FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


バニーガールはとってもとってもかわいくて男の子にとっては永遠の憧れなのかもしれないです・・(汗・・)
(それは男子校生にとってセーラー服やブレザー制服のJKさんに対する憧憬の気持ちと似ているのかもしれないですね~♪)

バニーガールとはいうまでもなく、ウサギをモチーフにしたレオタードに似た身体の線が出る衣装を着た女の子のこと
ですけど、 飲食店、カジノの接客係やバラエティ番組のアシスタントなどで見られると思いますが、実際にカジノや飲食店等で
そうしたバニーガールが接待されているのは極めて稀なそうですし、どちらかというと日本において、バニーガールとは
コスプレやアニメや漫画・ゲーム等での二次元作品で重宝されているようにも感じられます。

日本のアニメ等のネタでは、お約束シーン見たいな感じで稀にバニー衣装の女の子の胸部分がずり落ちる等の事故(??)が
あったりしますけど、実際の本式のバニーガール衣装はどちらかというとコルセットに近い感じで、内部にボーン(骨)が
埋め込まれていて、縫製としてはかなり頑丈なそうで、胸のサイズ等に関係なくずれるものではないそうです。

バニーガールというと一部で(?)よく論争になっているのが「バニーガールは生足がいいのか黒タイツまたは黒ストッキングを
穿いたほうがいいのか?」という事なのかもしれないです。

一般論で言うと・・

黒タイツ派の言い分としては、
①脚が細く美しく見える ②あまりはっきりと見せないほうが品があり気品を感じる ③冬場は温かい雰囲気がある
という事で、脚を引き締めて見せる効果や上品で落ち着いた雰囲気に見せてくれるという事が挙げられるのかもしれないです。

一方、生足派の言い分としては、
①健康的 ②ラインがわかり色っぽさが感じられる ③その人本来の脚の美しさが伝わる ④元気溌剌の様子が感じられる
ということが挙げられるのかもしれないです。

私ですか・・?? 私としては「どちらもそれぞれ魅力的でかわいい~♪」ということなのだと思います。

それでは下記においてとある大人気アニメキャラのバニーガール姿をモチーフにしたフィギュアでその雰囲気の違いを
少しばかり見て頂きたいと思います。
そのキャラとは劇場公開版も上映され、ローソンコラボでも大変おなじみのすてきな美少女で、
「冴えない彼女の育て方」でもっとも人気が高く「かわいすぎる・・」としか言いようが無い加藤恵です。
その加藤恵のバニーガールフィギュアについては、2018年に既に黒タイツ版の通常バニースタイルが発売されていて、
昨年秋に生足バニーとしての加藤恵の製作開始と販売予約が開始され、その生足バニーの方は今年・・2020年3月に
発売予定となっています。





加藤恵はとにかくビジュアルがかわいすぎますね~♪

「冴えない彼女の育て方」は加藤恵以外にもすてきな美少女やちょっとエロっぽい美少女もヒロインの一人として登場
しているのですけど、冴えカノの中では圧倒的な人気キャラなのだと思います。というか他のキャラの追随を許していないと
思われます。
加藤恵本人はどちらかというと存在感のうすいキャラなのですけど、
「今の私はあなたの創ろうとしている物語のヒロインになれるのかな?」のセリフに代表される通り、真っ白な存在感から
徐々に個性を発揮していくタイプと言えるのかもしれないです。

さてさて、そうした冴えカノのメインヒロインの加藤恵が、1/4スケールの生足バニースタイルとなって、間もなくそのすてきな
フィギュアが発売されようとしています。
後述しますけど、通常版の黒タイツを穿いたバニー加藤恵は既に2018年に発売済です。
原作を手掛けた大人気イラストレーター・深崎暮人氏が描く魅力的なキャラクターイメージを
1/4スケールという圧倒的な存在感で表現されていて、バニースーツは煌びやかなメタリック塗装になっています。
このフィギュアは黒タイツでもなく網タイツでもなく、「生足」の表現にこだわった仕様となっているのが最大の売りだと思います。

この加藤恵の生足バニーの商品概要は下記の通りです。

商品名 : 加藤恵 生足バニーVer.

メーカー : FREEing カテゴリー 

価格 : 18,000円 +税

発売予定 : 2020年3月

仕様 : PVC製塗装済み完成品・1/4スケール・専用台座付属

全高 : 約430mm 

販売元 : グッドスマイルカンパニー

こうしてみてみるとバニー衣装とは水着とはちょっと違うものであることがなんとなくわかるような気がします。

上記でも触れたとおり、生足としての美脚・健康的な美しさ・スレンダーさが加藤恵というキャラを通してよく伝わっていると
感じられます。
普段の加藤恵の雰囲気からはちょっと想像できない大胆すぎるバニー姿なのですけど、
さすがにちょっと恥ずかしいのか背中側に腕を回しながら内股気味に立つ仕草がとてもかわいいです~♪


_convert_20191129121831.jpg


上記の加藤恵は、同じくグッドスマイルカンパニーより2018年4月に発売された加藤恵 バニーVer(黒タイツ)フィギュアです。
価格21,111円 +税と生足版よりお高めでした。

やや控え目な性格の加藤恵が見せるちょっと大胆なバニー姿が魅力の逸品ですし、少しうつむき気味で頬を赤らめた表情が
かわいいですね~♪

綺麗な体のラインが特徴的ですし、うさ耳もうまく表現し全体的にも細部までこだわった一品となっています。

脚線美がとても綺麗だと思いますし、生足版だと見方によっては「生々しいほどちょっとエロっぽい・・」みたいな雰囲気も
無くは無いのですけど、黒タイツバニーだと、むしろ洗練された大人の女性の気品みたいなものを感じたりもします。
女性らしいしなやかなボディラインも魅力的に再現されているのですけど、生足版に比べて過剰なお色気要素が
抑えられていて、それが大人の女性としての気品ある美しさを醸し出しているのかもしれないです。

言える事は、バニーガール衣装は生足でも黒タイツを穿いてもそれぞれ魅力的だと思いますし、加藤恵のような
すてきな美少女はどちらもとてもよくお似合いなのだと思います。


bani-yuyukokko_convert_20121009084841.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy2 の管理人のアミグリさんのすてきなイラストのご紹介コーナーです!

上記にて「冴えない彼女の育て方」の加藤恵のバニーフィギュアを例にして、生足バニーと黒タイツバニーのそれぞれの
すばらしさを見て頂けたと思いますが、dream fantasy
手による東方キャラのバニー姿もぜひご覧いただきたいと思います。

上記のイラストはアミグリさんが2012年10月に描かれた「バニーゆゆ様」です!

ゆゆ様というとゆかりん=八雲紫様とか白蓮さんや永琳同様かなりのご長寿キャラでもありますので、
他の東方絵師様が描かれるゆゆ様はどちらかというと亡霊の雰囲気とか大人っぽいというイメージで描かれる傾向が
あると思われるのですけど、
アミグリさんが描かれたこのバニーゆゆ様は、レオタード・生足・うさぎ耳という獣耳という若者の(?)フォームを身に付けられて
いますのでやはりとても斬新に感じられます。
アミグリさんのゆゆ様にこうしたバニーガールの格好をさせるという柔軟な発想は本当に素晴らしいものがあると思いますし、
感心します!
こういうゆゆ様も「絶対にあり!」だと思います!

上記の加藤恵フィギュアにて「加藤恵のようなすてきな美少女は生足バニーも黒タイツバニーもどちらもよくお似合い」と
記しましたけど、アミグリさんが描かれた生足のバニーゆゆ様を拝見させて頂くと、数千年近く幻想郷で暮らしている
亡霊のゆゆ様は生足のバニーコスチュームもよくお似合い」という事になると思います。
ゆゆ様は東方五大老と呼ばれるご長寿キャラの中でも最も生前の少女の面影を強く残している御方というイメージも
あるのですけど、生足バニーのゆゆ様は、そうした少女らしい健康的な脚線美と元気溌剌みたいな雰囲気も
伝わってきそうですね~♪
(ゆゆ様の盟友のゆかりんがもしも万一・・!? バニー姿をお披露目されるとするならば、さすがにあのご年齢では??
生足はちょっと無理がありそうかもしれないですけど、黒タイツのバニーですと、むしろ大人のレディーとしての洗練された
美しさを私たちに見せつけてくれそうですね~)


baniyuyu02_convert_20121206161655.png


続きまして、上記の生足バニーのゆゆ様を描かれてから二か月後の2012年12月に描かれたのが、
バニーはバニーでも黒ストッキングを穿かれたゆゆ様です~♪

この黒ストのバニーゆゆ様は、生足よりもどことなく脚が引き締まって見え、脚線美がより美しく表現されているように
感じられます。
生足バニーゆゆ様は少女の面影を残しているようにも感じられますけど、黒ストッキングのバニーゆゆ様は、
大人のレディとしての自然体の美しさと洗練された美しさの方をより強く感じさせてくれていると思います。
また生足バニーのゆゆ様に比べて、口を開けられての笑顔を見せてくれていますので、大人の美しさとは別に
親しみやすさも感じられそうです。

冴えない彼女の育て方の加藤恵の生足と黒タイツのバニーフィギュアもどちらもすてきですけど、
アミグリさんの描かれた東方キャラのゆゆ様のバニーコスチュームは、加藤恵同様に生足と黒タイツのバニーも
どちらもとてもよくお似合いなのだと思いますし、どちらもとってもかわいいです!


karisumaremiria_convert_20110119140458.png


続きましてアミグリさんが2011年1月に描かれた「ばにーれみりあ」というレミリア様のバニーガールコスプレという
大変貴重なイラストです。

このレミリア様はとても貴重な一枚だと思います。

紅魔館の恐怖と畏敬の対象で、カリスマと称される吸血鬼のレミリア様がこうしたバニーガールのコスプレをされる事自体、
公式ではまず考えられないと思いますし、どちらかというとおこちゃまみたいな扱いで描かれるレミリア様が
バニーガールとして描かれる絵師様って私が知る限りにおいてはほとんどいないと思いますので、
やはりとても貴重でありがたい作品だと思います。

おこちゃま吸血鬼なのにこの黒タイツがレミリア様にお似合いですし、こうやって足を組んでいる様子が
普段あまり感じさせない「セクシーさ」をうっすらと感じさせているのは、さすがバニーコスチュームのなせる業なのかも
しれないです。

こんなにもかわいいバニーちゃんだったら、例えその正体が吸血鬼であったとしても少しくらいなら
血を吸われてもいいのかもしれないですね~

上記のバニーゆゆ様も「亡霊なのにバニーガール・・?」というあの大胆不敵な以外さがお見事でしたけど、
紅魔館のおこちゃま吸血鬼のレミリア様がバニーガールするとは予想もしなかっただけに、アミグリさんの
目のづけどころは素晴らしいと思います。


bani-sakuya!_convert_20110427112115.png


続きまして2011年4月にアミグリさんが描かれた「バニー咲夜さん」です。

このバニー咲夜さんはぎゅぎゅっと抱きしめたいくらいと~ってもかわいいです!

この作品を掲載当時のアミグリさんのコメントとして
「いつもの頭身で描こうと思ったけど、デフォルメというかチビキャラっぽくなりましたね…
見方によってはロリっぽい咲夜さんかな?」と記されていましたけど、
いやいやこのロリっぽさが素晴らしいのだと思います。
というのも咲夜さんというとイメージ的には東方屈指のエロメイドさんとか大人っぽいスレンダーな雰囲気という
イメージも濃厚なのですけど、咲夜さんは設定的には一応は10代半ばの少女という事で、外界で例えると
JKさんのような御年頃でもありますので、あまり過度な大人っぽさよりは、むしろ今回アミグリさんが描かれたぐらいの
ロリっぽいかわいらしい咲夜さんの方がもしかしたら咲夜さん本人も喜ばれるのかもしれないですね~

このバニー咲夜さんのかわいらしさは素晴らしいです!
咲夜さんのこのうさ耳は、東方憑依華でも大活躍を見せられていたうどんげちゃんのうさ耳に匹敵するぐらいの
破壊的な可愛らしさに満ち溢れていると思います。
それと同じくらいこのバニー咲夜さんもとっても可愛いと思います!
黒タイツもピンクエプロンもよくお似合いだと思いますし、「果たしてこのバニー咲夜さんの後姿はどんな感じなのかな・・?」とすら
興味津々になってしまいそうです~(汗・・)
そしてこのピンクのエプロンというのがかわいい中にも咲夜さんらしいお色気がほのかに伝わってきそうです。
蝶ネクタイもかわいいし、手にしているハートマークは果たして一体誰が咲夜さんの愛情として頂く事ができるのでしょうか・・?


aobuta-maisenpai-004_convert_20181108161706_convert_20181112205942.png


上記の女の子はアミグリさんが2018年11月に描かれた「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の
メインヒロインの桜島麻衣さんです!
上記イラストは麻衣さんの制服姿でバニーコスチュームではないのですけど、麻衣さんのバニー姿は、アニメ版の
第1話等で、思春期症候群として夜の学校の図書館内をバニー姿で徘徊するお姿で堪能する事ができます。

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」という作品(以下、青ブタという略称を使用いたします)は
原作はライトノベルで、中身はかなりしっかりと構成された作品となっていて、現在のJCさん・JKさん達が抱えている様々な
心の問題が「思春期症候群」という形で現れる事をテーマにしているようにも感じられますし、
甘酸っぱくて時にほろ苦くて時にとてつもなく甘いという
思春期の光と影を抉り出している作品のようにも感じられたりもします。
そしてその甘酸っぱい世界に、現代のSNS社会の闇というか難しさが加味されているようにも感じられます。

青ブタの麻衣さんの簡単な概略を下記に描かせて頂きますと・・

図書館にバニーガールは生息していない。その常識を覆し主人公の梓川咲太は野生のバニーガールに出会った。
しかもバニーガールなその女性は高校の上級生にして人気タレント・桜島麻衣先輩だった。
おかしなことに、周りは麻衣さんのことを気にもとめていない。
そんな麻衣さんが周囲の人に姿が見えなくなる透明化現象に悩まされていることを知った咲太は、
手助けをすることになるのだが――!?

不思議現象・思春期症候群を軸に描かれる咲太とヒロインたちとの恋愛模様をナイーブに描いた抒情的で瑞々しい
作品と言えると思いますし、その面白さと妙に抒情的で奇妙な感覚にどこかなつかしさを感じたものでした。

アミグリさんが描かれる桜島麻衣さんは少しクールで、本当は普通の女の子だけど少し強がっている雰囲気とか
ちょっと女王様っほい雰囲気や言動をすてきに表現されていると思います。
アニメ作品と言う事でアニメ的なキラキラ感満載の雰囲気とか長髪・制服のミニスカとタイツのかわいらしさは
とても見事だと思うと同時に、強さと弱さを両方持ち合わせているという麻衣の心の中も
きちんと「一枚の絵」として表現されているのは素晴らしいとも感じたものです。
麻衣さんの校内での孤独・母親との確執・芸能界と現実社会のズレ等で思春期症候群みたいな不思議現象を
発症させてしまった事も朋絵と似ている側面があり、大変興味深いものがあります。

アミグリさんが描かれる麻衣さんも見た目のクールな雰囲気とは別にそうした思春期特有の甘さと苦さといったナイーブな側面をきちんと表現されている点は、アミグリさんの
「内省的な表現」にも十分すぎるほど対応されている事の表れとも感じたものでした。

つぶらな瞳も大変印象的です。

上記のアミグリさんが描かれた東方バニー娘の権利は全て上記のゆゆ様たちの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいバニーゆゆ様を描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv
関連記事
スポンサーサイト



コメント

バニーガールと言えば、すぐに「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の桜島麻衣さんが頭に浮かびます。
主人公の梓川咲太だけにしか、女優である麻衣さんのバニーガール姿が見えないと言うところがアニメのミソでした(笑)

青春ブタ野郎

sado jo 様


青春ブタ野郎シリーズは魅力的なJKさんがたくさん登場していて、各自にそれぞれ母親との確執・イジメ問題・
自分の居場所・片思いなどといった青春期特有のナイーブな問題を抱えているというのが
とても共感をよんでいたと思います。

ちなみに私自身は双葉理央がとっても大好きでした!

アニメでは「それでは牧之原翔子とはいったい何なのだ・・」という最大の謎が残ったままでしたけど、それに関しては
昨年の映画で見事に結実していました!

バニガ論

生足かタイツか・・・・・・これは哲学ですね!


最終的には好みの問題でしょうけど

アミグリさんの描かれた幽々子様のように

両パターン拝むことが出来ればそれは嬉しいですね^^

どちらもかわいい~♪

まいさか 様


バニーガールに限らず美少女たちの美脚は生足も黒タイツ(黒スト)どちらも魅力的でかわいいと
思います~♪
強いて言うとゆかりんみたいなお姉さま系は黒スト、アリス・妖夢といった正統派美少女は生足の方が
よりしっくりくるのかもしれないです。

現在放映中の深夜アニメの「理系が恋に落ちたので証明してみた。」の黒タイツ+ミニスカの大学院生のJDさんの
お色気は素晴らしいとしかいいようがないです~♪

アミグリさんのゆゆ様イラストはどちらも素晴らしいですし、普段間違ってもそうした格好をしないゆゆ様だけに
大変貴重なものがあると思います!

女の子の肌を包む布は少ない方がいいというのは世の男子の心の声としてとても自然なものなのかもしれませんが、そんな声すら黙らせてしまう究極のアイテムこそ黒タイツなのだと思います。しかしそれがいったいなぜなのかを正確に言語化するのは全人類にとっての難題なのかも…。
一見真っ黒にも見える中、足の曲げ具合・生地の伸び具合でグラデーションが生まれることにより靴下やズボンでは決して演出できない「中途半端に包まれた脚」を感じさせてくれるわけですが、そこが「自分の手でその姿を明らかにしたい」と探究心・独占欲・高揚感を煽ってくるのだと私は勝手に考えております。
バニーガールのようにもともと布の少ない格好であればそこは絶対黒タイツ!その薄布一枚に閉じ込められた生命の鼓動を解き放ちたいという感情を学生服やスーツ以上に煽ってくれます。

アミグリさんの描かれるバニーガール少女たちは生足も黒タイツもとても似合ってて可愛いです!ちびっ子のレミリアお嬢様までこんなにセクシーになられて…素晴らしいです!
アミグリさんも色で見事に表現されていますが黒タイツでセクシーさを生むポイントの一つはこの光沢だともいいますね。これもまた言葉に直しづらいのに納得できてしまう…黒タイツは本当に奥深いです。

黒タイツ

schwert 様


黒タイツ・黒ストというものは世の男性にとっては究極のエロリズムといえそうですし、
ミニスカ+絶対領域から伝わるちらりと見える生足(太もも)の美しさとは別に
「あの黒タイツの下にはどんな世界があるのだろう・・」という想像・妄想が黒タイツの世界の魅力なのかも
しれないです。

高校生の頃に読んだイギリス人のエッセーの中に
「紳士淑女の国、イギリスの紳士は、美女たちの水着・裸・下着姿にはあまり魅力を感じない、イギリス紳士が
最も興奮する美女の衣装は、ミニスカに黒タイツまたは黒の網タイツである」と記されていたことを思い出してしまいました。
一見お堅い感じのイギリス紳士すらも陥落させてしまう「何か」がそこにはあるのかもしれないです。

アミグリさんの描かれた東方バニー娘たちをお褒め頂きありがとうございます!
おこちゃまレミリア様すらお色気要素を感じさせるのですから、バニー衣装や黒タイツの魅力は圧倒的といえそうですし、
特に間違ってもバニー衣装を着そうにもないゆゆ様でもって生足と黒タイツの見せ方の違いを見事に伝えていた
アミグリさんの表現力は素晴らしいものがあると思いますルンっ~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |