FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


一般的にはリムスキー=コルサコフというと交響組曲「シェエラザート」やスペイン奇想曲やいかにもロシア国民楽派らしい
ロシアのおとぎ話・民話等に基づくロシアの歌劇の作曲者という印象が強いです。
リムスキー・コルサコフの管弦楽曲の作品は、シェエラザート・スペイン奇想曲・ロシアの復活祭などを別格にすると
多くの作品は歌劇からの組曲版としての抜粋という感じの作品が多いのが一つの特徴ともいえそうです。
そうしたロシアの民話をベースにした歌劇からの組曲版の中では、私的には雪娘・金鶏・ムラダなども印象的ですけど、
(吹奏楽コンクール的には歌劇「雪娘」~軽業師の踊り、歌劇「ムラダ」~ロシア貴族たちの入場などもたまに演奏されています)
組曲「サルタン皇帝の物語」が私の中では大変印象的ですし、大好きな作品です。
このすてきな組曲はほとんど世間には知られていない曲だと思いますし、知る人ぞ知る名曲に近いと思います。
吹奏楽ファンにとっては定番の曲目なのに、クラシックのプロの演奏会においてはほとんど演奏されない管弦楽曲として
レスピーギのバレエ音楽「シバの女王ベルキス」・ベルファゴール序曲・教会のステンドグラスや
アーノルドの「第六の幸運をもちらす宿」やピータールー序曲やコダーイのハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲などが
挙げられそうですけど、この組曲「サルタン皇帝の物語」もそうした曲の一つなのだと思います。
後述しますけど吹奏楽コンクールが大好きな皆様にとっては、サルタン皇帝の物語においては「三つの不思議」は
川本高校・大月東中学校・NEC玉川等の名演で大変馴染みがあるといえそうですし、吹奏楽ファンの皆様にとっては
むしろシェエラザートよりも馴染みが深いのかもしれないです。
2019年においてもこの三つの不思議は出雲第一中学校が自由曲に選んでいました。

組曲「サルタン皇帝の物語」は実は部分的には超ウルトラメジャーな曲なのかもしれません。
この組曲は作曲者自身が歌劇の中から三曲を抜粋したのですけど、歌劇「サルタン皇帝の物語」からの音画という
作品においては、組曲版としての三つの曲に+αされる形で入っているのが、
多分一度ぐらいはほとんどの方は耳にされたことがある馴染みのあるメロディーともいえそうな「熊蜂の飛行」という曲です。
多分ですけど、このタイトルは知らなくてもこの熊蜂の飛行のメロディーを耳にしたら
大抵の方は「ああ、あの曲ね」と感じられるのかもしれないですし比較的馴染みのあるメロディーだと思います。
ちなみに「熊蜂の飛行」は、冒頭個所で金管楽器と打楽器が使われるのみで、それ以外では金管と打楽器は使用されません。
熊蜂の飛行はヴァイオリンソロ版やフルートソロ版のアレンジもあったりしますけど、1982年の吹奏楽コンクールの
5年連続金賞を称える特別演奏にて、弘前南高校吹奏楽部があの伝説の名演のフォーレの組曲「ぺリアスとメリザントの他に
実はこの「熊蜂の飛行」も演奏していたりもしています。
私自身も、「サルタン皇帝の物語」は、1981年に川本高校が吹奏楽版で演奏した「三つの不思議」しか知りませんでしたが、
上京後に上野の東京文化会館の音楽資料室で、サルタン皇帝の物語による音画というレコードを初めて視聴した際に
「サルタン皇帝の物語に熊蜂の飛行も含まれていたんだ~!」と驚いたものです。
組曲「サルタン皇帝の物語」はアシュケナージやジンマン、アンセルメ等の素晴らしい名演が既に色々と録音
されているのですけど、こうした演奏には一般的には熊蜂の飛行は含まれず下記の三曲から構成されることが多いです。

Ⅰ.王の告別と出発

Ⅱ.海上に漂う樽の中の王妃

Ⅲ.三つの不思議

この組曲は、元々はプーシキンが書いた民話なのですけど、それを後日R.コルサコフがオペラ化し、
歌劇の中で使用した音楽を組曲としてまとめたものが組曲「サルタン皇帝の物語」なのです。
あらすじは一言で言うと悪い姉二人と心優しい末娘の勧善懲悪的な内容ですけど、現在ではロシア国内でも全く上演
されていないようでもあります。

内容をごく簡単に記しますと・・

サルタン皇帝は、自分のお妃選定の際に、候補となっていた豪商の三人姉妹のうち一番の末娘を選びます。
(皇帝といえども「お妃は若い娘の方がいいじゃん!」という感じなのかもしれないですね~)
おさまらないのは姉二人で、お決まりのごとく皇帝に向かってあることないこと中傷誹謗を吹き込み、
皇帝は結果的にそれを信じてしまい、王妃と生まれたばかりの王子を樽の中に入れて海に投げ捨ててしまいます。
三人姉妹のうち、長女と次女の性格が悪くて意地悪で、末娘のみ性格がよくて優しい子というのは古今東西の物語・民話
としては定番ネタなのかもしれないですね~
王妃たちは魔法の島に辿り着き、王子は王妃からのたっぷりの愛情を注がれその島の中で無事に成長を重ねていきます。
ある日島に熊蜂が襲来し白鳥に襲い掛かりますが王子はこれを撃退します。
(熊蜂の飛行はこの部分の音楽でもあります)
白鳥はいつか恩返しすることを約束して、王子に①金とエメラルドの木の実を運ぶリス ②33人の護衛兵 ③白鳥から変身した
美しい妃という「三つの不思議」という奇蹟を起こせる力を与えます。
王妃と王子は島民の願いで島の統治者となり、気高い精神を持った二人によって島は治まり平和な日々が流れていきます。
一方、サルタン皇帝は3人の船乗りから王子と王妃の事を聞き驚きます。
自らの讒言が明らかになることを恐れた二人の姉は必死で自らの嘘を覆い隠そうとするのですが、そこへ白鳥の魔法によって
蜂に変身した王子がやってきて二人の姉を懲らしめます。
その後真実を知ったサルタン皇帝は妃と王子を迎えに行くことになり、白鳥も王子の愛によって魔法が解けて
美しい王女の姿に戻り、王妃と王子は無事に元の鞘に収まり、めでたし、めでたしという感じのお話です。

第一曲の冒頭はトランペットのファンファーレによって開始されますけど、第三曲の「三つの不思議」の部分でもその
ファンファーレは再現されます。
交響組曲「シェエラザート」もそうした冒頭の主題を各楽章で再現させ使用していますので、リムスキー・コルサコフは
循環主題的に同じモチーフを繰り返し使う手法を好んでいたといえるのかもしれないです。
ちなみにサルタン皇帝の物語の場合は、Ⅰの冒頭のトランペットのバックとして小太鼓を使用し、Ⅲの三つの不思議においては
シンバルを使用していたりもします。

組曲「サルタン皇帝の物語」の管弦楽版の演奏で、私が好きなのはアシュケナージの指揮の演奏ですね。
特に「三つの不思議」の中間部はテンポが異常に遅く、クライマックスへ向けてじわじわとゆっくり盛り上がっていくあたりは
聴いていてとても感動性があったりもします。
残念ながら、この曲の管弦楽団による生の演奏は一度も聴いた事がありません。
アンコールで「熊蜂の飛行」のみ何回か聴いた事がある程度です。
一度でいいから、吹奏楽アレンジ版ではなくて原曲版としてのこの組曲を聴いてみたいな~と思うのですけど
この隠れた名曲は全然演奏されないのが本当に勿体無いです。

組曲「サルタン皇帝の物語」~Ⅲ.三つの不思議」は吹奏楽コンクールでも何度となく自由曲として演奏されています。

そしてこの三つの不思議を初めて吹奏楽コンクールで演奏し、全国大会で金賞に輝いていたのが1981年の
島根県・川本高校吹奏楽部です。
吹奏楽コンクールにおいて、R.コルサコフの作品の中で人気が高い作品と言うと、交響組曲「シェエラザート」と
スペイン奇想曲だったと思いますが、当時の吹奏楽界ではほとんど知られていなかったこの「サルタン皇帝の物語」を
知らしめて、この曲が小規模ではありますけどブレイクするきっかけを作り、
その後の大月東中や文教大とかNEC玉川の名演を生み出す大きなきっかけとなった意味においては
大変意義がある演奏だったと思います。
この年の川本高校のトランペットセクションは本当に極めて優秀で、冒頭のトランペットのファンファーレで
既にこの曲の魅力と演奏の素晴らしさに引きずり込まれたという印象が強いです。
まるで花輪高校みたいな柔らかく清潔な音を出しながらも同時に力強さ・たくましさも有していて
あの冒頭のトランペットの音だけで既に金賞当確みたいな雰囲気すらあったと思います。
金管セクション・・特にその中でもトランペットは、美しくかつたくましく響いていて、大変柔らかくて清潔でクリアな響きの中でも、
前進する力を絶えず全く見失っていない躍動感溢れる素晴らしいサウンドだったと思います。

川本高校の演奏のどこが優れていたかというと二つほど挙げたいと思います。

一つは、トランペットに限らず、オーボエ・クラリネット・フルート・アルトサックス等のソロ楽器が実に素晴らしかったですし、
中間部のオーボエのファンタジー感溢れる夢見るようなソロは本当に素晴らしかったですし、
クラリネットのソロもキラリと光り輝くものがありました。
原曲において中間部はオーボエの美しいソロに続いてヴァイオリンパートが魅力的なメロディーを奏でていきますけど、
吹奏楽アレンジ版においてはヴァイオリンパートはクラリネットのソロに置き換えられていて、川本高校のそのクラリネットの
ソロの部分がとにかくめちゃくちゃうまくて、美しさと清涼感を見事に聴衆に響かせていたと思います。
全体のサウンドが大変力強くて同時に美しいという大変驚異的なものを有しているうえに、更にソロ楽器が全体の壮麗さに
花を添えていたと思います。
木管の技術も素晴らしいの一言に尽きると思いますし、前半のやたらと指がくるくると廻る箇所も何の不安感も無く
聴かせてくれていました。
金管セクションもサウンドとしては結構鳴らしている方だと思うのですけど、
音が全体に大変上品なので少しもやかましいと感じさせないのは本当に素晴らしい事だと思います。
二つ目なのですけど、表現力、特に中間部において、じわじわとゆっくりと盛り上がっていく息の長いフレーズを
途中で音楽がだれることなく 徐々にゆっくりゆっくり盛り上げていき、最後は高らかに中間部の頂点に達した後で
短いアレグロで一気にクライマックスまで持っていき一気呵成に曲をエンディングさせたあの驚異的かつ感動的な
あの演出&表現力は、本当に素晴らしかったと思います。
あの息の長いフレーズの表現力の素晴らしさは1987年の雄新中の歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列に
匹敵する素晴らしい表現に溢れていたと思います。
打楽器も大変バランスに優れ、どちらというと控えめに鳴らしていたようにも感じられましたけど
前半のシロフォーンのお茶目でとぼけた感じとか小太鼓のノリの良さとかこのセクションも大変充実していたと思います。

金管セクション、特にトランペットの素晴らしさは特筆に値すると思いますし、全体的にとにかく素晴らしい演奏であり、
内省的に充実感溢れる中間部の表現でしたし、グランプリクラスの堂々たる金賞だと思います。

1981年の全国大会の高校の部ですけど、金銀銅のグループ表彰ではなくて、
1960年代のような順位制で審査した場合、1位~3位はどのチームになるのかな・・?と考えた時、あくまで個人的な意見ですが、

1位 天理
2位 川本
3位 磐城

あたりではないかと思います。
4位以下はかなり混戦ですね~
花輪・弘前南・市立川口・習志野・基町・福岡工大付属・嘉穂などが甲乙漬け難い演奏だったと思います。

当時の指揮者の谷口栄一先生ですけど、この先生は、私が生まれた頃は既に吹奏楽コンクールに出場されていたのに、
2017年まで一般の部にて現役で指揮もされていましたので、 これだけ長い期間吹奏楽コンクールに出場され続けている事は
本当に素晴らしい事ですし、同時に大変頭が下がる思いです。
谷口先生は川本高校を指揮指導されていた頃は、サルタン皇帝の物語というそれまで全く知られていなかった影の名曲を
全国の吹奏楽ファンの皆様に知らしめたという功績も大きいと思いますし、
サルタン皇帝の物語の他にも、例えば、歌劇「ピーター・グライムズ」~四つの海の間奏曲や
バルトクーの「かかし王子」、シュミットの「サロメの悲劇」といった曲を花輪高校等に先駆けて吹奏楽コンクールで
演奏していた事もかなりポイントが高いようにも感じられます。





組曲「サルタン皇帝の物語」~Ⅲ.三つの不思議の吹奏楽アレンジ版の中間部において、美しいソロを担っている
楽器の一つがクラリネットですけど、あのクラリネットのソロの箇所は何度聴いても、その美しくファンタジー感溢れるソロに
うっとりとさせられてしまいそうです。

ららマジ器楽部でクラリネットを担当している綾瀬凛はなんとなくいつも怒っているみたいなイメージもありそうですけど、
ソロを奏でる時には楽しそうな笑顔になるのかもしれないです。

綾瀬凛がソロを担当する「三つの不思議」も是非聴いてみたいですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

やりました

ぬくぬく先生さん、こんにちは
懐かしいですね。中学の頃(80年代)やりましたよ!コンクールや演奏会では採用されませんでしたが(笑)。いい曲ですよね。旋律がホント美しいですし盛り上げ方がリムスキーコルサコフ一流の素晴しさだと思います。

懐かしいです!

全国大会の川本高校の演奏、確かNHKFM
で当時放送されていた「ブラスのひびき」で聴いて感銘を受けました。
課題曲は確かCで斎藤正和さんの「シンフォニック・マーチ」で、記憶が間違ってなければこの演奏もブラスのひびきで放送されてたように思います。
今の流行りの曲もよろしいとは思いますが、こういう名曲もコンクールの自由曲(今年はほぼどの大会も中心になりましたが…)や演奏会の演目としてエントリーしてほしいですね。

すてきな名曲ですよね~♪

sankichi1689  様


サルタン皇帝の物語は確かに他のリムスキーの華麗な管弦楽作品の中では地味なのかしれないですけど、
音楽的盛り上がりの素晴らしさや巧みなオーケストレーションは素晴らしいと思いますし、プロのオーケストラの
演奏会でももっと取り上げられて然るべき隠れた名曲だと思います。

この曲を吹奏楽アレンジ版で演奏経験があるとは羨ましい限りです!

ブラスのひびき

一秋田県民  様


サルタン皇帝の物語は管弦楽では知る人ぞ知る名曲だと思いますが、吹奏楽コンクールでは既にたくさんの名演が
出ていますので、この曲が管弦楽でも吹奏楽でももっともっと演奏されてほしいです。

1981年の川本高校は技術もそうですけど音楽的感銘度の高さも最高でしたし、川本高校のシンフォニックマーチの
溌溂とした演奏も素晴らしかったです。

「ブラスのひびき」の秋山さんの声もなつかしいですね~♪

81年のコンクールの放送ではご指摘の通り、冒頭で川本の課題曲も流れていましたし、天理のオセロや
福岡工大付属の民衆の祭りのためのコラールも流れていました!
翌年のブラスのひびきではなぜか1チームあたり3分程度の放送になってしまい、確か当時は大ブーイングが
おきていたのもなつかしいですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |