FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


_convert_20191027164732.jpg


季節は既に11月下旬に差し掛かり、間もなく師走と言う事で、改めて「一年と言うものはあっという間だよね~」と
実感させられます。
つい先日放映開始と思っていた2019年の秋アニメも各作品が終盤に入ってきて、こちらも今後がとても楽しみです。
特に今期アニメでは大注目作品であった「アズールレーン」のお姉さまたちの妖しい美しさとストーリーのテンポ感の爽快な
速さは期待以上だと思いますし、素晴らしいです~♪
今期の秋アニメはなんだか異世界転生系ばかりがやたらと多く、実はいまだに作品やキャラを混合しがちでもあるのですけど、
「私、能力は平均値でって言ったよね!」のマイルと「アサシンズプライドのメリダ=アンジェルのかわいらしさは
際立っていると感じられます。
全体的に今期の秋アニメは、アズールレーン以外はちょっとマンネリ化しているようでもありまして、
どちらかというと、ラブライブ!・荒野のコトブキ飛行隊・ハイスクール・フリートといった再放送作品の方に熱が入ってしまう
感じも無くも無いです・・(汗)
只・・大のJKさんアニメ好きの私としては、「神田川JET GIRLS」と「ライフル イズ ベスト」は大の大のお気に入り作品です!

こうやってみてみると、今期の夏アニメの充実は素晴らしかったですし、特に「女子高生の無駄づかい」は最高でした~♪

「女子高生の無駄づかい」 → BD&DVDも既に第2巻まで発売されています~♪ 特に第7話のヤマイと
第8話・みずぎかいがとても面白いのですけど、この話はいずれも第2巻に収録されていますので、
私も第2巻だけはゲットしたいと思います。
「女子高生の無駄づかい」は原作漫画も連載が続いていますので、
「ラーメン大好き小泉さん」と共に是非ぜひ第二期が実現されるととってもうれしいです!

第7話は全てヤマイの話がメインであるのですけど、ラストの全校集会の場面におけるバカとヤマイの二人による
ラストクラッパー対決勃発の場面も「女子高生の無駄づかい」の屈指の名場面の一つとも言えそうです。
最初はヤマイが教師に怒られないギリギリのラインを攻めていましたけど、バカの乱入により二人のラストクラッパー対決は
エスカレートしていくのですけど、最終的にはバカもヤマイも担任のワセダによる連行でこのアホな対決には幕が
おろされるのですけど、アニメとしてはこの後にもう一つ面白すぎる展開が待ち構えていて、
ここで唐突に都立さいのたま女子高校の校歌がEDとして流され、その校歌の歌詞も字幕で流されていましたけど、
その校歌の歌詞があまりにも酷すぎて、あの酷すぎる校歌をバカもヤマイもロボもマジメもリリィもみんなまじめな顔して
歌っていたのがなんともいえず楽しくて最高でした~♪

10/1の当ブログ記事において、その都立さいのたま女子高校の校歌の一番の歌詞を取り上げさせて頂きましたけど、
一番以上にしょうもない歌詞の二番について、本記事でレビューをさせて頂きたいと思います。


_convert_20190920160322.png

_convert_20190920160349.jpg


「女子高生の無駄づかい」の舞台は都内の東村山市近辺であり、EDの映像にも登場していたりバカとヤマイの絡みが
大変楽しかった回にも登場していた東村山中央公園も言うまでもなく東村山市内に実在しています。
「女子高生の無駄づかい」のメイン舞台は都立さいのたま女子高校という偏差値的にはちょっと残念な学校であり、
ネーミングも東京都内なのか埼玉なのかよくわからないような残念さもあるのですけど、
そのモデル校は東京都立東村山西高等学校であったりもします。

東京都立東村山西高等学校の最寄駅は、西武鉄道多摩湖線の八坂駅でもあったりします。

西武多摩湖線は、国分寺駅から西武遊園地駅を結ぶ西武鉄道の鉄道路線なのですけど、参考までに西武遊園地駅というと
埼玉県内っぽい雰囲気がありそうですけど、この駅は実は東村山市内にあります。
(八坂駅から二駅先が西武遊園地駅です)
そして西武遊園地駅の次の次の駅が西武球場前駅であったりもしますので、都立さいのたま女子高校のモデル校である
都立東村山西高校の最寄駅の八坂駅は、埼玉に限りなく近い東京都内といえそうですね~
実際、私自身2001~2006年に在籍していた所沢市内の住宅展示場においては、来展されるお客様の1/3近くは実は
都内の東村山市内のお客様であった事であった事を考えると、埼玉県所沢市と都内の東村山市は、隣接しているせいも
ありますけど、かなり近いといえるのだと思います。
「女子高生の無駄づかい」の中でも、所沢駅周辺のプロぺ通りや所沢駅近くのイオンやプロぺ通りの松屋など
埼玉エリアも何度か登場していました~♪

さいのたま女子高校のモデル校でもある都立東村山西高校のアニメでの再現度もほぼ完璧ですね~

アニメの第8話の「みずぎかい」にて校舎の屋上プールも描かれていましたけど、都立東村山西高校のプールも
校庭内ではなくて校舎の屋上に設置されているそうです!





その都立さいのたま女子高校の校歌なのですけど、その一番は校歌なのになぜか校舎建設時の近隣住民との紛争を
記していること自体、とてつもなくぶっ飛んでいますよね~♪
その一番の歌詞は当ブログでも既に一度取り上げさせて頂きましたので、今回は第二番の歌詞の方をレビューさせて
頂きたいと思います。

二、

銀の夕陽に向かうは我ら

暖房全開 冬も暑い

においの犯人探しはするな

Don’t worry be happy

嗚呼

皆臭けりゃ気にならぬ

さいのたま

たま たま たま


とにかく都立さいのたま女子高校に、これほどまで相応しい歌詞は無いというくらいの酷くてくっだらなくて
アホ全開の校歌と言えそうですね~
日照権で地元とモメて建設予定がずれ込んだとかにおいの犯人探しはするななど校歌とは到底思えないような内容の歌詞を
マジメたちが真面目な顔して普通に歌っているあのシュールさがとにかくたまらなかったです~♪

二番の歌詞に出てくる「Don't worry, be happy」とは、松岡修造の「大丈夫、なんとかなるって」と同様に松岡修造の台詞の一つ
でもあったりします。
本来的にはインドの宗教家メヘル・バーバーが唱えていたメッセージの一つでもありますし、
アカペラ歌手ボビー・マクファーリンが発表した1988年のヒット曲でもあったりします。
(この楽曲はビルボードチャートにて二週連続一位を獲得し、グラミー賞最優秀レコード賞及び最優秀楽曲賞を受賞しています)

都立さいのたま女子高校の歌詞としては、あのとてつもない熱血漢でもあり、確かに偉大なテニスプレイヤーでもあるけど、
同時にある意味アホ丸出しでもありそうな松岡修造のセリフの方がなんだかよくお似合いという感じもありそうです。


b8cc9e76-s_convert_20191027164702.jpg

ECGRghnU0AEw76M_convert_20190924091157.jpg


「大は小をかねる」ではロリとマジメとリリィを映し出したり、
たくさんのJKさんたちに「たま たま たま」言わせたりと、制作スタッフの皆様のとてつもない悪意というのかお茶目な所が
最高でして、ヤマイの話だけで既にお腹一杯の大満足状態なのに、あのラストのくっだらねー校歌のEDによって
更に脱力しまくり~という感じでもありました~♪

ロボが「たま たま たま」と真面目な顔して歌っているあのシュールさも素晴らしいとしか言いようがないと思います!


hirasawayui_convert_20100504143921.png


ここから下記は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
「女子高生の無駄づかい」は大変ゆるい日常を扱ったJKさんものなのですけど、こうしたゆるそうなJKさんが
登場してくるアニメ作品は山ほどありますけど、その中でも大変印象的なのが「けいおん!」と言えると思います。

改めてですけど、「けいおん!」は下級生のあずにゃんを除くとみんな揃いもそろってゆるくてヘンな人たちの
集合体という感じもありました。
唯や律ちゃんのあのとてつもないゆるさとポンコツさの前では秋山澪と紬ちゃんですらまともに見えてしまうのですけど、
澪も紬も結構ヘンな人たちでしたからね・・
その中でも唯のゆるさは際立っていたと思います~!
唯は天然さんでおバカさん系なのですけど、単なるおバカさんという訳では全然なくて、
飲み込みは早いけど忘れるのも早く、そこから復帰するのも早いというスキルの起伏が激しいというのが
唯の特質なのだと思います。
勉強に関しても、赤点かと思ったら追試で100点取ってしまうような極端な子でもあり、早い話が
一度集中したら高い能力を発揮できるが、それ以外のことについては残念な子という感じなのかもしれないですね・・
良くも悪くも天才肌みたいな雰囲気もあり、「バカと天才は紙一重」を地で行くキャラクターと言えるのかもしれないです。

上記のけいおんの平沢唯は、アミグリさんが2010年5月に描かれた作品です。

2010年と言うとアミグリさんにとっては初期作品の頃に相当すると思うのですけど、初期作品でありながらも
こんなにかわいくて唯らしい溌剌さと弾けっぷりをきちんと描き切っているのは「すごいな~!」と感心するばかりです!
今現在のキラキラ作風も私は大好きですけど、こうした初期作品の力強い感じもどちらにも私は魅力を感じるばかりです!

アミグリさんの描かれたこの唯はとってもかわいいなぁ~と思います。

全体的にのびのびと描かれているように感じられますし、他の絵師様が描きがちなように「アホの子みたいな唯」
という感じではなくて、
唯なりに一生懸命前向きに「私だって一応頑張っているじゃん!」みたいな雰囲気を私達に伝えているようにも
感じられます。
唯の瞳のくりくりっとした感じとか夏の制服の爽やかな感じとかプロポーションのよさとか随所にキラリと光るものが
溢れていると思います。


keiononon_convert_20120714083016.png


続きまして、アミグリさんが2012年7月に描かれた「けいおん!」の5人全員の集合絵です!

この作品は面白いですね~!

この5人の集合絵を描かれる以前に一度アミグリさんは白黒での5人の集合絵を描かれているのですけど、
確かに上記の集合絵は単色モノトーン絵に近いのですが、カラーが一つ加わるだけで随分と印象が異なるものだと
感じたものでした。
同時にアミグリさんが描かれた唯・律・紬・澪・梓の5人のすてきな女の子たちの「違い」もきちんと一枚の絵を通して
立派に表現されているのは、アミグリさんの絵師として「立派な仕事」と言えるのだと思います!
あずにゃんのツインテの可愛らしさ、律ちゃんの元気溢れるいたずらっぽい雰囲気などが特に際立って
魅力的に感じられます!
全体的に5人のメンバーたちをまんまるにあたたかいふんわりとしたタッチで描かれているので、
見ているだけで「けいおん!」のあのゆるくてポンコツな雰囲気を思い出してしまい、なんだかくすっ・・と微笑みが
自然に湧いてきそうなすてきな作品だと感じたものでした!

そうそう、けいおん!のメンバーの皆様たちはなぜか知りませんけど、各自の愛用の楽器にそれぞれ愛称を付けているのも
大変面白いものがありました。

唯のギブソン・レスポールスタンダードの愛称はギー太でしたし、

秋山澪のフェンダー・ジャズベースの愛称はエリザベスでした!

唯と澪のネーミングセンスの違いに二人の違いが表れているのかもしれないですね・・

ちなみにギー太というと、福岡ソフトバンクホークスの若き4番打者の柳田選手の愛称はギータでもあります。

上記のアミグリさんが描かれたけいおん!の唯たちの権利は、唯たちの絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいい唯を描かれる人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv
関連記事
スポンサーサイト



コメント

アニメを作っている人たちの世代的に、

Don't worry,be happy は、MONGOL 800 というバンドの

曲名から取ったのかな、と思いました。
さらに古い元ネタがあるのですね。

それにしても、埼玉らしい校歌。

Don't worry,be happy

tsukasael696ⅹ埼忍たぬぺんⅹ 様


Don't worry,be happy は「女子高生の無駄づかい」というゆるい日常系作品のイメージ的には
松岡修造の決め台詞の方が相応しいのかもしれないですね。

都立さいのたま女子高校という校名になっているけど、そのモデル校やアニメ内でもたびたび登場していた光景の舞台は
東京都東村山市というテキトーさも実にいい味出していると思います。
アニメでも何度か所沢駅前が描写されていました。

価値観の異なる者を認められない現代社会という極寒の冬の中、どんなに重度のバカでもヲタクでも中二病でも、周りも変な奴だらけなら叩かれることもなく逆に暑苦しいほどに互いを暖め合える絆を紡ぎ、自然とそこが心安らぐ場所になる。まさに皆臭けりゃ気にならぬ校風。
やっぱりこの2番の歌詞って良いこと言ってるんですよ…!(超解釈)

さいのたま女子高校ってモデルあるんですね。再現度高い…。
聖地巡礼されるのが残念学校のモデルというのもネタ性があって楽しそうかもしれませんw

意外とまともな作品・・??

schwert 様


「女子高生の無駄づかい」はバカのあまりにもくだらない言動のおかげでゆるい作品と思われる方も多いのかも
しれないですけど、schwert さんのご指摘の件もそうですし、
例えば、ロボがコミュ障のマジョに対して
「全部の人間とうまくやろうと思う事自体が間違い、自分が気に入った人だけと付き合えばそれでいい」と
問いかけをしていたり、意外と深い作品なのかもしれないです。

原作漫画の5巻以降、バカたちが2年生に進級して以降、新キャラとしてノラが登場しますけど、このノラが
この作品の中で最大の問題児ともいえるほどヤバすぎる言動の数々を放ち、またまたワセダの頭痛のタネが
増えるのですけど、このノラの心理的背景や意外と純情な一面が垣間見えるシーンもあったりして、このあたりも
価値観が異なる者を簡単に排除してしまう現代社会の病理も示唆しているのかもしれないです。

さいのたま女子高校のモデル校は東村山西高校ですけど、バカとヤマイの看板騒ぎの舞台となった東村山中央公園や
ヲタがキレまくった所沢プロぺ通りの松屋など
再現度はさすがだと思います。

うちのブログで最近よく出てくる「ららマジ」の舞台は東村山市の隣の東大和市であったりもします。

サッチーか!

こんにちは。
「何とかなるわよ」ってサッチーか!ってツッコミました。
南海の監督を解任されたノムさんに言ったんですけどね。
いや、この歌詞は女子高だから許されると思います。
共学で甲子園に出るもんならマスコミのネタになるし。
ホークスを揶揄する替え歌が作れそう(笑)。

サッチー

五航戦の愛鷹 様


最近の野村監督は、野球以外にも「妻に先立たれて残された亭主の悲哀」みたいなテーマで本を出したり、
ラジオ出演を果たされていて、とにかくお元気そうなのはなによりです。
それにしてもサッチーに先立たれたショックというものは今でも拭い去る事はできないし、大きな心の痛みに
なっているのかもしれないです。

南海の監督を解任されても、ロッテや西武等で現役を続けられたのも「何とかなるわよ」等のサッチーの声も
大きかったのかもしれないです。

「皆臭けりゃ気にならぬ」とか「臭いの犯人探しはするな」あたりの歌詞はホークスに限らず色々なチームへの野次にも
応用できそうですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |