FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計


020年4月~5月は後世の時代から振り返ってみても、多分ですけど、
「あの時ほど苦しい時期は無かった・・」とか「あんなにも息苦しくて閉塞感に溢れた時はなかった・・」とか
「ああした重苦しい雰囲気の世相は二度と味わいたくない」と思う方が多いと思いますし、
実際まだまだ新型コロナウイルスの感染終息に向けての光がまだ強くは無い中にあって、当面は自粛とか
「自分がやりたい事を出来ない」とか「自由に外に出るのも誰かと会う事にも制約が課せられる」という強いストレスが
皆様一人一人の中にも相当強いとは思われますけど、
「出口のないトンネルは無い」という言葉を信じて、一人一人が「今自分達に出来る事を誠実に実現していく」という事を
やればなんとかいい方向に動くと思いますし、そうなって欲しいものです。

それにしてもなにかと息苦しくてストレスが溜まる今日この頃です。

そうした重苦しい閉塞感にあって、気持ちだけでも癒されたい・・と感じる時に一つの救いとか癒しになりそうな吹奏楽
オリジナル作品というと、コンクール課題曲ではありますけど、1987年の課題曲Aの「風紋」を強烈に
推したいと思います。

1987年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲Aの風紋は本当に素晴らしい名作課題曲の一つだと思います!
私はこの課題曲、本当に大好きです。
吹奏楽コンクールの課題曲には素晴らしい曲がたくさんあるのですけど、
実際に私自身が吹いた課題曲というのは限りがありますし、
吹いた事は一度も無いけど「本当に素晴らしい曲! 一度こういう課題曲を吹いてみたかったな・・」
という課題曲はたくさんあると思います。
私自身が実際に奏者として出場した吹奏楽コンクールの中で、その時の課題曲として演奏した曲としては
「この曲いいな・・」と感じるのは意外と少なかったような気がしますし、「この課題曲を吹いてみたいな」と思っていたのに
実際には別の課題曲を演奏せざるを得なかったという事も多々ありましたけど、
そうした中で「この課題曲を演奏できてよかったぁー!!」と心の底から実感できた曲が二つほどありまして、
一つが1985年の課題曲B/波の見える風景ともう一つが1987年の「風紋」です。
偶然にも二曲とも大学時代に演奏した曲ですけど、高校時代の課題曲としては、82年の課題曲B / 序奏とアレグロと
81年の課題曲B / 東北地方の民謡によるコラージュは当時は是非演奏してみたかったです。
中学時代の課題曲としては、79年のフェリスタスと80年のオーバー・ザ・ギャラクシーも是非チャレンジしてみたかったです!

私自身の吹奏楽奏者としての稼働時期というのは1978年~1987年の10年間だけなのですけど、
10年間とも吹奏楽コンクールに奏者として出場できたことはたいへんありがたいものがありました。
中学の頃は在籍部員だけで軽く100名を超えていたと思いますし、大学時代も「響け! ユーフォニアム」の第一期では
ありませんけど、コンクール出場奏者を選抜するあの恐怖のオーディションを毎年どうにかこうにか乗り越えられていたのは
ラッキー以外の何者でもなかったと思いますし、一番大きいのは当時も今現在も珍しい部類に入る
「男性のクラリネット奏者」という事に助けられていた事はかなり大きいと自分でも自覚はしております・・
中学の頃と大学の頃ってクラリネットパートの中で男性奏者は私唯一人という感じでしたし、
私がどちらかというとキャラ的に中性化してしまったその背景には中学の頃と大学の頃の
「周りはみ~んなお姉さまたちだらけ・・!」という環境が大きかったのかもしれないです。
高校時代は男子校でしたので、そのギャップの大きさも相当なものがあったと思います・・
そうした10年間で演奏した課題曲は、1978年→ジュビラーテ 1979年→幼い日の思い出 1980年→北海の大漁歌
1981年→イリュージョン 1982年→アイヌの輪舞 1983年→カドリーユ 1984年→土俗的舞曲 1985年→波の見える風景
1986年→嗚呼! 1987年→風紋という事になります。
上記でもちらっと書いていますけど、79年はフェリスタスを吹いてみたかったし、
80年はオーバー・ザ・ギャラクシーが演奏したかったですし、
81年は何が何でも「東北地方の民謡によるコラージュ」を演奏したかったですし、
82年は出来れば「序奏とアレグロ」を吹きたかったですし、83年はインヴェンション第一番を吹いてみたかったです!
そして何よりもコンクール史上最大の当たり年と自分では思っている1986年は、
Aの「吹奏楽のための変容」またはCの「吹奏楽のための序曲」のいずれかを演奏したかったのですけど、
実際に吹いたのは私自身あまり好きではなかったBの「嗚呼!」というのも皮肉なものを感じます。

そうした中で「風紋」は初めてこの曲を参考音源として聴いた瞬間に
「Eのマーチ ハロー! サンシャインもすてきな曲だけどこの風紋のしっとりとした雰囲気は素晴らしいねっ!」とまさに
一目惚れ状態だったと思いますし、この課題曲を大学四年という事で生涯最後の現役奏者としての吹奏楽コンクールを
飾るのにこれほど相応しい曲は無いと当時から感じていたものでした。

「風紋」は大変思い入れがある課題曲です。

上記でちらっと書いた通り、1987年は私自身にとっては「最後のコンクール出場」となる事は分かっていました。
翌年以降は社会人になる事が確定していたので、私自身の決意としては、
「社会人になったらもう吹奏楽とは関わらないしコンクールにも出場しない、なぜなら社会人になったからには
仕事を優先すべきであり、こうした吹奏楽コンクールに出場と言うのは、学生時代の一つの余興なのかもしれない。
だけど音楽を聴く事や音楽に関わりを持つことは一生大切にしていきたい」と当時は頑なに思っていました。

当時はそれはそれで正解だったのかもしれませんけど、
今にして思うと多少頭が固かったのかもしれないですね。
「社会人になっても吹奏楽団とか楽器を続けている人はたくさんいるし、その両立は決して不可能な話ではない」という発想も
当時の私には欠けていたのかもしれないですし、当時はバブル絶頂という事もあり
「学校卒業したら、リゲインのCMではないけど24時間戦えますかぁ~という仕事優先の時代に否応なしに入ってしまう」
という想いが当時はやたらと強かったような感じがあります。
社会人としてどことなく余裕が出来た頃は、既に楽器(クラリネット)を昔のようには吹けなくなっていましたし、
何よりも当時は既に「奏者」の立場よりも既に「一人の聴衆」という立場に慣れていたのかもしれませんよね・・・

だけど1987年当時としては、私の意識の中では、「今年が生涯で最後のコンクール出場・・・・
思えば1978年の課題曲A(ジュビラーテ)/自由曲・スラブ行進曲から始まり、吹奏楽コンクールは10年間ずっと出ていたけど、
一度も支部大会は出場していない・・・・
何とか今年こそ都大会予選を突破し普門館で開催される都大会本選に出場し
何とか遅咲きでもいいから普門館デビューを果たし
有終の美を飾りたい!」というのが偽らざる本音でした。

そうした中で、この年の課題曲として演奏したのが「風紋」だったのです。

この課題曲は本当に優しいやさしい課題曲だと思います。

吹くだけで心が癒されるというのか心がすーーーーっと不思議と落ち着くのですよね。
この課題曲を吹く時は、前述のような「今年で最後・・・!!」みたいな焦りの気持ちは
不思議なほどすーーーーっと消えていたと思います。

出だしの低音からしてすごく魅力的だと思います。
そして木管によるとても何か懐かしくもあり心の傷を癒すかのような優しいメロディーが次から次へと展開されていくのですけど、
最初から最後まで魅力的なメロディーラインが続いています。
この曲の凄いところは、演奏技術的に極度に難易度が高い所がほぼ皆無な所だと思います。
難しい技術を使用しなくても、人の心にすーーーっと入り込んでいける音楽は絶対に存在するという事を立証した
作品と言えるのだと思います。
曲の後半で一旦静まりかえり、そこから展開される木管のやや甲高い響きがどことなく心の叫びのようにも聴こえ、
ラストは一気にスピード感をもって閉じられます。

話は全然違うのですけど
野庭高校吹奏楽部をモデルにした小説、「ブラバン・キッズ・ラプソディー」の中で
ミッチェル作曲/海の歌について
「演奏している最中に思わず感情がこみあげてきて、涙が出そうになる不思議な曲」といった記述がありましたけど、
これは実際に「海の歌」を演奏した事がある私にとっても「全く同感!!」という一言に尽きると思うのですけど、
「海の歌」と同様に「演奏中に何か感情がこみあげ、涙が出そうになる曲」というと
この「風紋」もそんな感じがあったような気がします。

この「風紋」を全体練習で吹いている際は、
「演奏中は余計な事を考えないで曲に集中しよう」と思っているのですが、
ついつい、
「今年で最後のコンクール、何とか都大会本選に出たい・・・」
「あと一か月後くらいには就職活動が始まる・・・果たして本当に内定がもらえるのかちょっと不安・・」
みたいな余計な事を考えてしまうものですけど
「風紋」を吹いているといつのまにか現実的なそうした不安とか懸案事項がいつのまにかすーーーーっと
消えてしまうのですよね・・・
何かあのメロディーラインを吹くだけで心がすーーっとなっていき、
時には「抑える事ができない感情の高まり」みたいなものを感じてしまう事もしばしばだったと思います。

その意味でも本当に不思議な曲でしたし、思い入れがある課題曲でした。
決して「哀愁溢れる」とか「もの哀しい」という感覚ではないのですけどついつい涙もろくなるような課題曲でした。

ヘンな話なのですけど
この課題曲を吹いていた時も聴衆として聴いていた時も、なぜかこの曲を聴くと
「私を忘れないで・・・・」みたいな「心の叫び」というのか「見えないメッセージ」が聴こえてしまうという感覚があったものです。
外部から聞こえるという感覚ではなくて
自分の内側から自分自身に向けて「忘れないで・・・」みたいな声が聞こえるのですよね。
「私を忘れないで・・・」と曲自体が私たち自分に向けて語りかけるという妙な事を当時感じていたものでした。

これってすごい不思議な感覚だと思います。

なんだろう、この内省的な感覚は・・

当時は意識の中では「今年で最後のコンクール」みたいなカチカチの意識があったから
その一つの反動として「そうは言っても音楽を楽しむ心は忘れないで」みたいな事を
一人の私自身がもう一人の私自身に語りかけていたのかもしれないですね。


鳥取


風紋というというまでもなく砂丘を思い出しますけど、日本の砂丘というと鳥取県を思い起こします。

鳥取銀行の行員さんをイメージしたポスターが数年前に掲載されていたことがあったようですけど、あのポスターの
女の子は鳥取銀行の行員さんをイメージしたとの事です。

ちなみにそのイメージのプロフィールとは・・

氏 名:鳥風 梨砂(とりかぜ りさ)

年 齢:24歳

出身地:鳥取県大山町

勤務先:鳥取銀行

身 長:158cm

血液型:A型

特 技:梨の皮むき

趣 味:旅行・料理

鳥取砂丘を背景に鳥取銀行の制服を着用した雰囲気はどことなく凛とした清楚なものを感じますし、なんとなく
「風紋」のイメージに近いものもありそうです。

まだしばらくは自粛等の重い雰囲気が漂いそうですけど、風紋のイメージのように
「つらい事も砂丘の砂が風で飛んでいくようにいつかは消えるもの・・だからあとしばらく頑張って!」という感じで
乗り切っていきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

名曲ですね!

おかえりなさい!

無事に復帰されて何よりです。

風紋はなつかしい課題曲ですけど、後世にずっと受け継がれていって欲しい名曲だと思います。
こうした名曲が課題曲として演奏出来た事は大きな財産といえるのだと思います。

風紋

たがふ 様


再開にメッセージを頂きありがとうございます。

埼玉はまだ特定警戒の対象になっていて重苦しい自粛の雰囲気ですけど、ブログの方は無理のない範囲で
まったりと続けていきたいと思います。

風紋はそうした重苦しい雰囲気に癒しを与えてくれる素晴らしい名課題曲だと思いますし、当時この課題曲を
演奏出来てとても幸せだったと今更ながら感じたりもします。

名曲!

ぬくぬく先生さん、こんばんは。
生活にも見通しがついたとのことで何よりです。課題曲には「風」とつく作品が多いですが、一番の傑作ですね。私の場合、本番ではハローサンシャインでしたが、練習は結構やりましたね。トランペットは冒頭のカップミュートでの印象的なフレーズに惹かれました。課題曲だけでなく、後の世代にも演奏され続けるレガシーとなりましたね。

自由曲にしたい名課題曲

sankichi1689 様


87年の2年後の課題曲Aの「風と炎の踊り」の内容のくだらなさと比較するまでも無く
「風紋」は今現在でもむしろ自由曲としても十分に通用する名課題曲の一つだと思いますし、この曲を
現役奏者最後の年に演奏できたことは本当に幸せな事であったと思います。

ハロー! サンシャイン!!も実は大好きなマーチで、87年の全国大会の課題曲はAとEに人気が二分したのも
当然といえそうです!

お久しぶりです❗️

お久しぶりのコメント失礼致します💦

風紋、懐かしいですね∩^ω^∩

風紋はちょうど私自身が中学1年の時の自由曲だったので懐かしく思います∩^ω^∩
(この時の課題曲は般若でした💦)

コロナウィルスの影響で今は自粛状態ですが、早く終息する事を願うばかりですね∩^ω^∩

ご無沙汰しております!

esakui69 様


お久しぶりです!

そしてお元気そうで何よりです!

風紋はこの自粛の重苦しさと閉塞感と、今後の経済への漠然とした不安という日本社会において、
そうした目に見えない重苦しさをやさしく包み込んで癒してくれる素晴らしい曲だと改めて感じますし、
私自身の奏者としてのコンクール生活を締めくくるにはこれ以上ない名曲だと思います。

今年の全国大会も中止が決定し、奏者・・特に3年生の気持ちを考えるとやるせないものがあります。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/5391-a374b87d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |