FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


地方の温泉旅行で宿泊を伴う際の楽しみの一つとして、その地方限定のローカル局におけるローカル番組や
ローカルCMを見ることもあるのかもしれないです。
「以前テレビで見かけていたあのタレントさんが、こんなローカル局でこんなローカル番組に出演をしていた」とか
「とっくに消えていたと思っていたあのタレントさんがローカル局ではまだまだ現役で頑張っている」といった
すてきな発見があるのかもしれないです。

埼玉でのローカルテレビ局と言うと「テレビ埼玉」です。そして県民の間ではテレビ埼玉というよりはテレ玉という愛称の方が
馴染みがあるのかもしれないです。
テレ玉においては「懐かしいタレントさんがテレ玉で頑張っている」という懐かしさは他のローカル局よりも弱めであるというのは
埼玉県が一応は日本の首都である東京との隣の県であるという地形的要因も大きいのかもしれないですし、埼玉では
都内のローカル局とも言える東京MXが普通に見れるという事も大きいのかもしれないです。
テレビ埼玉は2013年前後ですと、かなり深夜アニメが充実しているという印象もありましたけど、ここ数年は最新のアニメ作品が
テレ玉で放映されることはほぼ皆無であり、最近は、忍者ハットリくん・プロゴルファー猿・ハクション大魔王といった
昔懐かしいアニメが今更放映されていたりもします。
テレ玉のスポーツ放映枠で、浦和レッズや大宮アルディージャの試合が放映されていたりもしますけど、サッカーに全く興味が
無い私にとってはそれはどうでもいい話であり、出来れば埼玉西武ライオンズの試合をもっと中継して欲しいなぁ~という
要望の方が強いです。
というか、西武の試合と言うよりは私の大好きなマリーンズ絡みで、ライオンズVSマリーンズの中継をもっと増やしい欲しい
と思ったりもします。


resize_image-1.jpg


当ブログでは2015年以降、テレ玉のオリジナルアニメ作品で、浦和を舞台にしたローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」の
事を根幹カテゴリの一つとして何度もレビューをさせて頂いておりますけど、その中のメインキャラの一人でもある
上木崎常盤の名前の由来ともなっている「常盤」には実はこのテレビ埼玉の本社があったりもします。

この常盤というエリアですけど、私の感覚では、埼玉県屈指の高級住宅街というイメージがあったりもします。

一軒一軒の家がとにかく広大なお屋敷みたいなイメージがありますね。
私自身がが住んでいる川口市の「キューポラのある街」に象徴されるような庶民の街」とは大きな違いがありそうです。
この常盤には、 さいたまりそな銀行の本店・県立近代美術館・さいたま市役所・浦和区役所・NHKさいたま放送局・
朝日新聞と読売新聞のさいたま支局などが立地されていて、他の街とは雰囲気の違いを感じたりもします。

そしてこの常盤には、上記で触れたとおり「浦和の調ちゃん」の放送局の「テレビ埼玉」の本社が存在しています。

ph_booth03_01_convert_20150317162650.jpg


テレビ埼玉(テレ玉)のイメージキャラクターは、「テレ玉くん」と呼ばれるマスコットキャラクターがいて、
「ゆるキャラサミット」にも何度か参加していました。
テレビ埼玉の毎日の番組の中でほぼ毎日「テレ玉くんの歌」というコーナーもあったりします。

テレ玉のマスコットキャラクターテレ玉くんは性別はオスで好きな食べ物はおせんべいなそうです。
気はやさしいがちょっと皮肉屋さんなところが玉にきずという設定で、夢は自分の殻をやぶることと人気者になるとの事です。
そしてテレビ埼玉では一定の時間帯に「テレ玉くんは卵だよ~」でお馴染みの「テレ玉くんのうた」を流しています。
2「テレ玉くんのうた」は、ヒ前山田健一氏が作曲を担当し、ももいろクローバーZらを手がける石川ゆみ氏が振り付けを担当し、
これまでに佐藤弘道、小島よしお、スギちゃん、AKB48の一部のメンバーなどによって、この曲を背景に
ダンスをしている映像も時折ですけど流れています。
(小島よしおは千葉出身なのですけど、このテレ玉くんのうたに登場しているテレ玉のテキトーさも素晴らしいと思います!)

この「テレ玉くん」は卵ではないそうです。
好きな言葉は卵が先かニワトリが先かであり、嫌いな言葉がゆでる、割れるというのも何ともお茶目な感じがしますね~♪


縺弱g縺・*縺ョ貅€蟾枩convert_20190502180116


テレ玉放映限定のローカルテレビCMとしては、あまりにも有名なのが当ブログでもこれまで何度もご紹介をさせて頂きました
ふくさやさんの「十万石まんじゅう」の「うまい、うますぎる」のCMだと思いますが、それ以外のテレ玉のローカルテレビCMとして
大栄不動産・龍前住建・東武ニューハウス・さいたま住宅検査・アップルパーク・細井自動車・埼玉電気安全サービス・
給湯機のスマイク・クリーン工房・すわんど花蔵・伊佐須美神社・武蔵野銀行・埼玉スポーツセンター・松乃井グループ・
彩果の宝石・ひびきのみそだれなど多数ありますけど、埼玉県以外の皆様ですと「なんじゃそれ・・?」という感じなのかも
しれないです。
そうそう・・ひびきのみそだれのJKさんのCMはとてもかわいかったですけど、昨年秋頃にひびきのみそだれの母体が
経営破綻してしまい、このCMは多分流れることは無いと思われますのでそれはちょっと残念です。
「もさこっさり」のフレーズでお馴染みだったとんこつラーメンの青木亭のCMも最近とんと見かけなくなりましたけど、
それもちょっと心配だったりもします。

テレ玉のCMというと餃子の満洲もよく流れていますね~♪

ぎょうざの満洲は、多分ですけど、埼玉の方には相当馴染みがあるお店だと思います。
「山田うどん」と同様に埼玉県内に本社or本店があって、テレビ埼玉にCMを結構流していますから、
埼玉県民にとっては「十万石まんじゅう」同様に馴染みのあるCMの一つと言えるのかもしれませんよね。

十万石まんじゅうの例のあの「うまい、うますぎる」のフレーズは埼玉限定ですけど大変有名になっていますが、
ぎょうざの満洲のフレーズは「3割うまい」というものです。
この「3割うまい」というのは、
「うまい・安い・元気」の3つで3割とされているそうですけど、
元は「他店より美味さ3割増し」の意味で付けられたものとのことらしいです。
テレビ埼玉を付けているとたまにですけど、この「3割うまい」のフレーズは結構流れてきますので
埼玉県民にとっては馴染みのあるキャッチフレーズなのかもしれないですね。
そしてほとんどのお店が駅前にありますので、会社帰りになにか定食を食べたいという時やビールを飲みたい時のおつまみの
お店としてもうってつけだと思いますし、ファミりーでお店に入ったとしても全然違和感がない万人向けの大変気取りのない
餃子店だと思います。

ぎょうざの満洲のマスコットキャラクターは「ランちゃん」という女の子なのですけど、
この会社の社長さんを元々モデルにしたとの事です。
名前の由来ですけど、「ラ」はラーメンのラ、「ン」はチャーハンの「ン」です。
こういうあまりにもわかりやすいフレーズは「うまい、うますぎる」と同様にこのシンプルさが素晴らしいと感じます。

そうそう、これってよく間違われるのですけど、ぎょうざの満洲は「満洲」という漢字を使用します。
満州という漢字ではありませんので御注頂ければ幸いです。

ぎょうざの満洲は、こうした飲食店では珍しいのかもしれませんけど、フランチャイズ制は採用せず
全て直営店方式というのも面白いと思いますし、
これが全店で共通の味と運営方針を保てる理由なのかもしれないです。


_convert_20200111024350.jpg


上記で触れた通り、テレ玉は以前はかなり深夜アニメも充実していた時期があり、例えば「デート・ア・ライブ」・「ニセコイ」なども
テレ玉で放映されていましたけど、最近はこうした作品が放映される事はまずないです。
その代わりに昔懐かしい作品の再放映がされる事も多々ありますけど、今年の1月以降なぜかしりませんけど、
毎週金曜の深夜23:30より「エヴァンゲリオン」が放映されていて、たまらなく「懐かしいね~」と感じさせてくれています。
OPの「残酷な天使のテーゼ」が流れるととにかくたまらなくレトロ感を感じたりもします。

そのテレ玉のエヴァンゲリオンのスポンサーとしてテレビCMが流れているのが埼玉のローカル企業の一つの日特印刷さんです!

この会社は住宅や車輌の内装材など、主に工業用中間製品の製造を手がけられていて、
グラビア印刷による加工を通じ、塩ビシートやプラスチックフィルムなどへのコーティング処理を行っているのが
主な業務内容です。

そしてこの企業のCMで使用されているのがイメージキャラクターのこのみとアイラであったりもします。
(右の緑の髪の子がこのみで、左の青の髪の子がアイラです)
ちなみにアイラは新婚間もない人妻さんであり、日特印刷に転職する前は金融機関在職だったそうです。

こんな素晴らしい美少女キャラのイメージキャラクターはとてもすてきですし、CMとしても大変見映えがしていると感じます!

蜊∽ク・浹2_convert_20190501165447

蜊∽ク・浹3_convert_20190501165510


でもやっぱり埼玉を代表するローカルテレビCMは誰が何と言っても「うまい、うますぎる」でお馴染みのふくさやさんの
十万石まんじゅうに尽きると思います!

「うまい、うますぎる」というフレーズはテレ玉(テレビ埼玉)で「十万石まんじゅう」のCMをご覧になった事が
ある人にとってはお馴染みの宣伝文句だと思いますが、
渡邉ポポ先生のコミック「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」第一巻でアグリが小鳩に説明している通り、
十万石まんじゅうのテレビCMはテレビ埼玉限定です。
都内では残念ながらあのCMは流れておりません・・

うちの奥様のように生まれも育ちも埼玉県という方にとっては
あの「うまい、うますぎる」のキャッチフレーズは、子供の頃からずーーっと埼玉テレビのCMで聞かされていると
すっかり洗脳(?)されてしまい、お馴染みの言葉になるのだと思います。
爆笑問題の太田光が以前、日曜午後のTBSラジオの「爆笑問題の日曜サンデー」という番組の中で。
「小さい頃は、十万石まんじゅうとか、うまい、うますぎるの宣伝文句は全国的に知れ渡っていると
思っていたけど、都内の大学に進学し、東京都民に、うまい、うますぎるとか十万石まんじゅうと尋ねても
ほぼ全員、なにそれ?みたいな反応で、その時に初めて、あれは埼玉ローカル話だと気が付いた」と言っていましたけど
それはまさにその通りという事で、むしろ埼玉あるある話としては鉄板ネタなのかもしれないです。

テレ玉においては、十万石まんじゅう以外でももっと全国的に名が知れ渡るようなローカルテレビCMがたくさん出てくれると
嬉しいですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

いちばん食べた九州人

こんばんは。
テレビ埼玉は、浦和の大おばの家に行った際に西武戦の中継を見たのが衝撃でした。
テレビでパ・リーグの試合をやること自体すくないし。

今月、じつは十万石まんじゅうを食べております。
母が関東に行って、ボクへのお土産に買ってました。
いつ食べても、うまい、うますぎる。
九州人でいちばん食べていると自負してます。

うまい、うますぎる~♪

五航戦の愛鷹 様

テレ玉と東京MXは週に3~4回程度はパ・リーグの公式戦を放映してくれるのが大変ありがたいです!

そしていつも十万石まんじゅうを食べて頂き感謝感激です!

是非あのおいしさを味わいつつ、心の中で「うまい、うますぎる!」と唱えて頂ければ幸いです。

埼玉県以外でももっと取り扱いを増やしてほしい十万石まんじゆうですけど、日持ちしないというのがネックでありますけど、
同時に類似商品との差別化が図れているのだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |