FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、ローソンの「艦これ秋祭り」コラボキャンペーンの後段作戦の商品ゲットの目的で何店かのローソンを
はしごした際に
(結局この艦これ後段作戦の戦果はほぼ皆無で玉砕状態でした・・この件に関しては11/23の記事で触れたいと思います)
日清のとあるキャンペーンを発見したものでした。

それが何かと言うと、 日清が開発したというカップヌードル専用フォークであり、予定では10/30より限定セットとして
発売開始となるそうです。
そして先行してローソンでも配布キャンベーンが現在展開中であったりもします。





私自身が最初に日清カップヌードルを食べたのは1970年代でしたけど、確か当時の私の記憶では、日清カップヌードルの
テレビCMにおいては、それを食べている人はカップ麺を箸ではなくてフォークで食べていたのが大変印象的でもありました。
そのCMに影響されて、当時ほんの子供だった私自身がラーメンを箸ではなくてフォークで食べてみたのですけど、
「なんだかとても食べにくい・・」という印象が大変強かったですし、それ以降は箸で麺類を食べるのが普通となっています。
(パスタに関しては、外食で食べる際は店のフォークを使用する事が多いですけど、家でコンビニパスタを食べる時は
箸を使う事がほとんどです~
やはり日本人にとってはフォークよりは箸の方が馴染み深いし使いやすいと言う事なのだと思います)

そうした中、日清食品は、新開発の「カップヌードル」専用フォークと
カップヌードルシリーズの商品をセットにした「カップヌードル THE FORK セット」全12種類を
3,000セット限定で10月30日より日清食品グループ オンラインストアにて発売を開始します。
そしてそれに先行させる形として、ローソンの全国の店舗で、カップヌードルシリーズの対象商品2食購入で、
カップヌードル THE FORKが1本もらえる数量限定のキャンペーンを10月15日から開始しています。
(本日は10月21日ですけど、前日の10/20のローソン店舗ではまだ何本か残っている店舗もたくさんありました)

右利き用と左利き用の両方が用意されているのも心憎い気配りですね~♪


019_convert_20191016165545.jpg


私達日本人にとってはラーメンを食べる際の道具は言うまでもなく箸だと思いますし、あえてフォークを使用する必然性は
ないと思うのですけど、それではどうして日清はこうしたフォークを提案しているのでしょうか?
ひとつ考えられるのは、最近では日本のラーメンも世界で認識される機会も徐々に増えつつあり、訪日された外国の方が
ラーメンを食べる機会も多いのかもしれないですけど、その際に「日本の箸だと食べにくい・・」という感想もあるのかも
しれませんし、「フォークの方が食べやすい」という意見もあったのかもしれないです。
来年は東京オリンピックイヤーと言う事で、訪日される外国人の方も更に増加が見込まれると言う事で、
ラーメンの食べ方の一つの提案として日清がこうしたカップヌードル専用フォークを開発したのかもしれないです。

専用フォーク「カップヌードル THE FORK」は、調理から食べるまでのあらゆるシーンを想定し、
デザインと機能に「無駄なこだわり」を詰め込んだとの事です。

その無駄なこだわりとは何なのか具体的に記すと・・

①カップの縁に沿わせ心地良い食べ心地にこだわった形状。
②具を単体で食べる事も想定して幅や形状にこだわったポケット
③カップヌードル全種類のフタを固定出来るようにこだわった背面のリブ
④実験を重ね、麺や具材を口元へ運びやすいようにこだわった最適な角度 (128度)
⑤麺とスープの絡みやすさにこだわった突起とスープを逃す溝

カップの縁に沿わせ快適な食べ心地にこだわった形状をしていて、
フォークの角度は128度で、これは実験を重ねて導き出した麺や具を口に運びやすい最適な角度とのことなそうです。
具を単体で食べることも想定して幅や形状にこだわったポケット部分には、スムーズに具をのせられます。
さらにカップヌードル全種類のフタを固定できるように、持ち手の背面にはリブが付けられています。
フォークの先には突起とスープを逃す溝が施されていて麺とスープの絡みやすさを追求されています。

これは日本のモノづくりと遊び心をとことん追求したものであり、もしかしたら「おもてなし」にも繋がっているのかもしれないです。


62f9e1bb-s_convert_20180606123717.jpg

f70bb197-s_convert_20180606123743.jpg


上記は日清のカップヌードル専用フォーク レビューでしたけど、実はそれに近いようなアイテムも既に実際の店舗で
使用されている事もあったりします。

それが「ラーメン大好き小泉さん」の原作漫画でもアニメ版最終回の第12話・名古屋にも登場していたスガキヤさんの
ラーメンフォークです。

スガキヤラーメンの一つの特徴でもあり、小泉さんも適確に解説を加えられていましたけど、
独特のレンゲというか、ラーメンフォークがスガキヤさんのラーメンを食べる際の必須アイテムです。
これはフォークのついたレンゲという事で割り箸の全廃という意図もあったとの事です。
エコの先駆けかもしれないですけど、「やっぱり箸の方が食べやすい」という事で、箸をつかってもいいし、
ラーメンフォークどちらを使っても構わないという事になっているようです。
現在では、フォーク部分が中央になったシンメトリーな形になっていて、悠が注文した卵ラーメンを食べる際には
卵を潰すアイテムとして便利なそうです。

ラーメンフォークは、スープを飲むためのスプーンと麺を食べるためのフォークが合体した食器なのですけど、
現在のラーメンフォークは2007年に全面刷新されていたりもします。
フォークの歯が3本から4本と増えて麺がすくいやすくなり、従来は右側に寄っていたフォークの歯が
左利きの人も使いやすいよう中央になったというのが主な変更点との事です。
ちなみにこのラーメンフォークの開発にはノリタケカンパニーも関わっているそうです。

小泉さん : ちなみに私は半分を箸で食べて、卵を潰すタイミングでラーメンフォークに切り替える派です

小泉さん : 卵が溶け込んだスープと一緒に麺がすすれるので・・・

小泉さんが「この世界が認める造形美…」とうっとりとしていたのもラーメン愛のかたまりの小泉さんらしいエピソードでも
ありました!


b9ee9b42-s_convert_20180606123653.jpg


第12話の名古屋を舞台にしても小泉さんと悠はおいしそうに名古屋めしとしてのラーメン・・、すなわち
スガキヤラーメンと台湾ラーメンを完食した事になります!

そして再度東京に戻るための名古屋駅でのシーンがとても印象的でした!

小泉さん : 行き当たりばったりで途中下車なんて貴女らしいです。まったく何を考えているのやら

悠 : そんなの…
    そんなの…ラーメンに夢中な小泉さんに夢中だからだよ!
    あ…あたし、初めてそういうの見付けたから…だから、その…もうちょっと…仲良く出来たらなーと

小泉さん : じき発車です
悠 : い、一緒に座ろうよ!自由席なんだし!

このシーンを見ていたときは「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!! ついに悠の小泉さんに対する愛の告白が!!」と
とてつもなくテンション上がり放題でした! (笑)

だけどそれに対する小泉さんの反応は全くの予想通りでした~! (笑)

しかも言葉じゃなくてメールであの不滅の名言の「嫌です」を悠に送り付けるというのも小泉さんらしい話でもありました!

その際の悠の反応の心の叫びの(小泉さんからの初メーール!つ、遂に…遂に私達…!)というのも
最後の最後まで小泉さんのストーカー(?)にふさわしい大沢悠らしいものでしたし、
ここまで拒絶されても拒絶を拒絶とも思わず逆にそれを小泉さんからの告白と前向きにとらえてしまう悠のあの
ポジティブさは私も見習う必要があるのかもしれないですね~! (笑)


_convert_20191018175453.jpg

_convert_20191018175518.jpg


最後に・・
「ラーメン大好き小泉さん」の描き下ろし1ページマンガが、東京ラーメンショー2019のイベントガイドブックに掲載されています!

東京ラーメンショー2019は、10月24日から11月4日にかけて東京・駒沢オリンピック公園で開催されます。
「ラーメン大好き小泉さん」の主人公の小泉さんはこのイベントのオフィシャルサポーターに就任されていて、
今年だけではなくて実は昨年もこうしたコラボ企画を展開されています。

会場ではその描き下ろしマンガを掲載したガイドブックの配布の他にも、
昨年のラーメンショーの様子を描いた「ラーメンショー2018」回の複製原画も展示予定されるそうです。

小泉さんもラーメン業界での認知度が一段と広がっている印象もありますし、これは是非ぜひアニメ第二期への期待も
高まりそうですね~♪

関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

まさかこのようなおまけが付いているとは…存じ上げませんでした。
ケース付きでなかなか豪華ですが、やはり形状が独特ですね。孤児中にもありますが「無駄なこだわり」が爆発した産物とは…でもこういった企画は面白くて好きです(*^^*)
小泉さんで登場したこのフォークも衝撃的だったのを覚えています。もはやフォークなのかスプーンなのか!こういった小物1つとってもラーメン道は奥が深いと感じます!

毎回記事を見てお腹空くのですが・・・

ラーメンにフォークは日本の普通のラーメン屋さんには子供用しかほぼ置いてないですけど世界中の人が食べることを想定したら必要なのかもしれません!

カップヌードルは非常食としても最強に優秀ですし、宇宙食にもなっているくらいなのでカップヌードル専用フォークを手に入れておくのは良さそうですね^^

すてきなアイテム

ごにぎり 様


日清のこのこだわりフォークは今月末より正規に発売開始となりますけど、箸に馴染みがない外国人の皆様や
箸を使うのが苦手な人にはうってつれのアイテムなのかもしれないです。
こういうどうでもいいこだわりへの探索こそが日本のモノづくりの原点でもありすてきな遊び心といえそうですね。

小泉さんがこのフォークを発見したとしたら、早速それを使用してカップ麺をすすりふはーとされるのかも
しれないですね~♪

原点の食べ方・・??

まいさか 様


来年はオリンピックイヤーという事で、外国人の方が多数来日され、カップ麺を食べられるときに
こうしたアイテムはむしろ必須なのかもしれないですし、それがひいてはすてきな日本のおもてなしに
つながるのかもしれないです。

記事でも書いた通り、発売当時のCMには子供がフォークで日清・カップヌードルを食べていましたので、むしろ
原点の食べ方ともいえそうですね~♪

麺を発明したのは古代中国人で、麺食と言うのは箸があってこその文化でした。
ところがマルコポーロによって麺が持ち込まれた時代のヨーロッパには食器と言えば、ナイフとスプーンしかなかった。
つまり洋食にはフォークがなかった…代わりにナイフで肉を切って、そのまま突き刺して食べていたのです。
フォークは箸が使えないヨーロッパ人が、15世紀の頃から箸の代わりに使い出したものなんですね。

フォークと箸

sado jo 様


日本人の感覚すると、ラーメンや焼きそば・つけ麺を食べる際のアイテムは箸だけど
パスタを食べる時のみフォークというのも、和洋折衷の表れなのかもしれないですね。

中国の麺文化は、箸を伝統的に使用する日本の食生活と大変相性がよかったといえますし、
それが現在の日本のラーメン文化に繋がっているのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |