FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


マーラーの交響曲第5番第四楽章「アダージェット」ですが、何だか最近
よく耳にします。
と思っていたら、JR東日本の東京駅改装のCMのBGMが、この曲なんですね。
このCMは、やたらTBSラジオのCMで聴くような気がします。
(仕事で結構車を使う機会が多いもので、その際はなぜかTBSラジオが気に入っていて、
 ゆうゆうワイドとか、たまむすびなんかよく聴いています。
 小島慶子の時は、ああいうタイプは苦手であまり聞かなかったけど、赤江さんとか
 ストリームの頃の松本知子は良いと思います。)

このアダージェットは本当に不思議な空間です。

第一~三楽章と歓喜に包まれるフィナーレの間に挟まれた楽章なのですが、
安らぎという訳でもなく、繋ぎ役という感じでもなく、
独特の雰囲気を持った楽章です。
(この楽章は弦楽器とハープだけですので、それまでの楽章で疲弊した管楽器を
 休ませる意図もあったのかもしれません・・)

生の演奏会でもこの交響曲は何度か聴きました。
孤独な第一楽章
一瞬の勝利をつかんだものの、静かに終わる第二楽章
次から次へと難題がふりかかり、綱渡りのような第三楽章
を経てのこの楽章なのですが、
最初聴いた頃は、動と動の間に突然癒し系の音楽が乱入した感じもして
正直作曲者の意図があまりよく分かりませんでした。
でも、要はフーガのようなフィナーレへの間奏曲なのでしょう。

何となく個人の印象として、この楽章は、
生きている一人の人間が、過去を回顧し、過去において関り現在は亡くなっている人達に
語りかけているようなシーン、死者たちと生者一人の晩餐会のような
感覚もあります。

この楽章は、指揮者によって本当に解釈に差が出ますよね。

ワルターのように9分程度でさくさく終わらせる人もいれば、
ハイティンクのように14分もゆったりと進める人もいれば
多様な解釈があります。

この曲の作曲当時マーラーは、確か新婚ホヤホヤだったと思いますが、
第一楽章を葬送行進曲で開始する辺りは、何を考えているのでしょうかねという
所でしょうか・・・
でもフィナーレの古典形式のような歓喜さは、そのウキウキ振りが少しは
反映したものなのでしょうか?

この第一楽章の葬送行進曲のテーマは、前作第4番「大いなる喜びへの賛歌」の
第一楽章でも使用されているのは面白いと思います。
ああした穏やかな4番でも、天国にも悪魔はいるのだよという事を
描きたかったのかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/53-fc4c8122
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |