FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この曲を聴くと何か涙もろくもなりますし、元気づけられたりもします。
何か自分にとっては「勇気」とか「希望」とか「生きる力」を与えてくれる曲です。
これまでの自分の生涯を振り返ってみると、
決して主流派という道は歩んでいなかったと思います。
大抵、反体制派・非主流派・外様大名みたいな位置づけが多かったような気がします。
だからこそ、当時の小国フィンランドが当時の大国であるロシアから真の独立を勝ち取ろうと
ロシアに色々な面で刃向っていた事には
何となく共感するものがあります。
歴史上意外かもしれませんが、フィンランドは第二次世界大戦中は、なんと枢軸国(ドイツ~イタリア~日本)側
に付いているのです。
そしてソフィン戦争という結果を招き、戦後はソ連から賠償金を請求されています。
(驚くべきことに国力をあげて短期間でこの賠償金を支払い完了させています・・・)

不器用な生き方・自分らしさを貫く・筋を通す・小国の悲哀と知恵
そんな所が自分とフィンランドを繋ぐ線なのかなーとも大胆にも(?)思ったりもします。

この「フィンランディア」のメロディーラインはシンプルながらも
何か人の心を打つものが確実にあると思います。
特に中間部のあのメロディーは、何回聴いても胸にジーンとくるものがあります。
巨大な組織や国にも負けないで、自分たちの主張を伝えるという難しさにもくじけないで
それを貫き通す「心意気」みたいなものを感じてしまいます。

この曲を最初に聴いたのは高校の時でした。
吹奏楽部の仲間が持っていた「オーマンディー指揮/名曲集」というレコードの中の一曲として
収録されていて、
特にこの「フィンランディア」に最初から惹かれました。
オーマンディー指揮の演奏では、あの中間部には「合唱」が導入されていました。
確かラストでも高らかに合唱が鳴り響いたような記憶があります。
後に合唱が入る版の方が珍しく、通常はオケのみという事を知ったものですが、
そのせいか今でも「フィンランディア」は合唱が入った方が好きです。

生の演奏会では、この曲は何回も聴いていますが、
合唱が入る演奏を聴いたのは今のところ一度だけです。
日本フィルの1996年の確か創立50周年だったかな・・・確か記念ガラコンサートで
曲のラストにこの曲を合唱を入れて演奏をしていました。
やはり合唱が入ると一際感動性があると思います。
本場の演奏で忘れなれないのが、1999年のラハティ交響楽団のトリフォニーホールでの
演奏会です。
この楽団は来日時にシベリウスの交響曲を全て何回かの公演に分けて演奏していましたが、
自分はその中で、ヴァイオリン協奏曲と交響曲第五番の演奏会を聴きに行きましたけど
本当に素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
交響曲第五番の演奏後は、やらせなしの自発的なスタンディングオベーションが止まらない
状態でしたし、アンコールを4~5回くらいやっていましたけど
その最後の曲が「フィンランディア」で
本場の魂のこもった歌を聴かせてくれた感じでした。

高校の音楽の教科書の中で
「フィンランディア」という歌が掲載されていましたが、これは中間部に日本語の歌詞をつけたものでした。

大空はるか彼方に
希望に燃えたる若者、その胸赤く映ゆ

なんて歌詞だったと思いますけど、授業で一度だけ全員で合唱したことがありますけど
やはりなんかジーーンときたものでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/533-f742e202
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |