FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


やはり「プリキュア」シリーズは面白いですよね。
もう堪らんという感じです。
先週と7/1の前半の流れでは、だれがどう見ても
レジーナの回心⇒レジーナの「愛」と「友情」への目覚め⇒5番目のプリキュアとして覚醒
というパターンと思っていたのですが、
レジーナの場合、そこに父親への愛情とマナ達との友情の芽生えの二律背反性という問題があり
それがまだ解決できていない事と
これまでの敵方陣営からプリキュアへと覚醒した戦士の前例的要素
(満と薫・イース・エレンのように敵陣営を裏切ったことに対する自責の念)
が希薄である事なんでしょうかね、
結局はジコチュー陣営へと強制的に戻らせられたのでした・・・

やはりイースやエレンの時みたいに、そう容易く何度も敵方からプリキュアサイドへの方向転換という
事例は多発させないという配慮(?)なのかもしれません。

だけどこれで物語はまた面白い方向に進んでいきそうです。

今後二つの課題が考えられます。

第一に「ドキドキ」の場合、やはり最重要人物は「レジーナ」だと思います。
物語は既に中盤から後半に動こうとしています。
そんな中、マナ達がいかに最終決戦までに
レジーナの心・愛を取り戻していくのか・・・・
一旦は「愛」の意味を分かりかけたレジーナが再度「愛」をつかめる日が来るのか・・・
キュアハートは、変身時の決め台詞として
「愛をなくした哀しい〇〇さん、このキュアハートがあなたのドキドキを取り戻して見せる」
というのがパターンとなっていますが、
今後は、
「愛をなくした哀しいレジーナ、このキュアハートはじめ皆でレジーナの愛を取り戻して
 みせる」というのが課題となっていくのだと思います。

第二に、マナ達の更なる成長性です。
元々「ドキドキ」のメンバー全員聡明で賢く、レベルが相当程度高い。
だけど高い水準のまま、伸び悩んでいる状態が初回からずっと続いているという
解釈も出来なくはないもので、その点で今回のキュアエースの登場は、
現状打破という意味では非常にナイスだと思います。





元々がレベルが高い4人に更なる飛躍と成長を課すためには、
4人よりも数段高いレベルにいる人からの刺激が必要不可欠だと思われます。
キュアエースが
「まだまだプリキュアとしては未熟ね」
「早く一人前になりなさい」
「そんなんじゃ駄目よ」
みたいに厳しいセリフを言うのも、その辺りに原因があるものと思われます。
そうした一段既に高いレベルに位置する大人のプリキュアから、マナ達4人は今後いかに
成長と飛躍を果たしていくのか、
それはすごく楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/537-8dbbc5bf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |