FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


_convert_20200312192721.jpgheight="352" />

_convert_20200312192748.jpg


ラーメン業界におけるラーメン店舗のフランチャイズ化の先駆的事例として「どさん子ラーメン」が挙げられると思います。

私自身が子供の頃の昭和40~50年代初期においては、今現在のいわゆるラーメンチェーン店というものはまだ存在せず、
「ラーメン大好き 小泉さん」の中で小泉さんが何度か語られていた「町中華」としての普通の中華料理店のメニューの中の
一つが醤油ラーメンとか中華そばであり、ラーメン専門店自体がまだどちらかというと珍しい時代でもあったと思います。

そうした時代において一世を風靡したラーメンチェーン店の代表的存在が「どさん子ラーメン」なのだと思います。

あの当時の関東以北のラーメンというと醤油ラーメンまたは塩ラーメンが一般的であり、当時は関東以北にはほとんど
とんこつラーメンすらなかったような気がします。
そうした時に「どさん子ラーメン」で初めて食べたみそ味のラーメンというのはまさに衝撃的な味だったと思いますし、
みそラーメンのおいしさを日本人全体に知らしめたのがどさん子ラーメンの大きな貢献の一つであるのは間違いないと
思いますし、みそラーメンの具材としてトッピングされていたバターととうもろこしの美味しさというのもどさん子ラーメンの
みそラーメンを通して初めて認識したといっても過言ではないと思います。

今にして思うと、みそラーメンにバターととうもろこしを入れさえすれば「それで北海道のラーメンじゃん!」と認識させられたのも
どさん子ラーメンなのかもしれないですね~♪
昭和の頃の町の中華料理店で味わうラーメンは醤油ラーメンが多くて、その具材もメンマにナルトにうすいチャーシュー一枚だけ
というシンプルというかどちらかというとしょぼい具材が多かった中で、どさん子ラーメンのみそラーメンにおける
バターととうもろこしのトッピング具材はささやかな贅沢とも言えそうでしたし、具材としてバターやとうもろこしを入れるという
発想自体がとてつもなく新鮮だったのかもしれないです。

どさん子ラーメンのみそバターラーメンのコクのあるやや辛めの味噌スープは、とうもろこしの甘味が味噌の深みを
さらに際立たせいたと思いますし、あの当時はとうもろこしというとみりんと醤油で焼いたものや茹でたものに塩をまぶして
食べるというイメージが強かったとうもろこしの新しい味覚という感覚も多少はあったと思います。

昭和の頃にはいたるところにどさん子ラーメンの店舗を見かけたものでした。

東京近郊はおろか、地方の外食店のない場所にまで店舗を広げ、短期間であっという間に1000店舗を超え、
日本人にみそラーメンという新しいラーメンの味を定着させたどさん子ラーメンなのですけど、実は最近はとんとそのお店も
見かけることが少なくなってきました。
最盛期には全国で1200店舗を展開していたものの、2019年5月時点では194店舗まで店舗数を激減させています。
どさん子ラーメンそのものの第一号店は昭和42年に都内の墨田区両国に「札幌ラーメン どさん子」との事です。
ここまで大成功した要因としては、当時はまだ珍しかったみそラーメンという新しい味を日本人の舌にあわせてうまく
開発できたこととアメリカのマクドナルドを見習ってフランチャイズシステムを取り入れた事が挙げられるのかもしれないです。
(ちなみに日本初のフランチャイズチェーンとされるのは「養老の瀧」なそうです)
1968年にサンヨー食品が「サッポロ一番みそラーメン」を発売したのも追い風となり、空前の札幌みそラーメンブームが
60年代後半から70年代に到来し、どさん子ラーメンはサッポロ一番みそラーメンと共に、みそラーメンブームを牽引し
みそラーメンの珍しさもあり一時はラーメンの全国制覇したどさん子ラーメンなのですけど、
「これはビジネスチャンス!」と見られると似たような感じのお店がその後乱立してしまうのは資本主義の一つの功罪なのかも
しれないです。
どさん子ラーメンに対してどさん娘ラーメンができたりなど紛らわしい店も含めて2500店以上に増えれば、
パイオニアであったはずのみそラーメン自体がどこにでもある存在となってしまうのもある意味時間の問題だったのかも
しれないです。
80年代から90年代にかけて陳腐化してしまい次第に消費者に飽きられ始めた事に加えて、
とんこつラーメンの急激な勢力拡大もありましたし、福岡から「博多一風堂」や「一蘭」などの人気店が続々と東京に進出
してきましたし、福島県の喜多方ラーメンや尾道・佐野などといった人気ご当地ラーメンのブレイクもありましたし、
幸楽苑といったラーメン専門チェーンの全国展開化やコンビニラーメンの浸透や、バーミヤンやファミレス等でのおいしい
ラーメンの提供等というのも追い打ちをかけたのかもしれないです。

こうした怒涛のラーメンブームにどさん子ラーメンは埋没していったといえるのかもしれないです。

だけど現在もどさん子ラーメン自体は存在していますし、新しいオーナーがこれまでのメニューに囚われない新しい
メニューの開発やその店舗独自のメニューの開発等もありますし、なによりも日本人に初めてみそラーメンのおいしさと
バターととうもろこしのトッピングを知らしめたパイオニア的存在がどさん子ラーメンであるのは間違いないことですので、
先日取り上げた「ラーメンショップ」共々まだまだ頑張ってほしいですし、
私も店舗を見かけた場合は、たまにはどさん子ラーメンにてバターととうもろこしのトッピングのみそラーメンを味わい、
小泉さんのようにふはーとなってみたいものですね~♪


CIMG3836_convert_20200313071740.jpg


以前の当ブログのラーメン記事の中で「激辛ラーメンの辛さを少しだけでもマイルドにしてしまうトッピング」として、
チーズと半熟卵を挙げましたけど、上記のどさん子ラーメンのみそラーメンは、子供の頃に食べた記憶としては
「ちょっとピリッとする辛さ」というものもあったと思います。
当時は激辛ラーメンとか担々麺すらもほとんどない時代でしたので、みそラーメン自体がどちらかというと辛いラーメンという
感じだったのかもしれないです。
そうした味噌ラーメンの辛みをマイルドに中和させる具材がバターでありとうもろこしだったのかもしれないです。

先日ですけどとあるスーパーで日清の麺職人の濃厚担々麺が激安価格で販売されていて、
「お昼ごはんにはうってつけなのかも~」と感じたのですけど、真冬ならばともかく既に春の陽気においては、
あまり激辛ラーメン食べて汗かくのもどうかな・・と思ったのですが、「辛さを中和させる具材」としてのとうもろこしの存在を
ふと感じたもので、この濃厚担々麺にとうもろこしを入れてみることにしました。


CIMG3837_convert_20200313071822.jpg


日清麺職人 濃厚担々麺は先入れ粉末スープとかやくに後入れ液体スープの2袋から構成されています。

とうもろこしは「缶詰でもいいのかな・・?」と思ったのですけど、色々とみているとはごろもフーズから「シャキッとコーン」という
金属製の缶ではなくて紙製の容器にはいっているものを発見し、
「最近のとうもろこしの缶詰は紙製パックというエコなタイプもあるものだ・・」となんだか感心してしまい、この紙製タイプを
購入いたしました。

とうもろこし自体は大変甘くておいしいです。

そしてこの甘さは担々麺のスープの辛さを相当程度マイルドにさせる役割も担っていると思います。


CIMG3840_convert_20200313071843.jpg

CIMG3841_convert_20200313071905.jpg


麺の上に粉末スープとかやくの先入れを入れて熱湯を注ぎ4分待ったところで、液体スープを入れて混ぜ混ぜします。

日清麺職人の濃厚担々麺はマイルドな辛さではなくて、相応の辛さはあると思います。

名古屋台湾ラーメンや北極みたいなとてつもない激辛ではなくて、どちらかというと優雅で上品にまとめられた激辛だと
思うのですけど、やはりそれなりに舌はビリビリと痺れる辛さは十分すぎるほど感じられます。


CIMG3843_convert_20200313071926.jpg


この状態ではごろもフーズのシャキッとコーン全部を投入します!

もちろんスープの辛さが減るという事はないのですけど、シャキッとしたとうもろこしの甘さが麺とスープに絡んでくると
辛いという感覚よりは「甘さと辛さのすてきな融合」を感じたりもします。
食べていてとうもろこし無しの状態のスープよりは、はるかにゴクゴクと飲み干せる食感があったりもします。

こうやってみてみると、とうもろこしの甘さは激辛系食品をかなり中和させる調味料的なものがあると思います。

みそバターラーメンのトッピングとしてのとうもろこしの存在も素晴らしいですけど、同じく担々麺のトッピングとしても
アリなのかもしれないです。


CIMG3844_convert_20200313071946.jpg


とうもろこしは味も食感もとても素晴らしいですけど、特にあの「甘さ」は捨てがたいものがあると思います。

東方の世界において、とうもろこしは東方茨歌仙第6話・雷の持つ見えない毒に登場しています。

茨歌仙の第6話は第2巻に収録されている話なのですけど、この頃はまだ初期の頃という事で
華扇や霊夢や早苗さんの絵のタッチが今とかなり異なっていますので、最終巻あたりの早苗さんのあの美少女ぶりを
見てしまうと作者様の絵の進化というものを感じたりもします。

東方茨歌仙の最終巻にてついに華扇の真の正体が判明しまたけど、その正体については皆様各自で
第10巻を購入して頂きたいと思います。

この第6話の中では、大変珍しい事に霊夢と魔理沙が何やらぐったりとしている描写から始まります。
それを見た華扇の反応は「「貴方達から元気を取ったら何が残るの?」という事なのですけど、
後からやってきた早苗さんも「二人から元気を取ったら一体何が」と華扇とほぼ同じ感想を述べているのが
大変面白いものがあると思います。
そして華扇のそのセリフの欄外に「人間のクズになっちゃうわ」というやはり華扇のセリフが掲載されていますけど、
初期の頃の華扇は、霊夢・魔理沙を心配しているというよりは、特に霊夢に対して
「そのサボリ癖とか巫女としての自覚のうすさ」等に対して説教を重ね、口うるさい仙人としてのイメージが感じられたりもします。

この話の中でどうして霊夢と魔理沙の二人がぐったりと元気がない様子なのかというと、その原因は
様々な動物を飼い慣らし動物とも自由自在に会話が出来る華扇が放し飼いとして飼っていて、
冬場はおとなしい為にうっかり華扇がその存在さえも忘れてしまった電気獣とも言うべき「雷獣」の毒に当ってしまった
という事が判明します。
華仙にかまってもらえないことを不満に思った雷獣は、そのストレス発散のため雷雨を起こし、
雷獣は雷を起こすときに毒を発生しもその毒を浴びると、人間はやる気をなくして考えることすらやめて、
廃人になってしまうというというのは、実は東方の作り話と言うのではなくて、雷獣の妖怪としての伝説に基づいている
話でもあったりします。
その毒を消すにはとうもろこしが効くというのも雷獣の妖怪としての伝説に基づいていたりもします。

早苗さんはとうもろこしを集めて霊夢と魔理沙に食べて貰いなんとか二人の毒は消え、霊夢と魔理沙は元気を回復します。

それではどうして霊夢と魔理沙が雷獣の毒に当たったのかというと、これはまたまたいつもの霊夢の「楽して金儲けしよう」
という大変安易な発想に基づいていて、霊夢と魔理沙は雷獣の雷から電気エネルギーを得て、
一儲けしようと考えていましたけど、自分たちがその毒に当たってしまった現状を鑑みて
「これは無理っぽい・・」と断念せざるを得なくなります。
霊夢と魔理沙は落雷時に雷獣の存在を発見し、それを利用してエネルギー問題を解決し、
あわよくば余剰エネルギーを売るつもりだったらしいという意図があるのですけど、
「ミイラ取りがミイラ」になってしまうの諺通りにこの二人が雷獣の毒に当ってしまったというのも
実に東方らしい話と言うのか白蓮さん風に言うと因果応」の世界なのかもしれないです。


CIMG3847_convert_20200313072030.jpg


この時、早苗さんは外界ではお馴染みな道具ですけど幻想郷ではその存在自体がありえないはずの
カセットコンロを守矢神社から持って来て、このカセットコンロを使って焼きとうもろこしを作り皆に振る舞っていました。
早苗さんは外界から幻想郷に移住時にわざわざカセットコンロまで持ってきたという事なのかもしれないです。
カセットコンロにはガス缶は必要不可欠なのですけど、幻想郷には当然カセットコンロもガス缶もありませんので、
考えられるのは、外界で市販されていたものを幻想郷移住の際に持ち込んでいたのか、
カセットコンロとガス缶自体を河童のにとりたちに作って貰っていたのかもしれないです。

それにしても私も早苗さんが作られた焼きとうもろこしを頬張ってみたいものですね~♪


CIMG3846_convert_20200313072010.jpg


雷獣や雷獣の毒の解毒剤としてのとうもろこしなのですけど、元ネタはきちんと存在しています。

松浦静山の随筆「甲子夜話」によれば、雷獣が大きな火の塊とともに落ち、
近くにいた者が捕らえようとしたところ、頬をかきむしられ雷獣の毒気に当てられて寝込んだという話もあるとの事です。
また江戸時代の画家・谷文晁の説によれば、雷が落ちた場所のそばにいた人間は気がふれることが多いが、
とうもろこしを食べさせると治るとの事です。
またとある武家の仲間が、落雷のそばにいたために廃人になったものの、とうもろこしの粉末を食べて正気に戻ったという
エピソードも紹介されています。
東方茨歌仙に限らず東方の世界観は、西洋東洋問わず世界各国の様々ないい伝えを物語の中に
ちゃんと反映している点も素晴らしい所があると思います。

早苗さんは、霊夢と華扇の会話を聞いて電気の獣というワードに反応し、
ウナギやナマズの他にピカチュウらしきものを思い浮かべるというのは、外界出身者の早苗さんらしいエピソードと
いえそうです。
霊夢や魔理沙にピカチュウとんなんとかいっても「なんじゃそれ・・!?」みたいなきょとん・・顔をされてしまうのが
オチなのしれないです。

東方茨歌仙第6話・雷の持つ見えない毒の話の中で、華扇が語っていた「リスクのない恩恵なんてこの世には無いのです」
というのがこの話の最大のテーマと言えるのかもしれないです。
等価交換というのは、なにかを得ようとするならなにか代償を支払わなければいかないという事なのですけど、
「電気のような高度な恩恵を得たければかなり大きなリスクを負うのは当然です」という華扇のセリフは、
福島の原発事故を意識した教訓話と言えるのかもしれないです。
「東方地霊殿」は2011年以前の話なのですけど、あの中「核融合という力を暴走させてしまったお空というキャラが
登場したりもしているのですけど、東方の創造主のZUN神主様としては、
お空といったある意味危険キャラを生み出してしまったという自戒の意味を込めて
茨歌仙第6話の中に華扇の言葉の中にもしかしたら「人間にはむしろ知らなくてもいい技術がある」という事や
「原子力発電という大変リスクの高い技術を人間が使用するにはそれ相応の覚悟と事前対策が必要である」という事を
私たちに提示していたのかもしれないです。


2016-summer-sanae-00_convert_20160713185411.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の作品はアミグリさんが2016年7月に描かれた水着早苗さんです~♪

どうしてこの水着早苗さんをチョイスさせて頂いたのかというと、暦の上では既に初夏ということで、これから本格的に
開始される夏というとやはり真っ先に思い浮かぶのはアイスと美少女たちの水着ですよね~♪

そんな訳でソフトクリームを楽しまれている水着早苗さんにご登場して頂きました。

この水着早苗さんはマーメイドみたいな雰囲気が漂っているようにも感じられますし、
ソフトクリームを手にしていて、口元にちょこっとクリームが付いているのを手でペロッと舐めているようにも感じられるのが
とてもキュートだと思います。
こういう表情の早苗さんって幻想郷のすてきな巫女さんという感じよりは、外界のJKさんみたいな雰囲気も伝わってきていて、
とてもかわいいと思います。
表情がどこなくきょとん・・としている雰囲気も早苗さんのかわいらしさを更に引き立たせていると感じられます。

早苗さんのトレードマークの一つが髪のカエルとヘビの髪飾りでして、普段のヘビの髪飾りは「白蛇」をイメージされているのか
ほとんどの絵師様はヘビの髪飾りを白に描かれる方が多い中、アミグリさんはあえて
夏らしい雰囲気を重視して蛇を水色で描かれているのはアミグリさんのすてきな着眼点だと思います。

同じビキニの水着早苗さんをモチーフにされていても、2012年6月に描かれた水着早苗さんは健康的で
はちきれんばかりの明るい早苗さんを描かれ、
2016年の早苗さんの方は「バカンスを楽しまれる少女の明るさ」というものを表現されていて、
同じテーマでも被らずに表現的な違いをきちんと伝えられている点も高く評価されて然るべきだと思います。

それにしてもソフトクリームを食べている早苗さんはとってもキュートですね~♪

早苗さんの日の当ブログと5月10日記事にて「セーラー服早苗さん」を転載&ご紹介させて頂きましたけど、
早苗さんは外界のJKさん時代はブレザー制服もセーラー服もどちらもとてもよくお似合いだと思いますが、
水着の早苗さんは、ビキニでもワンピースでもどちらもとてもよくお似合いだと思います。

だけどアミグリさんの描かれるビキニタイプの早苗さんを見てしまうと「早苗さんの水着はビキニがよくお似合い」と
感じてしまいそうです。

上記のアミグリさんが描かれた早苗さんの権利は、早苗さんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい早苗さんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱり早苗さんはすてきなキャラですよね~♪

そしてとうもろこしはラーメンの具材としてもすてきですけど、とうもろこしを焼かれてみんなに振舞われる早苗さんは
本当にすてきだと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

久々に深夜の飯テロを食らってしまいました。カレーヌードルが確かあったなぁ…。
「どさん子ラーメン」は実はこちらには店舗展開が無く、私としては馴染みのない存在なのですが、記事を拝見して大変お腹が空きました(^^♪味噌ラーメンは偉大です!面職人のコーントッピングもかなり効果的そうですね!今度やってみます。
東方のお話紹介では早苗と華扇にスポットが当たっていて、俺得でした(^^♪アミグリ様のイラストも早苗さんという事で、夏先取りといった感じの可愛く素敵なイラストですね(*^^*)

どさんこラーメン

ごにぎり 様


どさんこラーメンは1970年代の勢いはすごいものがありましたけど、正真正銘の元祖が二番煎じのお店に
勢いをそがれてしまった典型事例なのかもしれないですけど、味噌コーンバターラーメンを日本に定着させた
パイオニアとしてまだまだ頑張って欲しいです。

小泉さんの中では味噌ラーメンがほとんど出てこないのは、意外と作者の鳴見先生が味噌ラーメンが好みでは
ないのかもしれないです・・

麺職人の坦々麺へのコーントッビッングは辛さマイルド校歌の意味でもお勧めですね~♪

アミグリさんの描かれた水着早苗さんをお褒め頂きありがとうございます!
雰囲気的には夏のマーメイドみたいな感じで、初夏の季節にうってつけの絵だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |