FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


本記事は昨年の12/25に掲載させて頂いた記事を大幅に加筆・修正・再構成させて頂いた記事です。

元の記事は管理人の私が言うのもなんですけど、結構いい感じでまどめた記事ではあったのですけど、
掲載したのが年末近くのクリスマス当日の記事という事で、反響・アクセスが極端に悪かったという事もあり、
改めて再掲載の形で記事にさせて頂きたいと思います。





「女子高生の無駄づかい」のアニメの内容は原作漫画の第1巻~3巻の内容で主に構成されていて、
ネタ的には第二期も余裕でいけるじゃん!という感じでもありますので、「ラーメン大好き 小泉さん」同様に
是非第二期も実現してほしいです。
「女子高生の無駄づかい」は今年の1~3月にテレビ朝日系列で実写化ドラマ版も放映されていて、視聴率的には結構
苦戦していたようですけど、各キャストの絶妙な配置とバカ役の岡田さんの怪演やリリィのあまりにもはまり役ぶりなど
私的には十分満足する内容だったと思います。
「ラーメン大好き小泉さん」の実写版ドラマも制作が決まっているようですけど、こちらの方も小泉さん役の女優さんが
バトンタッチされることで、初代の小泉さん役の方も既に人妻になられていますので、人妻さんがさすがにJKさん役を
演じられるのも相当無理があるという事で、二代目へのバトンタッチはやむを得ないと思います。
二代目小泉さんに望むことは、私的には初代のように「ニコニコ笑ったご機嫌のよい小泉さん」だけは勘弁して~に尽きると
思います。

「女子高生の無駄づかい」の原作漫画第5巻のおまけとしてとある企画モノが掲載されていました。

これは2017年のニコニコ静画で企画されていたのですけど、「女子高生の無駄づかいのキャラの中で、この組合せによる話を
読んでみたい」というアンケートを実施し、その第1位の組合せを漫画にするという内容でしたけど、この企画で
第一位に輝いた組合せというのが、ヲタ×ワセダという組合せでした。
(私的にはロボ×マジョの組合せが見たいですね~)
ワセダとは、バカやヲタたちのクラス担任の27歳独身教師でして、ヲタにとっては言うならば教師と生徒の関係です。
(ワセダの本名は佐渡なのですけど、ワセダというのはバカの田中が担任の佐渡に対してつけたあだ名です。
由来は佐渡が早稲田大学を連想させられる有名大学卒業だからです)

それにしてもこのワセダの苦労は尽きそうにもないですね~

只でさえ都立さいのたま女子高校というおバカ学校の底辺校の教師という苦労ポジションなのに、学業成績が
とてつもなく悪くて落第と進級のボーダーラインに立っているバカとヤマイはクラス内にいるし、
バカの田中のバカぶりは常軌を逸するほどですし、ヤマイのあまりにも重症すぎる中二病もワセダにとっては頭が痛そうです・・
一応なんとか登校できるようにはなったものの学校は休みがちで出席日数が足りないマジョもいるし、ここに
2年生に進級して以降は、ノラというこの作品最大の危険な問題児も登場してくるはで、これはワセダがぼやくように
いつ禿げて丸坊主になってもおかしくないストレスみたいな感じなのかもしれないです。

ヲタはそのあだなの通り、大のアニメ好き・BL漫画大好きの腐女子で自らも漫画を描いているJKさんで、バカへの容赦のない
ツッコミ担当でもあります。そしてヲタは大のボーカロイド楽曲好きで、特に低所得P提供の楽曲が大好きという事です。
一方ワセダは表の女子高校教師という顔とは別に、学生時代にやっていたバンド経験を活かし、ボーカロイドへの楽曲提供を
欠かさず投稿しているのですけど、実はヲタが大ファンで敬愛してやまない低所得Pとは実はワセダの裏の顔でもありました。
そうした経緯は、原作漫画第4巻まで、そしてアニメ本編の「ユメ」という回まで二人はその事を知る由もなかったのですけど、
原作漫画の第5巻、そしてアニメでは「ユメ」回にてついに・・ボカロイベントのCD即売イベントの会場内で、
ヲタは自分が尊敬してやまない低所得Pの正体が実は自分の高校の担任教師であるという事実を知る事となり、
ワセダは自分の楽曲の大ファンであるというアカネの正体が実は自分の高校のクラスの教え子でもある菊地茜=ヲタである
という事実を知る事になったのでした。
その衝撃のシーンの際は、さすがにワセダは年の功と言う事もあり落ち着いた対応をしていましたけど、
動揺しまくっていたのはヲタでした。
そりゃそうですよね~ あんなにも敬愛し大ファンであった低所得Pの正体が自分にとってあまりにも身近すぎる存在で
あった事は、ヲタにとっては偶然な現実なのかもしれないけど同時に残酷な現実だったのかもしれないです。

さてさて、原作漫画第5巻のおまけのヲタ×ワセダの組合せの漫画は、上記で書いた通りこの組合せは
読者アンケートの結果により実現された漫画なのですけど、ヲタとワセダがそれぞれその正体が判明した話の
すぐ後の話と言う事でその後日談みたいな感じが展開されているのが大変興味津々ですしとても面白いです!
詳細はネタバレになりますのであま深くは書けないですし、「各自それぞれで第5巻を購入してくださいね~」としか言いようが
ないのですけど、一言で言うと、多分吉野家でキムチ豚丼大盛を注文したワセダが、店員に持ち帰り用と勘違いされ、
お弁当容器に入れて渡されたのですけど、ワセダは店内で食べる事はちゃんと伝えてはいました。
面倒くさがる店員に「あー、いいから、その持ち帰り用容器に入っているキムチ豚丼を丼にそのまま移すだけでいいから・・」と
伝えてはいたものの、店員が持ってきたモノにはなぜかキムチがのっておらず豚丼大盛だけが運ばれてきました。
さすがにそれ以上クレームつけるのも面倒くさくなり、ワセダは何も言わずそのままキムチ無しキムチ豚丼を食べて
家路につきました。
しかし翌日になってもそのイライラ&モヤモヤした気持ちを音楽室のピアノにぶつけて、激しい感情の高まりの楽曲を
弾き語りしてストレス発散をしていたのですけど、その光景をたまたま通りかかったヲタに見られてしまい、
ワセダとしては、「豚丼大盛は400円、キムチ豚丼大盛は450円、その差額の50円を返せ~!」という気持ちを
「のせろよ! オレのキムチ」という歌詞に込めて吐露したのですけど、そうした事情を知る由もないヲタは、
「乗せろよ! 俺の気持ち」とワセダが歌っているように感じてしまい、
「いつもはあんなにもクールで感情を出さないあのクラス担任のワセダが、こんなにも体に電気が流れるような曲を
弾くなんて・・」とポーー―ッとなってしまい、ワセダの意外な一面を見てしまった事で、
「これが恋なのかも・・」と恋する乙女の眼差しになっていたヲタがいたりもしたものでした。
(後日、ヲタは「俺の気持ちをのせて」という漫画を完成させたそうです!)

ヲタのように恋に恋する乙女というものは、少しだけ気になっていた異性のちょっと意外な別の一面を見てしまうと、
ますます胸キュンッ~♪状態になってしまうものなのかもしれないです。
こうした甘酸っぱい感情は、バカの田中は多分微塵も持ち合わせていないと思いますし、最初から感情が死滅しているロボには
望みようがない事ですし、こうやって見てみると「女子高生の無駄づかい」の3人のメインヒロインさんの中ではヲタが最も
少女らしい・・と言えるのかもしれないです。


003_convert_20191129162511.jpg

002_convert_20191129162454.jpg


原作漫画第5巻のおまけのヲタ×ワセダの組合せの漫画が掲載されていたのは2017年ですけど、
当時はまだ吉野家にもすき家にも松屋にも豚丼関連メニューは常設されていました。
面白いのは、「豚丼」の呼び方が各社によって異なっている事ですね~
吉野家では「豚丼(ぶたどん)」、松屋では「豚めし(ぶためし)」でしたけど、すき家では「豚丼(とんどん)」と呼んでいました。

ワセダが入ったお店というのはその名称と店内の雰囲気からして多分吉野家と思われますけど、その漫画の掲載から
3年経過後の現在では、松屋とすき家では豚丼自体のメニューが廃止になり、吉野家もあのおいしい豚丼が廃止となり、
一応、新味豚丼というメニューはあるのですけど、この新味豚丼の方は以前のような味付けではなくて、随分と味が
リニューアルされていて味付けが以前よりかなり甘辛くなった印象が強いです。
しかも価格は上がり、以前豚丼でOKだったつゆだくも不可となっています。
要は以前の豚丼とリニューアルされた新味豚丼は似て非なる味といえますし、その違いは艦これとアズールレーン以上に
ありそうな気もします。

もしもワセダがそうした事情を知らないで新味豚丼をオーダーしたとしても「なんだ、この味~!?」となってしまうのかも
しれないですし、その気持ちを翌日またまたピアノにぶつけてしまい、それをヲタに見られて、またまたヲタの胸キュンが
マシマシになるのかもしれないです。

原作漫画6巻では、ワセダとヲタの新しい進展は特に描かれていませんけど、この二人の今後の行方も楽しみです。
JK派ではなくて自分はJD派と公言するワセダがヲタの卒業後、もしもヲタがJDデビューを果たした暁にはどのように変化
するのか・・というのも何だか興味津々です。
もしもですけど、JDになったヲタがワセダとお付き合いを開始するようなって、それを万が一バカの田中が知る事になったとしたら、
バカは思いっきり笑って笑って笑い飛ばしツッコミを入れまくるのはたぶん間違いないと思います。
ロボは感情が死滅していますので、それを聞いたとしてもいつものように無表情をキープすると思います。


001_convert_20191130090435.jpg


上記において触れたとおり、現在の松屋・すき家・吉野家では豚丼メニューを置いているのは吉野家のみですけど、
その吉野家も以前のような豚丼の味ではありませんので、2017時点でワセダが味わっていた豚丼の味は
現在では幻の味といえるのかもしれないです。

上記でキムチ豚丼の話が出ていましたけど、こんな記事書いているとなんだか私自身がキムチ豚丼を食べたくなって
しまいましたけど、2020年現在、松屋とすき家には豚丼自体がありませんし、吉野家は味が激変したと言う事で、
ここは松屋のプレミアム牛めしに単品キムチを乗せてみることにしました~♪

松屋は昔も今も丼モノも定食もカレーにもみそ汁がついているのが実にいいですね!

プレミアム牛めしはお肉に熟成チルド牛肉を使っているので、お肉のジューシーさ・美味しさは素晴らしいです!
久しぶりに食べてみると「松屋と吉野家とはちょっと違うのかも・・」と唸ってしまいそうです。


002_convert_20191130090505.jpg


プレミアム牛めしにキムチを乗せてみました!

豚丼もそうですけど、牛丼にもキムチはとってもよく合うと思います。


003_convert_20191130090522.jpg


丼の上で具材とキムチをまぜまぜして食べても美味しさはより強く感じられますね~♪

ワセダが店員にキムチ豚丼をオーダーしたのにキムチが乗っけられていない只の豚丼が運ばれてきて、翌日に
怒りのキムチ・・じゃない気持ちをピアノにぶつけたのもなんだかとてもよく分かりますね!


_convert_20200311170044.jpg


ワセダが元々注文したのは豚キムチ丼ですけど、2019年の吉野家においては期間限定の復刻版メニューとして
豚キムチクッパが販売されていました。
これは期間限定の夏メニューでしたけど、夏バテ予防に効果のある豚肉、キムチ、もやしナムル、豆腐を旨辛スープを
ご飯と一緒にかきこむというものですけど、
確かに豚キムチとは異なるメニューではありますが、食欲がそそられそうです~♪

ワセダがこれを食したとしても十分満足のいく一品であることは間違いないと思います。

ハバネロパウダーを追加で入れてさらに激辛を味わうのもいいと思いますし、
全体的には激辛ですので、「ちょっと辛くて全部食べきれないかも・・」という際には、辛さを中和するツールとして、
チーズや半熟玉子などをトッピングで注文できますのでそれらを活用するのも一つの方策と思います。





ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記は「女子高生の無駄づかい」の原作漫画におけるおまけの企画漫画に関するものでしたけど、恋する乙女の眼差しの
ヲタのお相手はその担任教師のワセダという事になりますけど、ワセダは普段はメガネ男子であり、クールな雰囲気からは
美形なのかそうではないのかはあまりよくわからないのではありますが、ワセダがたまに眼鏡を外したり、
ワセダが重症中二病患者のヤマイに対して生活態度の指導や進路相談をしている際に、ヤマイが例によって病的な発言を
繰り返したりすると、たまにワセダが眼鏡が割れたりずっこけたりして眼鏡が外れシーンもあったりします。
そして眼鏡を外した状態のワセダは実は結構クールなイケメン風であったりもします。
「女子高生の無駄づかい」の実写版でワセダ役を演じられていたのは、劇団EXILEのメンバーでもある町田啓太さんですけど、
女子無駄のドラマの中では少しばかり残念な教師という役柄でもありましたけど、ルックス的には超イケメンさんだと
思います~♪

やっぱりこうしてみてみるとイケメンさんというか美男子はすてきですよね~♪

dream fantasy2 のアミグリさんと
いうと東方・艦これに代表されるように美少女キャラを描いたら無敵とも思えるように美少女・美女の絵師様という
イメージも強いですけど、めったにないですけど時折美少年系のイケメンキャラを描かれることもあります。

上記で眼鏡を外したワセダ=町田啓太さんはイケメン男子と記させて頂きましたけど、それに匹敵するようなイケメンさんとも
思える男性キャラを本日は転載&ご紹介させて頂きたいと思います。

上記のイケメン男子はアミグリさんが2018年7月に描かれた刀剣乱舞の鯰尾藤四郎です。

「刀剣乱舞(とうけんらんぶ)ってなんですか・・?」と刀剣乱舞や鯰尾藤四郎をご存知ない方もいらっしゃると思いますので、
ごく簡単に概要を述べてしまうと、
日本刀の名刀を男性に擬人化した「刀剣男士」を収集・強化し、日本の歴史上の合戦場に出没する敵を討伐していく
刀剣育成シミュレーションゲームと言えると思います。
擬人化とか育成シミュレーションとか、はたまた経験・実績等により「特」・「極」へと進化していく辺りは、
「艦これ」の改・改二と世界観が少し似ているようにも思えます。
そしてこのゲームは、2016年と2017年にアニメ化もされていました。

鯰尾藤四郎(なまずおとうしろう)は、「脇差男士」に位置付けられていて、これは刀剣乱舞に登場する刀剣の擬人化キャラクター「刀剣男士」の七種ある分類の一つでもあります。
要は「脇差」という短刀と打刀の中間的な場所に位置し、そのため年齢的には少年~青年の中間という感じでもあります。

それにしてもアミグリさんが男性キャラを描かれるのは珍しいし同時にとっても貴重だと思います!
この藤四郎を含めて、恐らくですけどdream fantasy内でも過去においても3~4人程度に留まっていると思われますので、
大変希少価値が高い作品と言えると思います。

鯰尾藤四郎の黒髪ロングは流れるような雰囲気が素晴らしいですね。
脇差男士としての意志の強さとか軍人らしい気質も伝わってきていると思います。
艦これの時雨・夕雲みたいなアホ毛もお茶目っぽさも感じるのですけど、
凛々しさ・戦士らしい雰囲気も十分に伝わってきていると思います。

上記のアミグリさんが描かれた鯰尾藤四郎の権利は、鯰尾藤四郎の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに凛々しいイケメン美男子の鯰尾藤四郎を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と
興味がある方は、是非アミグリさんのブログ dream fantasy2 を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お立ち寄りしていただけると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱり美形男子はすてきなものですし、そうした男の子に恋の眼差しを投げかける美少女はもっとすてきだと思います~♪

関連記事
スポンサーサイト



コメント

恋する乙女

キムチと気持ちの勘違いとはいえ、ヲタちゃんのあの眼差しは既に恋する乙女の瞳なのかもしれないです。
ヲタちゃんが女子大生になった時のワセダの反応も興味津々です。

実写化も岡田さんの怪演もよかったと思います。

恋する乙女の眼差し

さくら 様


ごぶさたしています! お元気そうでなによりです!

ヲタは作品内ではバカに対する容赦のないツッコミ担当やBL漫画の執筆でおなじみのキャラですけど、
あのマンガにおけるヲタの瞳は恋に恋する乙女の眼差しでした。
そのお相手が自分のクラスの担任教師であるとはヲタにとっては想定外なのかもしれないですし、もしも本当に将来この二人が
結ばれたとしたら、バカの田中が容赦ないツッコミはいれまくりになりそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |