FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計




12/1の記事と被ってしまうのかもしれないですけど(汗・・)

小さな子供や中学生レベルの子供たち、特に音楽を初めて1~2年足らずのいわば初心者に
「自分達の頭で考えなさい」とか言われてもそれほどは分るはずはないと思うのです。
音楽の初心者とか習熟度が低い子供たちには、最初はとにかく優しく教えてあげて
「これこれ、こうした点が良くない」とか「こういう所をもう少し気を付けて」と
具体的なメッセージをその都度発信していかないと、恐らくは分からないと思うのです。
理解度がまだ未熟な者たちに 抽象的なメッセージを発信されても困惑してしまうだけではないかと思ったりもします。
音楽というものは、本来は楽しみながら同時に、何かを聴いている人達に伝える事だとも思うのですけど、
そうした次元はある程度音楽を理解し、自分のものに出来た人達にしか分からないような面もあると思うのです。
小さな子供や中学生レベルの子供たち、特に音楽を初めて1~2年足らずのいわば初心者に
「音楽を奏でていない・「お前たちが奏でる音は音楽では無い」」といった抽象的な事を叱咤されても、
言われた本人たちは戸惑うばかりだと思うのです。
要は、音楽のなんたるかをよく分かっていない子供たちは迷える子羊なのだと思います。
そうした迷える子羊たちには、具体的な不明点」題材に具体的に丁寧に一つ一つやさしく教えていくしかないと思うのです。

私自身、小学校時代に打楽器の経験はありましたけど、管楽器の経験はなく、中学の吹奏楽部に入部して初めて
管楽器に触れて同時に管楽器を吹く事の難しさを嫌というほど味わったものです。
吹奏楽部の新入部員は、楽器の初心者そのものですし、ある意味右も左もわからない迷える子羊ですので、
上級生や指導者たちは新入部員に不安感を持たせないように優しく接してあげるのが最適だと思いますし、むしろそれは
先輩や指導者としての基本的責務なのだと思います。
最初から上手に吹く事なんて出来やしませんし、新入部員にとっては上手く拭けないから余計に「自分は本当吹奏楽部で
やっていけるのだろうか・・?」という不安を感じてしまうものだと思いますし、
特に木管楽器の場合はリードの扱いやブレスの方法、指使いや楽器の手入れなどを含めて最初は
「何が分からないのかすらも分かっていない状態」だと思いますので、そうした新入生や初心者が感じる不安を
自分の経験談をベースにやさしく丁寧に少しずつ教えていくのが、新入部員や初心者の皆様を結果的に音楽嫌いにさせない
一番の方策といえるのかもとれないです。

そうした観点から考えるとたとえば吹奏楽部の場合、楽器振り分けといってどの子をどの楽器に配置させるかというのは
大変重要な問題と言えるのかもしれないです。

楽器振り分けは、各パートで不足する人員と新入生の希望楽器を色々と調整しながら、
新入生の楽器を決めていくと言うのが一つのパターンなのかな・・と思います。

理想を言うと、初心者の場合、希望楽器とか言われても自分の適性楽器とか言われても多分あまりピンとこない人が
多いかもしれないですので、一週間ぐらい時間を与えて木管・金管・打楽器・・と一通り楽器を触らせてあげて試しに
ちょっと吹かせてみて、その上で本人の希望と客観的に見た適正を公正に考慮して担当楽器を決めて上げるのが
理想なのかもしれないですね。
人によっては生来の唇の形状や歯並び等によって「この子は少なくともオーボエには向いていない」とか
「この唇の柔らかさはホルンやトランペットに向いている」など色々あるとは思いますし、
いくら奏者不足だからといってリズム感が欠如している子に打楽器を無理やりやらせてもすぐに嫌になってしまうのが
オチなのかもしれないですので、その辺りは本人の希望と適正をバランスよく考えて上げる必要がありそうですし、
万一楽器振り分けの際に希望楽器に配置できなかった子は、その後のなんらかのフォローをしてあげて、
「他の楽器もこんなに楽しいよ~」とか「この楽器は全体の中ではこんなにすてきな役割を有しているから面白いよ~」と
説明してあげることがスクールバンドの指導者には求められるのかもしれないです。

さてさて、そうした話が「響け! ユーフォニアム」第一期の話の中でもあったりしました。

久美子の小学校時代の回想・・・・

トランペット・ホルン・トロンボーンと次々と担当楽器の振り分けが決まっていくのに、ユーフォニアムだけは誰も見向きも
しないです。
先生も「ユーフォニアムを吹く人がいません、希望する人いませんか? 誰かやってくれる人はいないかな?」と声を掛けるものの
誰も手を挙げる人はいません。
結果的に久美子は流されるままなんとなくユーフォニアムを吹く事になってしまいます・
「ユーフォって希望者が少ないからなんとなく続けて来ちゃったんだよね」となし崩し的にユーフォを担当し続けた久美子が
愚痴ります。

でもその気持ち、よく分かりますね・・

私自身中学でクラリネットを2年、アルトサックスを一年間吹いていて、高校にあがって吹奏楽部に入部した際も
本音は「アルトサックスを吹きたい」というものでしたけど、男子高校は慢性的なクラリネット奏者不足と言う事で、
なし崩し的にクラリネットを引き続き担当する事になり、大学で吹奏楽団に入団した際も
「いまさらこの年で担当楽器替えてもね・・」という感じでやはりなし崩し的になんとなくクラリネットを吹く事になっていたと
思います。

「響け! ユーフォニアム第一期」第2話は、楽器の振り分けと滝先生の着任というのが大筋の話でしたけど、
高校で吹奏楽部に入部する際は、経験者は基本的には、以前経験した楽器をそのまま吹くという事が圧倒的に多いと
思いますけど中には高校時代の私のように、以前経験した楽器を新しい環境下では替えたいと思う人も
少なからずいると思いますし、中学までユーフォニアムを吹いていた久美子が「高校ではトロンボーンを吹きたい」と思う気持ちは
私もよくわかります。
吹奏楽部において人気が高い楽器は、フルート・アルトサックス・トランペット・トロンボーンあたりで、
特にトランペットとアルトサックスは吹奏楽の花形楽器という事もありますし、常に定員オーバーなのかもしれませんね。
逆に今一つ人気が無いのは「響け!ユーフォニアム」の主役とも言うべきユーフォニアムとかチューバとか打楽器や
バスクラ・クラリネットあたりなのかもしれないです。
(響け!ユーフォニアムの放映以降は逆にユーフォの人気が急上昇というのもアニメ効果といえそうですね~)

どうしても、新入生の希望が人気楽器に集中した場合は、実際に楽器を吹かせてみて、上手い下手とか適性を判断して
担当楽器を決めていく事になると思います。
残酷な言い方もしれないですけど、前述の通り、本人が希望しても生まれつきの唇の形や歯並び等で不向きと判断される事も
ありますけど、不向きな楽器をずっと続けていって上達しないことが続いて嫌な気分になるのだったら、適正と判断される
楽器で頑張った方が本人のためなのかもしれないので、そのあたりは新入部員や初心者たちが嫌な気持ちにならないように
先輩や指導者たちはきめ細かく見ていく必要があるのだと思います。


843c6449_convert_20150416162012.jpg


アニメ「響け! ユーフォニアム」の久美子は、高校で吹奏楽部に入部した際はトロンボーン希望でした。

ユーフォニアム奏者のの田中あすか先輩に私は「トロンボーン希望ですので・・」とあらかじめ逃げを打っていましたけど、
運悪く子供の頃からの知り合いの年上の葵に「小学校の頃からユーフォだもんね、久美子ちゃん・と
あっさりユーフォニアム経験者である事をばらされ、
田中あすか先輩に「ちょっと向こうで話をしようか」と肩を抱かれていたのは思いっきり笑ってしまいました。





ここから下記は少しばかりららマジの話をさせて頂きたいと思います。

東奏学園の30人の器楽部においてメンバー最年少は卯月幸という中学1年生のウクレレ担当のJCさんです。

器楽部のエレキギター担当の真中華の妹で、ウクレレのほかにヴォーカルも担当することもあるそうです。
バトル時には愛用のウクレレに似た形の片手剣で戦う事もあります。

中学一年と言う事でららマジの中ではかなり幼い雰囲気があるのですけど、そうした初々しいかわいらしさが
とってもすてきですね~♪

卯月幸は一応ウクレレ担当なのですけど、「東奏学園に進学したらお姉さまたちのようにすてきな楽器奏者になりたい」という
あこがれの気持ちをもって日々練習に励んでいるその初々しさも素晴らしいです。
そして卯月幸も確かに今はウクレレ担当ですけど、
「高校に上がる頃までには色々な楽器を一通り吹いて、どんな楽器が自分にあっているのか試してみたい」と
思っているのかもしれないです。

ららマジカードの何にも卯月幸がホルンやクラリネットを各先輩から教わっているシーンを示唆するものがあったりして、
こういうシーンはとってもいいなぁ・・と感じたりもします。


_convert_20191130191750.jpg


ホルン奏者の理系の三嶋蒼からホルンの手ほどきを受けている卯月幸です。

ホルンは金管楽器の中でも音程が決まりにくく大変難しい楽器ですけど、三嶋蒼から「どううしたらホルンをうまく鳴らすことが
できるのか」みたいな事を精緻な理論に基づき教えて貰えるのかもしれないですね~


_繧ッ繝ゥ_convert_20191030002934


ららマジのクラリネット担当の綾瀬凜は真面目な優等生で後輩からはちょっぴり怖い先輩としても知られています。

真面目な厳格な性格で後輩からは少し怖がられている事を綾瀬凜本人はかなり気にしており、
後輩にやさしく接しようと心掛けていたりもするそうです。

私自身、吹奏楽部に入部しクラリネットを始めた中学一年の時には、綾瀬凜みたいにやさしく接してくれそうなお姉さま先輩は
ほぼ皆無でしたので(汗・・)
ららマジの綾瀬凛みたいなお姉さまに教わればもう少し上達したのかもしれないですね~

そしてそうしたやさしく接してあげようと意識している綾瀬凜から手ほどきを受けることができる卯月幸は幸せ者なのかも
しれないです。

卯月幸のような新入部員にとって一年生のうちからたくさんの楽器のレクチャーを受け、その中から
「この楽器が一番わたしにしっくりくるかも~」という楽器を発見できればとても素晴らしいと思いますね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

楽器振り分け

吹奏楽部の新入部員は楽器の初心者そのもので右も左もわからない迷える子羊というのはおっしゃる通りだと思います。
そうした初心者たちが楽器や音楽そのものが嫌いにならないように
音楽を奏でる楽しさをいかにわかりやすく伝えてあげることが
先輩たちや指揮者の役割なのだと思いますし、
その第一歩としての楽器振り分けの意義は大変大きいものが
あると思います。

迷える子羊

たがふ 様


私自身、中学で初めて管楽器を吹くことになった時は緊張感と不安でいっぱいでしたし、楽器振り分けで
クラリネットに決まった際も、最初はマウスピースを鳴らすことから始まりましたけど、最初のころは
マウスピースでも音は出ませんでしたし、楽器を初めて手にした時も右も左もよくわからず、とにかく不安でいっぱい
でしたけど、周りの上級生たちは自分のことだけで精いっぱいという感じで、親切丁寧に教わったという印象は
皆無でした。

せっかく入った新入部員を育てるということは、最初の一歩が大事であり、それがひいては音楽好きになるのか
そうならないのかの分岐点なのかもしれないですね。

こんにちは

私が吹奏楽部に入った80年代は、そうですねえー、あまり丁寧に教えるという感じではなかったですね。それでも、楽器はあまり上手くはなかったけど、面倒見のいい先輩がいてくれて、ありがたかったですね。ちなみに、合奏もタテ線合わせろと、でかい音出せぐらいの指導でしたね(笑)

新入部員は部全体の宝物!

sankichi1689 様


私自身が吹奏楽をやっていた1970年代後半~80年代後半は、まだ日本が少子高齢化が深刻になる以前の頃で、
私自身中学の頃は一学年17クラスまでありましたし、吹奏楽部も特に勧誘しなくても自然に100人ぐらいは部員が
集まっていたと思います。
そうした時代はどちらかというと「猛練習が嫌ならやめればいいじゃん」という風潮もありましたので、
今とはかなり時代が違うといえそうですね。

今は少子高齢化で学校統廃合・部員数の維持の難しさもありますので、新入部員は部全体の宝物という意識が
強くなっているのかもしれないですし、特に初心者にはわかりやすく具体的な言葉でていねいにわかりやすくやさしく
音楽と楽器を吹く事の楽しさを伝えることができれば最高ですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |