FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


_convert_20191224103701.jpg

「女子高生の無駄づかい」に登場するマジョこと、久条翡翠は実は私の大のお気に入りでもあります。

マジョというのはバカの田中がつけたあだ名なのですけど、初登場の際には不気味なフードを被っていたり、
真夏でも長袖を着ていたり、今時のJKさんは短めスカートが主流であるのに、まるで昭和の頃にタイムスリップしたかのような
あのロングスカートといった外見的雰囲気はやっぱり「マジョ=魔女」というあだ名には妥当性があるのかもしれないです。
実写版の「女子高生の無駄づかい」のマジョ役の女の子は、オスカー所属という事で、魔女の雰囲気と言うよりは
あの美少女振りがすてきだと思ったりもします。

マジョは初期の頃は高校も不登校気味で「学校に行っても皆の話題についていけないし楽しくない」という感じでしたし、
元々がコミュ障気味で他人とのコミュニケーションが苦手であったようですけど、原作漫画においては、
最近ではバカ・ヲタ・ロボの3人とつるんで行動するシーンも大分増えてきましたし、ロリと映画に行ったりままごと遊びを
一緒にしたりと初期の頃に比べると随分とストライクゾーンが広くなったような印象もありますし、これからのマジョの活躍も
とても楽しみです。

マジョの髪型は初登場時はロングヘアでしたけど、バカたちにお近づきのしるしに・・と配った御守りは実はマジョの髪から
作られたものという事で、後に黒髪で前髪ぱっつんのボブカットになっていたりもします。
そして外見は前述の通り夏でも長袖にロングスカートです。

一般的に魔女というと悪魔と契約した邪悪な存在という事で、全体を黒っぽい衣装で包み、スカートの丈も服の袖もすっぽりと
長いといったイメージもありそうです。

私が中学生時代の頃は、横浜銀蠅とかなめ猫とか3年B組金八先生の校内暴力シーンなどに象徴されるように、
素行があまりよくない男の子はツッパリ、女の子はスケバンみたいに言われる事も多々ありましたし、
特に女の子のスケバンさんはセーラー服のスカート丈を地面に引きずるほど長くする制服に改造することが流行
していたような時代でもありましたし、
今現在のJKさんのスカートは短め傾向ですけど、当時はどちらかというと長いスカートの方がステイタスみたいな雰囲気すら
あったと思います。
当時のスケバンさんというか不良JKさんのスカートは言うならば魔女に近い雰囲気があったのかもしれないですね。
学校側は「服装の乱れは生活の乱れ」という標語を掲げ厳しい校則による服装チェックを実施したものの
全体的な効果は今一つであり、やむを得ずその対策として一部の学校では、
着崩すことが難しい制服として、セーラー服からタータンチェックのスカートのブレザースーツに変更し、
その効果としてチェックのスカートは丈を延ばすと格好悪いため改造する者が激減したというものがあり、それが結果的に
長い丈のスカートが姿を消した一つの要因にもなったという説もあるそうです。

そうした背景もあり、全国的にはJC・JKの皆様の制服はセーラー服からブレザーへと流れが変り、
ブレザー制服のスカートは長い丈よりはむしろ短めスカートのほうがかわいく見えるしおしゃれという事で。
結果的にJKさんの制服スカートが90年代後半以降急速に短くなっていった一つの要因にも
もしかしたらなっているのかもしれないです。

昭和の頃のJKさんと平成・令和の時代のJKさんの制服の雰囲気の最も大きな違いは、制服自体がセーラー服から
ブレザー制服が主流になった事とスカート丈の長さの変化と言えるのかもしれないです。
さてさて、そうした女の子の制服スカートにおいて、昨日まで長い丈のスカートの子がある日突然ミニスカートになったら
周りもびっくりするのかもしれないですし、はたまたその逆に昨日までとてつもなく短いスカートの女の子がある日突然
ロングスカートを穿いたとしたら、同様に周りの人たちはびっくりするのかもしれないです。
そうした意味においては、冒頭の「女子高生の無駄づかい」のマジョがある日突然、まるでヲタが普段穿いている様な
ミニスカートの制服で登校して来たとしたら、バカやロボたちもびっくりするのかもしれないです。

普段ミニスカートを穿きそうもない御方がある日突然ミニスカートを穿いたりするととても魅力的に思えたりもしますけど、
東方でそうした事が可能性的にありそうなのが紅魔館の動かない図書館のパチュリーさんだと思います。
パチュリーさんは基本的には、まるで寝巻のような衣装を昼間も纏っていて、帽子はまるでナイトキャップみたいですし、
いつもだふだふっとした長袖に足元まですっぽりと覆われたロングスカートを着用されています。
パチュリーさんは種族的にはアリスと同様に「魔法使い」なのですけど、実を言うと、萃夢想、緋想天という作品の頃の
パチュリーさんの種族は公式では「魔女」とされていました。
そして東方地霊殿以降はも今現在に至るまで魔法使いという種族にいわば設定変更がされていたりもします。
そうした意味において、パチュリーさんがまるで魔女みたいな外見的雰囲気を有しているのもある意味当然なのかも
しれないです。

パチュリーさんは見た目は西洋の魔法使いなのですけど、使用している魔法は実は五大元素(地水火木金)という
東洋魔術をベースにしているのは大変面白いと思います。
対して魔理沙は日本の幻想郷の魔法使いなのですけど、扱う魔法は四大元素(火水風地)という西洋魔術であり、
東洋魔術を扱うパチュリーさんはいわば西洋の東洋魔術師であり、
「東洋の西洋魔術師」である魔理沙と対極をなしているのは大変興味深いものがあったりもします。

そうしたパチュリーさんは見た目もその能力も魔法使いそのものという事で、前述の通り普段はまるで魔女みたいな
黒系または灰色系の長袖・ロングスカートを身に纏っていて、パチュリーさんがミニスカートを穿くなんてことは
まずありえない事なのかもしれないです。

だけどそうしたちょっとありえないようなミニスカートのパチュリーさんを絵にされたすてきな絵師様もいたりもします。

それは言うまでも無くdream fantasy のアミグリさん
なのですけど、多分誰しもが思いつきそうにもないパチュリーさんのミニスカート姿を2010年3月と言う極めて
初期作品ながらも描かれていたアミグリさんのその大胆で斬新な発想は素晴らしいと思います~♪





ここから下記はdream fantasy2のアミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。
本記事において、ミニスカートのパチュリーさんと普段の魔女っぽいロングスカートのだぼっとしたパチュリーさんをご覧頂き、
そのすてきな対比を皆様に是非ご覧頂きたいと思います。

まず上記のミススカパチュリーさんは、アミグリさんが2010年3月に描かれたかなりの初期作品です。

パチュリーさんのちょっと意外なミニスカがなんともかわいいです~!
太ももから腰にかけてのほのかなお色気が素晴らしいと思いますし、照れているようにも強気のようにも見える
パチュリーさんの表情がとても魅力的だと思います。
普段ロングスカートの方がミニスカになるとギャップ萌え効果も期待できるという事をまさに絵でもって立証した
素晴らしきパチュリーさんだと思います~♪

紅魔館のお色気担当は間違いなく咲夜さんなのですけど、こうしたミニスカートのパチュリーさんを見てしまうと
パチュリーさんの見方がなんだか変化するようにも感じられそうです。


haro+pachuri-n_convert_20131013170237.png


ここから下記の2作品のパチュリーさんはいつものお姿のまるで魔女みたいな雰囲気のパチュリーさんです。

上記のパチュリーさんはアミグリさんが2013年10月に描かれた「とりっくおあとりーと★」のふわっとしたパチュリーさんです。

チルノや光の三妖精みたいないたずら迷惑妖精がこうしたハロウィンでの
「いたずらするかお菓子をご馳走するか」と言ったとしたら、とんでもないポンコツイタズラを色々としそうな雰囲気もありますが、
パチュリーさんがそうしたセリフを言ったとしても
「どうぞ、どうぞ・・・お好きなようにしてください!!」みたいに、言われた方もニッコリとしそうな雰囲気がありそうです。
パチュリーさんは魔女みたいな魔法使いでもありますので、その気になればとてつもない魔法を色々と駆使して
すてきなイタズラを色々とお披露目してくれそうですね~

ふわっとした衣装がとてもかわいいですし、手にしているかぼちゃも吸血鬼の館らしいコウモリもとても見栄えがしていますし、
ハロウィンに相応しいすてきな一枚だと思います。

そして改めてパチュリーさんはすてきな魔女っぽい御方であると感じたものでした。


pache-pache-000011_convert_20171106164222_convert_20180419232528.png


続きましてアミグリさんが2017年11月に描かれたパチュリーさんです!

多くのすてきな東方絵師様が描かれるパチュリーさんは、どちらかというと眠そうとかだるいといったイメージで描かれるか
またはいかにも恐怖の館の紅魔館に居候している魔女に似つかわしいような何を考えているのかよくわからない
悪魔のような魔女といったイメージで描かれる方が多いような気もしますけど、
アミグリさんの描かれるパチュリーさんは、かわいらしい少女とかふんわりと透明感が漂うやさしい雰囲気の魔法使いと
いったようなイメージが伝わっているようにも感じられます。
確かにロングスカートやだぼっとした雰囲気の衣装は魔女らしくもあるのですけど、
2017年11月に描かれたパチュリーさんはふんわりとした優しい透明感もすてきですし、
何よりもやわらかいタッチがパチュリーさんのふわっ・・とした雰囲気によく合っていると思います。
公式設定の「魔女」とは思えないようなふんわりとした優しそうな雰囲気のパチュリーさんだとも感じられますし、
ちょっと「きょとん・・」とした雰囲気も伝わってきていて色々と脳内妄想が沸き起こりそうです。
レミリアさまがまたまた無茶難題を言ってきて少しあきれている感じとか
魔理沙が地下の大図書館にコソ泥にやってきたのとばったり遭遇してしまったりとか、はたまた
魔理沙とパチュリーさんの関係を色々と脳内妄想して焼きもちを妬いた
アリスが乗り込んできて「なにそれ・・?」みたいなきょとん・・としたお顔の
パチュリーさんみたいな感じとか色々と想像できそうですね・・

ZUN帽も相変わらずよくお似合いだと思いますし、リボンが全体にとっても花を添えている様な感じもします。
このパチュリーさんは「魔女」ではなくて、なんとなくですけど
水中や空間を漂う「妖精さん」みたいな雰囲気もありそうだと思います。

上記のアミグリさんが描かれたパチュリーさんは、その権利は全てこのパチュリーさんを描かれたアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいパチュリーさんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱりロングスカートの女の子もミニスカートの女の子もどちらもすてきですよね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

実写版

実写版の「女子高生の無駄づかい」はかなり面白いですね!

各キャラの人選と配置が比較的うまくいっていて、特にバカ・りりィ・マジメははまり役ともいえそうです。
マジョ役の子もちょっとミステリアスな雰囲気がうまく出ていると
思います。

こうしたアニメの実写化版はたいていコケることが多いですけど、
今回は今のところは大変うまくいっているように
思えますね。

マジョがミニスカ穿いたら意外と似合うのかもしれないです。

女子無駄の実写版

ひより~ 様


いやいや、私自身も実は「女子高生の無駄づかい」の実写版がこんなにはまるとは予想外でしたし、
アニメ作品の実写版としては珍しいとも言えそうな成功ともいえると思います。
「ラーメン大好き小泉さん」や「ニセコイ」・「かぐや様は告りたい」ではあんなに大失敗に終わったアニメ作品の実写化を
ここまで成功に導いた要因の一つが的確な人選だと思いますし、
特にりりィは素晴らしかったです。

マジョもちょっと美少女すぎるのかもしれないですけど、痛さは十分感じられますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |