fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


当ブログでは何度かホルストの吹奏楽のための第一組曲、ヴォーン・ウィリアムズのイギリス民謡組曲、そしてグレインジャーの
リンカンシャーの花束やリードのアルメニアンダンスパートⅠやオセロ、シュミットのディオニソスの祭りなどといった
吹奏楽オリジナル作品を語る上では絶対に外すことのできない後世に永遠に受け継がれていってほしいオリジナル曲を
レビューさせて頂きましたけど、ホルストの第一組曲と同じくらい名作オリジナル作品でもあるホルストの吹奏楽のための
第二組曲はこれまであまり取り上げることもなかった事に気が付きまして、
本記事においては少しばかり第二組曲の方にも取り上げてみたいと思います。
ちなみに私自身、高校1年の時の吹奏楽コンクールの自由曲がホルストの第一組曲であり、この時に初めて
音楽の構成美や統一形式の素晴らしさというものに気が付き、私自身が吹奏楽オリジナル作品の魅力に気が付き始めた
原点の一曲という事もあり第一組曲の方は何度かレビューした事はあったのですけど、第二組曲の方は実は演奏経験が
なかったという事で、第一組曲よりは少しばかり私にとっては馴染みがうすいということになるのかもしれないです。
ただ第一組曲も第二組曲も吹奏楽オリジナル作品の原点であり源流であり、吹奏楽オリジナル作品の歴史を語る上では
絶対に外すことのできない不滅の名曲であることは間違いないと思います。

ホルストの第一組曲(第二組曲)のタイトルは「吹奏楽のための第一組曲(第二組曲)」なのですけど、
原題は「ミリタリーバンドのための」と記されています。
この辺りは現在の日本とイギリスの違いと言うのもあると思いますが、イギリスでは金管のみの編成を「ブラスバンド」と呼び、
金管+木管+打楽器の編成、いわゆる日本のスクールバンドで見られる「吹奏楽」の編成の事を
「ミリタリーバンド」と呼ぶそうです。

ホルストはこうした「ミリタリーバンド」のための作品を吹奏楽のための第一組曲を含めて生涯に4曲残していますけど、
第一組曲はそうした作品の先駆けとも言えるものです。
ちなみに他の三曲とは、第二組曲・ムーアサイド組曲・ハンマースミスです。
たまに、サマーセット狂詩曲やセントポール組曲は吹奏楽作品と勘違いされる方もいますけど、
この二つの曲は管弦楽曲または弦楽合奏曲ですので注意が必要です。

サマーセット狂詩曲というと思い起こすのはヴォーン・ウィリアムズだと思います。

ホルストとヴォーン・ウィリアムズは友人関係だったという事ですが、そのせいなのかわかりませんけども、
イギリス民謡組曲の第三曲「サマーセットからの歌」のメロディーがホルストの「サマーセット狂詩曲」にも使用されています。
これは民謡をベースにしているのだから、どちらかがどちらかの作風に影響を与えたとか、主題を拝借したという訳では
ないのですが、両者の親交振りが垣間見えるような気もします。

ホルストの第一組曲は、吹奏楽の分野における古典的な演奏会用作品としてきわめて重要な位置を占めると断言しても
差支えはないと思います。
第一組曲は第Ⅰ曲のシャコンヌで提示された主題が第Ⅱ曲の間奏曲でも第Ⅲ曲のマーチでも提示されていて、
曲全体を一つの主題で統一されていて、どちらかというとチャイコフスキーやフランクが交響曲で提示していた循環主題の
形式美にもつながるものがあるように感じられます。
全体的にはその構成がしっかりと構築されていて、スキのない楽曲だけど同時にとてつもなくわかりやすくて気品に
溢れているという奇跡のような名作吹奏楽オリジナル作品と言えると思います。
ホルストの第二組曲の方は各楽章の統一主題は無くて、各楽章にイギリスの民謡を使用しているのが第一組曲との
大きな違いであり、むしろ第一組曲よりも自由度が高いようにも感じられたりもします。

最近こうした古典的名曲が吹奏楽コンクールで演奏される事は少なくなりつつありますね・・

こういう古典的な曲だからこそ「古きを訪ねて新しきを知る」という言葉がお似合いだと思いますし、
たまにはこうした「シンプル イズ ベスト」の曲を演奏する事で自分達の「原点」を意外と発見できるのかもしれないです。

最近の吹奏楽オリジナル作品、特にその中でも邦人作品は、演奏効果が大変高そうではあるのですが、
技術的には大変難しそうなものばかりが多く、華麗な音楽の連続で確かに耳には心地よいのですけど、
「果たして流行の移り変わりが激しい日本の吹奏楽コンクールの中において
10年後でも変らず演奏され続けていく邦人作品って一体どれだけあるのかな・・?」と考えると
考え込んでしまう作品が結構多いようにも感じたりもします。
一時期あれだけ大ブレイクした田中賢のメトセラⅡやR.スミスの「海の男達の歌」などが最近ではサッパリ演奏されて
いない現実を目にすると「歌謡曲も芸人さんのネタもそうだけど、吹奏楽オリジナル作品の旬は短いからね・・」と痛感する
ばかりであったりもします。
確かにそういう華麗な邦人オリジナル作品もいいけど、吹奏楽のバイブルというのか原典とも言える
吹奏楽オリジナルの古典中の古典たるべき絶対に忘れてはいけないオリジナル作品もたまには目を向けて欲しいなぁ・・と
思う時もあります。

私自身が高校生時代にその曲を実際に演奏した経験があるという背景も大きいのですけど、
特にそうした「吹奏楽オリジナル作品」を語る上では、絶対に忘れてはいけない曲の一つが
リードの「アルメニアンダンス パートⅠ」や「オセロ」であり、
またまたスゥエアリンジェンの「インヴィクタ」序曲とか「チェスフォード・ポートレイト」であり、
私自身が演奏した曲ではないですけど、ヒルの「セント・アンソニー・ヴァリエ―ション」(原典版)であり、
ネリベルの「二つの交響的断章」などなどであるのですけど、
その中でも特に特に、ホルストの「吹奏楽のための第一組曲」変ホ長調作品28-1だけは
絶対に忘れないで欲しいと思います!
否!! この素晴らしき組曲だけは、未来永劫ず―――っと後世に受け継がれていって欲しい曲だと思います!

話がそれました・・それでは下記にほんの少しばかりホルストの第二組曲について触れたいと思います。

第一組曲は三楽章構成でしたが、第二組曲は四楽章構成で、各楽章はそれぞれイギリスの民謡や舞曲がモチーフに
されています。
ホルストの吹奏楽のための第二組曲は下記の4曲から構成されています。

Ⅰ.マーチ

Ⅱ.無言歌

Ⅲ.鍛冶屋の歌

Ⅳ.ダーガソンによる幻想曲

上昇和音から開始されるⅠのマーチの楽しさは冒頭からさわやかさと気品と清潔な明るさに溢れていると思います。
第一組曲の冒頭がゆったりとした高まりから開始されていたのとは対照的ですけど、冒頭から曲に引き込まれていくという
印象もあります。
Ⅱの無言歌はしっとりとした美しいメロディーが抒情的に流れていきます。
Ⅲの鍛冶屋の歌はとても威勢がよくて粋だと思いますし、曲の中で何度か出てくるグロッケンまたは鉄琴によるコーンコーン
という甲高い響きは鍛冶の職人さんたちが熱い鉄を叩きつけている雰囲気がすてきに伝わっていると思います。
単純だけどとても域で楽しい描写だと思いますが、鍛冶の雰囲気を小編成の吹奏楽の響きで再現しているホルストの管楽器の
扱いの巧みさはまさに職人レベルだと思います。
ホルストは若いころはオーケストラでトロンボーンを吹いていたこともあり、管楽器の扱いはお手の物だったのかも
しれないです。
Ⅳの「ダーガソンによる幻想曲」も単純な一つのメロディーが延々と繰り返される曲なのですけど、
これが素朴で実に楽しい曲です。
ダーガソンと呼ばれる8小節の循環旋律が冒頭から終結まで奏されていて、途中に「グリーンスリーブス」が対旋律に
あらわれていたりもします。
曲の中でタンバリンの響きが実に小気味よくチャーミングに響いているのが大変印象的です。
ホルスト組曲「惑星」~木星のなかでも大変巧みなタンバリンの使い方を私たちに聴かせてくれていますけど、
タンバリンの響きが曲全体のリズム感に華を添えているという印象があったりもします。
ダーガソンによる幻想曲は、後日ホルスト自身によって弦楽合奏版としてアレンジ・改訂されていまして、それが
「セントポール組曲」の終楽章です。
1905年から亡くなる1934年までセント・ポール女学校の音楽の教員として務めていたホルストは、
1912年に防音装置を備えた専用の部屋を与えられ、そのことに対してホルストが感謝の意を表して作曲したのが
セントポール組曲という弦楽合奏曲です。
管弦楽曲を吹奏楽にアレンジすることはよくある普通の話ですけど、もともとが吹奏楽オリジナル作品を管弦楽にアレンジした
という珍しい位置づけでもありそうです。
ちなみに吹奏楽オリジナル楽曲を作曲者自らが管弦楽にアレンジした事例としては、
ヴォーン・ウィリアムズのイギリス民謡組曲やフーサの「プラハのための音楽1968年」や伊藤康秀の「ぐるりよざ」などが
挙げられると思います。

参考までに、セントポール組曲は下記の4曲から構成されています。

Ⅰ.ジッグ

Ⅱ.オスティナート

Ⅲ.間奏曲

Ⅳ.ダーガソン

ダーガソンに関しては、オリジナルの吹奏楽も弦楽合奏版もどちらも大変優雅な雰囲気ですけど、弦楽合奏版は響きが
いうまでもなく室内管弦楽そのもので、編成的には拡大されているものの少し上品すぎる感じもしなくはないので、
私的には吹奏楽版の方がより魅力的のようにも感じられます。

ホルストの第二組曲を自由曲にして、全国大会まで駒を進めたチームもありました。

1994年の中村学園ウインドアンサンブル(前身は中村学園OB吹奏楽団だったかな・・?)がそうです。
94年は、課題曲が異常に長いものばかりでしたので、課題曲に「雲のコラージュ」を選んだこのチームの自由曲は、
このホルストの第二組曲の中から、Ⅲ・鍛冶屋の歌 Ⅰ・マーチという選曲で臨んでいました。
感想としては、正直特にないけど「フィナーレは、ダーガソンの方が良かったのかも・・」という感じです。
中村学園は、1983年にも、吹奏楽オリジナルの正統派・王道ともいえるヴォーン=ウィリアムズの「イギリス民謡組曲」で
全国大会にも出場し、この年は、課題曲がカドリーユという事もあり、長めに自由曲を取れたせいか、
イギリス民謡組曲も第一・第三楽章はほぼノーカット、第二楽章も楽章の途中からの演奏となりますけど
第二組曲と言いこの曲と言いとにかくこうした古典的名曲を全国大会で演奏した意義は大変大きいものが
あるのかなと思ったりもします。







ホルストの第二組曲の「ダーガソンによる幻想曲」はタンバリンが大変いい味を出しているのですけど、
ららマジでタンバリンを担当してるのは3年生の島村珠樹です。

東奏学園器楽部のパーカッションセクションは30人という限られた人数の中でも、ドラムス・カスタネット・トライアングル・
シンバル・グロッケンシュピール・和太鼓とかなり充実した人数でありまして、
その中でのタンバリン担当奏者がららマジ屈指のネコ娘とも言うべき島村珠樹でして、
猫と共に育ったハイテンションなネコ娘で、その語尾も「・・にゃ」という事で、時に
「おまえは、艦これの多摩ちゃんなのかっ!?」とツッコミを入れたくなってしまいそうです。
器楽部創立メンバーの一人の三年生でもありましても戦闘時は両手に持ったタンバリンで引っ掻くように猫パンチを
放ったりもします。

島村珠樹によるダーガソンの幻想曲の楽しいタンバリンのリズムの響きを味わってみたいものですにゃ~(^^♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

不滅の名曲

ホルストの第二組曲は第一組曲やシュミットのディオニソスの祭り、リードのオセロやアルメニアンダンスパートⅠやネリベルの二つの交響的断章などとあわせて後世にもずっと演奏され続けてほしい価値のある吹奏楽オリジナル作品だと思います。

Ⅰのマーチからして楽しいですしⅣの繰り返しの旋律も飽きることなく展開されているのが面白いです。
個人的にはホルストの娘のイモージェント・ホルストが残した録音が名演だと思います。

第二組曲

たがふ 様


どうしても第二組曲よりは第一組曲の方が認知度は高いような気もしますけど、第二組曲も
仰る通り後世でもずっと演奏され続けて欲しいです。

ダーカソンの幻想曲は私もイモージェン・ホルスト指揮の演奏は録音年代は相当古いものの、
さすが親子だね~と感じさせるあたたかさとひらめきが特に光り輝いていると
感じられます。

なかなか難しい

ぬくぬく先生、こんばんは。
いつも記事を楽しく読ませていただいています。やりましたよ、ホルストの第二組曲、この夏に所属する楽団で。学生時代に第一組曲もやりましたが、聴くとやるとは大違い。二組の方が断然難しかったでしたね。

でもホントいい曲、合奏体の中で曲を聞くために練習に励んでいたようなものです(笑)

第二組曲

sankichi1689 様


ホルストの第一組曲と第二組曲のどちらも演奏経験があるとは羨ましい限りです。

どちらかというと第一組曲はスクールバンドの教則本というか吹奏楽オリジナル作品の入門編という感じで、
主題とその変奏とか音楽の構成という基本をわかりやすくテーマにもしているようにも感じられますけど、
第二組曲の方はどちらかというと音楽そのものが自由そのものと言う感じで、それがご指摘の「なかなか難しい」という
事に繋がるのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |