FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


例年のプリキュアシリーズですと、7月初めくらいに
一つのクライマックスを迎えるのですけど

〇初代【無印】⇒光の園でのドッグゾーンとの死闘

〇SS ⇒満と薫の消滅

〇プリキュア5 ⇒分裂と新たなる力の獲得

〇フレッシュ ⇒イースの最期とキュアパッションの誕生

〇ハートキャッチ ⇒キュアサンシャインの登場

〇スイート ⇒キュアビートの誕生

〇スマイル ⇒キャンディーの奪還とプリンセスフォームのお披露目

今年の「ドキドキ」は例年に比べてクライマックス到達が早く、来週にも新しいプリキュアが
登場しそうです。
だけど5人目の「キュアエース」って一体誰なんだろう・・・??
いまだにこの時期になってもよく分かりません・・・
これまでの話の流れだと、当然のごとく五人目=レジーナという感じなのですけど
キュアエースの出回り画像とか予告の背景画像とか
ネットで流れている情報
(新しいプリキュアは、「プリキュアとして恥ずかしくないの?」とか「そんなのじゃ駄目よ」みたいに
 結構きついことを言うみたい・・・)
などを見る限りでは、
新しいプリキュアはアン王女なのではないか?と思ってしまいます・・・

もっとも「フレッシュ」の時もパッション覚醒直前の頃は、いかにもみゆきさんが
プリキュア史上初の「女子高生プリキュア」登場みたいなノリでしたし、予告画像もいかにも
みゆきさんが赤いプリキュアになるみたいな作りでしたので
あまり当てにはなりませんけどね・・・

もしもアン王女がプリキュアになってしまうと、
アイちゃんはともかくとして、レジーナの立場はどうなってしまうのでしょう・・・

6/23の話の中では、レジーナの父親のキングジコチューは相当凶暴で
反抗したレジーナに対しても容赦なく攻撃をしかけてきましたけど
やはり「親子の絆」というものは簡単には否定できないものです。
もしもレジーナがプリキュアとして覚醒した場合、その点をいかに正当化するのかとか
組織に対する裏切りというこれまでの「イース=セイレーン」パターンとは別に
親子としての葛藤もあるでしょうし、
その辺りは次回以降のお楽しみという感じなのでしょう。
勿論新しいプリキュアは一体誰なのかという最大のお楽しみを踏まえてですけど・・・



それにしてもマナ達の世界へ戻る途中のレジーナの浮かない表情は印象的です。
どちらにしても、これまで「自己中、わがままお嬢様」の塊だったレジーナが組織に対する裏切り・親子間の
葛藤・マナ達との友情・ソードという敵味方の間柄などというやっかいな問題に
どう向かっていくのやら・・・
それに対する不安感があの表情なのかもしれませんね。

次週でマナとレジーナが一つの布団でおやすみする場面もありましたけど、
そうなると六花さんの「焼きもち」は再度炸裂しないのかな・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/525-42c7867e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |