨年末に描かれたストレートヘアのアリス も大変素晴らしいですけど、
2018年のアリスも素晴らしいですし正統派美少女・アリスそのものといえそうです~♪

このアリスはかわいらしさと絢爛豪華さが見事に融合していると思います。

ヘアーリボンやケーブのフリルもいつも以上に気合の入りようを感じましたし、
アリスのこのショートの金髪ウェーブの美しさには思わず見とれてしまうものがあったと思います。
よくアリスは「本人が人形遣いなのに人形以上にお人形さんらしい美しい容姿をしている」と評される事が多いと思うのですが、
アミグリさんが描かれたアリスからは、そうしたお人形さんとしての静の姿よりは、人間としての生き生きとした雰囲気が
内面から溢れ出ているようにも感じたものでした。
アリスの何とも言えない安らぎと癒しみたいな雰囲気が感じられる微笑には
長期間に渡って続いていたあの暑さを吹っ飛ばすとても爽やかなものがあったと感じられます。
このちょっとおすまししたような微笑みの表情とモデル立ちのようなポージングはとても優雅だと改めて感じたものでした。

アミグリさんが描かれるアリスはウェーブ髪もストレートヘアもどちらも素晴らしいです!


20191121yuubari-_convert_20191121173624_convert_20191121184602.png


本記事のフィナーレ!を飾って頂くのは東方キャラではなくて艦これなのですけど、この夕張ちゃんの正統派美少女振りは
最高だと改めて感じます!

上記の夕張ちゃんは、2019年12月26日の当ブログの艦これ&アズールレーンカテゴリ通算100記事到達の記念絵として
リクエストさせて頂き描いて頂けた作品です。

右手を口にあてるさりげない仕草・ポニーテール・メロンちゃんらしいメロン色に溢れた配色・かわいいおへそに
黒タイツと全てがかわいらしさと萌え要素に溢れていると思います~♪

夕張ちゃんのシルエットが背景として巧みに用いられている事も絵画的美しさとして感じられますし、
おへそがかなり大胆に描かれていて、このへそ出しがキューティー夕張ちゃんを醸し出していると思いますし、
黒タイツの素晴らしさも光っていると思います。

夕張ちゃんは数いる艦娘の中でも屈指の正統派の美人さんだと思いますが、
アミグリさんの描かれた夕張ちゃんは正統派の美人さんの要素もそうですけど、
「なにこれ、めちゃくちゃかわいい~♪」という誰がみても感じるかわいらしさがここにはあると思います。

当ブログでのアミグリさんご紹介記事やアミグリさんが描かれた作品を転載&ご紹介させて頂く事は
またまだこの先もずーーっと続いていきますので、アミグリさんにはこれからも無理のないペースで
楽しみながらすてきな作品を描き続けて頂きたいと心より願っています。
上記のミスチーの多様性や変化で提示されていたようなこれからのdream fantasy2 の変化と進化をこれからも楽しみにさせて頂きたいと思います、
そして何よりも私自身、アミグリさんという素晴らしき絵師様に出会えたことがFC2ブログをやっていて
「いっちば~ん!」よかった事だと確信しておりますし、私自身がこうやって日々アミグリさんの事やらdream fantasy2
アミグリさんの描かれた作品をご紹介させて頂く事にこの上もない強い誇りを感じております!

改めてですけど、これからも何卒宜しくお願いいたします!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

幸せ者!

アミグリさんのような素晴らしい絵師に節目記事にこんなにも素晴らしくて美しい記念絵を描いてもらっているぬくぬく先生こそが最大の果報者であり幸せ者なのだと思います。
それにしてもアミグリさんの絵は一枚一枚に気持ちが伝わってきてその美しさに見とれるどころか感動をしてしまいます。

特にこの中ではアリスと紫の美しさに魅了されます!

ふにゃん様、ありがとうございます!

ふにゃん 様


すてきなコメント頂きありがとうございます!

記念記事のごとにアミグリさんからこのような素晴らしい記念作品絵を描いて頂ける私は世界一の
幸せ者だと思いますし、アミグリさんには感謝の気持ちしかないです!

アミグリさんの絵は美しいだけではなくて見ている人に「何か」を感じさせるものが秘められていると
感じます。

これからもアミグリさんの「dream fantasy」を何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |