FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


小山清茂の「管弦楽のための木挽歌」は、もしかして外山雄三の「管弦楽のためのラプソディー」と
並んで、邦人作品としてはメジャーな作品だと思いますし、現在でも演奏会で取り上げられる
頻度は比較的高い方だと思います。

実際にこの曲は非常に分かりやすいというか、
九州の民謡のモチーフが曲全体を一貫して用いられていますし、
なじみがあると思います。

曲は四つの楽章から構成されています。

Ⅰ.主題

Ⅱ.盆踊り

Ⅲ.朝の歌

Ⅳ.フィナーレ

特にⅠの鄙びたメロディーは素朴で大変印象的なフレーズです。この楽章は、弦楽器とドラ以外は
使用されていません。
素朴なメロディーは主にチェロによって奏されます。
Ⅱの盆踊りは、締太鼓などの和太鼓が大活躍します。
Ⅲは、不思議な感覚の音楽で、ヴィヴラフォーンが大変効果的に使用されています。
Ⅳのフィナーレは、曲のラスト近くで、Ⅰのテーマが再現され大変盛り上がりますが、
ラストはバスクラリネットの陰気なソロで静かに閉じられていきます。
Ⅳは、ティンパニー奏者の腕の見せ所のソロが目をひきます。

原曲の管弦楽版も大変素晴らしいのですが、
実はこの曲には、作曲者による吹奏楽版もあり、どちらかというとこちらの方が演奏頻度は
高いです。
今でもたまに全国大会でも自由曲として取り上げられています。
1970年代に一貫して小山清重・渡辺甫人などの邦人作品を追求していた大木隆明氏率いる
前橋商業高校吹奏楽部が依頼される形で
作曲者自身の手によって吹奏楽版が仕上がっています。

個人的には、吹奏楽版の方がしっくりきます。
なぜかというと、Ⅰの主題においては、原曲はソロ楽器としてチェロを使用していますが、
どーも何か西洋楽器がこのテーマを吹いてもしっくりこない・・・
吹奏楽版においては、このチェロの部分をコールアングレが朗々と吹き上げていますので
こちらの方が日本の民謡らしい抒情性が感じられ、
しっくりきます。
更にいうと、原曲のオケ版では、「鋸」の音は、弦楽器によって表現されていますが
吹奏楽版ではクラリネットセクションに加えて、
打楽器セクションによるサウンドペーパーをこすり合わせる事で「鋸」の音を情感たっぷりに
表現しています。
サウンドペーパーをこすり合わせると、「ザーーーッ・ザッ」みたいな音になり、これが意外と
鋸の音の代用表現として非常につぼにはまっています。
又Ⅱの「盆踊り」の部分では、原曲版の和太鼓に加えてチャンチキも加わります。
原曲におけるⅣ「フィナーレ」はピアノも結構活躍しますが、吹奏楽版では
ピアノの他にマリンバも実にいい仕事をしています。

だけど最近の吹奏楽版としての演奏として、コールアングレではなくて、
テナーサックスをソロとして用いる版もあるようで、正直違和感があります。
どーもテナーサックスだと軽すぎで、何か安っぽいジャズみたいで、
日本の情緒があまり感じられなくなります。

吹奏楽版の演奏は、だれが何と言っても
1979年の前橋商業で決まりです!!!
これを超える名演は、おそらく出ないと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/514-f0e981e1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |