FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計





新型コロナウイルスにおける一つの社会的テーマは「ステイホーム」や「2m人との距離を保ちましょう」という事で、
管弦楽団や吹奏楽のコンサートも3月以降は軒並み中止となっていて、とても残念な想いが強いです。
これがなんとか世界的に収束した時には、再びコンサートが開催されたり、野球やサッカー等で無観客ではない
選手とファンの皆様が一体となった試合が開催されればいいなぁ・・と感じますし、
こうして「当たり前のことが普通に出来る事」の喜びというものをしみじみと感じたりするものであったりもします。
本来ですとGW期間中は、プロの管弦楽団等でもファミリーコンサートやガラコンサート等のイベントが多々ありますし、
なかにはオーケストラとアニメのコラボというイベントも行われていたりもします。
古くは宇宙戦艦ヤマトとか最近ではのだめカンタービレや、後述しますけど艦これなどのように
人気アニメ作品とオーケストラがコラボした演奏会も開催されることがあったりしますけど、
「ご注文はうさぎですか??」の音楽がオーケストラアレンジで2020年5月に京都、6月に東京において開催される
予定だったものの、それが中止となってしまったのは自粛のご時勢とはいえちょっと残念なものもありました。

ちなみにそのタイトルは「ご注文はオーケストラですか??」というのもとっても楽しいものがありそうですね~♪

アニメ第3期の放映も既に決定している「ご注文はうさぎですか?」の音楽がオーケストラアレンジされて
「ご注文はオーケストラですか??」(ごちオケ)となっていて、
2020年5月2日〜3日に京都コンサートホール、6月13日に東京・昭和女子大学人見記念講堂で開催されることが本来は
決定されていましたけど、中止というのはやっぱり残念でした。

(本来開催されるはずだった)ごちオケコンサートの概要は下記のとおりです。

京都公演
2020年5月2日(土)・3日(日)
会場:京都コンサートホール

東京公演
2020年6月13日(土)
〈昼公演〉 〈夜公演〉
会場:昭和女子大学 人見記念講堂

どういう曲目をお披露目してくれるのかは当日のお楽しみだと思いますけど、「ご注文はうさぎですか??」の音楽は、
特にアニメ第一期の音楽がそうだったように全体的には大変洗練された美しいメロディーの連続でありましたし、とても
上品で洗練された雰囲気に溢れていましたので、アニメ内で使用されたアニソンや挿入歌、各キャラのキャラソンと合わせて
オーケストラの演奏会でどのようにごちうさの世界が音楽として再現されるのかはとても楽しみですね~♪
一つ文句を言いたくなると、会場の京都コンサートホールは音響が悪い点では定評?がありますし、
東京公演の昭和女子大学 人見記念講堂はあくまで校内ホールで正直やはり音響はそれほど良くはないので、
音響的にはあまり期待できないホールなのがちょっと残念でもあったりします・・

イベント描き下ろしイラストには、ココア、チノ、リゼ、千夜、シャロ、マヤ、メグ、青山ブルーマウンテン、モカの9人が
演奏している姿で登場していますけど、これは
「ご注文はオーケストラですか??」のためだけに描き下ろした新規イラストとのことです!
ちなみに各キャラが手にしている楽器は、ココアはアコーディオン、チノはアルトサックス、リゼはコントラバス、
シャロはフルート、千夜はヴァイオリン、マヤはシンバル、メグはホルン、青山ブルーマウンテンはクラリネット、
ココアの姉のモカはグロッケンシュピールです~♪
ココアは楽器吹くのはなんだか不器用そう・・ということで誰でも一応は音が出せるアコーディオンというのは妥当なのかも
しれないですけど、ココアのキャラからいうとカスタネットあたりのほうが面白かったのかも・・??
ごちうさの中でなぜか大柄扱いをされがちなリゼが大型楽器のコントラバスというのは理に適っていますし、
賑やかキャラのマヤがシンバルというのは妥当な楽器振り分けといえそうです!
和風少女の千夜が西洋楽器のシンボルでもあるヴァイオリンというのはちょっと意外でもありますし、千夜にとって
ふさわしい楽器は三味線・箏・尺八あたりなのかもしれないですね~

この9人の中でなんだか最も色っぽいのはココアの姉のモカなのかもしれないです。

モカはココアのシスコンを作り出した最大の要因のお方でもありますし、ココアにとってはモカという姉の存在は
多分ですけど一生ありとあらゆる意味で「越えられそうもない壁」なのかもしれないですけど、そんなココアがチノたちチマメ隊の
前ではやたらとお姉さんぶったりするのも
「四人兄妹の一番上がモカ姉さんじゃそれはよくわかるよね~」という感じなのかもしれないです。

チノはなぜかアルトサックスですけど、チノの小さい雰囲気や繊細さという意味ではフルートのほうがキャラ的には合っていたの
かもしれないです。

日程変更されてもこのすてきなコンサートがいつの日にか開催してくれると嬉しいですね。


015_convert_20171013181146.jpg


上記はご注文はうさぎですか??×オーケストラのすてきなコラボの話でしたけど、実は2016年において、
艦これ×オーケストラがコラボした演奏会も開催されていました。

艦これ人気はクラシック音楽界にも影響を与えているのか(?) 2016年には「艦これ三周年記念コンサート」が
開催されていましたけど、確か当時、この記念コンサートの前売り券があっという間に完売し、
購入できなかったファンのぼやきや愚痴も当時かなり目についていたような印象もありました。
都内の初台のオペラシティ―にて艦これのゲーム音楽をメインとしたクラシックコンサートも開催されていて
大盛況となっていたのは記憶に新しい所であったりもします。
そして、「艦隊これくしょん -艦これ-」の世界を東京フィルハーモニー交響楽団が音楽で紡ぎ出し話題となった
「艦これ クラシックスタイルオーケストラ」のCDも発売されていました。

ちなみに東京フィルの「艦これ クラシックスタイルオーケストラ」のCDのジャケットを飾っていたのは、艦娘の「大和」でした!

上記の大和のフィギュアは、艦隊これくしょん EXQフィギュア「大和」クラシックスタイルオーケストラmodeなのですけど、
「艦これ」クラシックスタイルオーケストラwith東京フィルハーモニー交響楽団という演奏会が開催された際に、
そこで企画・販売されていた艦娘たちのイラストの中から、大和お姉さまをフィギュア作品として
三次元化・立体化されたものでもありました。
漆黒のワンピースに身をつつみ、戦場の凛とした表情から穏やかな表情と優雅な姿に見惚れてしまいますね!
やっぱり大和はその存在感は別格ですし、どんな衣装を身に付けたとしても、そこには他の艦娘とは
どこか一線を画している「別格の格上の存在としての大和お姉さま」がいるのだと思えてならないです。

元の企画の東京フィルの演奏会はどんな感じであったのかと言うと、
指揮:角田鋼亮(つのだこうすけ) 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 という組合せで
2016年5月7日(土)に東京オペラシティ コンサートホールにて開催されたものです。
そしてこのコンサートのライヴ録音を音源にしたCDも既に発売済みです。
(そしてこのCDのジャケットが黒のドレスを身に纏いヴァイオンを奏でられている大和お姉さまです)

艦これクラシックスタイルオーケストラ with 東京フィルハーモニー交響楽団のライヴ演奏を収録したCDの
曲目は下記の通りです。

01. 「軽騎兵」序曲

02. 特型駆逐艦 (2015冬「迎撃!トラック泊地強襲」より)

03. 作戦発動 (2014夏「AL作戦/MI作戦」より)

04. 全艦娘、突撃! (2013夏「南方海域強襲偵察!」より)

05. 索敵機、発艦始め! (2014春「索敵機、発艦始め!」より)

06. シズメシズメ (2014夏「AL作戦/MI作戦」より)

07. 飛龍の反撃 (2014夏「AL作戦/MI作戦」より)

08. 海上護衛戦 (1-5「鎮守府近海対潜哨戒」より)

09. 決戦!鉄底海峡を抜けて (2013秋「決戦!鉄底海峡を抜けて!より)

10. モドレナイノ (2015春「発令!第十一号作戦」より)

11. カヴァレリア・ルスティカーナ「間奏曲」

12. 二水戦の航跡 (5-4「南方海域 東京急行」より)

13. 次発装填、再突入! (2-4「沖ノ島海域」より)

14. 武蔵の帰投 (母港 武蔵の掛け軸設置時より)

15. 母港 (母港通常時より)

16. 昼戦(砲雷撃戦、始め!) (通常昼戦時より)

17. 夜戦 (通常夜戦時より)

18. 提督との絆 (ケッコンカッコカリ時BGMより)

全体的に見ると2014年のイベントBGMが多いと言えるのだと思います。

前奏、間奏として艦これ外の曲が2曲入っています。(1の軽騎兵と11のカヴァレリア・ルスティカーナ)

もちろん戦闘モードとしての大和も素晴らしいのですけど、こうやって優雅にヴァイオリンを 奏でれている
フィギュアの大和お姉さまも素晴らしいもと思います。
大和というと戦闘艦というイメージが大変強いのですけど、そうした中で、ちょっと意表を突かれる
クラシック音楽とかヴァイオリンとのコラボというのは、改めてですけど中々心憎い演出を感じてしまいますね~♪


_convert_20191024173658.jpg

_convert_20191211131536.jpg


ご注文はうさぎですか??×管弦楽団のイベントのためだけに描かれたイラストにおいて、チノが手にしている楽器は
フルートなのですけど、ららマジでフルートを担当しているのは結城菜々美です。

フルート奏者の結城菜々美は「ど根性で乗り切るぞ!期待の新人!」というのが売りのふわふわ熱血少女です~♪

明るく素直で、誰とでも仲良くなれるタイプで、根性さえあれば何でもできると考えている熱血系根性論者でもあり、
ときに無鉄砲な行動に出ることも多々あります。
音楽家の両親の影響で物心つく前からフルートに触れており、幼少期から数々のコンサートで最優秀賞を総なめ状態で
周囲から神童と呼ばれていましたけど、とある出来事により挫折してしまう過去の傷もあったりします。

根性論者、肉好き、運動神経抜群という側面と見た目のふわふわ~っとしたかわいらしさのギャップが
結城菜々美の際だの魅力なのかもしれないです。
灰色のニーハイを常に着用していて、ららマジの中ではすてきな絶対領域の持ち主であるのも大変素晴らしいですね~♪

そして偶然なのですけど、声優さん的には、ごちうさのチノ役とららマジの結城菜々美の声優さんは共に水瀬いのりさんでも
ありますので、やっぱりチノは楽器を手にするならフルートのほうが正解なのかもしれないですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

オーケストラは密集してこその芸術です…2メートルも奏者の間隔を開けたらオーケストラになりません(笑)
実はアニメの絵撮りや音入れも密集してこそ良いモノができます…芸術・文化活動をする人にとっては辛い日々ですね。

昭和女子大学というと…

昭和女子大学さん、確か我が県生まれの人だと「壇蜜ちゃん」の出身大学だった気もするんですが…?
この大学の一角に「エルカミーノレアル」と英語で表記されたベルを写真で見たことありました。あのA・リードさんが来られた?ことがあるらしいと聞きました。ホントなのかな(^_^;)。

聞いた話ですと・・

sado jo 様


母校の後輩たちから聞いた話では、現在は学校休校で部活どころではなくて、各自が自宅等で個人練習をしっかりと
やってほしいという指示ぐらいしか出せないそうです。
学校再開しても例のあの「新しい生活様式」のソーシャルディスタンスを徹底すると、パート練習はなんとかできても
全体合奏がほぼ不可能というのは辛い所ではありそうです。

2nの距離は合奏では不可能ですので、以前より少し間隔を開けた程度で窓を開ける等の換気対策を
しっかりやるぐらいしか今の所は対処の仕様がないのかもしれないです。

秋田美人

一秋田県民 様

サントリーホールや東京芸術劇場、オーチャードホール、東京オペラシティなどが完成する以前の
1980年代中盤までの日本の音楽ホールは、せいぜい東京文化会館とNHKホールと昭和女子大学人見記念講堂と
神奈川県民文化ホールぐらいしか海外オケの演奏会が開催できる会場がなかった事を考えると
時代が大きく変わった事は実感できそうですね。
カラヤン来日公演で普門館を使用したというのもそうした事情があったのかもしれないです。

秋田美人というと昔も今も日本の正統派美人さんというイメージがありますけど、壇蜜さんや鳥居みゆきが
秋田出身であるというのもなんとなくわかりますね・・
壇蜜さんのあの異様な??大人のお色気や鳥居みゆきの喋らず何もしなければ実はすごい美人というのも秋田美人そのもの
なのかもしれないです。
もっともお二人とも幼少時代に秋田の地を離れてしまい、鳥居みゆきに至ってはほぼ埼玉育ちではありますけどね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |