FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年の課題曲Aは「イリュージョン」という曲でしたけど、
この曲の副題は「幻想」という事なのですが、作曲者のイメージとしては
力いっぱい駆け抜けていくという感覚もあるとの事でした。
この課題曲は、自分たちの高校も課題曲として選曲し、実際に4ヶ月以上練習してきた曲なのですけど
実際に吹いてみた感覚としては、
繰り返しが非常に多いという感じで、「幻想」というイメージには程遠く
吹いていて正直「面白い」という感じはあまりしませんでした。
この課題曲は、ユーフォとトロンボーンとチューバだけという非常に薄い部分から開始され
非常にやりにくい出だしであり、指揮者も奏者も非常に嫌がっていました・・・

この年に高校に入学したものの、
自分でいうのも何ですが、結構無理して進学校に入ったという事もあり、元々自分の頭脳にとっては
身分不相応という学校だったせいもあり、最初の一年間は
ホント、まじで翌年の新旧すらもやばい成績不良の生徒だったと思います。
中学校の時は、「井の中の蛙、大海を知らず」のことわざ通り、田舎の学校内では
「頭が良い」という事で通っていても、
進学校の中では、全然大したことがないどころか、まじに「頭が悪い生徒」の範囲に
すっぽりと入っていました。
だって、一学期の最初の試験では、数学は200点満点でわずか31点で、残りの教科もほぼ全て
赤点スレスレという感じで、
正直まじに相当へこんでしまいました・・・

吹奏楽部内でも、自分よりも上手な人達が一杯いて、
ホント、毎日が「あーあ」という感じでした。
一年生の12月くらいまでは毎日がこんな感じだったと思います。

課題曲A「イリュージョン」は「幻想」という意味という事は先ほど書いた通りなのですけど
英語辞書を引くと、「忘れてしまいたい嫌な事」という意味もあり、
自分にとっては、この1981年は、まさにイリュージョンみたいな一年でした。


〇磐城高校

 この演奏は自分にとっては衝撃的な演奏でした。
 同じ東北の高校生なのに、なんでこんなに彼らはレベルが高いのだろうと、当時は本当に
 驚愕したものです。
 自由曲の「中国の不思議な役人」は細かい部分までほぼ完璧に仕上げ、それでいて
 ワイルドさ・切れ味・躍動感も申し分なく
 聴いていてゾクゾクするものがありました。
 金管もうまいけど、男子校ながら木管セクションのしなりもお見事で素晴らしかったと思います。
 トロンボーンのソロも完璧に決まっていました。
 天理と並んでこの年の名演の双璧といっても過言ではないと思います。
 吊るしシンバルのお兄さんの過剰なアクションも見ていて楽しかったです。
 このチームはこの年が全国初出場でしたが、2001年まで二度目の全国金賞はありませんでした。
 2001年に当時の指揮者の根本先生を迎え、同じ自由曲で全国金賞を受賞しています。
 根本先生にとっても感慨深いものがあったと思います。
 2001年の演奏は、81年の演奏に追加場面を色々加えてあり、81年以上の大変素晴らしい演奏を
 聴かせてくれています。
 個人的には、藤林先生時代の1997年のギリングハムの陰鬱な世界も大好きです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/535-de61f33b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |