FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年の高校の部は日曜日開催でしたけど、中学の部は土曜日に開催されていました。
だけどこの年の中学の部は、典型的な午前低迷・午後金賞ラッシュの年でした。
だって、プログラム10番の今津が、この年で初めての金賞受賞チーム、そしてプログラム17番の
伊勢崎第三が二番目の金賞受賞チームなのですけど、17番までプログラムが進んで金賞受賞団体が
2チームというのも何かすごい話です。
だけど、実際この年の中学の部は、お世辞にもレベルが高いとは言えず
プログラム18番以前の演奏は、お粗末な演奏があまりにも多過ぎました。
(特に東海代表のチーム)
この年は、プログラム10番まで休憩なしで演奏し、昼休み、そしてプログラム19番まで休憩なしという
構成でした。
全体に金と銅のレベルの差がはっきりし過ぎていて、差が明確に表れていました。
そんな中、今津の清らかなサウンド、大月東の骨太の演奏、雄新の勢いが極めて印象的です。
甲府南西の演奏終了後に打楽器の退場が全て完了せず、ドラだけが指揮者の位置に近いところに
ポツンと残され、次の玉川学園の演奏終了までそのまま放置という
今では信じられない事件もありましたね・・・
(玉川学園のレコードジャケット写真に動かぬ証拠が残っています・・・)

〇東海大学第四高校

 関東一高と同じ自由曲の「バストラーレ」(牧歌)ですけど、関東一高よりは
 サウンドの色彩感はくっきりと出ていました。
 ただ、やはり曲自体地味なせいか、コンクールとして演奏するには
 印象が極めて薄いですよね。
 結果は銅賞なのですけど、演奏としては決して悪いものではなく、
 曲自体の印象の弱さがアピール不足になったのかもしれません。
 ある意味気の毒です。

〇習志野高校

 全部門を通じて最高の課題曲B「波の見える風景」でした。
 とにかくサウンドが洗練され、気品に満ち溢れ、
 ストーリーが確実に音として表現されているのが素晴らしい!!
何て雄弁な波の見える風景!!!
このチームは二年後にも課題曲B「渚スコープ」で同じような感覚の表現をしていますが、
 この年の方が曲自体に明確なストーリー性があるので、
 聴衆に伝えるものが大きかったと思います。
 天理が少々鳴らし過ぎの課題曲Bであったのに対して、習志野はまさに適正な感覚です。
 そしてffでも全く音がうるさく聞こえない自制心は大したものです。
 一方自由曲の「ローマの祭り」は逆にセーブし過ぎたというか、淡々と進行しずきたような
 感じもします。
 こちらはもう少し「ドッカーン」というものが欲しかったようにも思えます。
 全国で、「十月祭」・「主顕祭」という組合せで演奏したのは、たぶんこのチームが
 最初だと思います。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/519-8f9f2829
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |