FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計




_convert_20200320182529.jpg


その①記事冒頭でも出てきた稲村亜美さんの「神スイング」は見ているだけで惚れ惚れとするものがありますけど、稲村さんの
ピッチングフォームの美しさと豪快さと切れ味の良さも素晴らしいと思いますね~♪
稲村さんはプロ野球公式戦における始球式でも一時期引っ張りだこでもあったようでして、
例えば2017年度においては、
4/16の東北楽天 vs 北海道日本ハム 4/25の阪神 vs 横浜DeNA  4/28のオリックス vs 福岡ソフトバンク
4/30の 横浜DeNA vs 広島 5/7の中日 vs 読売  5/19の中日 vs 広島東洋
7/30のオリックス vs 東北楽天の試合で始球式を務められ、あの美しい投球フォームをお披露目されていました~♪
ちなみに始球式においても96~100キロ前後のスピードを出されていたとの事です。
テレビ中継で見ると、100~110キロのスピードはスローボールのように見えてしまいがちですけど、
実際に例えばバッティングセンターで100キロのスピードのコーナーでチャレンジしてみると
「100キロはかなり速い・・」と感じてしまいます。
それゆえ、千葉ロッテマリーンズに入団された佐々木投手の高校時代の160キロ超えというのは「凄い・・」としか言いようが
ないと思いますし、将来の活躍が今からとても楽しみです。

さてさて、本記事はその①の野球とプリキュアに続いて、ごく簡単に最近アニメ化または漫画化された野球と美少女JKさんに
ついて取り上げてみたいと思います。


_convert_20200319193214.png

_convert_20200319192316.jpg


「球詠」は2020年春アニメ作品の一つです。4月から東京MX等で放映が開始されています。

「球詠」は2020年春アニメ作品の中では私的にはアルテ・邪神ちゃんドロップキック第二期・新サクラ大戦などと共に
私の大のお気に入り作品の一つですし、何よりも埼玉を舞台にしていて、新越谷が聖地である事も大変お気に入りです。
原作漫画やアニメでも時折出てくる「越谷レイクタウン」とは埼玉県最大のショッピングモールなのですが、あの広さは
驚異的です!
私も何度か行った事がありますけど、まるで巨大迷路のはまったかのようなとてつもない広さは何度行っても迷子に
なりそうです・・

作品概要としては、不祥事が元で崩壊してしまった女子野球部の立て直しに尽力する武田詠深とその仲間達の姿を描く
女の子の野球作品です。

またこの作品を語る上で外せない事は「百合」が一つのモチーフになっている事も挙げられそうです。

ストーリーとしては・・・
かつては強豪校として名をはせたものの近年は低迷し、そこにきて部内でのいじめ問題等の不祥事が明らかになり、
半年間の停部と対外試合禁止に追い込まれた結果、部員が次々と辞めていく中、理沙と怜はあえて退部せずに
維持し続けていました。
そこに武田詠深らが新しく加入したことによって試合ができる定員に達し停部も解けた事で活動を再開したという内容です。

投手・詠深と捕手・珠姫のバッテリーとしての信頼関係を同性の恋愛関係であるかのように描くなどして、
美少女JKさんのかわいらしさと野球漫画としての骨太的な構成がすてきに融合されている作品だと思います。
それにしても詠深の決め球のあのとてつもなく落差のあるボールの威力は驚異的だと思いますし、あれは魔球そのものと
いえそうです。
スプリット・フォーク・落ちるカーブなど色々と表現は出来そうですけど、少し古い言葉で言うと「ドロップ」という球種に近いものが
ありそうです。
ストレートもかなり速くて、初期の頃のチームは他チームからのマークを警戒するという事もあり、詠深の先発を回避
させてきたという事情はあるものの連戦連敗続きというのは野球というのはエース一人だけいればいい
スポーツではないということを意味していると思いますが、原作漫画においては、県レヴェルで詠深のボールをあんなにも
攻略できて点が取れるチームがたくさんあることに正直びっくりしたものでした・・

それとこの作品はアニメ版もとってもかわいいですけど、原作漫画の少し色っぽくてコケティッシュなかわいらしさも魅力的で
あの作風はまさに美少女野球そのものだと思います!
(アニメ版では時折作画崩壊を起こしていたのは、新型コロナウイルスの影響によるアニメ制作現場の大混乱という事も
あるのかもしれないです)
中村希の博多弁もすてきですし、強打者としての魅力も十分だと思いますが、大村白菊の「当たれば飛ぶ」という荒削りの魅力も素晴らしいですし、一見するとおしとやかな大和撫子さんですけどその未完の大器振りの可能性も素晴らしいですね~♪
中村希の一見した雰囲気が「22/7」の斎藤ニコルと少しだけ似ているのかな・・?と感じられるのもポイントが高いです。

三日前放映の新越谷VS影森の試合の続きの回もとてもよかったですね~♪

あの回を見ると改めて「野球とは流れとリズムと作戦である」という事がよくわかると思います。
相手校に先取点を取られ序盤は1-1の拮抗した試合展開が続きましたけど、流れ一つであんなにも展開がガラっと変る事は
野球とは人が行うものである事を物語っていると感じられます。
詠深はこの試合では一球も投げられなくて残念そうでしたけど、次の回はいよいよ埼玉県大会最大の番狂わせが
怒りそうな勝負の試合にもなりそうですし、詠深はこの試合は先発しますので、今から木曜深夜の放映が楽しみです!


_convert_20200319192532.jpg


「花鈴のマウンド」は漫画作品で現時点ではアニメ化の話は特に出てきていないようです。

「女子高生だって夏の甲子園で野球がしたい!」というJKさんたちの甲子園への夢を追いかけるストーリーです。
主人公の桐谷花鈴は都立星桜高校の女子硬式野球部のエースで、物花鈴の成長を描く物語でもあります。
幼馴染みの大門頼とかつて行った甲子園球場での感動が忘れられず、「甲子園でのプレー」を夢見て女子野球に打ち込む
姿が描かれています。

この作品は東京MXのCMで一時期結構宣伝動画が流されていましたので、球詠や八月のシンデレラナインと同様に
将来的に是非アニメ化が実現してほしいですね~♪


_convert_20200319193241.jpg

_convert_20200319193305.jpg


こちらはかなり前に深夜アニメ作品として放映されていた「大正野球娘」です。

女性の社会進出がまだ一般的でなかった大正時代末期にあって、野球を始め様々に努力を重ねる少女達の
明るい学園生活が描かれています。
大正浪漫とはいからさんが背景にもなっているのだと思います。

時は西暦1925年、東邦星華高等女子学院に通う鈴川小梅は、親友である小笠原晶子の誘いで野球を始めることになります。
そのきっかけは晶子の許婚である岩崎荘介が晶子に対して発した「女性に学歴など不要」「主婦として家庭に入るべき」という
何気ない一言であり、そうした男尊女卑の意識に反発した晶子は態度を硬化させ、
荘介が打ち込む野球でもって荘介の鼻を明かしてやり旧態然とした認識を改めさせようと思い立った事が
全ての始まりであったりもします。

野球を始めるにあたって必要な9人のメンバーを集めることも難しく、あの手この手でメンバー集めに奔走し、
そして集まったはいいものの、みんな野球のルールすらもよく分からないという感じの中、手探りで野球との関わりが
始まる物語でもあったりします。


_convert_20200319193329.jpg

_convert_20200319193350.jpg


「八月のシンデレラナイン」は青春体験型野球ゲームです。
プレイヤーは高校野球部の同級生監督となり、魅力的なJKさん達を指導・育成しながら共に甲子園という夢を追いかける
というのが本来のゲーム作品としてのあらすじです。

そしてこの作品は昨年・・2019年の春アニメとして放映がされていました~♪

アニメはゲームとはストーリーが異なり、翼が発起人となるところから物語が始まるなど、
主要キャラクター同士のかけ合いを中心として展開されていきます。

エンディングテーマは「どんなときも。」という作詞・作曲が槇原敬之 の作品でもありましたので、今となってはもしかしたら
第二期とか続編という展開になりそうな可能性は皆無なのかもしれないです。

そしてアニメとしての「八月のシンデレラナイン」は出てくるJKさんたちがみんなすてきな美少女ばかりでしたので、
昨年の春アニメとしては大好きな作品の一つでもありました~♪

元気いっぱいで天真爛漫の有原翼がいいだしっぺであり、このアニメ作品のヒロインと言えそうですけど、
私的には、プロ選手を目指して努力を続ける野球にストイックな少女の東雲龍やどことなく翳がありそうでもあり、
なにか訳あり的な雰囲気に溢れていた倉敷舞子の方に魅かれるもの大でもありました!

どうも私の好みの傾向としては、プリキュアは別とすると、例えば「響け!ユーフォニアム」での高坂麗奈とか
「八月のシンデレラナイン」の東雲龍とか、はたまた「22/7」の斎藤ニコルのように、孤高で凛とした雰囲気のある美少女さんが
お好みという傾向があるのかもしれないです。

それにしてもプリキュアもアニメ作品でも美少女と野球の組合せは最高なのだと思いますね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

球詠おそるべし

こんにちは。
球詠は、おもしろいですね。
最近は原作コミックの広告が芳文社のまんがタイムシリーズだけでなく、週刊ベースボールにも掲載されるので、驚きます。

新越谷のメンバーで好きなキャラは中村希ちゃん。
外野とファースト、左打ちなら中村晃がモデル。
ボクが初めてプロ野球選手にサインをもらったヒト。
普通は年上の選手でしょうけど、年下の選手が初めてというレアなケースになっちゃった。

新越谷監督の藤井杏夏さん。
中の人はプロ野球関係者?になった方。
西武の野田昇吾投手の奥さん。
ダンナさんは左の中継ぎで23歳。
昨年はホークス戦だけ失点0。
完全なホークスだけキラーです。

球詠

五航戦の愛鷹 様


球詠は毎回毎回あっという間に30分が経過しますし、見ているだけで野球の楽しさ・面白さがストレートに
伝わってきますし、毎回「早く次回の放映にならないかな~」と楽しみになっています。

埼玉が聖地になっているのも素晴らしいですし、女性監督というとやはり埼玉の学校がモデルになっている
「大きく振りかぶって」を彷彿とさせてくれそうです。
新越谷監督の藤井杏夏さんの声優さんは西武の選手の奥様だったのですね~
そう言えば、野田昇吾投手は最近テレビ埼玉の「ライオンズアワー」でインタビューを受けられていて、
ようやく決まった開幕について決意を新たにされているようでした。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |