FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


先日なのですけど仕事で社用車を使用していた時に、掛けていたAMラジオからなんだか懐かしい楽曲が流れていました。
その曲は井上陽水の「夢の中へ」でした。

探し物はなんですか?
見つけにくいものですか?
カバンの中も机の中も
探したけれど見つからないのに・・・・

そうしたフレーズも歌詞の中にあったと思いますけど、今現在のネット主流の時代にも十分わかりあえそうな
すてきな歌詞だと思います。

この曲ですけど、井上陽水がリアルタイムで歌っていた頃は、私自身はまだ小学校低学年ですので全然記憶にないです。
私の世代ですと、井上陽水というよりは斉藤由貴がカヴァーした曲としての方が馴染みがあるのかもしれないです。
この斉藤由貴カヴァーの夢の中へですけど、純粋なアイドルという感じではなくて女優さんとしての印象が大変強いようにも
感じられるせいもあり、斉藤由貴は「卒業」も「情熱」もその他の曲もそうですけど、そんなに歌っている最中は振付はほとんど
しなかったような印象があります。
この「夢の中へ」に関しては、珍しく手足をバタバタさせるような振付をお披露目していて、
あれで新しいファンも一杯つかんだけど、古くからのファンも多数逃げ出した・・・(?)みたいな印象もあったものです。

斉藤由貴というと、個人的な感想なのですけど、この人ほどポニーテールが似合っていた人はいなかったような気もします。
当時のレコードジャケットでの斎藤由貴ははほとんどがポニーテールだったような記憶があります。
今現在も当時の凛とした清楚な感じの面影は残っていると思いますし相変わらずすてきな女優さんだと思いますし、
数年前の不倫騒動もなんとか無事に乗り越えその後の仕事もなんとかこなしているようでもありますので、
今後も頑張って頂きたいです。
とにかく斎藤由貴のお若い頃はポニーテールがとてもお似合いでとてもかわいかったです。

アニメ・漫画作品の中では、私の中でポニーテールというと、愛乃めぐみ=キュアラブリーが大変印象深いですし、
めぐみの場合、変身前でも変身後でもポニーテールをキープしているのが本当に素晴らしいと思います。
そして艦娘としてポニーテールがいっちば~ん!よくお似合いなのは夕張ちゃんだと思います。

さてさて、東方Projectでは、ツインテールは、はたてと依神女苑が大変印象的ですけど、この二人以外は多分いないと思います。
ポニーテールも実はほとんどいません・・
(ツーサイドアップという観点では、小野塚小町・サニーミルクがとっても印象的です)
霊夢も確かにポニーテールといえばそう言えるのかもしれないけど、霊夢はあのトレードマークの赤リボンの印象の方が
強いですね~
(実は旧作の霊夢にはポニーテールの髪型の霊夢もいたりもします)

そんな中、東方の数少ないポニーテールキャラというと、物部布都・綿月依姫だと思います。

物部布都の場合、髪が丁度烏帽子に隠れているデザインでもありますので、ポニーテールがちょっと目立たない
という印象もあったりします。

そうなると、東方で一番しっくりくるポニーテールというと綿月依姫だと思います。

依姫のポニーテールは、正統派の雰囲気に満ち溢れていると思いますし、
あのキリっとした凛とした雰囲気は素晴らしかったです。
(登場はあくまで公式書籍の小説版と漫画版にしか出てこないのはちょっと勿体無いです・・)


依姫


綿月依姫はポニーテールが凛としていてとてもすてきでよくお似合いだと思います。

かわいいという雰囲気というよりは、毅然としている・凛々しい・決然としているといったオーラが溢れていると思います。
戦うお姉さまは絶対的な正義という雰囲気に包まれていると感じられます。

紫色の長い髪を、黄色のリボンを用いて、ポニーテールにして纏めている依姫は本当に美しいですよね~♪

依姫はゲームキャラではないし、あくまで「東方儚月抄」という公式小説とその漫画版のみでの登場キャラという事で
たくさんの濃厚な東方キャラとしては、比較的馴染みがうすい感じも無くは無いのですけど、
ポニーテールという事もありますし、姉の豊姫よりは依姫の印象はかなり強いものがあったりもします。
確かに公式漫画版なのですけど、依姫一人だけで
あの霊夢・魔理沙・咲夜さん・レミリア様といった東方メインキャラの皆様たちに一対一のバトルの末に圧倒的な実力差で
返り討ちにした事実は評価は分かれると思いますし、東方ファンの間では「あれは無かった事」とか
「所詮は小説版の話だから」などと言われているのですけど、とにかく依姫はめちゃくちゃ強かったです!

霊夢同様、無双伝説キャラといえるのかもしれないです。

東方の絶対的エースとも言え屈指の人気キャラでもある霊夢・魔理沙・咲夜さん・レミリア様を造作もなくひねり倒したような
印象すらあり、「あれはあくまで綿月姉妹の本拠地である月というホームグランドでの話だから」という意見もありますけど、
依姫の凛々しい強さは本物でした。
ちなみにですけど、東方紺珠伝にて後日月の地に降り立った霊夢は、その時は一定の成果を上げていますけど、
紺珠伝において、美味しい所は全てうどんげちゃんと早苗さんに持っていかれたという事で、霊夢にとっての月とは
かなり不本意な場所といえなくもないと思います。

東方儚月抄においては、霊夢たちは侵略者という立ち位置で描かれていますので、霊夢たちが綿月依姫によって返り討ちを
食らったのもやむを得ないのかもしれないです。
それにあくまで東方儚月抄における真の黒幕はゆかりん、そして最後に勝利を得たのはゆゆ様であり、
小説版においては、漫画版を補完する形でゆかりんの「真の意図」がある程度は描かれています。

もしもですけど、ゆかりんが本気の本気で、死ぬ気で藍と共に豊姫を倒しにかかったら一体どうなるのでしょうか・・・?
それは個人的にはとても気になるし、妄想のし甲斐もありそうです。

依姫のスカートは赤のサロペットスカートなのですけど、姉の豊姫のスカートは、青のサロペットであったりもします。
豊姫と依姫の綿月姉妹のスカートの色の配分は、永琳のスカートのコントラストと全く同じでもあったりします。
この姉妹は永琳をいまだに師匠と尊敬をしていますので、あの姉妹の衣装は永琳を意識したものなのかもしれないです・・

東方ポニーテールキャラというと、もこちゃん(藤原妹紅)もそれに少しばかり該当するのかもしれないです。

妹紅はストレートの長髪とあの独特なもんぺ姿が大変印象的であるのですけど、幻想郷に外界JKさんや都市伝説が
入り込んできた「東方深秘録」においての妹紅は、従来の髪型に少しばかり変化が加わり、
ポニーテールの定義・概念からは少し逸脱するのかもしれいですけど、後ろ髪を一束ではなくて5~6束にまとめた
独特なポニーテール姿もお披露目してくれていて、東方妹紅ファンを狂喜乱舞させていたと思います。
(妹紅も東方深秘録・東方憑依華において、そうしたポニーテール効果もあったのかは不明ですけど、東方人気投票で
何とかベスト10入賞を果たしています)

それでは下記において少しばかり東方深秘録の妹紅の戦いぶりを触れ返ってみたいと思います。


b0912ae3_convert_20191011182330.jpg


妹紅は霊夢に語りかけます。

「そういえば永遠亭の連中にちょっとだけ聞いたぜ
お前、厄介で悪夢でしかない仕事を押しつけられそうだぞ?」

上記の会話は東方深秘録のもので、霊夢やうどんげちゃん、早苗さんたちが月に出撃する異変の前の話なのですけど、
妹紅のが言う「厄介な仕事」とは言うまでもなく、月の民たちの幻想郷侵略の話、すなわち純狐たちが
月界に穢れの象徴でもあるクラウンピースをはじめとする妖精たちを月の都に送り込んだ結果、弱り切った
月の民たちが月の都の幻想郷への移住を計画をし始め、それを阻止するために霊夢たちが月の都に派遣されるという
異変でもあるのですけど、時系列的には東方深秘録異変と月の民たちの東方紺珠伝の異変はほぼ同時期といえますので、
普段からうどんげちゃんや輝夜を通して永遠亭や月の民に関する情報に接していた妹紅にとっては、
霊夢とバトルをするという事は、同時に霊夢に対する「次の異変はもっと大変であるかもしれない」と妹紅なりに霊夢に対して
警告を発していたという事になるのかもしれないです。

換言すると紺珠伝の伏線とも言えそうです。

「悪夢」というワードは、いうまでもなくドレミー・スイートを示唆していて、永遠亭がらみで強引に押し付けられそうな仕事である事を妹紅としては事前に霊夢に対して一つの忠告をしたかったのかもしれないです。

妹紅はこうして出来る限りの情報を霊夢に提供しようとしているのですけど、永琳たちは、最後の最後まで
紺珠伝の本質やどうして純狐が月の都を攻撃しようとしているのかとかどうして月側は幻想郷以上を検討せざるを
えなかった等の必要の情報は事前に何一つ提供しなかった事は、永琳をはじめとする月の民一派は、ヘカーティア様が
仰る通り狡猾で自分勝手な民と言わざるを得ないのかもしれないです。

東方深秘録における妹紅の髪型は、東方永夜抄のストレート長髪に比べて少し変化していて、それが
変形ポニーテールと言えるのだと思います。
まどマギの佐倉杏子や艦娘の夕張ちゃんのような一本の束にまとめたポニーテールではなくて、後ろに5本程度に束ねた
ポニーテールという一種のアレンジヘアなのですけど、こういう妹紅もとってもキュートでよくお似合いだと思います~♪


7acc4aa3_convert_20191011182306.jpg


妹紅は白蓮さんに語りかけます。

「どうだ?死にまくった私の為にお経でも読んでくれないかね」

別のバトルにおいても妹紅は一輪に対して「僧侶が人間を救っていたならこの世はとっくに極楽だった」などと
宗教に対する嫌悪感と厭世的な感覚を示唆しているようにも感じられます。

確かに妹紅は過去に色々と嫌な事も経験されていますし、何よりも不老不死という一見全人類にとっての永遠の夢を
実現しながらも、実は不老不死は人間にとっては苦痛以外の何者でもない事を骨の髄まで味わっていますので、
死後の世界についても触れている仏教等の宗教は妹紅にとっては胡散臭いインチキまがいという事なのかもしれないです。

これらのセリフには皮肉と挑発が交錯しているとも言えそうです。


144e329e_convert_20191011190246.jpg


不老不死というものは、決して万能薬ではない事を物語っている様な感じもあるのだと思います。

不老不死の薬=蓬莱の薬を飲む事で生ずる一番のデメリットは「孤独」という事なのかもしれないです。
不老不死というものは決して人間たちを幸福にする生き方ではないという事なのかもしれないです。

妹紅は魔理沙に対して「不老不死は孤独で救われない」と語りかけます。

他にも、オカルトボールを見て「これを集めれば死ねるかもしれない」というような発言をするなど、
妹紅の「死生観」も垣間見ることができ、不老不死は決して人を幸せにするものではないという事を
示唆しているのだと思われます。

不老不死のデメリットとして、例えば死ぬほどの激痛を伴う大怪我をしても死ぬことだけはないから、治癒するまで
長期間その激痛が続いたり、
不老不死になった人が万一結婚して子孫をもうけたと仮定しても、本人は30年経過しても50年経過しても
ぴんぴんしていて元気なままなのに、その本人の配偶者、子供たちはどんどん年を取っていき、
最終的にはその自分が愛した家族たちの「死」も全て見届けないといけないというのは大変重たいものがあると思いますし、
「家族という自分にとって最大の味方であり拠り所でもある存在だって決して永遠ではない」という事を間違いなく悟るのだと
思われますし、
第一周りが高齢化して見た目がどんどん年老いていくのに本人は若い頃のまま変らず・・といったら
身内も周囲の人たちや近隣からも「なんだあいつは・・おかしいじゃないか・・」と不審がられてしまい、もしかしたら
そこで生活する事自体がいたたまれなくなってしまい、
結果的に各地を放浪生活せざるを得ないという事になってしまい、その場合でもそうした「孤独」というのは付いて廻るのかも
しれないです。
人にとっては「限りがある寿命」があった方がいいのかもしれないですし、限られた命の中だからこそ、
「この世にいられる時間はほんのわすかなもの・・それではその短い時間で自分に何が出来るのだろうか、
何をこの世に残すことができるのだろうか・・」と瞬間瞬間を精一杯駆け抜けて生きた方が
もしかしたらそちらの方が「美しい生き方」と言えるのかもしれないですね。


fd418838_convert_20191011182350.jpg


最後にほんの少しだけ余談を・・

妹紅はこいしちゃんに語りかけます。

「地底の妖怪か どうりで奇怪な奴だと思った・・」

東方深秘録でこいしちゃんが用いた都市伝説はメリーさんという事で、いきなり背後に廻ってきて
「もしもし、わたし、メリーちゃん」などとこいしちゃんが脅かしてきますので、これを食らったとしたらさすがの妹紅も
恐怖で多少はひきつってしまうのかもしれないですし、それが効果的なのもこいしちゃんのステルス能力があるからと
言えるのだと思います。


mikokoisi-02_convert_20140514105415.png


ここから下記は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasyのアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです。

今回転載&ご紹介させて頂く作品は上記でちらっと登場していたこいしちゃんです。
妹紅はこいしちゃんの事を「奇怪な奴」と評していましたので、今回転載&ご紹介させて頂く作品は、
ノーマルなこいしちゃんではなくて、コスプレ衣装のこいしちゃんをお披露目させて頂きたいと思います。

上記の作品は、アミグリさんが2014年の「こいしちゃんの日」に描かれた「巫女こいしちゃん」です。

巫女のこいしちゃん=みこいしですけど、巫女さんコスプレのこいしちゃんを描かれた東方絵師様って私が知る限りでは
今の所はdream fantasyのアミグリさんだけです!
「こいしちゃんに巫女服を着せてみよう!」と思いがけない発想をされる事自体とても素晴らしいと思うのですけど、
単に思い浮かんだだけではなくて、こうやって一枚の絵として見事に具現化出来てしまう事に
アミグリさんのすてきな発想力があるのだと思います。

こいしちゃんって元々がとてつもなくかわいいキャラなのですけど、
白衣のナース・バスガイドさん・ウェディング・セーラー服・ブレザー制服・剣士・チアガールなどなど
どんなコスチュームを着せてもよく似合いそうみたいな雰囲気を持っていると思います!!
こいしちゃんって基本的には自由奔放で、あっちへフラフラこっちへフラフラと放浪している妖怪さんでもありますので、
誰とでも絡みやすいしどんな場所にでも顔を出しやすいという「特典」があるのだと思います。
その辺りは、地霊殿という一つの場所に閉じこもったきり外に出てこないお姉さんのさとり様との対照性が極めて
面白いと思います。
そうしたこいしちゃんの自由さは、アミグリさんが創造されたこの「巫女こいし」のコスチュームとも大変相性がいいと
思われますし、幻想郷内をフラフラと散策している間に辿り着いたのが霊夢のいる博麗神社なのかもしれないですし、
この時霊夢が身に纏っていた紅白の巫女服を「かわいい~! わたしもあんなかわいい巫女服を着てみたい!」と思って
巫女服をこいしちゃん流にアレンジして着てしまったといえるのかもしれないですね。

「東方茨歌仙」での「道を誤る巫女」の回における霊夢の巫女さんコスチュームをウキウキ気分で身にまとった
茨木華扇も素晴らしかったですけど、それと同じくらい
この巫女さんコスプレをしているアミグリさんが描かれたこいしちゃんは最高だと思います!

やっぱり、こいしちゃんはどんな衣装を着てもよくお似合いだと思いますね!!

こいしちゃんが霊夢のトレードマークのあの大きなリボンを付けても全く違和感がありませんし、
全体的に「緑と白」を基調にした雰囲気は、 「緑の巫女」とも言えるあの早苗さんみたいな雰囲気も感じられ、
見れば見るほど「こいしちゃんはかわいいよね~♪」と叫びたい気持ちで一杯です。
普段被っている帽子をかぶらないで、霊夢のようなでっかいリボンを髪飾りとして付けているのがとても新鮮に
感じられたりもします。

こいしちゃんのかわいらしさは本当に反則ですよね~♪

上記のアミグリさんが描かれた巫女こいしちゃんは、全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいこいしちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ポニテの女の子

こんばんは。
ポニテの女の子はカワイイと思います。
斉藤由貴さんを例に出してましたけど、姪の芹澤優さんもよくポニテにしてます。
クルっとした丸い目は、そっくりと思います。

血は争えない・・

五航戦の愛鷹 様


ポニーテールは10代または20代前半の女の子の特権なのかもしれないです。

とにかくとってもかわいい髪型ですし、艦娘の中では特に夕張ちゃんがお似合いだと思います。

そう言えば始球式カードの芹澤優さんもポニテでしたけど、おばさま同様とてもよくお似合いだと思いますし、
やはり血は争えないものだと改めて感じますね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |