FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


一つ後の記事がH.ベルリオーズの「幻想交響曲」~Ⅳ.断頭台への行進に関する記事でもありますので、本記事では
幻想交響曲の続編とも言うべき知る人ぞ知る・・というかほとんど演奏もされませんし録音も限られている
「レリオ、生への回帰」に関して少しばかり触れさせて頂きたいと思います。

それにしても改めてですけど「幻想交響曲」の革新性は凄い・・としか言いようがないと思います。
どの点がすごいのかについては一つ後の記事で触れていますので、ここでは割愛させて頂きますけど、
幻想交響曲が作曲された3年前にあの楽聖・ベートーヴェン大先生がご逝去されたという事で、この二人の大作曲家の
活動時期が被っていたとは到底信じられないほど、この二人の作風はあまりにも大胆に異なっていますし、
幻想交響曲を今現在の感覚で聴いても、その革新性と大胆さには驚愕させられるばかりですし、
ベルリオーズの私生活や私情を自作作品に持ち込んだ作風は、むしろ後年のマーラーすらも凌ぐものがあるのかも
しれないです。

チャイコフスキーやフランクというと、循環形式という一つの主題が各楽章に受け継がれていく形式でもお馴染みですけど、
幻想交響曲の場合、曲全体を貫く恋人の主題が各楽章の中で色々変容していっているのが面白い所です。
この恋人の主題は、第四楽章「断頭台への行進」におけるギロチンの刃物が落ちてくる瞬間にも再現されますし、
第五楽章の「魔女の夜宴-魔女のロンド」においては、化け物となった恋人のなれの果てのテーマとして再現されています。

幻想交響曲が作曲されていた頃に使用されていた打楽器は基本的にはティンパニに限られ、
まれにシンバル・大太鼓・トライアングルが入る程度だったのですが、20世紀の打楽器主義を予感させるように、
幻想交響曲においては鐘・小太鼓も使用されていて、ティンパニも第三楽章の嵐の表現では四人の奏者を用いていますし、
第四・第五楽章では常に二人の奏者を用いていますし、第五楽章においては大太鼓も二人の奏者を使っています。
指揮者によっては、第四楽章の小太鼓を二人用いる場合もありますし、
第五楽章の最後のシンバルの打音を二人の奏者を使用する場合もあります。
一つ後の記事でも書いた通り、私自身、吹奏楽コンクールにて幻想交響曲~Ⅴ.魔女の夜宴-魔女のロンドを
演奏したことがありますけど、クラリネットの位置からもティンパニ2台と大太鼓2台の轟音は轟渡ってきていて、
あの迫力は悪趣味で奇怪な響きですけど、打楽器一つとっても時代を先取りした革新性は十分伝わってくるものは
間違いなくあると思います。
第三楽章は、コールアングレとオーボエのソロによる掛け合いが延々と続く訳ですけど、上記で触れた通り最後の方では
ティンパニ奏者を4人も使用し、野原を彷徨う描写の中で、このティンパニは「遠くからの落雷の響き」を演出しています。
一人に付き一台のティンパニーを割り当てていて、A♭・B♭・C・Fの四つの音を4人で叩きだしています。
この場面は音量のダイナミックスレンジも幅広く、pp~fの範囲でクレッシェンド・デクレッシェンドを展開させていて、
指揮者によってはこの場面に関しては、オーボエ奏者を舞台裏に配置させ、舞台裏から吹かせることで
「遠くから響いている・・・」という音の遠近感を演出させている事もあったりします。

冒頭から話がそれました・・話を「レリオ、生への回帰」に戻します。

「幻想交響曲」は姉妹作というか続編みたいな作品が存在し、それが叙情独白劇「レリオ、生への回帰」という作品です。
あまりにも有名な「幻想交響曲」の作品番号が、14-aとなっていますが、
「レリオ、生への回帰」の作品番号は、14-bとなっています。
ベルリオーズ自身は、スコア上で「出来れば幻想交響曲とレリオは続けて演奏される事が望ましい」と指示を出していますが、
実際にこの2曲がセットで続けて演奏される事はまずないと思います。
というか、無いです・・・
ちなみに日本でこの「レリオ、生への回帰」が初演されたのは平成に入ってからであり、
小林研一郎指揮/大阪フィルが多分初演だと思われます。

この「レリオ、生への回帰」は、ヘンというのか、幻想交響曲以上に常軌を逸した作品です。
55分の演奏時間の内、半分以上は、音楽ではなくてベルリオーズ自作のテキスト朗読によって費やされます。
このテキストというのも、ベルリオーズ自身の失恋体験をベースに書かれたものです。
幻想交響曲は、当時の人気女優、ハリエット・スミソンに対する苦しい片思いの恋から作曲されていますけど、
(後に一応この二人はめでたく結ばれます)
レリオ、生への回帰は、ピアニスト、マリーとの婚約解消という大変シビアな体験から生み出されています。

この曲、一度だけ、東京文化会館5階の音楽資料室でレコードを借り、聴いたことがあるのですけど
(ブーレーズ指揮だったような記憶があります)
テキスト朗読は外国語でさっぱり分からないし、印象としては「あまりにも散漫すぎてよくわからない」という感じでした。

幻想交響曲という音楽史に残るメジャーな曲で、現在でもプロの管弦楽団のレパートリーとして定着し続ける曲の
姉妹作というか続編にこんなヘンな曲があるという事実は、
ベルリオーズ自身ももしかしたら過去のこっ恥ずかしい思い出とか若かりし日の駄作という事で、もしかしたら
あまり触れてほしくない作品という扱いなのかもしれないです。

ベルリオーズは、幻想交響曲を含めて、交響曲の分野では、いわゆる古典的形式には全くとらわれない自由な形式の
作品ばかり残しているのは、さすが異端児という感じでもあります。

例えば・・・・

〇交響曲「イタリアのハロルド」 → 交響曲というタイトルですけど、実際はヴィオラ協奏曲という側面もありそうです。

〇劇的交響曲「ロメオとジュリエット」 → 大規模合唱を伴い、実際はカンタータに限りなく近いです。

〇葬送と勝利の交響曲 
 → この作品は吹奏楽のための交響曲であったりもします。オプションとして弦五部を入れることも可能です。
       
レリオ、生への回帰は下記の6曲から構成されています。

第1曲 漁師
第2曲 亡霊の合唱
第3曲 山賊の歌
第4曲 幸福の歌
第5曲 間奏曲
第6曲 嵐による幻想曲

第6曲の開始までは語り手のみが舞台の前に立ち、オーケストラ、独唱者、合唱団は舞台に下ろされたカーテンの裏で演奏をし、
第6曲を演奏する時に初めてカーテンが上げられます。

やはり相当ヘンな曲ですよね~

このヘンな曲は一度だけ、吹奏楽コンクールの自由曲として演奏されています。
1989年の東海大学第一中学校が、この「レリオ、生への回帰」を演奏しているとのことですけど、
一体どの部分をどうやって演奏したのでしょうか・・??
すごく気になりますけど、この年の東海大学第一中学校は東海大会ダメ金で全国に進めず、音源が残っていませんので、
今となっては確認の仕様がないのがちょっともったいないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

話は違いますが、どうやら夏の全国高校野球大会の中止が決まったようです。
甲子園大会は高校球児だけでなく、各高校の吹奏楽部が演奏を競う場でもありました。
高校三年生は生涯ただ一度の晴れ舞台に立つはずだった…彼らの胸の内を思うと残念でなりません。

残念ですね・・

sado jo 様


本日、正式に夏の甲子園が中止となり、吹奏楽も野球も3年生にとっては「憧れの舞台」が喪失したことになります。

本当に哀しい事ですし、特に3年生の気持ちを考えるといたたまれないです。

吹奏楽の全国大会常連校の磐城高校は吹奏楽コンクールにおいて全国大会への道を絶たれ、
野球部も春の選抜出場が決まっていたのに、春も夏も中止という事で、
生徒の皆様の気持ちを考えると暗澹たる気持ちになりそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |