FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


_convert_20190921172730.jpg

昨年の夏アニメは私の大のお気に入り作品の「女子高生の無駄づかい」を含めてとっても素晴らしい作品が揃っていて
その充実ぶりには目を見張るものがありましたし、私的には2018年の秋アニメと同様の大満足感がありました。
その流れを引き継ぐ形で2019年秋アニメ作品が開始されていて、「私、能力は平均値でって言ったよね」とか
「ライフル イズ ビューティフル」とか「神田川JET GIRLS」などすてきな作品もたくさんあった中、結構気になる事が
あったりしました。

2019年の冬~秋アニメ作品の中で、多分ですけど、スタッフの人手不足や作画崩壊を危惧した結果等が原因と
思われそうな「万策尽きて落ちた・・」と思われる総集編を挟む作品が大変多かったですが、
振り返ってみると、2019年深夜アニメの中で、冬アニメと春アニメにはそうした作品は多分一つもなかったと
思うのですけど、
(「八月のシンデレラナインの放映休止と7月へのずれ込みは、あれはテニス中継が原因で、落ちた訳ではないです・・)
夏アニメにおいては、ありふれた職業で世界最強・この世の果てで恋を唄う少女YU-NO・コップクラフト・Re:ステージ!
といった作品が何らかの理由で落ちて途中で総集編を挟む形になっていて、その時は
「それは仕方ないよね・・」とか「それはよくある話だから・・」と感じていたのですけど、
秋アニメに入ると、慎重勇者・ 神田川JET GIRLS・グランブルーファンタジー・ アズールレーン・バビロン・FGOバビロニア
トクナナ・ライフル・イズ・ビューティフル・俺を好きなのはお前だけかよといった作品が夏アニメに続いて
途中で総集編を挟む事になっていて、さすがに「ちょっと、これはヤバイ事態なのかも・・」と感じていたものでした。
2019年前半の疲労蓄積が結果的に夏・アニメ作品にしわ寄せがきたといえそうですし、
ここ数年来色々と問題になっているようですけど、アニメ業界の制作スタッフの皆様の低賃金・長時間労働といった
過酷な制作過程の限界や慢性的人手不足やアニメーター全体の質の低下といった問題が一気に噴出したと言えるのかも
しれないです。
最近のアニメ作品はほとんどが三ヶ月クールの全12~13話構成なのですけど、そうした短いサイクルの中にあって
一話でも唐突に総集編の回が盛り込まれると、「またか~」とか「この作品も落ちてしまったのか・・」と感じてしまい、
結構ガックリくるものですけど、そうした中でも特にガクッ・・ときてしまったのが「アズールレーン」でした。

アズールレーンは2019年度秋アニメとして最も注目していた作品でした!

アズールレーンは人気スマートフォン向けアプリゲームを原作としていて、当ブログでも2018年あたりから
dream fantasyのアミグリさんのイラストをメインに
既に何度か記事を掲載させて頂いておりますので、アズールレーンのアニメ放映は放映前から
「待ってました~♪」という期待感で一杯でした。
昨年7月にアズールレーンアニメ化に際してのキービジュアルが先行公開されていて、
そのキービジュアルとして、ユニオン所属の空母・エンタープライズとロイヤル所属の軽巡洋艦・ベルファストが並び立ち、
戦火の上がる海を駆ける様子が描かれていましたけど、あれを見ただけで当時はとてつもなく期待が高まっていたものでした。

アズールレーンのアニメは、テンポ感の良さやスピード感や臨場感に合わせて、ロイヤルメイド隊をはじめとする
登場するキャラ達の妖しい美しさやロリロリっとしたかわいらしさも素晴らしくて、私的には昨年秋アニメを代表する作品として
相応しい作品の一つと認識していたものでした。
もちろん、第4話における部分的な作画崩壊や途中で既に一度総集編を挟まれていて、確かに「大丈夫かな・・?」と危惧
した事もありましたけど、特に第10話において、ベルファストがエンタープライズの襟元捕まえてお説教食らわすシーンや
ストーリーの急速展開もあったりして、「残り2話の展開が楽しみ~」と感じていた矢先に、
唐突に「アズールレーンの第11話と第12話の放映は、クオリティーの維持を図るためにやむなく2020年3月に延期いたします」と
告知がされていて、その告知を見た瞬間に「まじかよ~」とか「せっかくここまで盛り上がっていたのに・・」とか
「第11話の展開が楽しみだったのに~」と正直茫然としてしまいました。

でもこればかりは仕方ないですよね・・

気長に3月の第11話と第12話の放映再開を待ちたいと思います。
(でもその頃には第1~10話の記憶はほぼ吹っ飛んでしまっているのかもしれないですね・・汗)

それにしてもアズールレーンの放映延期や三ヶ月クールの作品なのにこれだけ総集編を挟む作品が多かったというのは、
この業界全体の問題でもありそうですし、問題提起をされた・・という印象の方が強いです。


20190722-beruhulasuto-03_convert_20190722150043_convert_20190723013412.png


アズールレーンの第11話と第12話の放映は再来月・・3月まで待つことになり、それは大変残念なのですけど、
そうしたちょっと残念な想いは、dream fantasy
アミグリさんが描かれたアズールレーンのメインキャラの一人のベルファストの素晴らしい絵を見ることによって
穴埋めをさせて頂きたいと思います。
アミグリさんの描かれたベルファストは、そうした残念な心のスキマを埋めるには十分すぎるほどのものがあると思います!

上記のロイヤルメイド隊のすてきな現・メイド長のベルファストは、アミグリさんが2019年7月に描かれた作品です。

アミグリさんが描かれたベルファストを見た瞬間、なんとかわいくてお色気要素もたっぷり感じられるメイドさん~♪と
思わず満面のニッコニッコの笑顔になってしまいましたし、
人というものは老若男女問わず「おかえりなさいませ~ご主人様(お嬢様)!」し呼ばれるのは嬉しいという事なのだと思います!

ベルファストは現・メイド長という事で、ロイヤルメイド隊のトップをリーダーとして凛々しく描かれ、
その凛々しい雰囲気は戦うメイドさんという言葉がよくお似合いだと思います。
ベルファストは「アズレンロリ幼女化の原点」と言われる通りの美少女としてのかわいらしさにも溢れている一方で
あの胸の大きさが大変けしからん??事になっていまして、
美少女メイドさんとしての洗練された美しさととてつもない胸の大きさのギャップは、まさに萌えそのものであり、
こうしたギャップがあるからこそ私たちはメイドさんに魅かれるものなのかもしれないです。

アミグリさんの描かれたベルファストは、凛とした気品のある美しさとお色気要素を見事に融合した素晴らしいメイド長だと
思います。
胸元が大きく開いている事が胸の大きさの強調にも繋がっていると思いますし、
アミグリさんご自身がベルファストくらい大きな胸のキャラを描くこと自体が大変珍しいとも言えますし、その意味では
大変貴重な1枚になったといえる作品なのだと思います。

アミグリさんの描かれたベルファストの銀髪ロングの幻想的な美しさは大変ポイントが高いと思います~♪
メイド長・銀髪というと東方の咲夜さんというキャラもいるのですけど、
咲夜さんの髪はここまでは長くない事を考えると、改めて銀髪ロングキャラの美しさを感じたものですし、
金髪ロングとは別の意味での美しさというのか、華やかさでは金髪に負けるのかもしれないですけど、渋さ・しっとりとした感じは
むしろ銀髪ロングの方がより強く感じさせていると言えそうです。
スカートやカチューシャ等のフリルの精緻さはいつもながら素晴らしいと思います。
エプロンの皺の描き方も芸術の域に達していそうですし、
気品のある柔和な雰囲気の目の描き方も大変上品で洗練された雰囲気で癒された空気感が伝わっていると思います。
途中で切れてしまったような鎖の垂れたチョーカーも
「どうしてこうしたアイテムを身につけているのかな」みたいな謎要素も感じさせていると思います。
胸元の開き具合とコルセットで締めつけられた結果としての胸の強調も素晴らしいですし、そこに感じ取れることは
お色気という要素よりは、艶やかさとしっとり感を伝えている点も素晴らしいと思います。

とにかく「全てが素晴らしい!」としか言いようがなくて、称賛しても称賛し足りない程のベルファストの魅力をアミグリさんは
引きだしていると思います。
こうした素晴らしいベルファストを見せ付けられてしまうと、アズールレーンの第11話と第12話の3月まで見られないと言う
愚痴は吹っ飛びそうです~♪

上記のアミグリさんが描かれたベルファストの権利は、ベルファストの絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しいベルファストを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは3月放映の残りのアズールレーンの放映を楽しみにさせて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

なんか複雑

こんにちは。
アズレンは録画してるので、いつでも振り返って見れます。
米英の艦船が、わんさかあるんでネタに困りません。
最近は「フォーミダブル」が出ました。
え、沖縄戦に参加して特攻隊の餌食になったヤツ?
なんだか複雑な思いが絡むのは仕方ないのかも。

アズールレーンは中国人の原作ですが、世界情勢を反映してか?今イチ立ち位置が曖昧で「艦これ」みたいな人気が出ませんね。
一応、赤城(日本)を敵にしたけどあんまり敵意むき出しに出来ないし、エンタープライズ(米国)を味方にしたけど外圧が強くて信用できないし(笑)
遼寧 (空母) を出すと双方から睨まれそうなので(尖閣問題と南沙問題)出来ないし、悩める作者の心境が手に取る様に出ています(笑)

アニメと史実

五航戦の愛鷹 様


アニメとしての「アズールレーン」はいい所で長期中断になってしまいましたので、ちょっと消化不良な感じです。
1月より改めて再放送が1話から展開されていますので、それにつなげる形で残り2話の方も楽しみに
させて頂きたいと思います。

艦これもそうですけど、アニメ化映像と史実をごちゃまぜにしてしまうと仰る通り複雑な思いがあるというのも
分かる気がします。




悩ましい問題ですよね・・

sado jo 様


アズールレーンは元々がゲーム作品で東方Projectのような軸となるべきストーリーはあってないようなものですので、
制作者の皆様もそのストーリーとか特に重桜陣営の描き方には相当悩まされたのかもしれないです。
そうした悩み・迷いが長期間の放映中断になったのかもしれないです。

艦これもアズールレーンもアニメ化はいまだに賛否両論があるようですけど、かわいい美少女達が
メイド服・セーラー服・艦装などに身を包んでそのかわいらしさを楽しむという事に割り切って視聴した方が
いいのかもしれないですね。

アズールレーン、放送前からみんな騒いでたから新ジャンルに挑戦するつもりで楽しみに見始めたらこの惨状ですの…!たぶん私も続きが放送される頃には設定も内容も忘れてますw
総集編をはさまれるだけなら慣れっこですけど分割1クールは気持ち的にキツいですね。2015年のゴッドイーターの悲劇がフラッシュバックしました。
分割されないまでも総集編でごまかしてるアニメが多すぎなのは制作現場のヤバさが増してきていることの表れなのでしょう。最近はアニメの制作数に対してスタッフの数も足りないそうで、仮に数がいても技術者はそうすぐに育つものではないですし課題はいろいろですねぇ。

アズールレーン

schwert 様


アズールレーンは昨年12月に「これから!」といういいところで長期間中断という事で各方面からのブーイングは
すさまじいものがありそうですけど、アズレンだけでなくこれだけ多くの秋アニメが途中で総集編をはさんだり、
最終回が年明けの変な時期でひっそりと放映されていたことは、
業界全体の人手不足とか技術者不足というものは思った以上に深刻なものがあるのかもしれないです。

アズールレーンの重桜陣営の描き方は解釈によっては中国の皆様の逆鱗に触れそうなナイーブなものも含んでいるので、
土壇場でアズレンの原作の中国サイトから何か横寄りが入ったみたいなことを言われている人もいるようですけど、
制作現場は私たちの想像を超えて修羅場だったのかもしれないです。

東京MXでは1月より改めて1話より再放送が開始されていて、再放送の第10話と未放映の11~12話をつなげようという事なので、
ストーリー自体は忘れるという事態を回避できたのは幸いでもありました。

4月から始まる邪神ちゃんは飛ばないようにしてほしいですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |