FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計


シェークスピアの戯曲を音楽作品のモチーフにした楽曲は結構あるかとは思います。

その中で特に名高い作品はヴェルディの歌劇「オテロ」やプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」であり、
R.シュトラウスの交響詩「マクベス」やチャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」や
メンデルスゾーンの劇付随音楽「真夏の夜の夢」も名作の誉れ高い傑作だと思います。
(吹奏楽オリジナル作品としてはA.リードの「オセロ」と「ハムレットへの音楽」が不滅の名曲だといえます)

上記の作品はどちらかというと悲劇的作品という雰囲気ですけど、そうした中、シェークスピアの喜劇とコメディとウィットに
溢れた作品を歌劇化した作品というとオットー・ニコライの歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」が挙げられると思います。
ニコライ自身は39歳の若さで世を去り、その早すぎる死を惜しまれた御方なのですけど、実はウィーンフィルの創設指揮者
という経歴もあります。
歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」はニコライ最後の歌劇作品であったりもします。
この歌劇自体もさすがにワーグナークラスの演奏頻度という訳ではありませんけど、世界各地で今現在も上演され続けていて、
その序曲は演奏時間が8分程度とコンパクトであるため、管弦楽団の演奏会における一曲目として演奏されることも
よくあります。
私自身、この序曲を生で聴いて印象的だったのは、レナルト指揮の新星日響とホルストシュタイン指揮のN響でした。
この歌劇の序曲は冒頭が大変ゆったりとしたテンポで開始されおおらかに情感たっぷりに歌い上げられ、中盤以降のアレグロは底抜けに楽しくて明るくて軽くてノリがよくて、それでいて品が良い素晴らしい名曲だと思います。
後述しますけどこの序曲はゴドフリーによる吹奏楽アレンジ版としても親しまれていて、過去の吹奏楽コンクールにおいても
ブリヂストン久留米・柳町中学校・東京ガス・嘉穂高校などの素晴らしい名演が残されていたりもします。
ただこの序曲の吹奏楽アレンジ版は、クラリネットパートは曲の開始から最後まで全く休みなく吹き続けなくてはいけないですし、
特にアレグロ以降は16分音符の早い運指を絶え間なく続けないといけないので、雰囲気としては大変マイルドでやさしい
感じなのに、クラリネットパートにとっては自修羅場と化している曲といえるのかもしれないです。

シェークスピアの戯曲は、私も一度読んでみたことはあるのですが、 一言で言うと、浮気者のバカ男と焼きもち妬きの亭主を
策略と機智で懲らしめる奥様方のユーモアを描いた作品なのですけど、 そうしたウイットが実に8分足らずの序曲に
集約されていると思います。

歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」のざっくりとしたあらすじは下記のとおりです。

第一幕

フルート夫人とライヒ夫人は、スケベオヤジのオヤジ色男のファルスタッフ卿から、名前以外は一文字も変化がない
全くの同一のラブレターを貰った事に気が付くことからこの物語は開始されます。
今風に言うと、ブログコメントで複数の人たちに「どうせばれないだろう・・」と全く同じ文面のメッセージを送る事に
近いものがあるのかもしれないですね・・

二人の奥様達は、浮気者のファルスタッフを懲らしめる事とフルート夫人の旦那の過度な焼きもち妬きにお灸をすえる
という二つの目的を同時に達成する策略を目論むことになります。

そしてこの歌劇は二人の奥様たちによる浮気男への懲罰話と同時並行的にとある若き男女の恋話も進行していきます。

シュペアリッヒとカイアスは、ライヒの娘アンナに求婚しています。
アンナの父はシュペアリッヒを、アンナの母はカイアスをそれぞれ気に入っています。
しかしアンナ本人はフェントンに恋をしています。
フェントンという貧乏青年はライヒにアンナと結婚の許しを求めますけど、「貧乏人にうちの大事な娘はやれない!」と拒絶します。

そして歌劇では、フルート夫人とライヒ夫人の二人はファルスタッフの誘いに乗るふりをしてファルスタッフを罠にかけ
浮気者を懲らしめる事を画策し、計画を立案していきます。
まずはフルート夫人の焼きもち妬きのフルートに妻の逢い引きを匂わす手紙が送り付け、同時にファルスタッフに対して
「あなたの気持ちはたいへんありがたいです。今度一緒にお会いしませんか?」と誘惑の手紙も送り、ここに罠が成立します。
そして、のこのことファルスタッフが現れ、ファルスタッフは早速フルート夫人を口説き始めます。
ライヒ夫人は当初の打ち合わせ通り、「フルートが怒り狂ってこっちに向かっている。あたなはすぐに逃げて」と告げ、
フルート夫人はファルスタッフを用意していた洗濯籠の中に閉じ込めて隠します。
そして使用人たちに「その籠をテムズ川に投げ捨てる」ように依頼します。

そしてほぼ同時に激怒し嫉妬に狂ったフルートが現れ浮気相手の捜索を開始します。
しかしいくら探しても証拠は見つかりませんし、ファルスタッフは既に川に投げ捨てられているので証拠は何一つ出てきません。
疑いをかけられたことにフルート夫人は嘆き悲しみ、周りの者たちはフルートを責めます。
フルートは妻を疑ったことを後悔し「許してください」と謝罪しますけど、フルート夫人は「今日にも離婚よ!」と和解を拒絶します。

第二幕

テムズ川に放り込まれ風邪をひいたファルスタッフのもとに再びフルート夫人からお誘いの手紙が届けられます。
嬉しさのあまり酒場で一杯ひっかけご機嫌で歌を歌っていると、昨日の一件がありながらも実はまだ妻の浮気を疑っている
フルートが偽名を使ってファルスタッフに近づき、「謝礼金を出すのでフルート夫人を口説いてほしい」と依頼をします。

ある日のフルート家の部屋にて、またまたファルスタッフが再びフルート夫人を口説き始めます。
そこにまたもやライヒ夫人が入って来て、フルート夫人に「洗濯籠の件を知ったあなたの主人が鷹狩から戻ってくる」と伝えます。
そしてこの時のファルスタッフは太った叔母さんに女装をさせられ別室に隠されます。

そこにまたまた嫉妬にかられたフルートが登場し、妻の浮気相手の捜索を開始し、別室にて叔母さん(女装したファルセット)を
発見し「お前は誰だ~」とばかりにこん棒でぶん殴りボコボコにしてしまい、家から叩き出します。

第三幕

ライヒ夫妻、フルート夫妻、アンナは一緒に昼食を食べています。そしてこの時にようやくすべての種明かしがされ、
真相が明らかにされます。
フルートは妻に「浮気をしたのではないか?」と疑ったことを恥ずかしく思い、これまでの自らの疑り深い言動を大いに恥じ、
妻に心から謝罪し許しを乞います。
フルート夫人はすべてを受け入れ水に流し、そして皆で、「真夜中の公園にファルスタッフを呼び出して懲らしめる」ことを
提案します。
ライヒ夫人は、ウィンザーの森の狩人ハーンの伝説を語ります。そしてこの妖精伝説と仮装コスプレ大会を結び付け、
その場を借りてファルスタッフにお仕置きをし、同時についでに娘のアンナの結婚問題についてもケリを付けようと
画策します。そして一同は妖精に変装し、ファルスタッフは狩人ハーンに変装させて招待することにします。
この騒動に乗じて、ライヒ夫妻は娘のアンナを「それぞれのお気に入りと結婚させよう」と計画します。
ウインザーの森の妖精伝説として、同じ色の妖精同士が結ばれるというものもあり、
母(ライヒ夫人)は「赤い妖精に変装しなさい」、父は「緑の妖精に変装しなさい」とアンナに厳命します。
アンナは親に従うふりをして、事前にフェントンに白い妖精のコスプレをしてきて・・とお願いしてあり、アンナ自身は言うまでもなく
白い妖精のコスプレをしてフェントンと結婚することを決意します。

ここから先はお約束通りに展開され、妖精にコスプレした者たちは、「どうしてここに妖精がいるんだ・・」と実は臆病で迷信深い
ファルスタッフをポコポコにしてやつつけ痛めつけます。
ファルスタッフは逃げようとするところでフルート夫妻に種を明かされ、やっと騙されたことに気づきます。
皆は最後はファルスタッフを許し、アンナとフェントンも無事に結ばれ、全てがハッピーエンドで物語が閉じられます。

古今東西、どんな時代においても西洋でも東洋でも男ども、特にバカ旦那たちの浮気の虫と嫉妬深さは
似たようなものがありそうですね~♪
浮気がバレバレになっても、シラを切り通し、最後は「ごめんなさーーーい、二度と浮気はしませんから、お許しを! 御慈悲を!」と
なってしまうのは世の常なのかもしれないですし、男どものアホな浮気や嫉妬深さに困り果てながらも、さまざまな機知とウイットで
切り抜けていくのも女性たちの常なのかもしれないです。

前述のとおり、ニコライの歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」序曲は吹奏楽コンクール全国大会でも何度も自由曲として
選ばれていて、特に1979年のブリヂストンタイヤ久留米と1983年の嘉穂高校はとても爽やかな演奏ですてきな
演奏でした。
1980年の中村学園もこの曲を自由曲にしていますけど、翌年のスペイン奇想曲以上にダーダー吹きで、リズムがかなり
甘くてスイートすぎる演奏になっていた事は大変惜しまれます。

この序曲の全国大会での最高の名演は1982年の長野県の柳町中学校なのかもしれないです。
(支部大会の小編成を含めると1993年の関東大会B部門の銚子商業の30人程度の少ない編成での名演は素晴らしかったです!)

課題曲Bの「序奏とアレグロ」はトランペットソロを含めて少し固さが感じられ、特段強い印象は無いのですけど、
アレグロに入ってからの安定度は半端無いものがあり、淡々と進展しているのですけど、淡泊という印象は無く、
スピード感と音の切れを終始保ったまま、最後までこの無機質な曲想を保ち続けているのは凄いと思いますし、
こんな難しい課題曲もほぼノーミスミスで集中度を保っていたのは賞賛に値すると思います。
最後のトロンボーン等による最後の三つの音が少しだけせせこましい印象はありましたけど、
指揮者の解釈としては「一気呵成にたたみかけるように終わらせたかった・・」という意図だったのかもしれないです。

一方、自由曲ですけど、課題曲との極端な対比が実に面白いし、指揮者もそれを狙っていたと思いますけど
課題曲の無機質なスピード感と自由曲の歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」序曲というのんびり・おっとりとした感じの
極端な落差が実に素晴らしかったです。
歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲は、原曲のヴァイオリン部分を担当するクラリネットセクションは
ずっと吹きっぱなしという印象が強く、奏者は大変だっただろうなと思うのですけどと、
クラリネットセクションは、そうした大変さを全く感じさせず、むしろのびのびおおらかに吹いていたのがとても印象的でしたし、
曲全体としても流れが実に自然で申し分なかったと思います。
ラスト近くのピッコロの高音が、いかにも曲が終わるといった雰囲気を醸し出してくれていて
この序曲の素朴さ・楽しさを改めて私達に伝えてくれていたと思います。


20190611-suta-sahulaia-02_convert_20190611225229_convert_20190612001217.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

本日ご紹介させて頂くキャラは、上記の歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」の第3幕において、ファルスタッフ以外の
ほぼ全員の登場人物が妖精姿にコスプレしていたという関連性もあるという事で、
アミグリさんが2019年6月に描かれたスターサファイアを皆様にお披露目させて頂きたいと思います。

スターサファイアの活躍舞台となっている東方三月精においては、スターやサニーたち光の三妖精が
お化け大会で妖怪姿にコスプレしていたり、はたまた霊夢を驚かせるために妖怪姿にコスプレしていたシーンも何度か
ありましたし、スターたち妖精にとっては「ウインザーの陽気な女房たち」で出てきたようなイタズラとかコスプレとか
誰かをびっくりさせるということはむしろ得意中の得意な事でもありますので、もしもあの歌劇の妖精役として
スターたち光の三妖精が登場していたら、すてきなイタズラをしまくってファルスタッフをびっくり仰天させていたのは
言うまでもないことなのかもしれないですね~♪
ちなみに「東方花映塚」においては、リリーホワイトたち妖精が四季映姫様のコスプレで登場していたシーンもありました!

アミグリさんの描かれたスターサファイアはとてつもなくかわいいですね~♪

スターのこの流れるように美しい黒髪ロングも前髪ぱっつんも、背景のお星さまのキラキラ仕様も圧巻の仕上がりだと
思います。
霊夢の髪のリボンを彷彿とさせる髪のリボンの大きさの強調や衣裳の青と白の色彩的対比もそうですし、
まるで妖精メイドさんみたいな白エプロンのチャーミングさとかスカートや袖のフリルのきめ細かさとか
スターの生足のかわいらしさや背中の羽根のバランス感覚などなど、とても初描きキャラとは思えないですし、
改めて「スターサファイアは幻想郷内のすてきな妖精ちゃんなんだ!」と改めて強く認識させられたものです。
ちょっとふっくらとしたお顔の輪郭は健康的で生命感溢れる妖精の力強さを
感じさせていると思いますし、背中の羽根がチルノの氷の羽根とはひと味違うようにも感じられたりもします。

このスターは見るからに愉快なイタズラしまくりしそうなお茶目さとかわいらしさに溢れていると思いますし、こんなスターが
コスプレしたとしたらどんぴしゃのはまり役ともいえそうです~♪

上記のアミグリさんが描かれたスターサファイアは、スターの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいスターサファイアを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

イタズラ妖精のことに思いをはせながら、シェークスピアの古典戯曲を楽しみ、ニコライのこの歌劇の序曲をおおらかに
聴くことができるというのは至福のひと時といえそうですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ウインザーの陽気な女房たち

歌劇「ウインザーの陽気な女房たち」序曲は
序盤のゆったりとした響きからアレグロ以降のキビキビとした動きまで全く飽きることはないですし、聴いていてもほっこりしそうなマイルドな曲だと思います。

吹奏楽コンクールでも過去にたくさんの名演が出ていますけど、記事内ではでてこなかった新日鉄室蘭の渋い大人の響きも充実していると思います。

私は東方もスターサファイアもよくわからないのですけど、アミグリさんという方が描かれたこの妖精はとってもかわいいです。
いかにもイタズラ妖精という気配に溢れていますし、
羽とぱっつん前髪が愛らしいと思います。

クラリネット奏者は大変・・

たがふ 様


原曲はとても優雅で粋な曲のように感じますけど、ゴドフリー編曲の吹奏楽アレンジ版のクラリネットの
パート譜を見た限りでは「奏者は大変そう・・」という印象はあったりもします。
言われてみると新日鉄室蘭は1981年の唯一の金賞の自由曲がこの曲でしたね。
BJ評ではあまりいい事は書かれていませんでしたけど、おっしゃる通りいぶし銀のような渋い演奏だったと思います。

音楽家のたがふ様にアミグリさんの描かれたスターをお褒め頂き感謝感激です! ありがとうございます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |