FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計





4月6日記事の続きです!

その①でも記したとおり、赤毛のアンのOPやEDを作曲されていたのは、当時は既に邦人クラシック音楽作曲界の大御所にして
桐朋学園大学の学長を務められていた故・三善晃です!
三善晃というと当ブログでもこれまで何度も何度も秋田南高校・大曲高校・新屋高校・習志野高校・神奈川大学・常総学院等の
名演でお馴染みの「交響三章」の孤高の世界を作曲された偉大な先生とか
吹奏楽コンクールの世界でも深層の祭、クロス・バイ・マーチといった不朽の名作課題曲を後世に残された事で
その御名前が登場していましたけど、実は「赤毛のアン」のOPやEDの曲も残されていました!

赤毛のアンの音楽担当は毛利蔵人なのですけど、毛利蔵人は三善晃の弟子に相当し、三善晃自身が赤毛のアンの
アニメ内のBGM担当作曲家として毛利蔵人を推薦し、結果的に一つのアニメ作品としてクラシック音楽作曲家の師弟コンビが
担当するという凄い結果になりました。
三善晃も毛利蔵人も純粋なクラシック音楽作曲の先生ですので、TVアニメの音楽を手掛けたご経験が実は無かったというのも
今にして思うと凄い話ですけど、それゆえ従来のアニソンに全く囚われない新鮮なアニソンが世に登場したという事に
なると思います。
三善晃は大河ドラマ「春の坂道」や映画「翼は心に」などで劇中音楽を担当され、子どものための合唱曲をはじめとする
多くの歌曲作品があり、その音楽に注目して三善晃に赤毛のアンの音楽を依頼したところ、
多忙のためBGMまでは手が回らないとのことで、アニメ本編のBGMに関しては三善晃に師事した若手作曲家の毛利蔵人が
推薦された経緯もあったとの事です。
それが結果としてそれまでのTVアニメの音楽の型やスタイルにとらわれない独特の雰囲気を持つ音楽が生まれた訳ですが、
世界名作劇場の前作の「ペリーヌ物語」、次作の「トムソーヤの冒険」と比べてみるとその音楽の違いは誰の目にも一目瞭然
と言えると思います。

三善晃自身は「赤毛のアン」の中では、オープニングテーマ「きこえるかしら」とエンディングテーマ「さめないゆめ」、
挿入歌「あしたはどんな日」と同じく挿入歌の「森のとびらをあけて」・「花と花とは」を作曲しています。
挿入歌の「涙がこぼれても」と「忘れないで」と「ちょうちょみたいに」は毛利さんの作曲となっています。
1979年当時は既にたくさんの大胆で前衛的な作品を数多く発表されていた三善晃ですけど、「赤毛のアン」においては、
夢見る少女・アンにふさわしいロマンチックなアニソンを書かれています。
子供向けの単純な音楽に終わることはなく、他のアニソンとは一線を画する卓越した手法が用いらていて、
特に衝撃だったのは、アニソンなのにそのOP楽曲においては、小休止をはさんでいたり、アルトサックスという管楽器に
間奏中のソロの役割を与えていたことが挙げられると思います。
(OPの「きこえるかしら、きこえるかしら~」のフレーズの後にいきなりアルトサックスのソロが表れるのも斬新ですね!)
当ブログにおいて、私自身10年間の吹奏楽生活において中三の一年間のみアルトサックスを吹いていたと記しましたけど、
そのアルトサックス時代にはいうまでもなく「赤毛のアン」のOPの間奏のアルトサックスのソロを吹きましたけど、
吹いていても「なんという壮大でロマンチックな曲!」と感じていた反面、
従来のアニソンというと例えば宇宙戦艦ヤマトやマジンガーZ等の勇壮なイメージとは全く逆の面も有していて
「なんという個性的な曲!」と感じていたものでした。
但し、当時の私には赤毛のアンの作曲者の三善晃がどういう御方でどれだけ偉大な御方であるかという認識は微塵も
有していなくて、私自身が三善晃の偉大さを初めて知る事になったのは、その2年後の吹奏楽コンクール・東北大会で
大曲高校吹奏楽部が自由曲として演奏していた三善晃の「交響三章」がきっかけでもありました。
(「交響三章」の特に第一・第三楽章における「亡びの美学」のわびさびの響きは何度聴いても飽きることは全く無いです!)

「赤毛のアン」のOPもEDもアニメ本編のBGMは、少女が主人公の作品にふさわしく古典的でロマンティックな曲調が
中心になっていて、子供っぽい表現のコミカルな曲やドタバタ曲はほぼ皆無で、優雅さと気品さを終始キープし
クラシカルにまとめられています。
大きな特徴は、楽器編成にポピュラー音楽のリズム隊(ドラムス、エレキベース、エレキギター)を含まず、
クラシック音楽で使用されるいわばオーケストラの弦楽器・管楽器・打楽器だけで構成されている事だと思います。
実はこれはアニメ音楽としては異例の編成であり、
当時のアニメ音楽は交響組曲と銘打たれた「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」や「交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック」などの
ようにオーケストラにリズム隊が加わった編成をベースに作曲されている事が多くて、赤毛のアンのような
いわば純粋な管弦楽作品ともいえそうなクラシカルな作品は当時としては冒険であり異色であったと推察されます。
そうした純粋なクラシカルな楽器編成は赤毛のアンという作品の雰囲気を作るのに大きな役割を果たしていて、
100年前のプリンスエドワード島にタイムスリップしたような感覚すら感じてしまいそうです。
余談ですけど、赤毛のアンの原作者のモンゴメリはプリンスエドワード島ですけど、北杜夫の「酔いどれ船」という連作小説の
第4話にプリンスエドワード島の日本人の医者として過ごしたとある男性主人公の視点から描かれた話があり、
その中においては、意外にも?? プリンスエドワード島は大変閉鎖的でよそ者を排除する島民意識が大変強くて、
しまいには「赤毛のアン」すら大嫌いになってしまったと愚痴る場面があったりして、現実と小説のファンタジーの落差を
なんとなく感じ取ったものでもあります。

その①においてはOPの「きこえるかしら」について主に触れさせて頂きましたので、今回はほんの少しばかり
EDの「さめないゆめ」について取り上げてみたいと思います。

当時のアニメ主題歌&エンディング曲は、子供たちが口ずさみやすいような平易なメロディーと伴奏が用いられるのが
一般的でしたけど、さめない夢における三善晃が意図していた事は、子供向けアニメ番組という先入観に囚われない
むしろ万人向けの抒情性という事なのかもしれないです。
「さめない夢」においては特にチェレスタとピアノの二重協奏曲かと錯覚するほど16分音符がスコアの両パートを
埋め尽くしているのが大変印象的です。
冒頭のピアノの細かいメロディーからして既にアニソンらしくない雰囲気で一杯なのですけど、
前半部分のコロコロと愛らしく奏でられるピアノのアルペジオもそうですし、間奏に相当する部分でのオーケストラというか
特に打楽器セクションがまるで現代音楽と錯覚させられるほど異様に高揚した感覚を演出し
(その頂点の部分でドラがごわーんと響かせているのも大変印象的です)
間奏の異様な高ぶりが引いた後に大和田りつこの伸びのある歌声がむしろ大変清楚に響きます。
とにかくロマンチックで壮大な抒情性を感じさせるEDであり、当時赤毛のアンを毎週見ていた人たちに
感受性豊かな少女を彷彿とさせる曲を通じて、それぞれのアンのイメージ、アンへの思いが育まれていったと思われます。

「さめない夢」はなんとなくフルオーケストラの編成みたいな印象を与えがちですけど、よく聴いてみると
ホルン・チューバはおろかトランペットも聞こえず、意外とコンパクトな編成になっているのかもしれないです。
その代わりに間奏部分でのトロンボーンののびやかな雰囲気はとても魅力的な響きに感じられます。
三善晃の吹奏楽作品も管弦楽作品も打楽器がかなり効果的に使用されていて、そのあたりはさすが日本の現代音楽の
第一人者と感じられるのですけど、「さめない夢」の中でも打楽器はかなり効果的に使用されています。
前述の通り間奏部分でのドラの咆哮もそうですが、冒頭部分のピアノのアルペジオと一緒に奏でられるサスペンダーシンバルの
扱いも大変巧みだと思います。
ピアノのアルペジオと一緒に弦楽器群が上昇するフレーズにサスペンダーシンバルロールのクレッシェンドが合わさることで
「これからなにかすてきなファンタジーがはじまる」という少女の予感みたいなものを感じさせてくれていると思いますし、
施設であまりいい思い出がなかったアンが、マシューたちの家に引き取られていく際に
「これから私にもなにかいい事が起きるのかも・・」というアンの淡い期待と夢がここにも感じられそうです。
「はしっても はしっても」と歌い始まってからはマリンバのアルペジオも重なり、一層少女の夢が伝わってきそうです。
全体的にティンパニのリズムの支えも巧いと思いますし、終盤でシンコペーションリズムをティンパニが巧みにサポート
していると思います。
ラスト近くのグロッケンも面白いですし、最後に少しグロテスク気味にテンプルブロックがカタカタ・・と音を鳴らしているのは、
現代音楽らしい不気味さもありそうですし、少しシュールですけど、少女の夢に対する「現実」というものも示唆しているようにも
感じられます。

クラシック音楽作曲家がアニソンも手掛けるというのは今現在は珍しくもなんともない話であり、例えば和田薫や
天野正道などでもお馴染みだと思います。
ちなみに天野正道はまだ無名時代に実は映画「うる星やつら1 オンリーユー」の音楽を担当されていますし、
「犬夜叉」の音楽等でもお馴染みの和田薫の奥様は「フレッシュプリキュア」のキュアパインでお馴染みの中川亜希子さんで
あったりもしますルン~♪

三善晃が「赤毛のアン」というアニソンを作曲されていたのも当時は意外だったのかもしれないですけど、私的にもっと
ぴっくりしたのは、三善晃が1988年に全日本吹奏楽コンクールの課題曲を作曲されていた事でもありましたし、
88年の深層の祭だけでなく、その4年後の1992年に「クロス・バイ・マーチ」というまたまた吹奏楽コンクール課題曲の歴史に
残る名曲も残されていた事でもありました。

1988年~92年の吹奏楽コンクール課題曲マーチの中には、大物作曲家による従来の枠に囚われない素晴らしいマーチも
登場していて、その一つが88年の原博のマーチ「スタウト アンド シンプル」であり、
90年の間宮芳生の「カタロニアの栄光」であり、その集大成が三善晃の「クロス・バイ・マーチ」だったと思います。
大物作曲家と言うと89年の別宮さんの課題曲Cもありますけど、こらちは全く人気皆無というのもなんだか気の毒でもありました。

吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」は形式的には確かに行進曲なのですけど、さすが深層の祭の作曲者は
そんな単純なマーチを作られず、
構成的に大変厄介な曲を課題曲として提供し、この課題曲を選んだチームの多くを
整理不足と練り込み不足という自体に追い込んでしまう大変な難解な曲でもあったと思います。
とにかく冒頭からして不協和音・とてつもない高音域・不規則なリズムに溢れていますけど、難解だけど
決して聴きにくい作品ではないという事も言えそうです。

タイトルの最初のイメージでは「音の交錯」という印象もありましたけど、当時のBJにおいては
「クロス・バイ」とはそばを通り過ぎるという意味で、仲間と一緒にやっていこうという意味合いだったというのも
面白い話だと思います。
2分の2拍子が基本で、例えば8分の3拍子、2分の2.5拍子というように、拍子が変わります。
使用楽器は、吹奏楽連盟の希望で小編成でも演奏可能な編成を・・という事で
ダブルリードや低音木管、コントラバスなどがオプションとなっていますけど、この課題曲の魅力を最大限発揮させるには
オプションを全ていれたフル編成で無いとあまり効果的ではないように感じられたりもします。

中間部のアルトサックスのソロの裏で音程の違う2つテンプルブロックが演奏する部分がありますけど、
あの部分を聴くと赤毛のアンのOPの間奏部のアルトサックスソロとEDのラスト近くのシュールな響きのテンプルブロックの響きを
ついつい思い出してしまいそうです!

最後に・・・、余談ですけど、三善晃の音楽で異色だけど大変インパクトが強い作品として「レクイエム」を挙げさせて
頂きたいと思います。
西洋の作曲家による「レクイエム」は、例えばモーツアルト・ヴェルディ・フォーレなどに代表されるように死者が安らかに
天国に旅立てるように・・という事を意識した生きる者から死者への鎮魂歌と言えるのだと思います。
そうした中にあって三善晃が残した「レクイエム」は、そうしたやすらぎの鎮魂歌と言う側面は全く無くて、
第二次世界大戦で命を落とした名もなき一般市民・兵士の手紙や残された言葉をベースに構築されていて、
あの世界観はやすらぎではなくて、むしろ死者から生きている者たちへの「怒りの告発」といえるのだと思います。

誰がドブネズミのように隠れたいか!

甚太郎おじさん、殺さんごとしなさい

それはそんなに古い話ではない。おとなしいゾウはどうして殺されたか?

顔をそむけなさるな、母よ。 あなたの息子が人殺しにされたことから

あきらめてください。泣かないでください。トキちゃん、ケイちゃん、さよなら。

お父さん。お父さんのひげは痛かったです。

ああ、あなたでしたね。あなたも死んだのでしたね。

人が死ぬ。その世界の火の中に私一人いる。そして、私も死ぬ。世界には誰もいない。
ただ火事が機械のようにもうもうと燃えていた。

こうしたフレーズがバックの合唱隊によって響いていきますけど、あの一連の言葉は大変重たいですし、
単なる反戦にとどまらず、むしろ死者からの「警告」というようにも聴こえたりもします。

反戦のレクイエムというとブリテンの「戦争レクイエム」の歴史的価値も相当高いのですけど、三善晃が残した「レクイエム」は
死者から生きる者たちへの警告・告発という点で大変重たく意義があるように感じたりもします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

日本のレクイエム

三善晃の「レクイエム」を取り上げて頂きうれしいです!

現在はCD化もされていますけど、以前はレコードしか存在していなかったもので、この曲がもっと日本でも知れ渡って欲しいです。
仰る通り、このレクイエムは死者をやさしく弔うものではなくて、
戦争の悲劇を通しての死者からの告発・糾弾ともいえる大変厳しい内容のものですけど、それだからこそ現在の若い人たちにもこの作品の本質をしっかりと認識してほしいです!

三善晃の「響紋」は「レクイエム」とは対照的に
こちらは児童合唱と童謡をモチーフに、
死者から生きる者たちへの「生きる事へのメッセージ」が
伝えられているようにも感じられそうです。

怒りのレクイエム

たがふ 様


ヴェルディの「レクイエム」の中にも「怒りの日」が登場してきますけど、どちらかというと最後の日の審判という事で
神々が人間に対する鉄拳制裁という雰囲気もあったりしますけど、
三善晃の「レクイエム」は戦死者から生ける者たちへの告発と今後に対するメッセージの発信という事で、
反戦作品というよりは、三善晃らしい「生と死」の三部作の第一作という立ち位置にこれ以上ない作品はないという
感じもします。

「響紋」は二度ほどこれまで生演奏で聴きましたけど、この楽曲は不思議としかいいようがない曲ではありますけど、
「生きているパワー」を感じたりもします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |