FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


皆様ご存知の通り、先週・・、東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・兵庫・福岡の7つの自治体に緊急事態宣言が発令されましたが、
あれ以降、正直明らかに人の往来が激減したとか日本政府が言うような「これまでの人と人との接触を8割減らしてほしい」という
要請が守られているようには到底感じられない面も多々あるかとは思います。
本気で政府が新型コロナウイルスの発症数を激減させ収束しようと考えているのだったら、自ら発した「人と人との接触を
8割減らすこと」を徹底させる必要があり、そのためにはこれらの対象自治体を欧米並みにロックダウンさせるしかないと
思ったりもしますし、現況のように「感染者を減らす事も大事だけど経済活動も大切」という中半端な事をしていると、
結果的に「二兎を追うものは一兎も得ることができず」という結果だけで終わってしまいそうな予感もあったりします。

現況のように企業の経済活動を継続させ、居酒屋・ゴルフ場すらの営業も容認されたり、通勤電車に依然としてたくさんの
乗客が利用しているとなると、とてもじゃないけど人と人との接触を8割減らすというのは
単なる机上の計算であり絵に描いた餅そのものだと思います。
本気で早期に新型コロナウイルスを収束させようという考えがあるならば、確かに経済的損失は莫大なものが
ありますけど、一ヶ月程度対象自治体を完全にロックダウンするのが最も効果的と考えますし、
このままあの中途半端なゆるゆるな自粛をダラダラ続けてもあまり意味がないような気がします。
ロックダウンを実施するには一定の一律保証が不可欠と考えますし、それをやるとまたまた財政赤字が増大してしまう
危険性は高いですけど、このままゆるゆるの自粛を続けて経済活動の停滞が1年以上続くのだったら、
短期間該当エリアでロックダウンを実施したほうが、むしろ感染減少と経済活動の復興という観点からは
効果的なのかもしれないです。

その一方で現況、ゆるゆるの自粛要請ではありますが、日本国始まって以来の緊急事態宣言であり、
街中にもいつもと多少違う閉塞感というのか空気の重たさも感じたりもします。
仕事で外に出ていても予想以上に「人が結構歩いているね・・」とか「コンビニや書店等にもいつもと変わらないお客さんの数も
一見ありそうだよね・・」とか「本当にここは国から緊急事態宣言が発令されている県なのかな・・?」と感じたりもするのですけど、
それでも普段とはどこか違う閉塞感の空気は感じたりもします。
特に最近は通勤電車内もそうですけど、街を歩く人の大体8割程度はマスクをつけている視覚的効果も大きいのかも
しれないです。
緊急事態宣言発令以降はマスクを着けている人が激増している印象もあり、マスクをしないで電車に乗っていると
「どうしてあなたはマスクを着けていないの・・?」みたいな車内の雰囲気も感じたりもします。

全体的にはやはり普段よりは重たい空気感を感じます。


1d648da5-s_convert_20161103204032.jpg

89f75c45-s_convert_20161103204054.jpg


今年の春の選抜高校野球は中止と言う結果になり、夢の甲子園出場が決まっていた球児の皆様の無念を思うと、
本当にやるせないものがあると思います。
春の選抜出場校の中には、春夏通じて初出場という学校もありましたし、憧れの甲子園で試合ができる!という希望をもって
真冬の練習にも頑張っていた選手たちの想いを考えるといたたまれないものがありますし、
「まだ夏があるじゃん・・」の一言では割り切れないものもあると思います。
早い地区ですと6月に予選が開始されるところもありますので、もしかしたら現況厳しいものがあるのかもしれないですけど、
夏の高校野球予選が開始される頃には本当にこの新型コロナウイルスがある程度収束の方向に近づいてほしいものです。

そしてプロ野球も現況開幕日すらも決められない厳しい状況が続いていますけど、なんとか無事に開幕出来たら
私の愛してやまない千葉ロッテマリーンズの選手の皆様にはまずは野球そのものを純真に楽しんでいただきたいです!

私的に結構懸念していることは、このままもしも新型コロナウイルス感染が夏以降も収束しなかった場合、
今年の吹奏楽コンクールは一体どうなってしまうのかな・・?という不安もあったりします。
早い地区ですと、7月の夏休み前後から地区予選・県大会が開始されるのですけど、果たしてその頃には、
各地の1000~1500人程度収容可能な音楽ホールでコンクール自体が本当に開催できるのかな・・という懸念や不安も
感じたりもします。
最悪の場合、審査員のみの聴衆で一般の聴衆ゼロといういわば無観客状態でのコンクールというのも現段階では
可能性ゼロとは言い切れないものがあるのが恐ろしいものがありそうです。
音楽を聴く人がほぼ皆無で、ガラーンとしたホールで一音入魂の演奏をすること自体大変な精神力の強さが求められますし、
想像を絶する不安感と緊張はあるのかもしれないです。
それになによりも現時点ではほとんどの学校が休校状態になっていますので、コンクールのパート練習・全体練習が
まったくできない状態が続いているのは、奏者も指導者も不安以外の何物でもないと思います。

特にスクールバンドの部員の皆様は現在は不安しかないと思いますけど、なんとか無事に吹奏楽コンクールを
開催できた暁には、音楽を奏でることができる喜びの気持ちをコンクールという場でぶつけて頂きたいです!
95年の阪神淡路大震災の時の兵庫県代表のチームのように、そして2011年の東日本大震災時の福島県代表のチームのように
困難を乗り越えることができた!という気持ちのこもった演奏を期待させて頂きたいと願ってやまないです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コンクール

実質今年のコンクールは開催自体無理でしょうね。
いくら5月中に終息したとしても、密室で大人数が演奏するのは
推奨しづらい環境ですし。
ワクチンでも出来ないと厳しいのが現実ではないでしょうか?

思い切って、課題曲のみ自由曲のみで開催するのはどうかなと。
課題曲は録音事前審査で通過校のみ自由曲だけで勝負とか。
いずれにせよ色々と考えさせられますね。

なんとか収束して欲しいものですね・・

まつたく 様


現況のこの状況では本当に夏の甲子園予選も吹奏楽コンクール開催も大変厳しいものがありそうですけど、
たとえ無観客となったとしても開催だけはなんとかしてほしいものです・・

そのためにも一か月程度は国民全体がひとつになって「外出禁止」を全国一律で実施するのが短期収束という
観点では望ましいと考えますし、このままずるずるダラダラの自粛を続けるよりは、
その後の経済損失を考えるとその方が良いように思えてなりません。

そういえば、1980~81年頃の北陸大会の小編成の部は課題曲のみの演奏という大変珍しい事が実現されていました。

吹奏楽…と言う事は精一杯息を吹いてウィルスをまき散らすのと同じ効果があります。
と言って、マスクをしたまま演奏するのも、よほどの達人でない限り困難を極めます。
よって今年の吹奏楽コンクールは中止になるのは間違いないでしょうね。
仮に夏の高校野球が実施されたとしても、名物の吹奏楽の応援は禁止されると思います。

哀しい話ですね・・

sado jo 様


確かに・・吹奏楽=管打楽器の世界ですので、基本的にはコントラバスとパーカッション以外は
ブレス=呼吸を伴いますので、感染防止という観点では練習にも相当支障が出そうな気もします。

学校再開の条件の一つとして換気の徹底もありますので、練習場の換気を徹底しパート間のソーシャルデスタンスを
保つことができれば練習はできると考えます。
そして夏頃にはある程度の収束も期待できますので、たとえ無観客状態でもコンクール自体の開催は
可能と考えます。

いずれにしてもコンクール開催是非が議論される事自体哀しく残念な話ですので、今は一人一人ができることを
実現し、終息に向かう事を切に願いたいと思います。

本当に何とかなって欲しいですね。
私は医療従事者ではありませんが、医療関係の仕事ですので毎日
出勤していますが、医療現場は大変です。
コメンテーターを含め周りは好きなこと言っていますしね。
完全自粛も必要でしょうが、経済が回らないのは補償だけでは救えない側面がありますからね。本当に国難ですね。
私も所属団体の演奏会が中止となり、練習場もなくの状態です。
楽器もそろそろ風通ししないとカビが生えてそうで恐ろしい・・・


>そういえば、1980~81年頃の北陸大会の小編成の部は課題曲のみの演奏という大変珍しい事が実現されていました
→これは!なかなかの地獄ですね。普通のコンクールでも地方大会レベルの課題曲は疲れますからねぇ

静岡は既に・・

まつたく 様


そう思っていたら、静岡県支部では早々に本年度の吹奏楽コンクールの開催を中止するという発表が
されていましたので、この傾向は全国に広まると思われますので、
2020年度のコンクールは開催されない可能性が濃厚なのかもしれないです。

奏者にとっては、特に3年生にとっては無念では割り切れないものがあると思いますし、私もとても哀しい事だと
感じます。

現状のずるずる自粛を続けて、感染者も増え続け経済も半分程度縮小させるよりは、ここは思い切って
経済を日本全体で一か月止めて、それ以降に経済活動を再開させた方が
むしろ立ち直りも早いように感じたりもします。
そのあたりは政治判断の難しさもあるのかな・・と感じたりもします。

静岡県

静岡県がコンクール開催中止と。
すごいなあとも思いますが、逆にで全日本吹奏楽コンクールを
行うとなったらどうするんだろうと心配してしまいますね。
全日本連盟が中止→各支部連盟が中止→都道府県連盟が中止 と
最上位から中止を表明すべきかと思うのですが。
都道府県大会だけは時期をずらして開催することは可能な
気がします(県大会で終わり)ので・・・

部活動の成績は受験生にとっては内申に影響しますので
当人にとっては本当に重大な問題ですよね。
3年生というくくりでは、演奏会的な披露の場があればなと
思います。
一刻も早い終息を願うしかないですね。

長文失礼しました。

終息・収束を祈るばかりです、、、

静岡県の話は最近聞けてきたところです。
コンクールには昨今賛否両論あるとは言え、中学生と高校生にとっては思い出。しかし皆さんの健康と命も大事。開催しても中止しても難しい問題だと思います。
全国一斉休校の時点でも心のどこかで夏まで終息・収束すると思ってた人多いかと思うんですが、全国的に「これはヤバいかも…」と思い始めたきっかけは、先般この病気で力尽き残念ながら亡くなられたコメディアン「志村けんさん」の死去だったかもしれないです。志村さんの死は影響が大きかったことと思うのであります。
もし「普門館」が解体されずまだここで全国大会を開催していたら、これこそ全国大会の会場の変更は間違いなくあったと思います。
奇跡的に(と書くのもなんですが)終息・収束され、なんとか学生たちの夢が実現してほしいものです。

今年の吹奏楽コンクール

まつたく 様


当初はGWが終わるころには収束するのかなと思っていましたけど、事態はどんどん悪い方向に歩いている気がします。

吹奏楽の練習はマスク着用は管楽器ではありえないし、ブレスによる感染への不安を考えると
今年に関しては大変厳しいものがあるといわざるを得ないのかもしれないです。

特に3年生の皆様は「今年最後のコンクール・・」という思いが強いだけに「仕方がない」の一言ではすまない
生涯ひすぎりそうな心の傷を負いそうなのが、なんともいえず哀しい気持ちです。

やりきれないですね・・

一秋田県民 様


春の選抜中止の際は「無観客で開催してあげればいいのに・・」と感じていたものでしたけど、
事態はあの頃よりも格段と悪化し収束の目途が立たないばかりか、むしろ政府の緊急事態宣言予定終了日の5月6日を
過ぎたとしても解除の目途すら立たない状態ですし、夏の甲子園すらも開催できるか予断を許さないというのも
閉塞感を強く感じます。

吹奏楽の練習はある意味3密そのものですし、管楽器奏者はマスク装着という訳にもいかないし、
音楽室内で奏者は普通の人よりも強く呼吸・ブレスをしますので、
感染防止という観点からも今年の吹奏楽コンクール開催は厳しいものがあるのかもしれないです。

奇跡的にコンクール開催できた場合は、音楽の想いをぶつけてほしいものです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |